格安SIMのmineo(マイネオ)に乗り換える手順

格安SIMのmineo(マイネオ)に乗り換える手順

近年は、大手キャリアのスマホから格安スマホへ乗り換える人が増えています。

そして、その乗り換え先として人気の高い格安スマホの一つが、mineo(マイネオ)です。

ここでは、格安SIMのmineo(マイネオ)が選ばれる理由(特徴)と、今の端末はそのままでmineoの格安SIMに乗り換える手順を解説しています。

格安SIMだけmineo(マイネオ)で購入し、お手元のスマホに挿して使うと、電話帳や画像、アプリもLINEもそのまま使え、簡単手続で通信費の大幅削減が期待できます

お手元のスマホ端末がまだ新しい人、まだまだ使えると言った人におすすめです。

勿論、mineoはスマホ端末も充実していますのでスマホと格安SIMのセットもおすすめです。

特に、2020年5月31日までは、6カ月間基本料金が800円値引きの上、データ通信容量が1GB増量されるキャンペーンを実施していますので乗り換えのチャンスです。

参考:格安SIMと格安スマホの違い

格安SIM「mineo」とは?mineoが選ばれる理由

格安SIMのmineo

mineo(マイネオ)の特徴

バックグラウンドがしっかりしていて評判の良さもトップクラス

mineoは、関西電力グループが提供している格安スマホサービスで、格安SIMの中でも顧客満足度が最も高いと言われている通信業者の一つです。

特に料金設定は、いわゆる格安スマホ中でも良心的です。

現在の契約にもよりますが、キャリアからこのmineoに乗り換えることで半額以下になるというのが一つの目安です。

バックグラウンドがしっかりしており、格安SIMでも全国にショップを運営していますので、格安スマホが初めての方でも安心して乗り換えることができます。

ショップでは、SIMカードの差し替えや初期設定もしてくれます。

最寄のショップは、公式ページで確認することができます。

格安スマホ「mineo」の公式ページ

3大キャリアに対応

mineoは、いわゆる格安スマホです。

自社で設備を用意するのではなく必要な回線設備を大手携帯会社(docomo、au、Softbank)から借りてコストを抑えているため格安料金でサービスを提供することができます。

mineoは、docomo、au、Softbankの大手携帯会社3社から回線を借りていますので、現在お使いのスマホ端末がこのいずれでも、同じキャリアの回線プランを申し込めば、SIMロックの解除といった面倒なことをせずに格安SIMを差し込んでそのまま使うことができます

  • auで購入した端末であればauプラン
  • ドコモで購入した端末であればドコモプラン
  • ソフトバンクで購入した端末であればソフトバンクプラン

端末によっては、購入から100日経過していない場合や端末代金の支払いが終わっていない場合はSIMロック解除ができないといった制約もありますので助かります。

勿論、今の電話番号を引き続き使うことができます(MNP)。

全てのプランでSMSが無料で付いている

mineoは全てのプランでSMS(ショートメッセージサービス)が無料で付いています

別途オプションといった申込みも不要です。

従って、LINEやTwitterなど「SMS認証」が必要なアプリでも問題なく使えます

動作確認が済んだiPhoneやスマホの種類が多い

今まで使っていたスマホに格安SIMだけを契約して挿入して使用する場合、スマホとSIMの相性でうまく動作しないケースがあります。

そのため、格安SIMだけの契約時は自分のスマホがmineoのSIMで動作するか予め確認する必要がありますが、mineoは動作確認が済んだiPhoneやスマホの種類が多いという特徴があります。

