ネットビジネスの種類!【2020年最新版】

ネットビジネスの種類

家に居てできる仕事はないか、経費のかからない仕事はないか、またリスクの少ない仕事はないか、コロナウイルスの影響でネットビジネスに注目が集まっています。

そこで、ここでは、ネットビジネス選びのポイントとネットビジネスの種類を紹介しています。

これからやっていこうとするネットビジネス選びの参考にして頂けたらと思います。

ネットビジネス選びのポイント

まず、ネットビジネスの種類を紹介する前にネットビジネス選びのポイントを解説します。

これからやるネットビジネスを選ぶポイントは、

  1. どれくらいの収入を希望するか目標を定める
  2. 自分に合ったビジネスを探す
  3. これからのトレンドを見極める

の3つです!

例えば収入面で言えば、月に2~3万円の小遣い程度の収入でいい場合と、やるからには100万円単位の収入がほしい、といった場合で選ぶものが変わってきます。

また、いくら儲けられそうなビジネスでも自分がやりたいことでなければ続きません。

そして、やはりネットビジネスにも流行り廃りがあります。

これから廃っていくビジネスに力を入れても無駄な努力に終わってしまう可能性があります。

これらのことを意識しながら目を通して頂ければと思います。

初心者を狙った情報商材に注意

また、ネットビジネスを選ぶ上で注意すべき点があります。

例えば、情報商材の中には初心者を狙った悪質なビジネスも存在するので注意が必要です。

簡単、楽、自動的、必ずといった文言がついているもの、また始めるにあたってお金を請求してくるものは、殆どが詐欺まがいのものなのでまずは疑ってかかることが大切です。

こういったものではほぼ稼げません。

ネットビジネスの種類

それでは、具体的にどういったネットビジネスがあるか、2020年現在、主流となっているネットビジネスの種類と、その特徴や簡単な実態を紹介します。

アフィリエイト

アフィリエイト

アフィリエイトとは?

ネットビジネスの代表格とも言えるアフィリエイト。

アフィリエイトとは、ブログやホームページなどを作り、収益化できる商品やサービスを基本に記事を書いていき、紹介する商品やサービスが売上に繋がったら報酬がもらえるという成果報酬型の広告ビジネスです(一部クリック報酬もあります)。

アフィリエイトをする人をアフィリエイターと呼んでいます。

広告主との提携や広告媒体の取得は、ASPに登録することで可能になります。

参考:おすすめのアフィリエイトASP

通常は、ASPに登録する際に、保有しているブログやサイトの審査がありますが、中には、審査のないASPもあります。

参考:ASPとは?審査のないASPは?

アフィリエイトのやり方・種類

アフィリエイトには、ブログやメルマガなどアフィリエイトを行う媒体や、特化型・トレンド・PPCといったアフィリエイトの手法によって様々なやり方があります。

参考:アフィリエイトの種類とその内容

GoogleやYahooに広告の掲載費用を支払って行うPPCアフィリエイトは広告費がかかりますが、それ以外は初期投資もドメインとサーバーレンタル代くらいで済みます。

無料ブログを使えば無料でアフィリエイトを行うこともできますが、こちらは制約がありますので本格的に取り組む場合にはおすすめしません。

専業としてではなく副業としておすすめ

アフィリエイトは、既に多くの人が参入しています。

収入に結び付きそうなワードで検索すると既に猛者たちがひしめいており、今から新規参入した者がその中に割って入るのは至難の業です。

また、アフィリエイトは終わりか、という声も囁かれているようにアフィリエイトを取り巻く環境は年々厳しくなってきています。

何よりも、一般的なSEOアフィリエイトは、Googleなどの検索エンジンの検索結果に依存したビジネスになりますので、Googleのアルゴリズム変更による検索結果の順位の変動で収入の浮き沈みが激しいという特徴があり、安定した収入を稼ぐのが難しいビジネスでもあります。

それでもアフィリエイトは、初期投資が少額で在庫をかかえる必要もなく、ローリスクであるにもかかわらず、やり方次第では大きく稼ぐことも可能ですので、専業・本業としてではなく副業や趣味としておすすめです。

特に、無収入覚悟で好きな分野・得意な分野で根気よく続けられる人におすすめです。

参考:初心者でもわかるアフィリエイトの始め方

お勧め度 期待できる収入 将来性

ブロガー

ブロガー

ブロガーとは?

