ワンウェイボトルかリターナブルボトルかボトルのタイプで選ぶウォーターサーバー

ワンウェイボトルかリターナブルボトルかで選ぶウォーターサーバー

宅配水形式のウォーターサーバーの宅配ボトルには、

・使い捨て型のワンウェイボトル方式
・回収型のリターナブルボトル方式があります。

ここでは、それぞれのボトル方式がどういうものか?そのメリットとデメリット、またワンウェイボトル、リターナブルボトルそれぞれを採用しているウォーターサーバーを紹介しています。

ウォーターサーバー選びの参考にして頂ければと思います。

ワンウェイボトルとは?

ワンウェイボトルとは、ワンウェイ(One Way)が、英語で「一方通行」「片道の」という意味を表している通り、回収されず使い捨て方式のボトルです。

業者から配達されたお水を使い切ったら、容器は家庭で廃棄します。

ボトルの素材には硬質ペットボトル(プラスチック)厚手のビニールパックが用いられます。

プラスチックや厚手のビニールパックのワンウェイボトル

天然水の多くは、このワンウェイボトルを採用しています。

例外もありますが、ワンウェイボトルのメリット・デメリットは概ね以下の通りです。

ワンウェイボトルのメリット

ボトルの保管場所が不要

ワンウェイボトルの最も大きなメリットは、使用済みのボトルを保管するスペースが必要ないことです。使い終わったら、潰したり畳んだりして資源ゴミとして捨てることができます。

特にフレシャスなどが採用するビニールパック形式のものは、簡単に小さく畳んでゴミ箱へ捨てられますのでゴミがかさばらないというメリットがあります。

フレシャスなどが採用するビニールパック形式のボトル

一般的にお水の交換が楽

ワンウェイボトルは、リターナブルボトルと比較して軽量なものが多く、お水の交換が楽だというメリットがあります。

また、中にはサーバー下部にボトルをセットする下置きサーバーもあります。この手のサーバーは重たいお水をサーバーの上まで持ち上げる必要がないため楽にお水の交換でができます。

空気が侵入せず衛生的

また、硬質ペットボトルやビニールパック素材のものは、水が減っていくと容器も小さくなっていくため、ボトル内に空気が侵入せず、衛生的と言われています。

水が外気に触れにくいので、基本的には水の賞味期限もリターナブル式より長くなっていますし、一般的に業者の定期メンテナンスも無いためメンテナンス代もかかりません。

ワンウェイボトルのデメリット

ゴミの量が増えたりゴミ出しが面倒

一方、ワンウェイボトルのデメリットとしては、ゴミの量が増えたり、ゴミ出しが面倒だったりすることがあげられます。

回収がない反面、特に硬質ペットボトル(プラスチック)の場合は、ボトルの梱包材の段ボールと使い切った容器がゴミとして増えていつもよりゴミ出しの量が多くなったり、キャップと本体を分別しなければならなかったりと煩わしさを感じたりすることもあります。

また、ワンウェイタイプでも固い材質のものもありますので、この場合は足を使って潰したり、捨てたりするのに手間がかかることもあります。

小容量タイプは水の交換の頻度が増す

特にビニールパック素材のものは、小容量ですので、水の交換頻度が多くなります。

水の料金が高くなる

回収して再利用するリターナブルボトルと違い、使い切りタイプのワンウェイタイプは、コストがかかりますのでその分お水代が若干高くなる傾向があります。

その他

リターナブルボトルと比較するとやわらかい素材でできているため、ごくまれに破れて浸水するトラブルや、ビニール臭がするケースもあります。

リターナブルボトルとは?

