ブロガーとアフィリエイターの違い。今後はどちらを目指すべきか

ブロガーとアフィリエイターの違い。今後はどちらを目指すべきか

ブロガーとアフィリエイター、両者はどう違うのでしょうか。

そして、今後、副業やネットビジネスとして取り組んでいくにはどちらがいいのでしょうか。

ここでは、ブロガーとアフィリエイターの違いや、今後、副業やネットビジネスとしてどちらに取り組んでいくべきかについて書いてます。

2019年9月更新。アフィリエイトが急激に稼ぎにくくなってきてからの新しい記事で、実体験をもとに書いていますので参考になるかと思います。

ブロガーとアフィリエイターの違い

ブロガーとアフィリエイターはどう違うのでしょうか。

ブロガーとは、本来は、ブログを書いている人、という意味です。

しかし、このページでは、ネットビジネスとして、アフィリエイターと比較するブロガーのことで、趣味レベルではなく収入を得ることを目的としてブログを書いている人を差しています。

ブロガーとアフィリエイター

皆さんがブロガーとアフィリエイターの違いがよく分からない理由の一つは、例えばブログを書きながらアフィリエイトをやっている人もいるためではないでしょうか。

実は、どちらもネットで稼ぐ、副業するという視点で考えれば同じですし、基本的には、明確な違いや定義、境界というものはありません。

しかし、例えば、日常生活のことや自分の没頭している趣味のことを中心に記事を書いて、たまにアフィリエイト記事を書いている人をアフィリエイターというには違和感があります。

逆に、商品やサービスなどの商材を紹介する記事ばかり書いている人をブロガーというにはこれまた違和感があります。

そこで、私は、両者の違いを以下のように解釈しています。

ブロガーとは?その特徴は?

ブロガー

ブロガーとは?

ブロガーとは、自分の興味のあるものや好きなものを自由に書きながら収益化を図り、ある程度の収入をあげている人と解釈しています。

趣味や日常生活のことをブログで発信してGoogle Adsenseなどで月に数千円から数万円程度の収益をあげている人が沢山いますが、これらの人をブロガーというのは収入が低すぎるためしっくりきませんね。趣味レベルのブログ書きはブロガーとは区別します。

尚、サラリーマンや主婦・学生のブロガーがいるように専業、副業は関係ありません。

ブロガーの特徴

ブロガーは、基本的に一つのサイトを運営し、プロフィールを充実させ、個人のキャラクターや人柄を前面に出して、読者を獲得して収益化を図っていくやり方が多いのが特徴です。

顔出ししている人も少なくありません。

顔出しすると親近感とその記事に対する信頼度が増します。

つまり自分を売り出して収益化を図っていくのがブロガーです。

あからさまに商材を勧めることはあまりせず、Google Adsenseなどの広告収入を収入源としていますが、記事によっては、アフィリエイト商材を扱うこともあります。

参考:Google Adsenseとは?

日常の話題を記事にすることも多いため、いわゆるGoogleのSEO対策に重点を置くというより、自分を売って読者(ファン)の獲得に力を入れています。

このため、ランキングサイトやコミュニティなどのSNSからの集客を重視しています。

ブロガーの収入は、芸能人などの有名人や公式ブロガーなどのトップクラスになると年間数千万円稼いでいる人もいますが、一般的なブロガーの収入はそのやり方によりますが10万円程度からと少な目で、ブログで月に100万円稼ごうと思ったら至難の業です。

但し、固定のファンが増えれば、この人が勧める商品やサービスだから購入してみようと、読者を動かすことができるようになります。

人気ブログは公式ブロガーへの道も

近年は、人気ブロガーを自社が運営するブログサイトの公式ブロガーに認定し、新たな読者を増やすためのコンサルや企画の提案をしたり様々な特典を用意する業者が増えてきています。

公式ブロガーになると、ブログの露出の機会を増やす手伝いもしてくれますのでさらなるアクセス数の増加も期待できます。

通常、公式ブロガーとして契約すると、クリック数やPV数に応じて報酬が支払われます。

クリック数やPV数に応じた報酬は少な目ですが、別に自分が仕込んだ広告収入も得られますのでやり方次第で大きな収入が期待できるようになります。

公式ブロガー募集業者の特徴
Amebaブログ株式会社サイバーエージェントが提供する無料ブログサービス。多くの芸能人も利用しており国内では最も規模が大きく利用者も多いブログサービスです。
ライブドアブログライブドアブログは、LINE株式会社が運営するブログサービスです。

アフィリエイターとは?その特徴は?

アフィリエイター

アフィリエイターとは?

一方、アフィリエイターとは、ブログ形式で記事を書いているにせよ、収益化できる商品やサービスを基本に記事を書いていくことに重点をおいている人と解釈しています。

広告には、アフィリエイト広告(成果報酬型広告)を使います。

アフィリエイターも、サラリーマンや主婦、学生のアフィリエイターがいるように専業、副業は関係ありません。

アフィリエイターの特徴

アフィリエイターは、商品やサービスを紹介する記事を書きながら収益化を図っていきます。

サイトによってはキャラクターを設定して主観的に記事を書いているものもありますが、あくまでも商品やサービスを売るための戦略です。

そのため、コミュニティに馴染まず、殆どの場合、キーワードを選定してSEO対策をし、GoogleやYahooなどの検索エンジンからの集客に頼って収益を上げています。

ひと昔は、サテライトサイトを用意してリンクを渡すやり方なども流行っていましたが、近年はペナルティとみなされることも増えてきたためめっきり少なくなっています。

3年ほど前からGoogleの評価がよりコンテンツを重視する傾向になり、小手先のSEO対策をしているものや薄っぺらな記事のサイトは検索結果の上位には表示されなくなりました。