取り扱いスマホ端末が多い

mineoは、iPhoneをはじめ各種Android端末も取り揃えています。

しかもその料金は、同じ機種でも大手キャリアが設定している金額より安めです。

機種は申し込む時期や在庫によって変わってきますが、他の格安スマホより種類は多めです。

支払いは一括と分割払いから選べます。

例えば24回払いの分割払いを選択した場合、この料金にデータ通信料と通話料をプラスした金額が月額利用料となります。

スマホ端末ごと乗り換える場合も選択肢が増えます。

契約期間の縛りなし

電気通信事業法の改正に伴い、大手キャリアでは契約期間の縛りが廃止される方向に進んでます。mineoも最低契約期間といった縛りはありません。

いつでも解約でき、解約料(解除料)もありません。

mineoに乗り換えるデメリット

電話帳やLINEをはじめ、各種アプリもこれまで通り利用できますが、大手キャリアのメールアドレスは使えなくなります。

また、mineoは、通信品質の評判がよく、滅多にないようですが、回線が込み合う時間帯や場所によっては通信速度が遅くなる場合があることを覚悟する必要があります。

mineoの料金プラン

mineoに乗り換えたい、契約したい場合のプランの選び方は簡単です。

スマホ端末が手元にあって、格安SIMのみを購入する場合にかかる月額料金は、

データ通信料+通話料+(オプション)です。

それぞれの料金を見てみます。

データ通信料

プランは、「キャリア」と「必要なデータ容量」から選んで契約します。

例えば、auのスマホをお持ちの方は、

  • auプラン
  • 音声通話が可能なデュアルプラン
  • データ容量3GB

を選択していきます。

mineoの各キャリア別格安SIM月額料金表

デュアルプランは、通話機能も欲しい場合に選択します。

通話料金は、別途かかります(下で説明)。

上の図からもわかる通り、この場合の月額料金は1,510円(税抜)です。表を見てもわかる通り、auプランが一番お得です。

タブレット端末など電話機能(音声通話機能)を必要としない場合は、データ通信のみ(シングルタイプ)の900円で済みます。

データ容量は、使用状況を確認しながら後から自分に合ったプランに何度でも変更できます。

通話料

次に通話料です。

docomoやau、Softbankといったキャリアから格安SIMにのりかえる場合、データ通信料を安く抑えられても結局は電話代で高くなってしまう場合があります。

その点、mineoは通話料で高くならない為の通話定額オプションも用意しています。

オプション契約をしない場合は、20円/30秒(従量制)が適用されます。

オプションには、「mineoでんわ」、「mineoでんわ10分かけ放題」、「通話定額30と通話定額60」があります。それぞれのサービス内容は以下の通りです。

mineoでんわ

音声通話(電話)料金は、mineoという専用アプリ(mineoでんわ)で、通常30秒で20円かかる通話料を10円に抑えることができます(これは無料です)。

電話は滅多にせず、しても数分で済ませるという方はこれで問題ありません。

mineoでんわ 10分かけ放題

10分以内の電話を何度でもかける場合は、月額料金850円で10分でんわかけ放題がお得です。

電話はよくするが、用件だけで済ませるため長話はしないという方、また、月に40分以上電話をする方にはこちらがおすすめです。

mineoでんわの電話料金

通話定額30と通話定額60

その他にも

  • 月間最大30分間の国内通話が定額の通話定額30:月額840円)
  • 月間最大60分間の国内通話が定額の通話定額60:月額1,680円)

などのオプションがあります。

頻度は少ないものの、毎月まとまった通話をする人にはおすすめかもしれません。

mineoでLaLa Callを使うと通話料がもっとお得に

通話アプリのLaLa Call(ララコール)

mineoは、通話料をより安くするために開発されたアプリ「LaLa Call(ララコール)」を使うことで通話料を安くできます。

月額基本料は、100円(税抜)です。

頻繁には電話しないものの、時々、携帯電話や固定電話に電話をするといった方は、このLaLa Callを使えば、通話料をもっと安く抑えることができるかもしれません。

基本料金:100円
通話先 料金
携帯電話への通話 30秒8円
固定電話への通話 3分8円
050(IP電話)電話への通話 無料通話

例えば、毎日のように携帯電話宛てに5分ほどの電話をする場合は、LaLa Callでは、月額2,400円ほどかかりますので、mineoでんわ 10分かけ放題がお得になりますが、殆ど電話をしない(例えば3分の電話を10回ほど)であれば、LaLa Callが安く済みます。

