AFFINGER5とTHE THORの比較!どちらが買いか

AFFINGER5とTHE THORの比較!どちらが買いか

有料のWordPressテーマで「AFFINGER5(アフィンガー5)」と「THE THOR(ザ・トール)」どちらを選ぶか迷っている方も少なくないと思います。

AFFINGER5は、無料テーマ「STINGER」をベースに株式会社オンスピードが開発した有料のWordPressテーマです。一般的にWINGとも言われています。

THE THORは、FITが2018年10月にリリースした有料のWordPressテーマです。

どちらも「SEOに強い」「アフィリエイトに最適」というキャッチフレーズで販売されているので購入する人もどちらにするか悩んでいる人も多いと思います。

実際、私もAFFINGER5とTHE THOR、DIVERの3つのうちどちらにするか悩みました。

最終的には一番新しいTHE THORを選びました(このサイトではTHE THORを使っています)が、この3つであれば大差なくどれを選んでも間違いはないと思います。

後は個人の個人の好みの問題だと思います。

ここでは、AFFINGER5とTHE THOR、どちらのWordPressテーマを選んだらよいか迷っている人のためにその判断材料を記したいと思います。

殆どのサイトでは、自分が使っているテーマを肩入れするのですが、このサイトではそういうことはせずガチンコで評価していますので参考にして頂ければと思います。

AFFINGER5とTHE THORの比較

全ての項目を比較することはできませんので、SEO対策やサイト作りの主要な部分をピックアップして比較しています。

デザイン

優れたデザインは、サイトへの訪問者に信頼感を与えます。

AFFINGER5もTHE THORも、あらかじめデザインされたデータをインポートすることで、魅力的なサイトが初めから簡単にできてしまいます(着せ替え機能)。

どちらも公式ページに行くといきなり男性的でクールな印象のデザインが目に入りますが、どちらも画像や色合いを変更することで女性らしいデザインも作れます。

どちらもデザインに癖がないため、ブログだけでなくコーポレートサイト、キュレーションサイトなど様々な用途に合ったサイトを違和感なく構築することができます

AFFINGER5 THE THOR
デザイン

高速表示対応

どちらもAMP表示が可能です。

※AMP(Accelerated Mobile Pages)とはモバイル端末でウェブページを高速表示するための仕組みです。Googleが推進しています。

THE THORは一括でAMPを有効にし、個別の投稿ページでAMP非表示対応が可能。

AFFINGER5は、個別の投稿ページでチェックを入れてAMP化が可能です。

THE THORでは、モバイル端末でページを表示する時にネイティブアプリのような挙動をさせることが出来る革新的技術「PWA」をいち早く導入したり、「CSS非同期読み込み」や「imgの非同期読み込み」などを設定で可能にしています。

※PWAとはモバイル端末でページを表示する時にネイティブアプリのような挙動をさせることが出来る技術で、高速表示が可能となります。

これに対してAFFINGER5はAMP以外は特にTHE THORのような高速化対策はしていませんが、実際、同一ページで読み込みスピードをテストすると殆ど変わらないところを見ると、基本部分で高速化対応がされていると考えられます。

もし、速度が遅くなってきたら、WP Fastest CacheやEWWW Image Optimizerなどのプラグインをインストールして高速化を図る必要があります。

高速化対応としては、実際の読み込み速度で差がないとしても「CSS非同期読み込み」や「imgの非同期読み込み」などを設定可能にしているTHE THORを評価したいと思います。

AFFINGER5 THE THOR
高速表示対応

レスポンシブ対応

両テーマともPCやモバイルなど端末を選ばず美しいデザインを保ち続けるように100%レスポンシブ対応してあります。

サイズを変更してもレスポンシブ対応が崩れることがありません。

AFFINGER5 THE THOR
レスポンシブ対応

入力補助機能

入力補助機能とは、見出しボタンボックス引用吹き出し口コミQ&Aマーカーラインといったものをワンクリックで簡単に表示させる機能です。

AFFINGER5の入力補助機能

両者とも一通りの記事装飾が揃っていますが、特にAFFINGER5は、アイコン付きのミニ吹き出し、追いかけるボタン、流れる文字、その他のあらゆる装飾を可能としており、記事の表現力をアップさせる機能はワンランク上です。

