DIVERとTHE THORの比較!どちらが買いか

DIVERとTHE THORの比較!どちらが買いか

有料のWordPressテーマで「DIVER(ダイバー)」と「THE THOR(ザ・トール)」どちらを選ぶか迷っている方も少なくないと思います。

実際、私も数々の有料WordPressを比較し、最終的に「DIVER(ダイバー)」と「THE THOR(ザ・トール)」のどちらにするか悩みました。

最終的には価格が少し安いTHE THORを選びましたが、価格が同じであればDIVERを選んでいたかもしれません(ちなみにこのサイトはTHE THORを使用しています)。

双方ともに一長一短があり、個人のデザインの好みやサイト作りの方向性でどちらがいいかが変わってきます。

ここでは、THE THORとDIVER、どちらのWordPressテーマを選んだらよいか迷っている人のためにその判断材料を記したいと思います。

DIVERとTHE THORの比較

全ての項目を比較することはできませんので、SEO対策やサイト作りの主要な部分をピックアップして比較しています。

デザイン

優れたデザインは、サイトへの訪問者に信頼感を与えます。

DIVER、THE THORともにデザイン性はバツグン、どちらも男性的でクールな印象のデザインですが、THE THORのデモサイトには、9種類のデモサイトが用意されてあり、中には女性向けデザインのデモサイトも紹介してあります。

THE THORでは、9種類のデザインを自由にダウンロードして使えます。

DIVERTHE THOR
デザイン

高速表示対応

どちらもAMP表示が可能です。

※AMP(Accelerated Mobile Pages)とはモバイル端末でウェブページを高速表示するための仕組みです。

THE THORは一括でAMPを有効にし、個別の投稿ページでAMP非表示対応が可能。

DIVERは、個別の投稿ページでAMP化が可能です。

さらにTHE THORでは「PWA」というGoogleが推奨する革新的技術をいち早く導入しています。

※PWAとはモバイル端末でページを表示する時にネイティブアプリのような挙動をさせることが出来る技術で、高速表示が可能となります。

DIVERTHE THOR
高速表示対応

レスポンシブ対応

両テーマとも端末を選ばず、美しいデザインを保ち続けるようにレスポンシブ対応してあります。サイズを変更してもレスポンシブ対応が崩れることがありません。

DIVERTHE THOR
レスポンシブ対応

入力補助機能

入力補助機能とは、ボタン引用吹き出し口コミQ&Aといったものをワンクリックで簡単に表示させる機能です。

これに関しては、両者とも充実しており、甲乙つけられません。

DIVERTHE THOR
入力補助機能

CTA

CTAとはCall To Action(コールツーアクション)の略で簡単に言えばWebサイトへの訪問者に行動を促し誘導する仕掛けです。

必要に応じて、資料請求やメルマガ登録、セミナーの申し込み、問い合わせ、商品やサービスの購入といった行動に誘導する仕掛けを作ることができます。

DIVERもTHE THORも、CTAを複数作成することが可能な上、記事の下に表示する記事下CTAとフッターに表示するフッターCTAが設定できます。

記事下CTAは、どちらも投稿記事ごとに表示・非表示の設定が可能です。

DIVERには、アピールブロックというスクロールに連動するCTAのような機能を設定することができます。

アピールブロックは、サイドバーの最下部に表示されていて、ページスクロールすると固定されます。アクションボタンが常に表示されている状態になります。

尚、アピールブロックはPCで閲覧した時のみ表示されます。

アピールブロック

CTAの機能については、DIVERにやや優位性を感じます。

DIVERTHE THOR
CTA機能

ランディングページ

CTAと同じく商品やサービスの購入といった行動に誘導する効果が高いランディングページ(Landing Page)。

DIVERもTHE THORも投稿と同じように複数作成することが出来ます。

ヘッダーやフッター、サイドバーも表示されず、真っ白なページから自由に編集することができます。

DIVERTHE THOR
LP機能

共通コンテンツ管理機能

例えば広告などのコンテンツを1箇所で管理して、各投稿ページでショートコードを用いて動的に呼び出す形で管理することができれば、広告に変更があった時などに、1箇所修正するだけで、全てのページを修正することができます。

この機能を用いて、テンプレート化したコンテンツ一カ所のみの修正で終了となったアフィリエイト商品のリンク削除や代替え商品への張り替えが可能となります。

DIVERにもTHE THORにもこの機能があります。

DIVERTHE THOR
共通コンテンツ機能

投稿ページのSEO対策機能

両テーマとも投稿する記事ごとに、
・「title」と「metadescription」
・「noindex」「nofollow」
の設定が可能です。

DIVERは加えて重複コンテンツの対策のための「canonical」設定もできます。

canonicalとは、ページ内容が類似もしくは重複しているURLが存在する場合に、検索エンジンからのページ評価が分散されないよう、正規のURLを検索エンジンに示すために用いる記述です。

重複ページはその程度によりペナルティにはならなくとも個人的には少なからず評価が分散されると考えていますのでcanonicalの設定機能は欲しいところです。

THE THORは、記事ごとにtitleタグとh1タグを別に設定できます。

検索結果に表示されるタイトルと実際の記事タイトルの表記を別に設定できるため、きめ細かい・柔軟性の高いSEO対策が可能です。

canonical対応ができるDIVERが親切と言えます。

DIVERTHE THOR
投稿ページのSEO対策

投稿一覧ページのSEO管理機能

THE THORには、「見える化システム」として記事毎の
・総合閲覧数
・平均閲覧数
・タイトル文字数
・本文文字数
・タイトル内キーワード数
・本文内キーワード数
・内部リンク数
・外部発リンク数
など、SEO対策に役立つ情報が一目でわかる分析ツールが標準で搭載されています。

