便利なスタートページ

使えるラボへ

カークランドロゲインの効果を高める方法

  1. START-PAGE
  2. カークランドロゲインの効果を高める方法

カークランドロゲインとは?

カークランドロゲインは、アメリカのカークランド社で製造されているAGA対策商品で、ロゲインのジェネリック医薬品です。日本の薬局・薬店で販売されているのリアップと同成分でミノキシジルという成分を含みます。

ミノキシジル(Minoxidil)とは、もともと1960年代に高血圧の経口薬(血管拡張剤)として開発された成分ですが、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が確認され、1980年代に世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。

カークランドロゲインに期待できる効果

カークランドの有効成分であるミノキシジルは、毛乳頭細胞に働きかけ、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)やIGF-1といった成分の分泌を促す作用があることが分かってきています。

これにより、血管を新生して髪の生成に必要な酸素や栄養を運ぶ新たな血流ルートを確保したり、ヘアサイクルの退行期への移行を抑制する作用があると言われています。

通常2〜4ヶ月で効果が見られはじめますが、実は、このミノキシジル、効果には個人差があります

カークランドロゲイン(ミノキシジル)の効果がある人とない人の差

実は、ミノキシジルは、皮膚内の表皮細胞に存在する「硫酸転移酵素」によって「硫酸ミノキシジル」に変化してはじめて効果を発揮します。その差は変換前のミノキシジルの10倍以上と言われています。

つまり、頭皮中の硫酸転移酵素の活性の度合によりミノキシジルの効果に差が出てくるということで、人によっては、硫酸転移酵素の活性が弱くあまり効果が感じられない人がいる訳です。

カークランドロゲインの効果を高める方法

従って、そういう人は、ミノキシジルの効果を高めるために、硫酸転移酵素の活性を高めることが有効であることが推測できます。そして、硫酸転移酵素の活性を高めるには以下の2つの方法が有効と考えられています。

1.空腹時にミノキシジルを塗付すること

硫酸転移酵素は、空腹時においてより活性するという研究データがありますのでミノキシジルを塗布するタイミングは食事前や食後一定の時間が経過した空腹時が有効とする考えもあります。

2.カッコンエキス(クズ根エキス)が配合されたシャンプーを使う

そして、もう一つがカッコンエキス(クズ根エキス)が配合されたシャンプーを使うことです。

参考:アンファー株式会社は、葛根エキス(クズ根エキス)に、硫酸転移酵素遺伝子の発現を増強させることを発見

カッコンエキス(クズ根エキス)を配合したシャンプーには、
ケフトルアミノシャンプー
イクオスブラックシャンプー
などがあります。

カークランドロゲイン(ミノキシジル)の副作用

医薬品に副作用はつきものです。服用者の数%の方に頭皮のかゆみやかぶれ、炎症、湿疹などの副作用が確認されています。また、倦怠感、頭痛、むくみなどのなどの症状も副作用として報告されています。

稀に使用を始めて一時的な脱毛(初期脱毛)がある場合がありますが、これはヘアサイクル(毛髪の生え換わりサイクル)を正常化するための好転反応と言われています。抜けるべき髪の毛は抜け落ちて通常は1ヶ月以内に回復してきますので、4か月以上の継続使用がすすめられています。

カークランドロゲインの個人輸入

カークランドロゲインは、自己責任のもと海外から個人輸入することができます。

直接海外のメーカーや通販会社とやり取りを行うのは言葉や通貨の壁がありますので、通常は個人輸入代行業者を介することになります。

カークランドロゲインは輸入品のため、為替の影響で随時価格が変動します。また、海外からの発送のため税関や郵便事情、休日、天候当の影響で商品のお届けに時間がかかる場合があります。