自分の電話の利用頻度に合わせて選ぶことができますが、アプリをダウンロードして設定するといった面倒くさいこともありますので、あまり長電話をしない人は、mineoでんわ 10分かけ放題がおすすめだと思います。

LaLa Callは、こちらからダウンロードすることができます。

料金シミュレーションで節約額を確認

現在お使いのスマホからどれくらい節約できるかは、公式ページの料金シミュレーションを使うと簡単に確認できます。

格安スマホ「mineo」の公式ページ

例えば、ネットはあまり使わない(殆どが家のWi-Fiで使用)のでデータ容量は500MBにし、電話はmineoでんわ10分かけ放題に加入すると、合計2,376円(税込)になります。

月に40分以上電話をかけて会話することがない場合は、mineoでんわ10分かけ放題への加入も必要ないかもしれません。加入しない場合は、1,441円(税込)ですみます。

また、端末ごと新しくする場合は、スマホ端末も選べます。

端末は機種によって月額の費用(分割費用)が異なりますが、例えば分割料金が1,000円の場合は、その金額が上記の金額にプラスされます。

これに契約事務手数料3,300円とSIMカード発行料440円の合計3,740円が初期費用として必要になります。

筆者の場合、現在も、夫婦二人で月額12,000円ほどとそんなに高くはないのですが、mineoに夫婦で乗り換えると、年間9万円ほどの節約になります。ちょっとした旅行ができます。

mineoの格安SIMを申し込む手順

それでは、実際にmineoの格安SIMを申し込む手順を解説します。

mineoのお申込みは公式ページから簡単に行うことができます。

格安スマホ「mineo」の公式ページ

mineoに乗り換えるには、

  • mineoの格安SIM(カード)だけを購入して手元のスマホに差し込んで使う
  • 格安SIM(カード)とスマホ端末がセットになった格安スマホを購入する

といった2通りの方法がありますが、ここでは、auのスマホ(iPhone8)を持っている人が、mineo(マイネオ)でSIMカード(データ通信+音声通話)だけを購入し、電話番号は現在の番号を引き継ぐという契約手順を解説します

申込み前の準備

新規に申し込む場合は、

  • ご本人名義のクレジットカードと
  • 連絡用メールアドレスと電話番号
  • ご本人確認書類

が必要です。

電話番号を引き継ぐ場合は、これらに加えて、

  • MNP予約番号

が必要になります。

MNPとは、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。

MNP予約番号は、現在契約している携帯電話会社に電話して聞きます。

切り替えのタイミングによっては、現在契約しているキャリアの違約金も発生しますので申込みの手続きに入る前に今のキャリアの契約を確認しておきましょう。

mineoへの申込み手順

現在、契約している携帯電話の通信会社を選び「お申込みはこちら」ボタンを押して進みます。

「SIMカードのみを購入する」を選び、「Aプラン」「デュアルタイプ」を選択。

コース(データ容量)で「500MB」を選び、「mineoでんわ 10分かけ放題」を選びます。

持っているスマホが、auのiPhone8(Apple)ですので、SIMサイズ診断で確認して「au VoLTE対応SIM」を選択。

その他のオプションでは、落下や水没など、万が一端末が故障しても修理や交換用端末を受け取ることができる「持込み端末安心保証サービス」のみを選択します。

結果、

  • 初期費用が3,740円
  • 月額料金は2,928円になりました。

「通常のお申込み」を選んで先に進み、最後にMNP情報(MNP予約番号、現在の電話番号、MNP予約番号の有効期限)を入力します。

申込みが完了したら、手続き完了のメールが届きます。

1~2日でSIMが出荷され、2~3日で自宅に届きます。

申し込むにあたって気になる点

スマホが使えない日が発生する?