AFFINGER5のアイコン付きミニ吹き出し

また、AFFINGER5では管理画面だけで(ツール不要で)下図のようなバナーが作成可能です。

AFFINGER5でバナー作成

入力補助機能に関しては、AFFINGER5が充実していると言えます。

スライドショー

THE THORもヘッダー記事のスライドショー機能がありますが、AFFINGER5は、写真などの画像だけではなく記事をスライドショーで表示させることができます。

また、AFFINGER5もTHE THORも、任意の箇所にカテゴリ指定記事の一覧を表示できますが、AFFINGER5は、さらにジャンルごとのまとめや任意のおすすめ記事一覧なども作成でき、カテゴリ一覧はスライドショーにも変更可能です。

AFFINGER5のカテゴリ一覧スライドショー

AFFINGER5 THE THOR
入力補助機能
スライドショー

ランキングページ

AFFINGER5、THE THORともにランキングページの作成が可能です。

AFFINGER5もTHE THORも、ランキングの作成は、ランキング管理の画面でランキング商品をタグとして作成し、そのタグのショートコードを投稿ページで呼び出す方法になります。

商品やサービスを比較してランキング形式で紹介するアフィリエイトサイトなどの構築も比較的簡単にできるようになります。

AFFINGER5では、ランキングのアイコンなども標準で搭載されたものにお気に入りのものがなければ、画像をアップロードして使うこともできます。

但し、AFFINGER5のランキングは、標準で3位まで。4位以降を作成したい場合は、別途「AFFINGERタグ管理マネージャー」という有料プラグインが必要になります。

実際、作りだすとそれぞれに一長一短あり機能は同等と感じますが、AFFINGER5は標準では3位までしか作成できない点でTHE THORが優位と言えます。

参考:テーマごとのランキングサイトの作り方

AFFINGER5 THE THOR
ランキング

CTA

CTAとはCall To Action(コールツーアクション)の略で簡単に言えばWebサイトへの訪問者に行動を促し誘導する仕掛けです。

必要に応じて、資料請求やメルマガ登録、セミナーの申し込み、問い合わせ、商品やサービスの購入といった行動に誘導する仕掛けを作ることができます。

AFFINGER5もTHE THORも、CTAを複数作成することが可能な上、記事の下に表示する記事下CTAとフッターに表示するフッターCTAが設定できます。

さらに、AFFINGER5では、CTAをウィジェット領域で設定できますのでWidget Logicというプラグインを使うことでCTAをカテゴリーごとに切り替えたり非表示にしたりすることが可能です。

※Widget Logicは、ウィジェットに条件分岐タグを指定できるWordPressプラグインです。

CTAの機能については、AFFINGER5にやや柔軟性や優位性を感じます。

AFFINGER5 THE THOR
CTA機能

ランディングページ

CTAと同じく商品やサービスの購入といった行動に誘導する効果が高いランディングページ(Landing Page)。

特にランディングページはアフィリエイトなどで収益化を図る場合に重要な役割を果たします。

AFFINGER5もTHE THORも記事を投稿する感覚で複数作成することが出来ます。

ヘッダーやフッター、サイドバーも表示されず、真っ白なページから自由に編集し、集客から商品やサービスの購入、お問い合わせといったアクション誘導までを単独で行えます。

AFFINGER5 THE THOR
LP機能

SEO対策機能

投稿ページのSEO対策

投稿ページのSEO対策はサイト全体の評価を上げる上で最も重要なことです。

低品質なページのnoindex化やキーワード最適化のためのmeta description記述は両者で可能ですが、AFFINGER5はリダイレクトも可能にしています。

AFFINGER5 THE THOR
記事の投稿ページで
設定可能なもの
index、noindex
title
meta keyword
meta description
リダイレクト
広告の表示・非表示
記事のコピー禁止(解除)
index、noindex
title
meta description

投稿記事で設定できる項目は、THE THORよりAFFINGER5が多く柔軟なSEO対策が図れます。

カテゴリーページのSEO対策

カテゴリーページはその使い方でSEO的に大きな効果を発揮します。

AFFINGER5 THE THOR
カテゴリーページで
設定可能なもの
アイキャッチ画像
コンテンツの挿入
タイトルの書き換え
meta keyword
meta descriptionの設定
記事一覧の表示/非表示
SNSボタンの設定
noindex(SEO設定画面で設定)
アイキャッチ画像
コンテンツの挿入
タイトルの書き換え
meta descriptionの設定