ブロガーとは、自分の興味のあるもの好きなものを題材に自由にブログ記事を書きながらアフィリエイトやGoogle Adsenseなどを活用して収益化していくネットビジネスです。

アフィリエイターとブロガーの線引きが難しいのですが、このサイトでは、その違いを次のように解釈しています。

参考:ブロガーとアフィリエイターの違い

Google Adsenseを活用する場合は、Google Adsenseの審査を受けて登録するという手間はありますが、ブログを書くだけで収益化が図れますので、初心者でも取り組むことができます。

Google Adsense(グーグルアドセンス)とは?

Google Adsenseとは、Googleが提供する広告配信サービスです。ブログやサイトへの訪問者が広告をクリックだけで報酬が発生するクリック報酬型の広告システムです。

ブロガーのほとんどは、Google Adsenseによる広告収入をメインとしています。

Google Adsenseに申請登録し、Google Adsenseが用意したコードをブログの特定の箇所にコピーして貼り付けておけば、Googleが訪問者に適した広告を自動的に配信・表示してくれます。

ブロガーは広告の選定に気を遣うことなくそのコンテンツの作成に集中することができます。

Google Adsenseのクリック単価は数円から数十円と安価ですが、クリックだけで成果が発生するので訪問者数に比例して必ず収入が発生します。

このため、近年は、アフィリエイトによる収益化が難しくなってきていることもあり、Google Adsenseを活用したブロガーへシフトする人も増えています。

但し、Google Adsenseを利用した広告収入は、よほどの人気ブログとならない限り収入はせいぜい月に2~5万円程度です。

それくらいの収入で良ければ比較的簡単なビジネスですが、もっと多くの収入を目指したいのであれば、アフィリエイトとミックスするなどの工夫が必要になります。

尚、Google Adsenseに登録するサイトのURLは独自ドメインでなければなりませんし、広告が貼れるようになるまでには比較的厳しいサイトの審査があります。

参考:Google Adsense(グーグルアドセンス)の詳細

ブロガーの始め方

ブログを開設する方法には、

  • 無料ブログを使う方法と
  • 自分でドメインとサーバーを用意して始める方法

がありますが、無料ブログを使うと基本的にGoogle Adsenseに登録できません。

無料ブログには他にも様々な制約がありますので、制約を考えると自分でドメインとサーバーを用意して始める方法がおすすめです。

そして、自分でドメインとサーバーを用意して始める場合は、WordPressというソフトを使ってブログを書くことになります。

以下では、独自ドメインでWordPressを使ってブログを始める手順を解説しています。

参考:独自ドメインでWordPressを使ってブログを始める手順

ブロガーは、好きなことを書きながら広告収入を得ていくビジネスですので、初心者でも始めやすいというのが特徴ですが、長期に渡って記事を書き続けなければならないので、文章を書くことが好きな人、根気強い人向けのビジネスです。

SEO(Googleの検索結果の上位に表示させること)が難しい場合は、ブログのランキングサイトに登録したりSNSを活用して集客を行います。

多くの収入は期待できませんが、Googleの広告配信システムですので今後ますます注目を浴びていくネットビジネスだと思います。

お勧め度 期待できる収入 将来性

クラウドソーシング

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは?

アウトソーシングが特定の業者に外注するのに対し、クラウドソーシングは、不特定多数の外部の人に向けて業務を発注し、受注者は業務を完了することで報酬が得られるビジネス形態です

近年は、仕事を発注する企業と請け負う人を仲介するクラウドソーシングサービスを提供する企業も増えてきており、サラリーマンや主婦の方が副業として活用しはじめています。

仕事を受注したい場合は、会員登録することで仕事を探して受注することができます。

業務の内容としては、

  • データ入力
  • テープおこし
  • 指定された記事の作成(ライティング)
  • アンケートへの回答

など特に経験がなくても初心者でもできる仕事から、

  • ロゴ作成(デザイナー)
  • 翻訳
  • ホームページ作成
  • アプリ開発
  • プログラミング

など専門的なものまであります。

但し、ライティングなど誰でもできる仕事は単価が安いので(例:記事の作成であれば1000文字程度で300円程度)おすすめしません。

ライターを目指すのであればブロガーを目指した方がまだ効率的です。

クラウドソーシングを利用して、一定以上の安定した収入を目指したければ、翻訳やホームページ作成、デザイナー、プログラミングといった専門性が高い案件を受けられるスキルを身につけていくことが必要です。

(例)
TOEIC高得点、英検1級をアピール ⇒ 翻訳の仕事
プログラミングスクール卒業 ⇒ プログラミング

そのためには初期投資が必要になることもありますが、初期投資した分、副業の域を超えてフリーランスとして本業にすることも可能になります。

クラウドソーシングにより業務を請け負いたい場合

クラウドソーシングにより業務を請け負いたい場合は、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを提供する業者に登録して、自ら仕事を受注する必要があります。

