使ってみたからおすすめできるSEOに強い無料WordPressテーマ

WordPressを使ってブログやサイトを運営している方も多いと思います。

そういう方たちの中には、優れたコンテンツを提供しているのになかなか検索結果の順位が上がらないと嘆いている人も少なくないと思います。

また、ここにこういう機能が追加できればユーザーにとっても便利でSEO対策として効果的だと思うのに、というようなものもあるかもしれません。

勿論、コンテンツ(記事)の品質はSEO対策として最も重要なことの一つです。

特に近年はGoogleもコンテンツを重視する傾向があると言われていますが、コンテンツが優れていれば検索結果の順位が上がるかといえば残念ながらそうとも言えないのが現状です。

実際、同じコンテンツをWordPressテーマAからWordPressテーマBに移行すると順位が大きく変動する場合があります。

管理人は、Googleの検索結果表示のアルゴリズムについてはやや疑問を持っていますが、

  • ページの表示速度が速いか
  • ユーザーが使いやすいサイト構造になっているか
  • レスポンシブ(特にスマホ対応)になっているか

といったユーザー第一主義な点はもっともなことだと思っています。

従って、SEO対策を考える場合、これらの要素は無視することができません。

ページの表示速度が速いかという点については、レンタルしているサーバーや貼っている広告などにも関係してきますが、WordPressのテーマによることが多いのも事実です。また、サイト構造の最適化、レスポンシブ対応は、モロにWordPressのテーマに依存されます。

つまり、SEO対策を考える場合、WordPressテーマに何を選ぶかということは非常に重要な要素の一つで、優秀なWordPressテーマを取り入れることで、記事を書き出す前から1歩、2歩ライバルに差をつけることができるのです。

使ってみたからおすすめできるSEOに強い無料のWordPressテーマ4選

WordPressテーマには、無料のものと有料のものがあります。

有料版は、デザインや機能面、SEO対策面などで無料版より優れているのが一般的ですが、無料版にも有料版レベルに近いWordPressテーマがあります。

ここでは、WordPressテーマにお金をかけたくない、できれば無料のテーマで優秀なものをつかいたい、といった方にWordPress歴6年の管理人自身がこれまで使ってきて無料でおすすめのWordPressテーマをおすすめ順に紹介します。

Cocoon

Cocoonは、管理人が無料版としては最後に使っていたWordPressテーマです。というのもCocoonは2018年6月に公開された比較的新しいテーマだからです。

Cocoonは、ご存じの方も多いと思われる無料テーマSimplicityの後継となるテーマです。古いサイトではCocoonではなくこちらを推奨しているところも多く見受けられます。

Simplicity自体、内部SEO対策やレスポンシブ対策も施され、ページの表示速度にも拘った非常に評価が高いテーマで、管理人もしばらく使用していました。

そのSimplicityを開発したわいひらさんが、ユーザーの意見をもとに再構築したWordPressテーマがCocoonです。

主なSEO対策として、
・ページ表示の高速化
・モバイルファースト
・AMP対応
・meta description記入欄の設置
・noindex、nofollowの設定を可能とする
など、有料バージョンとほぼ変わらない機能を有するほか、標準でランキング作成機能や吹き出し機能を搭載しており、柔軟性のあるサイト作りが可能です。

ランキングサイトも簡単に作れます。

ランキングページCocoonは、デザインは有料版と比べて少し劣るという見方もありますが、2018年現在、最もおすすめできる無料のWordPressテーマです。

Cocoonのダウンロードはこちら!

LION BLOG

ライオンブログ

LION BLOG(ライオンブログ)も2017年8月にリリースされた比較的新しいWordPressテーマです。各分野の専門家が集うチーム「FIT」が開発しました。

ブログ向けのテーマに加えてメディア向けのテーマ「LION MEDIA」も取り扱っています。勿論、好みでLION MEDIAでブログを書いても問題ありません。

ライオンメディア

Cocoonのようにランキングサイトの構築や吹き出し機能はありませんが、見ての通りデザイン性に優れ、機能も充実しています。

勿論、ページ表示の高速化、モバイルファースト、AMP対応、meta description記入欄の設置、noindex、nofollowの設定を可能とするなど、SEO対策としての一通りの機能を有しているのはCocoonと同じです。

LION BLOG、LION MEDIAのダウンロードはこちら!

ちなみに管理人が運営するこのサイトは、このLION BLOG、LION MEDIAを開発したFITさんが新しく作った有料テーマ「THE THOR」を使っています。

参考:WordPressテーマをTHE THOR(ザ・トール)にした理由

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas
Luxeritasはデザインもそこそこで、ページの表示速度の速さが有名なWordPressテーマです。見かけは一見シンプルそうですが、機能は充実しており、余計なプラグインをインストールする必要はありません。

以前は少し物足りなかった機能もバージョンアップごとに進化しています。

主なSEO対策として、
・ページ表示の高速化
・モバイルファースト
・AMP対応
・meta description記入欄の設置
などがあります。

但し、ページの下に「WordPress Luxeritas Theme is provided by “Thought is free”.」と表示され、提供元であるLuxeritasへのリンクが貼られています。

全てのページから外部リンクが貼られますのでSEO的に影響は避けられません。

他のWordPressテーマにもデフォルトで提供元へのリンクが貼られているものがありますが、比較的簡単に非表示にできるものが殆んどです。しかし、このテーマではそれができません。

これを表示しないようにするには、Luxeritasが提供する有料のプラグインを購入してインストールし、有効化することが必要になります。

価格は、2018年12月現在で5,230円です。そういう意味では格安の有料WordPressテーマと言えるかもしれません。これがなければ、Cocoonと1,2を争うテーマだと思います。

プラグインは、Luxeritasのページのメニューの「有料プラグイン」から入手することができます。

Luxeritasのダウンロードはこちら!

Xeory

xeory

Xeoryはバズ部の運営ノウハウをもとに完成させたコンテンツマーケティングのための無料のWordPressテーマです。

「Xeory Base」と「Xeory Extension」というテーマがあり、個人ブログで使用されるのはXeory Baseです。

Xeoryは、CTA(コール・トゥ・アクション)がすぐに設置できます。

CTAエリアとは簡単に言えばWebサイトへの訪問者に行動を促し誘導する仕掛けです。必要に応じて、資料請求やメルマガ登録、セミナーの申し込み、問い合わせ、商品やサービスの購入といった行動に誘導する仕掛けを作ることができます。

標準ではデザイン変更の融通がきかないため、デザイン性を高めたい場合は、それなりの知識のある方のカスタマイズが必要になります。

まとめ

以上、使っているからおすすめできる無料のWordPressテーマを4つ紹介しました。

他にも、StingerシリーズやSimplicity2など、その時その時に最もいいと思った無料のWordPressテーマを使ってきましたが、2018年12月時点で特におすすめできるものは、ここで紹介した4つです。

デザインよりもランキングサイト構築機能や吹き出し機能など機能を重視する場合はCocoonを、そこそこ機能が充実しておりデザイン重視の場合はLIONをおすすめします。

機能・デザイン・速度、また、アフターフォローまで全て揃ったテーマを求めるなら有料のWordPressテーマということになります。

参考:WordPressテーマをTHE THOR(ザ・トール)にした理由