この見える化システムを活用することで、例えば品質の低いページを見つけるなど分析ツールを導入しなくてもライバルの一歩先を行くSEO対策が可能となります。

DIVERTHE THOR
稿一覧ページのSEO管理

アーカイブページのSEO対策機能

カテゴリーページの装飾

カテゴリーページやタグページのアーカイブページのSEO対策機能の一つは、これらのページを投稿ページと同じように装飾することができる機能です。

両テーマともカテゴリーやタグごとに「title」と「metadescription」の設定が可能ですし、カテゴリーページの装飾も柔軟性を持たせています。

アーカイブページのnoindex対応

アーカイブページにはもう一つ、SEO対策としてnoindex対応があります。

カテゴリーやタグ、年月のアーカイブページは品質が良くないとして最初からnoindex対応にしているWordPressテーマも見られますが、THE THORは、特にSEOとして影響がないとしてアーカーブページ全体のnoindex対応が不可になっています。

このため重複した記事と見做されて記事の評価が分散されないよう記事の作成には神経を使う場面も出てきます。当サイトでは、THE THORを使用してますがカスタマイズしてnoindexにしています。

これに対してDIVERはカテゴリーやタグごとにnoindexに設定したりcanonical設定をすることも可能とし、柔軟性を持たせています。

どちらの設定も可能であるDIVERが親切と言えます。

THE THORには、近い将来、機能の追加があることを期待しています。

DIVERTHE THOR
アーカイブページ

ランキングページ

DIVER、THE THORともにランキングページの作成が可能です。

ランキングページ

DIVERTHE THOR
ランキングページ

目次と人気記事の表示

目次の表示

最近は、文字数の多いページが増えてきたこともあり、ページの最初に目次を設定しているものが増えてきています。

目次の機能は、THE THORでは標準で付いていますが、DIVERは、「Table of Contents Plus」というプラグインのインストールが必要になります。

人気記事の表示

訪問者の回遊率の向上という点で、関連記事(DIVER、THE THORともに搭載)や人気記事の表示は効果があります。

人気記事は、THE THORでは標準で付いていますが、DIVERは、WordPress Popular Posts」というプラグインのインストールが必要になります。

DIVERTHE THOR
目次と人気記事の表示

絞り込み検索機能その他

THE THORでは、絞り込み検索機能を標準で用意しています。訪問者に親切なだけでなく、サイト管理者にとっても記事のメンテなどで重宝する機能です。

絞り込み検索機能

THE THORでは標準で「お問い合わせフォーム」や「読者用のサイトマップ」を簡単に作成できる機能が付いています。

DIVERTHE THOR
絞り込み検索機能
その他

初心者におすすめなのは

どちらも設定項目が多く、全くの初心者が使いこなせるようになるにはやや時間がかかると思いますますが、DIVERはマニュアルが整備されており、サポートも優れていますのでその点、DIVERが初心者向けと言えます。

DIVERTHE THOR
LP機能

サポート

DIVER、THE THORともにバージョンアップ・機能追加・機能改善を繰り返す「成長・進化し続けるWordPressテーマ」です。

どちらも一回テーマを購入すれば、複数のサイトでの利用が可能です。

テーマのインストール

THE THORは、テーマインストール時の「安心メールサポート」で、インストールが無事完了するまで担当者がサポートします。

DIVERも直接のメールサポートが可能です。

テーマ導入後

THE THORは、操作マニュアルや質疑応答可能な「会員フォーラム」などでQ&Aを受け付けてサイト運営をサポートしています。

ただ、現時点ではマニュアルは簡素なもので、正直言って初心者の方には不向きです。

また、不具合の修正や問い合わせの対応も製造元のFITとの間にボランティアと言われる方が対応しており、非効率的との声もあります。

DIVERは、直接のメールサポートが無期限・無制限で利用可能です。機能に関してはもちろんの事、CSSやHTMLを教えて欲しいというご相談も受け付けています。

サポートについては、DIVERがいいようです。

DIVERTHE THOR
サポート

まとめ

以上、DIVER(ダイバー)とTHE THOR(ザ・トール)の機能について管理人独自の目線で比較してきました。トータル的に見れば甲乙つけがたいWordPressテーマです。

比較項目DIVERTHE THOR
デザイン
9種類のデザイン
サンプルあり
高速表示対応
AMP

AMP+PWA技術
レスポンシブ対応
入力補助機能
CTA機能
アピール
ブロック
LP機能
共通コンテンツ
機能
投稿ページ
のSEO対策

canonical対応
投稿一覧ページ
のSEO管理機能

見える化システム
アーカイブページ
のSEO対策機能

noindex可
canonical可
ランキングページ
目次と人気記事
の表示

プラグイン
絞り込み検索機能
その他
初心者向き
マニュアル
サポート

重要視する項目、自分が目指すサイト作りにどちらが適しているかで選ぶといいと思いますが、THE THORはリリースして間もないため、現時点ではいくつかの不具合が報告されており、サポートも万全とは言えないようです。

不具合やサポート体制はいずれ改善されると思いますが、初心者の方や不具合に臨機応変に対応できない人は安定したDIVERをおすすめします。

また、SEO対策のみで選ぶ場合は、現時点では、投稿ページのcanonical対応に加え、カテゴリーとアーカイブページのnoindex対応が可能なDIVERがおすすめです。

最新SEO対策済みのwordpressテーマ「Diver」

尚、この比較は2019年4月時点のものです。どちらのテーマもバージョンアップを繰り返しながらより高機能のテーマへと成長しつづけています。

特にTHE THORは持っているポテンシャルは高いので今後の成長が楽しみです。

機能の追加・修正があれば加筆・修正していきます。

参考:THE THORをWordPressテーマに選んだ理由