勿論、登録は無料です。

参考:クラウドワークス

登録しておけば、在宅ワークに関する最新のニーズや動向をキャッチすることができ、今後のビジネス展開でのヒントになります。

今後、クラウドソーシングサービスを活用したビジネスの形態は増えてくると考えられます。

簡単なものから手を付けてとりあえず目の前の収入は稼げますが、1年後、2年後を見越して、先に投資してスキルを習得し、このクラウドソーシングサービスを活用したビジネスを確立するというのが賢明なやり方だと思います。

参考:クラウドソーシングで副業を始める

参考:パソコンを使った在宅ワーク

お勧め度 期待できる収入 将来性

得意なことや経験を販売

得意なことや経験を販売

自分の得意なことや経験で稼ぐ方法としてココナラというサービスを利用する方法があります。

ココナラは、恋愛相談や離婚相談からSEO対策など、みんなの得意分野をオンライン上で売り買いできるフリーマーケットです。

クラウドソーシングのフリーマーケット版といったようなもので、案件に応募するクラウドワークスのシステムと異なり、サービスやスキルを販売する側が自分のスキルやサービスを売るのが主流のシステムになっています。

得意なことは何でも構いません。カウンセリング、恋愛相談、確定申告といった自分の得意なものを商品として販売することができます。

勿論、クラウドソーシングのようにWebデザイン、プログラミングといった案件もあります。

登録は無料です。

参考:ココナラ

お勧め度 期待できる収入 将来性

プログラミング

ネットビジネス:プログラミング

プログラミングとは

プログラミングとは、パソコンを使ってWebサイトやスマートフォンのアプリ、ゲーム、また様々なシステムなどをプログラムを使って開発することです。

例えばこのサイトは、WordPressやWordPressテーマというツールを使って作っていますが、プログラミングができるようになると、自分でWebサイトのデザインや構造をカスタマイズすることができるようになります。

プログラミングのスキルを身につければ、若い人は勿論のこと、シニアの方でもそのスキルをもってネットビジネスや副業をしたり、独立することが可能となります。

実際、上述のクラウドソーシングでもWebプログラマーの求人は少なくありません。専門性が高いスキルなので高単価で仕事を請け負うことができます。

需要も多く、時間や場所にとらわれず、自由な働き方を実現できるため、プログラマーとして副業や独立をする人も増えています。

プログラマーになるには

プログラムの学習は独学でも可能ですが、将来は独立してフリーランスとして生計を立てたいといった場合は、体系的に学べるスクールでしっかり学ぶ方がおすすめです。

例えば、プログラミングスクールのテックアカデミーは、日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」と提携しているため、受講した方向けに仕事を紹介するサービスも提供しています。

お勧め度 期待できる収入 将来性

せどり・転売

せどり・転売

せどりとは?

せどりとは、新品や中古品の本や物品などを仕入れ、Amazonやメルカリなどのサイトで自分が設定した値段で販売するいわゆる古くからある転売ビジネスのことです。

ブックオフで中古本を仕入れ、Amazonで販売する手法が広まって有名となりました。

販売された金額から仕入れた金額を差し引いた額が利益となります。

リサイクルショップやディスカウントストア、家電量販店、また、楽天市場やメルカリなどで安いものを調達し、amazonやメルカリで転売するといったやり方になりますが、商品選びや価格の設定などにセンスが求められます。

レア物や限定版などを入手できれば大きな利益が期待できる一方で在庫リスクが伴います。

商品が売れたら自分で梱包材を用意し、商品を梱包、送料を負担して発送します。

元手がかかりますが、うまくやれば利益の出るビジネスです。

専門的な知識や経験が必要ないシンプルなビジネス

せどり・転売のメリットは、特に専門的な知識や経験が必要ないことにあります。

副業やネットビジネス初心者、あるいはこれから起業したいけどホームページを作ったりブログを書いたりすることはできない、という人には、取り組みやすいネットビジネスと言えます。

但し、仕入れ、出品、梱包、発送と、時間と手間がかかりますので仕事を持っている人が副業として片手間でやるには限界があります。

ひとりで淡々と黙々と作業をするのが得意な人に向いていると言えます。

せどり・転売ビジネスの始め方

せどり・転売の流れは以下の通りです。

  1. お店やネット通販で商品を探す
  2. 商品を購入する(仕入れる)
  3. 販売価格を決め、Amazonやヤフオク、メルカリなどに掲載、出品する
  4. 商品が売れる
  5. 購入者に商品を発送する