両者ともにカテゴリーページの編集はできますが、AFFINGER5は、THE THORでは対応していないnoindex対応や記事一覧の表示・非表示の設定が可能です。

特に、投稿の一覧表示をするか否かの機能は、リンクの重複や発リンクの数を調整することができ、カテゴリーのページを完全な1ページとして育てることができるためTHE THORにも欲しい機能です。

また、カテゴリーやタグ、年月のアーカイブページは品質が良くないとしてnoindexにした場合もありますが、AFFINGER5は、カテゴリーページのnoindex対応を可能にしています。

このためより強いカテゴリーページの作成を行うことが可能です。

サイトの構造上、リンクの集まるカテゴリーの編集を柔軟に行えるのは、AFFINGER5ならではの機能。SEO対策としても高く評価できます。

AFFINGER5 THE THOR
SEO対策

投稿一覧ページのSEO管理機能

THE THORには、「見える化システム」として記事毎の

・総合閲覧数
・平均閲覧数
・タイトル文字数
・本文文字数
・タイトル内キーワード数
・本文内キーワード数
・内部リンク数
・外部発リンク数

など、SEO対策に役立つ情報が一目でわかる分析ツールが標準で搭載されています。

この見える化システムを活用することで、例えば品質の低いページを見つけるなど、分析ツールを導入しなくてもライバルの一歩先を行くSEO対策が可能となります。

AFFINGER5にはこの機能はありません。

AFFINGER5 THE THOR
投稿一覧ページのSEO管理

目次・関連記事・人気記事作成機能

目次の表示

最近は、文字数の多いページが増えてきたこともあり、ページの最初に目次を設定しているものが増えてきています。

目次の機能は、THE THORでは標準で付いていますが、AFFINGER5は、「SUGOIMOKUJI」というAFFINGER5専用の有料プラグインを別途購入する必要があります。

「SUGOIMOKUJI」は、訪問者が目次をクリックした数を計測できる優れものです。

勿論、無料のプラグイン「Table of Contents Plus」を使うことも可能です。

関連記事

訪問者の回遊率の向上という点で、関連記事や人気記事の表示は効果があります。

AFFINGER5、THE THORともに関連記事の表示機能があります。

両者ともに「関連記事」の見出しや表示件数を設定できますし、非表示にすることも可能です(どちらもページ単位に非表示設定が可能)。

人気記事の表示

人気記事(訪問者数を計測し、多い順に表示する機能)は、THE THORでは標準で付いていますが、AFFINGER5は「WordPress Popular Posts」というプラグインのインストールが必要になります。

尚、AFFINGER5は、おすすめ記事表示機能を人気記事の代替えとして使うことは可能です。この場合は、表示したい記事のIDを指定して、サイドのスクロールや投稿記事、固定記事、カテゴリー、また、トップの記事などに表示させることができます。

目次と人気記事については、AFFINGER5では、プラグインのインストールが必要なのに対して、THE THORでは標準でついている点で親切と言えます。

AFFINGER5 THE THOR
目次と関連記事・
人気記事の表示

カスタマイズ性

ウィジェットの画面を見てもわかる通り、ウィジェットの項目数はAFFINGER5の方が多いのがわかります。

TOPページやヘッダー、フッターなどの色々な箇所に仕掛けを入れることができる分、カスタマイズ性が高くその分オリジナリティのあるサイトが作れます

AFFINGER5とTHE THORのウィジェットの画面

ウィジェットのカテゴリー別管理

例えば、メニューや広告をカテゴリー毎に変えたいといったことがあります。

多くのテーマでは、例えばウィジェットにメニューを設置した場合は、全てのページに同じメニューが表示されますが、AFFINGER5はカテゴリー毎にウィジェットを管理する機能を標準で搭載していますのでカテゴリー毎にメニューや広告を変えるといったことが可能となります。

ちなみに、THE THORを使っている当サイトも、サイドバーを見てもらったら分かる通り、カテゴリー毎に人気記事やメニューといったものを変更していますが、標準の機能ではなく、プラグインをインストールしたりしてカスタマイズしています。

