ネットビジネスのビジネスモデル。具体例をあげて紹介

ネットビジネスのビジネスモデル。具体例をあげて紹介

ネットビジネスには様々な種類がありますが、やはり、人と同じことをして競うより自分独自のサービスを構築する方が成功する確率は高くなりますし、長く続けることも可能になります。

とはいえ、実際に自分独自のネットビシネスを構築するといっても、何をどこから手をつけていいか分からない人も多いはず。

そこで、ここでは、ネットビジネスの一つのビジネスモデルを具体的な例をあげて、そのやり方や考え方を紹介したいと思います。

私自身、30代後半で脱サラし、内容こそ違いますがここに書くような手順で自分独自のネットビジネスを構築しました。そして約10年でアーリーリタイアできました。想像力を膨らませて自分のやり方を確立しながらビジネスを展開できれば今の時代でも間違いなくそれなりの収入が確保できるようになると思います。

自分独自のネットビジネス構築の一つのヒントとして参考にして頂ければ幸いです。

ネットビジネスのビジネスモデル

ここで紹介するネットビジネスのビジネスモデル

ここで紹介するネットビジネスのビジネスモデルは、

WordPressテーマの特別ライセンスを購入しホームページの作成を請け負うというものです。

クライアントからの要望で、WordPressテーマを使ってホームページを作成し、代金を頂戴するというビジネスです。

今更ホームページの作成サービスがビジネスになる訳がないと考えている人は、ビジネスセンスがないかもしれませんよ。

ホームページを作成する専門の業者は山ほどありますが、それらとは金額や作業で差別化を図ることでしっかり根を張ってビジネスを展開していくことが可能です。

また、中にはホームページの作成なんて何の知識もスキルもない自分には無理、と思う人もいるかもしれませんが、このビジネスはそうではありません。

ホームページの作成代行なのにいわゆる専門的な知識やスキルが必要ない点
数万円の投資でプロなみのホームページがいくらでも作成できる点

がこのビジネスモデルのメリットでもあります。

実際、このサイトは、THE THORというWordPressテーマを使って作成していますが、このようなサイトを一から作るとなると、年単位の時間と数千万円単位の費用が必要になります。

それを数万円の投資で活用できる訳ですから、やる気次第で立派なビジネスを展開できます。

以下にその一つのやり方を紹介していきます。

このネットビジネスに必要なスキル

いわゆるホームページを作成するためのCSSやPHPといった専門的な知識やスキルは不要です。

しかし、ネットビジネスというくらいですから、インターネット環境があり、パソコンで文字を自在に入力できるくらいの技術は必要です。

できれば、自分でドメインとレンタルサーバーを準備し、WordPressをインストールしてブログを開設できるスキルがあることが望ましいのですが、そのスキルが無ければ、「それらができるようになるまで」を計画・スケジュールに盛り込めば済みます。

個人差はありますが、30時間もあ~でもないこ~でもないと触っていれば自然と使えるようになります。細かいところはその後のOJTで学習していきます。

これからインターネットで何かしら活動する場合は、WordPressは必須です。腹をくくって学習して下さい(笑)
関連記事

ここでは、WordPressとは何か?また、WordPressを使ってブログやサイトを作るにはどうやればよいか、そのやり方や手順を、初心者でもわかりやすく解説していきます。このページだけでWor[…]

WordPressを使ってブログを始める手順

ネットでビジネスを構築していく手順

まずは計画・スケジュールを立てる

計画・スケジュール

ビジネスを立ち上げるには、全体像を掴んだ後は、計画を立てて、それを時系列にマッピングすることが重要です。ビジネスを成功させるための基本と言っても過言ではありません。