これを繰り返します。

AmazonのFBA(フルフィルメント by Amazon)を利用する手もあります。

FBAとは、仕入れた商品をAmazonに納品すると、商品の販売から発送、クレーム対応までをAmazonが行ってくれるというサービスです。

商品は、Amazonの倉庫であずかり、Amazonブランドの力で販売され、商品が売れると配送もちゃんとやってくれるので、自社での保管スペースが減ります。

但し、様々な手数料がかかるため利益がほとんど出ないこともありますので、利益と手数料のバランスに気をつける必要があります。

尚、転売目的で古物を買い取る行為は古物営業に該当します。

本格的に稼ぐ目的で古物を買い取る行為(売上金額などで判断)は、古物商許可を取得していないと無許可営業の罰則を受ける可能性があります。

お勧め度 期待できる収入 将来性

ネットショップ(ECショップ)運営

ネットショップ(ECショップ)の運営

ネットショップ(いわゆるECサイト)は、最も古くからあるネットビジネスの形態です。

普通の人は売るものがありませんので、売りたいもの・売れるものがある場合はそれだけでアドバンテージがあります

自らECサイトを構築して販売することもできますが、集客が難しいのが現状。

結局、自らECサイトとは別にAmazonや楽天市場、Yahooショッピングが認知度が高いためこれらのショッピングモールを活用するやり方が殆んどです。

Amazonを利用して出品する場合

特に、Amazonは、楽天市場とは異なりショップのデザインなど煩わしい設定が不要で、出品者の負担も少なく商品を登録するだけで販売可能となるため人気があります。

法人ではなくても個人でAmazonに出品することができます。

Amazonで商品を出品するには、大口出品または小口出品での出品者登録が必要で、それぞれで手数料も変わってきます。

ビジネスとして本格的に取り組む場合は、せどりの項目で説明したFBA(別途、手数料が必要)を検討してもいいと思います。

これらのモールを活用する場合は月間登録料や販売手数料、カテゴリー成約料などの手数料と相談して出店・出品を検討します。

その他のネットショップを活用

商品やサービスが独特なもの、例えば手作りの子供服やアクセサリー、○○のノウハウ本といったものを販売する場合は、ミンネ(minne)やBASE、COLOR MEなどを利用して販売する方法もあります。

ミンネ(minne)は、minneというモールに商品を出品する形態となり、

BASECOLOR MEは、設定に沿って自分のECサイトを作る形態となります。

BASEは、クレジットカードや銀行振込・コンビニ・後払いなどの決済機能がついた店舗を無料で持てます(販売された時点で手数料が発生)。

COLOR MEは、様々な決済機能がある点は、BASEと同じですが、こちらは、販売手数料が必要ないかわりに固定で費用がかかってきます(例:レギュラー:3,000円)。

monneなどはコミュニティで盛り上がりを見せていますが、楽天市場やAmazonなど大手のモールと違ってこういった個人のネットショップでは集客が課題になります。

Facebookやツイッター、ブログなどのSNSを活用して店舗に誘導するなどの工夫も必要です。

お勧め度 期待できる収入 将来性

デジタルコンテンツの販売

デジタルコンテンツ・電子書籍

デジタルコンテンツの販売

デジタルコンテンツとはノウハウをパッケージにしたものです。

ビジネスに関する情報だったり、恋愛だったり、占いだったり、また、スポーツだったり、何らかの分野について詳しい知識があればそのノウハウを電子書籍やPDF、動画などに教材としてまとめ、インターネット上で販売することができます。

元手が殆どかからないため利益率が高い上に、最初に作成すればあとはメンテナンス以外ほとんど放置状態で自動的に報酬が発生する点はデジタルコンテンツ販売のメリットです。

上級者になると、無料メルマガを使った見込み客の集客、無料コンテンツによる価値の提供、そして商品販売までを自動化して収入に結びつけています。

書籍販売

また、本の出版・販売で稼ぐことに興味がある方は、紙による自費出版よりも誰でも無料で出版できるkindle出版がおすすめです。

参考:kindle出版

書籍販売と聞くとハードルが高そうですが、近年は、Amazonのセルフ出版サービス「Kindle ダイレクト・パブリッシング」を使えば誰でも電子書籍を出版できる時代になりました。