旧スマホが使えなくなるのは、現在のキャリアからmineoにMNPが移った時点です。

  1. 従って、MNP転出手続きを申し込んで「MNP予約番号」を取得した段階ではまだ旧スマホは使えます。
  2. mineoに申し込む際にネットで「MNP予約番号」入力し、新規契約の手続きを行っても、まだMNPはmineoに移りませんので旧スマホは使えます。
  3. 数日後、新しいSIMが届きますので、それをもとにmineoで「MNP転入切替・回線切替」手続きを行います。
  4. その後SIMをセットすると数十分~数時間でmineoのMNP転入切替・回線切替の手続きが完了し、mineoとして使えるようになります。

このように、MNP転入切替・回線切替手続きをしてSIMカードをセットするまでスマホが使えない時間帯は発生しますが、長時間にわたりスマホが使えないということはありません。

SIMロックの解除は必要?

利用予定の端末やプランにより、SIMロック解除が必要な場合と不要な場合があります。

例えば、auのiPhone8を使っている場合に、mineoのAプラン(auプラン)を使う場合は、使用する回線が同じですのでSIMロックの解除は不要です。

しかし、ドコモやソフトバンクのiPhone8を使っている場合に、mineoのAプラン(auプラン)を使う場合は、使用する回線が変わりますのでSIMロックの解除が必要になります。

SIMロックの解除の仕方は各キャリアのページで確認することができます。

尚、SIMロック解除を自分で行う場合は、キャリアの専用サイトが契約中にしか利用できないため原則として契約中にしかできません。

解約後にSIMロック解除を行う場合は、キャリアのショップで手続きする必要があります。

参考:SIMロックとは?SIMロック解除とは?SIMロック解除のメリットとデメリット

初期設定を行う

申し込みが完了すると審査を経て、数日後にSIMカードが契約の住所まで配送されます。

SIMカードが到着したら、同封の書類を確認し、

  1. SIMロックの解除(必要な場合)
  2. MNP転入切替・回線切替手続き
  3. SIMカードを取り付けてテストコール「111」(通話料無料)
  4. ネットワーク設定

の順で初期設定を行います。

①のSIMロックの解除は同じ回線を使うプランで契約する場合は不要です。

②の「MNP転入切替・回線切替手続き」を行うと、キャリアの通信サービスが利用できなくなり、③の「SIMカードを取り付けてテストコール「111」(通話料無料)」でガイダンスが確認できれば切替手続きは完了します。

最後の④「ネットワーク設定」は、mineoのSIMでインターネットなどのデータ通信を行うための設定です。インターネットを利用する場合は設定しなければなりません。

②の「MNP転入切替・回線切替手続き」から④の「ネットワーク設定」は、mineoから送られてきた手順書通りにやれば問題なく完了します。

以上で、mineoの環境でスマホが使えるようになり、これまで利用してきたキャリアとの契約は自動的に解約となります。

まとめ

格安SIM、格安スマホへの変更は、効果的な家計節約術の一つです。

そして、ここでは、お手元のスマホを有効活用したいという方に、格安SIMだけを購入する場合におすすめの格安SIM:mineo(マイネオ)を例に手順を紹介してきました。

mineoは格安SIMの中でも最も評判が良いと言われている通信業者の一つです。特に月額利用料金の安さで選ばれています。

普段は家のWi-Fiを中心に利用するため、通信速度よりも安さを優先するといった方におすすめです(尚、通信速度も格安スマホの中では好評です)。

特に、2020年5月31日までは、6カ月間基本料金が800円値引きの上、データ通信容量が1GB増量されるキャンペーンを実施しています。

最初の一歩が申込みや設定などで面倒なので拒絶反応を起こしている方も少なくないと思いますが、一度手続きをしてしまえばその後はずっと通信費のコストをダウンさせることができるので是非やっておきたい節約の一つです。

初めて格安スマホに切り替える方、格安スマホを色々比較して迷っている方、どの格安スマホがいいのわからない方におすすめです。

格安スマホ「mineo」の公式ページ

参考:格安スマホに乗り換える時に注意すべきポイント

参考:格安SIMのUQモバイルに乗り換える手順

参考:格安SIMなみのワイモバイル(Y!mobile)に乗り換える手順

参考:格安スマホへ乗り換えるメリット・デメリットと乗り換え方法

参考:auオンラインでiPhoneからAndroidに機種変更!その流れ

参考:老後の生活が楽になる5つの生活費削減策