AFFINGER5 THE THOR
カスタマイズ性

絞り込み検索機能その他

THE THORでは、下図のように通常のテキスト検索に加えて「カテゴリ」と「タグ」による絞込検索フォームを標準で用意しています。

訪問者に親切なだけでなく、サイト管理者にとっても記事のメンテなどで重宝する機能です。

THE THORの絞り込み検索機能

これに対して、AFFINGER5では、絞込検索フォームが必要な場合は「カスタム検索プラグイン」というAFFINGER5専用のプラグインが必要になります。

AFFINGER5 THE THOR
絞り込み検索機能
その他

サポート・マニュアル

AFFINGER5、THE THORともにバージョンアップ・機能追加・機能改善を繰り返す「成長・進化し続けるWordPressテーマ」です。

AFFINGER5もTHE THORもマニュアルを完備。

両者とも基本的に商品のサポートは行っていませんが、AFFINGER5は、質疑応答可能な会員フォーラムが用意されており、JINでは、JINフォーラムで製作者に質問できます。

初心者に優しいのはJINかもしれません。

但し、AFFINGER5の方が歴史が古いだけにユーザー数が多く、分からないことはググれば多くの解説が見つかります。その点、AFFINGER5がやや調べやすいと言えます。

AFFINGER5 THE THOR
サポート

複数サイトでの使用

AFFINGER5、THE THOR、いずれも1つを購入すると自分が管理するサイトであれば複数サイトで使用することができるライセンス契約となっています。

複数のサイトを運営している人にはリーズナブルな価格と言えます。

AFFINGER5とTHE THORの比較まとめ

以上、AFFINGER5(アフィンガー5:WING)とTHE THOR(ザ・トール)の機能について管理人独自の目線で比較してきました。

トータル的に見れば甲乙つけがたいWordPressテーマです。

THE THORは標準で一通りの機能を搭載しておりプラグインのインストールが最小限で済みますが、SEO対策としての柔軟性はAFFINGER5に劣るといった印象です。

一方、AFFINGER5は、プラグインを有効活用しながらSEOにも強く柔軟なサイト作りができるテーマを目指している印象です。

比較項目 AFFINGER5 THE THOR
デザイン
着せ替え機能あり

着せ替え機能あり
高速表示対応
AMP

AMP+PWA技術他
レスポンシブ対応
入力補助機能
CTA機能
LP機能
SEO対策
SEO管理機能
ランキングページ
目次・関連記事
・人気記事の表示

プラグイン
カスタマイズ性
絞り込み検索機能
その他
マニュアル
サポート
複数サイト使用
価格 14,800円 16,280円

肝心のSEO対策という点では、AFFINGER5が充実していますが、AFFINGER5は、THE THORには標準で搭載されているいくつかの機能をプラグインで対応する必要があることを考慮するとWordPressテーマのポテンシャルとしては同等と評価できます。

自分が重要視する項目、目指すサイト作りにどちらが適しているかで選ぶといいと思います。

柔軟なSEO対策が可能なテーマという目線で選ぶ場合は、投稿記事やカテゴリーページに様々な細工ができるAFFINGER5がおすすめです。

AFFINGER5

ある程度のデザイン性と機能を保有し、プラグインが極力不要なものということであればTHE THORがおすすめです。

⇒ THE・THOR(ザ・トール)

尚、この比較は2019年11月時点のものです。

どちらのテーマもバージョンアップを繰り返しながらより高機能のテーマへと成長しつづけていますので随時更新していきたいと思います。

関連記事

有料のWordPressテーマで「THE THOR(ザ・トール)」と「DIVER(ダイバー)」どちらを選ぶか迷っている方も少なくないと思います。 何と言っても両者は、有料のWordPressテーマをおすす[…]

THE THORとDIVERとの比較
関連記事

有料のWordPressテーマのうち、「AFFINGER5」と「JIN」のどちらを選ぶか迷っている方も少なくないと思います。 AFFINGER5は、2012年に開発された無料テーマ「STINGER」をベー[…]

AFFINGER5とJINの比較!どちらが買いか
関連記事

このサイトは、THE THORという有料のWordPressテーマを使用しています。 管理人は、このサイト以外にもいくつかのサイトを運営していますが、そのうちの毎週更新している個人用ブログでもこのTHE […]

THE THORの評価・レビューと口コミ