Amazonの審査に通過すればAmazonのサイト上であなたの本を販売することができます。

但し、kindle出版を実現するまでの手続きは少し面倒ですし、多くの収入は期待できません。

ビジネスとして展開するのであれば、kindle出版などでの書籍販売より、ブログやサイトで見込み客を集めてデジタルコンテンツを販売する方がおすすめです。

価値の高いコンテンツを提供できれば、初心者でもネットを使って高額の収入を得ることができるビジネスに展開できます。

お勧め度 期待できる収入 将来性

ホームページ作成代行などの独自のネットビジネス

ここまで説明してきたネットビジネスは、誰もが比較的簡単に始められて流行り廃りがなくこれからも暫く続けられるものだと思われるものです。

真剣に取り組めば、それなりに稼げると思いますが、やはり、最もおすすめなのは、自分のオリジナリティを持たせたネットビジネスを構築していくことです。

自分独自のビジネスを構築・展開していくには多少のリスクが伴いますが、失敗を恐れず突き進むことが成功への道です。

下記では、一つのネットビジネスのビジネスモデルとして「初心者でもできるホームページ作成代行」を紹介しています。

WordPressテーマの特別ライセンスを購入し、クライアントからの要望でホームページの作成を請け負い、代金を頂戴するというビジネスです。

参考:ネットビジネスのビジネスモデル!初心者でもできるホームページ作成代行

ホームページの作成は従来からあるビジネスですが、いわゆる専門的な知識やスキルが必要なく、数万円の投資でプロなみのホームページがいくらでも作成できるというのが特徴です。

実際にこの要領でビジネスを展開し、ほぼ素人から3年も経たないうちに年収1,000万円を超え、社員も2人雇っている人がいるため紹介しています。

お勧め度 期待できる収入 将来性

Youtuber・インスタグラマー

Youtuber

今や小学生や中学生のなりたい職業にも上位にランクインされるようになったユーチューバーとは、Youtubeを使って定期的に動画を配信し、広告収入を得るビジネスです。

大きくは、GoogleAdsense広告とスポンサー提供広告があり、再生回数や登録者数に応じて収入が発生します。

Youtuberになるには、ビデオカメラなどの撮影機材や動画編集の技術も必要になります。

広告収入は、ケースバイケースですが動画1回の再生につき0.1円ほどと言われています。

数万回再生されてようやく数千円の収入ですので、有名になってある程度稼げるようになるにはそれ相応の努力と忍耐が必要です。

インスタグラマー

インスタグラマーとは、インスタグラムで多くのフォロワーを持ち、大きな影響力を持っている人のことを言います。

インスタグラマーの収入のベースは、インフルエンサー広告(スポンサー収入)です。

TVのCMなどと同じく商品を自分が宣伝することで対価をもらうスタイルです。

基本的に企業からの依頼で広告塔になりますが、依頼される人は10万人ほどのフォロワーがいるほんの一握りのインスタグラマーです。

頑張ってもなれる人は少ないのが実態です。

人気はあるが現実は厳しいビジネス

Youtuberもインスタグラマーも流行ってはいますが、芸能人のように最初から有名人でもない限りビジネスと考えた場合は非常に厳しいのが現実です。

一発当たれば大きいですが、その確率は宝くじで高額当選するようなもの。成功する確率はどのビジネスより低いと言えます。

2017年の終わり頃から話題になり定着しつつある「バーチャルユーチューバー」により、顔出しのリスクも無くなり、今後は益々Youtuberと名乗る人は増えてくると思われますが、殆どの人は小遣い程度の収入にもならないと思われます。

お勧め度 期待できる収入 将来性

ネットビジネスの種類まとめ

以上、ネットビジネスにはどういうものがあるか、その種類をいくつか紹介してきました。

管理人も全てを実践した訳ではありませんが、この中で筆者がおすすめなのは、

  • アフィリエイト
  • ブロガー
  • クラウドソーシング
  • 独自のネットビジネス

です。

そして、収入面やリスクヘッジを考慮した場合は「アフィリエイトとGoogleAdsenseのミックス型」、また、クラウドソーシングではスキルアップ計画を盛り込んだ取り組みがおすすめです。

将来的にネットビジネスを専業としてやっていきたい場合は、これらのことをアンテナを張りながら経験し、まだ参入者がさほど多くなく自分なりの工夫やサービスができるビジネスを考えて進めることが重要です。

新しいビジネス、やりたいビジネスは机上で考えても浮かんでくるものではありません。何かをやっててふとしかきっかけで出会います。従って、まずは何かを始めることが大切です。

自分に合ったビジネスを選んだら、後はひたすら実践あるのみです。

そして、始めたらとにかく継続することが重要です。多くの人が数ヶ月で結果が出ないとして撤退しているのが現状です。継続はネットビジネスで成功するための必要条件です。

継続していると新しい発想が浮かんできたり、新しい出会いがあるもので、そこからチャンスが広がり本格的なネットビジネスが始まったりします。

参考:ネットビジネスのメリットとデメリット

参考:サラリーマンにおすすめの副業

参考:定年後の起業ネタにはどういうものがあるか