これから自分のビジネスを構築していくという覚悟ができますし、目的に向かって効率的に事を進めたり、またその進捗をチェックしたりするためにも有効です。

また、ターゲットとする客層、受注件数、請け負う内容・範囲、価格設定などからある程度の収支計画の見込みをシミュレーションすることも重要です。

計画やスケジュールの枝葉部分はその時の時勢に合わせて途中変更することもありです。

必要なスキル・作業・費用を整理

WordPressテーマの特別ライセンスを購入してホームページ作成サービスを行うには、以下のスキルの習得や作業を行っていく必要があります。

  1. サーバーをレンタルし、希望のドメインを使えるようなる
  2. WordPressをインストールして使い方の感触を得る
  3. WordPressテーマを購入し、使い方をマスターする
  4. WordPressテーマの特別ライセンスを購入し、第三者のHPを作成できる権利を得る
  5. 営業用ホームページを作成して受注を開始する

尚、ドメインの取得、サーバーのレンタル、WordPressのインストールといったことの経験がない方は、最低限、そこは学習していく必要があります。

これができるようにならなければ、何のネットビジネスを始めるにしても厳しいと言えます。

ただ、実際にやり始めたらそんなに難しいものではありません。

今時、主婦さんやシニアの方もできますから。

<計画・スケジュールの簡単な例>

作業項目学習時間費用目安備考
サーバーレンタル
希望のドメインを取得
WordPressをインストール
10時間年間
1万円前後
未経験の人は、サーバーレンタル・ドメイン取得、WordPressのインストールを体験
WordPressの使い方を学習20時間WordPressの管理画面を理解して基本操作ができるようになる
WordPressテーマを購入し
使いこなせるようになる
60時間1万6,000円

1万8,000円
程度
機能が多いので設定項目も多い。トライ&エラーで学習する。個人用ブログを作ってもいいし、予め営業用ホームページの作成に着手してもいい
WordPressテーマの
特別ライセンスを購入
2万円

3万3,000円
程度
第三者のHPを作成できる権利を得る

営業用ホームページを作成

30時間練習を兼ねて凝ったものを作る

合 計

120時間3万8,000円

6万円程度
DIVER(17,980円+20,000円)
THE THOR(16,280円+33,000円)

時間は個人差もあり、目安です。

120時間必要ということであれば、1日に平均2時間を作業に費やすと60日、およそ2ヵ月でビジネスを開始できますが、半年から1年でビジネスを開始するという余裕をもった計画を立てることをおすすめします。

WordPressが使える人であれば、もっと短くなります。

下記では、ドメインの取得からサーバーのレンタル、WordPressのインストールまで図解入りで解説していますので、興味がある人は、とりあえずここでは参考程度に目を通して頂ければと思います。

目にするものが新しくて専門っぽいので拒絶反応を起こすかもしれませんが、要は慣れです。

関連記事

ここでは、WordPressとは何か?また、WordPressを使ってブログやサイトを作るにはどうやればよいか、そのやり方や手順を、初心者でもわかりやすく解説していきます。このページだけでWor[…]

WordPressを使ってブログを始める手順

WordPressテーマの使い方をマスターする

WordPressテーマとは、WordPressの見た目のデザインやサイト全体の構成、表示される機能などを担うサイトのテンプレートのようなものです。

レンタルしたサーバーにWordPressをインストールすると、デフォルトで一つのテーマに結び付けられていますが、殆どの人が自分の好みのWordPressテーマに変更します。

テーマには無料のものと有料のものがありますが、有料版は機能が豊富でデザイン性にも優れていますし、ユーザーの疑問に答えてくれるサポート体制もあります。

優れたWordPressテーマを選ぶ

ホームページ作成サービスは、このWordPressテーマを使って行いますので、優れたWordPressテーマ選びは非常に重要です

そこでおすすめしたいWordPressテーマが、

・「DIVER」と、
・「THE THOR」です。

この2つは現時点で最もおすすめのWordPressテーマです。

参考記事

ブログでGoogleアドセンスやアフィリエイトサイトを運用したいけれども、結局のところどのWordPressテーマが良いのか迷っている方も多いと思います。WordPressのテーマには、無料版と有料版が[…]

有料のWordPressテーマをおすすめ順にランキング

DIVERの導入には17,980円、THE THORの購入には16,280円の費用がかかりますが、まずはこれを投資してこれを自分で使いこなせるようになる必要があります。

DIVERはこちら!

THE THORはこちら!