この結果、記事の質が高くボリュームのあるサイトを構築することが必須となっています。

アフィリエイトサイトはアフィリエイトする商品やサービスに関する専門性が高く、ブログのように無駄な記事がないのが特徴です。

検索エンジンを通してその商品やサービスに関心をもった者が訪問してきますので、検索結果の上位に表示されれば長期間に渡り大きな収益をもたらしてくれる可能性が高くなります。

ブロガーとアフィリエイターとの比較まとめ

比較項目ブロガーの特徴アフィリエイターの特徴
記事の内容趣味や好きなことや主観的な内容の記事が中心(書いている人が見える)収益化できる商品やサービスに関する客観的な記事が中心(書いている人が見えない)
収入源アドセンス広告のクリック報酬やスポンサー収入などが中心
アフィリエイト広告で成果報酬
アフィリエイト広告で成果報酬
集客SNSやコミュニティサイトが中心
検索エンジン(SEO)
検索エンジン(SEO)
やり方自分を売る
一つのブログに集中してキャラクターを前面に出し読者を獲得
ものやサービスを売る
SEO対策に重点
期待できる
収入
PV数やクリック数による収入
単価が低いため収入は低め:10万円~
但し、記事も自由度が高いためマネタイズの幅も広いのが特徴
アフィリエイト商材による収入
単価は数千円~数万円と高め
数千円~100万円以上
向くタイプ自己表現が得意でコミュニケーション能力が高い人情報収集が好きで研究熱心な人

ブロガーとアフィリエイター、今後はどちらを目指すべきか

ブロガーアフィリエイターの違いは何となく分かったけれども、実際にこれからビジネスとして取り組むのはどちらがいいか、迷っている方も多いと思います。

アフィリエイトをする環境は悪化傾向

アフィリエイトで稼げる時代は終わるのか、でも書いた通り、ここ数年、アフィリエイターを取り巻く環境は非常に厳しくなってきています。

健康・医療系を発端にYMYL(Your Money or Your Life)と言われる人生を左右する重大なカテゴリーでは専門家ではない者が書いた記事は検索結果の上位に表示されにくくなってきています。

そして、最近では、これらのカテゴリーの検索ワードでどんな検索をかけても大手のサイトが上位に表示されるようになってきています。

この結果、スーパーアフィリエイターと言われた多くの人たちが姿を消していきました。

私自身もアーリーリタイアした後、小遣い稼ぎでアフィリエイトをはじめ、2年目には年収1千万円を超えましたが、Googleのアルゴリズム変更のあおりを受け、3年目以降は収入が激減しました。

この傾向は、今後アフィリエイトに取り組む人にも不利と言わざるを得ません。

とはいえ、カテゴリーを選び、品質が高くボリュームのあるサイトを構築すればアフィリエイトにもチャンスがあります。

これからはブロガーをベースにアフィリエイトとの複合型がおすすめ

これらのことを前提に考えた場合、難易度の高いアフィリエイト専門のサイトに挑戦して大きく稼ぐことを目指すか、ブロガーとして地道に稼ぐか、を選択することになります。

上にも書いたようにアフィリエイターを取り巻く環境は非常に厳しくなっており、どんなワードで検索してもまずは大手が表示されるようになってきています。

この中に割って入って、検索結果の上記を目指すには相応の時間と労力がかかります。

一方、ブログは、無料ブログの業者が用意するコミュニティやブログのランキングサイトなどを活用することで一定のアクセスが見込めますし、Google Adsenseの広告などを貼っておくと必ず収入になります。

但し、高収入を得るブロガーと名乗れるようになるのは、品質が良く人を惹きつける記事を長期に渡って書き続ける努力が必要になります。

近年は、アフィリエイトが稼げなくなったこともあり、ブロガーに転身する人が増えています。

そして、ブロガーとして自分の趣味や好きなことに関する意見を述べながらおすすめの案件はアフィリエイトするといったミックスタイプが流行っています。

昔からある手法ですが、皆がこの手法が一番安定して収入になることに気づいてきた訳です。

まとめ

以上、ブロガーとアフィリエイターの違いや、今後、副業やネットビジネスとしてどちらに取り組んでいくべきかについて書いてきました。

ブロガーは、自分の興味のあるものや好きなものを自由に書きながら収益化を図りある程度の収入をあげている人で、アフィリエイターは、収益化できる商品やサービスを基本に記事を書いていくことに重点をおいている人です。

アフィリエイトは、一発当たれば高額の収入ができる魅力がありますが、近年はアフィリエイターを取り巻く環境は非常に厳しくなってきておりこの傾向は今後も続くことが予想されます。

このため、今後取り組む場合は、SEO対策に頼らない(Googleに振り回されない)ブロガーを基本としたものがおすすめです。

ブロガーといってもGoogleアドセンスに代表されるクリック型の報酬だけをあてにしていたのでは収入にも限界があります。

ブロガーとして自分の趣味や好きなことに関する意見を述べながら読者を増やしつつおすすめの案件はアフィリエイトするといったミックスタイプがおすすめです。

関連記事

ここでは、初心者でも比較的簡単に始められるもので、流行り廃りのあるものではなく長く続けられるインターネットを活用したビジネス(2019年最新版)を厳選して紹介しています。具体的なネットビジネスのモデルも[…]

ネットビジネスの種類
関連記事

趣味でブログを始める場合もそうですが、アフィリエイトやグーグルアドセンスを使ったネットビジネスを始める場合も、自分のブログやサイトが必要になります。そして、自分のブログを持つ方法には、・無料ブロ[…]

おすすめの無料ブログ5選!アフィリエイトやアドセンスにもおすすめ