DIVER

DIVERは、サイトのデザインやレイアウトをHTMLやCSSを全く触らずに直感的な操作で簡単にカスタマイズが可能です。サイトレイアウトも無限大です。

実際に、企業に納品してきたノウハウと技術をもとに最適化されたWordpressテーマですし、何といってもマニュアルやサポートが充実していますので何かあったときにも安心です。

DIVERのデモサイト

THE THOR

THE THORも、ポテンシャルの高いWordPressテーマです。

THE THORも、9つのデモサイト(デザインパターン)を用意しており、購入者はいつでもどれでもインストールすることができますので色んなデザインを試すことができます。

THE THORのデモサイト

WordPressテーマを使いこなせるようになる

商売道具となるWordPressテーマ(DIVERまたはTHE THOR)を購入してインストールしたら、まずは練習を兼ねて自分のブログや営業用のホームページを作ってみます。

自分のブログも営業用ホームページも作りたいという人は、自分のブログを作った後にドメインをもう一つ取って2本立てで運用しても構いません。

1つのサーバーに2つのドメインを入れて運用することができますので追加費用のドメイン代年間1,000円ほどでブログと営業用ホームページを作ることができます。

レンタルした一つのサーバーでWordPressも別々にインストールできますし、DIVERまたはTHE THORも2つのWordPressにインストールして使用することができます。

このやり方だと、万が一、WordPressテーマの特別ライセンスを購入してホームページ作成サービスを請け負うというビジネスの構築に断念しても自分のブログが残ります。

1サーバーで2つのドメインを管理する

ブログでは、ネットビジネスを構築していく過程を綴ると、ちょっとした広告収入を得られるかもしれません。例え失敗しても元は取るという商魂も随所に必要です。

5~60時間ほどデザインを変えたり、機能を追加・削除したりしていると自然とテーマが使えるようになってきます。わからないことはググれば殆どのことが解決します。

スマホの操作が自然とできるようになるのと同じで扱っていれば自然と覚えられます。

誰でも最初は初心者です。

あくまでもWordPressテーマの操作方法の習得で、いわゆるホームページを作るための専門知識や専門スキルは必要ありません。

WordPressテーマの特別ライセンスを購入する

ある程度、購入したWordPressテーマが使いこなせるようになったら、WordPressテーマの特別ライセンスを購入します。

特別ライセンスとは、個人事業主やフリーランスなどが「クライアントなど第三者に対するHP制作業務」を可能にするライセンスです。

自分用のサイトであれば、特別ライセンスを購入することなく複数のサイトで使用することが可能ですが、DIVERまたはTHE THORで第三者のHPを作成する場合は特別ライセンスが必要です。

というか、この2つは、特別ライセンスを与えてくれる貴重なWordPressテーマです。

ライセンスを取得する費用は、

・DIVERは、20,000円
・THE THORが、32,400円です。

両者ともライセンス発行時から3年の有効期限がありますので、ある程度、テーマを使いこなせる状態になってから購入することをおすすめします。

先に営業用ホームページを作成して受注したタイミングで特別ライセンスを購入するという手もありますが、特別ライセンス契約には簡単な審査があります。

万が一ということもありますので、順番は受注より特別ライセンスの購入が先という方が望ましいと思います(尚、営業用ホームページの作成は前倒しでも構いません)。

特別ライセンスは、公式ページの最下部のメニューや購入した後に送られてくるマニュアルサイトなどに紹介されています。

特別ライセンス契約はあくまでも契約ですので、規約をよく読んで申し込んでください。

ホームページ作成代行の営業用HPを作成する

ホームページ作成代行の営業用HPを作成

特別ライセンスを購入したらホームページ作成代行用の営業用ホームページを作成します。

ポイントはできることとできないことをはっきりさせること。

トラブルにならないよう、免責事項をしっかり記載します。

「お客様に少しでも安い費用で提供できるよう、基本デザインをベースに予めレイアウトされたパーツでページを仕上げて行くため、希望のデザイン、レイアウトに対応出来ない場合があります」といった文言を明記しておけばそれで構わないお客様がコンタクトをとってきます。

顧客を獲得する看板になるページですので、デザインも妥協しないように作ります。

基本的にWordPressテーマは、ブログ作成用、会社紹介用といった観点から作られていますので、例えばショッピングができるサイトといったものを作ることは困難です。

そういった難しいものは大手の専門の業者に任せて、例えば、

ショップや事業所の紹介サイト
個人事業主・士業の紹介サイト
サークルやクラブの紹介サイト

といったサービスに限定します。

自社製品やサービスを紹介したいサイトを作りたくても大手やHP作成専門会社が提示する金額ほど予算がない、という企業やグループ、団体、個人は少なくないはずです。

ホームページを作成するのに必要な画像や文章は遠方の方でもPCで送信してもらうことが可能ですし、近場であれは自分で出向いて撮影したり打ち合わせしたりすることも可能です。

そういったことや、その後のメンテナンス料金、また、今後必要になるサーバーレンタル料金やドメインの費用ついてもホームページにメニューとして記載しておきます。

・ホームページ作成料金をしっかり請求してメンテナンス料金を抑える
・ホームページ作成料金を格安にしてメンテナンス料金で回収する

という2つのパターンが多いようです、

HPの営業活動を行う

HPの営業活動を行う

集客の基本は営業用ホームページです。

営業用ホームページを作る場合は、集客できるサイト作りを意識します。

DIVERやTHE THORは、SEO(Googleの検索結果の上位に表示させる技術)対策も整っていますのでいろいろな仕掛けができます。

まずはターゲットを絞ること。

単に「ホームページ作成代行」というキーワードでホームページを作ると、多くの同様のサービスを行うサイトの中に埋もれてしまいます。

例えば、地域を限定したり、ホームページの作成代行を行う業種を限定したりすることで、検索結果の上位に表示させることが易しくなります。

絞り込まれたターゲットが訪問してきますのでよりニーズに合った顧客を獲得できる確率も高くなり、余計な問い合わせを受けることなく無駄も省けます。

そういった意味でも営業用ホームページには、顧客が求めるニーズに細かく答えたメニューを用意したり、ホームページのサンプル画像を用意してやるのが効果的です。

まとめ

以上、WordPressテーマの特別ライセンスを購入しホームページ作成サービスを請け負うというネットビジネスのビジネスモデルを紹介してきました。

実際、このビジネスモデルで安定した収入を得ている人もいらっしゃいますし、社員を増やしていっている方も少ないところを見ると需要も多そうです。

私自身、今後、仕事をしなければならなくなったら、このビジネスモデルに自分なりのオリジナリティや工夫を交えながらビジネスを展開していってもいいかな、と思っています。

アフィリエイトやアドセンスなどのネットビジネスよりも息の長いビジネスとして成り立つ可能性は圧倒的に高くなります。

また、ゼロから始めると時間がかかるようにも感じますが、アフィリエイトであっても最低、最初の半年は収入になりません。

何事も一朝一夕にはいきません。

WordPress経験者であれば半年、未経験者であれば1年といったように計画・スケジュールを立てて、一歩一歩進んで下さい。

また、リスクを恐れて一歩が出ない人もいます。

確かにこのビジネスは、人を相手にしますので何らかのリスクがあるかもしれませんが、何のビジネスにも多少のリスクはつきものです。

経験を積みながらトライ&エラーで知識や技術を習得していく勇気と覚悟が必要です。

ビジネスはそう甘いものではありません。

そして、経験上、こういったものは、始める前から色々考えるよりスタートしてから色んなアイデアが湧いてきてどんどん自分のスタイルが確立してくるものです。

ネットビジネスを検討している人は、一つのビジネスモデルとして参考にしていただき、自分独自のネットビジネスの構築に役立てて頂ければと思います。

関連記事

ネットビジネスに興味があり、どういったものがあるのか模索している人が増えています。色んなサイトで同じようなネットビジネスが紹介されていますが、結局、どれを選んだらいいか迷っている人も多いと思います。[…]

ネットビジネスの種類