リターナブルボトルとは、リターナブル(Returnable)が英語で「返却・返還可能」という意味を表している通り、使い終わったボトルを業者が回収する方式のボトルです。

通称、ガロンボトルとも呼ばれます。

リターナブルボトル

リターナブルボトルは回収が必要なために、自社で配達しているところが多いのが特徴です。

従って、地域ごとに配達する曜日を決めている場合が多く、配達時に留守だった場合は、玄関前などに置いてくるといった措置がとられる場合が多くなります。

回収されたボトルは、十分に洗浄殺菌して再利用されます。

RO水の多くは、このリターナブルボトルを採用しています。

例外もありますが、リターナブルボトルのメリット・デメリットは概ね以下の通りです。

リターナブルボトルのメリット

環境に優しい

リターナブルボトルは、ゴミが出ないので環境にもやさしく、容器を潰す手間も省け、家庭のゴミが増える事がありません。

水の料金が安くなる

リターナブルボトルは、ワンウェイタイプと違い、ボトルを回収して再利用しますのでウォーターボトルにかかるコストが安くなり、その分お水代が安くなる傾向があります。

専門スタッフによる配送

佐川急便やヤマト運輸などの宅配業者ではなく、専門スタッフが水を配送する場合が多いという特徴があります。そのため、宅配時に水やサーバーについて質問や相談ができたり、業者のメンテナンスやサーバー交換といったサービスが受けやすくなります。

リターナブルボトルのデメリット

ホトルの保管スペースが必要

リターナブルボトルは回収日まで空ボトルを保管するスペースが必要になります。

保管スペースを確保するのが難しい方は、ボトルを重ねて保管できる収納ラックを扱っているメーカーもありますのでそういったものを利用するのもいいと思います。

お水の交換が負担になることも

リターナブル方式のボトルは、12ℓが基本です。しかもお水の交換場所は殆どがサーバーの上です。ボトルの重さに12kgの水が加わりますので女性やお年寄りの方には負担になります。

中には7ℓといった軽量のリターナブルボトルを扱うところもあります。

マンション住まいには不便

ボトルの回収という工程が発生するリターナブルボトルは、オートロック方式のマンションでは運用が不便です。留守の場合は、宅配ボックスという手も考えられますが容量の問題がありますし、回収はできません。

マンション住まいの人は、注意しなければなりません。

管理人に頼むというのが難しい人は、ワンウェイタイプがおすすめです。

衛生面が気になることも

リターナブルボトルは硬い材質なので水が減ってもボトルは凹みません。

このためボトルにボコボコと空気が入り水が外気に触れてしまいます。ワンウェイ方式と比較すると衛生面がやこの音が気になる方もいらっしゃいます。

サーバーのデザインがイマイチに

リターナブルボトルを剥き出しでサーバーに設置するのでデザイン性に優れたサーバーが少ないのもデメリットです。どうしても古いデザインといったイメージがあります。

ワンウェイ方式かリターナブル方式かで選ぶウォーターサーバー

以上のように、ワンウェイ方式とリターナブル方式は一長一短、それぞれにメリット・デメリットがありますので自分のライフスタイルや家の環境を考えて選ぶことが大切です。

以下に、ワンウェイボトルとリターナブルボトルを採用している人気のウォーターサーバーを紹介します。

ワンウェイリターナブル
水の容器ワンウェイボトルリターナブルボトル
容器の処分使い捨て捨てずに保管
メリット保管場所不要
水の交換が楽
水が外気に触れず衛生的
環境にやさしい
水の料金が安くなる
専門スタッフによる配送
デメリットゴミの量が増えゴミ出しが面倒
水の交換頻度が多い
水の料金が高くなる
保管場所が必要
水の交換が負担
サーバーのデザインがイマイチ
取り扱いウォーター
サーバー業者
フレシャス
コスモウォーター
信濃湧水
プレミアムウォーター
うるのん
クリクラ
アクアクララ
アルピナウォーター
備考パック式で後処理が簡単なフレシャスやボトル下置タイプのあるコスモウォーター、プレミアムウォーターが人気関東地方にお住まいならコスパに優れたアルピナウォーターが人気

一般的に、ワンウェイボトルは容量が小さく、ボトルの交換も楽にできますので、独り暮らしの女性の方やご高齢の方におすすめです。

関連記事

蛇口をひねるとすぐに冷水や温水が飲めるウォーターサーバー。使い慣れると非常に便利です。そのウォーターサーバーですが、様々なメーカーから・天然水・RO水といった水・床置きタイプ・卓上タイプとい[…]

比較!ウォーターサーバー人気ランキング
関連記事

高齢者の方でもウォーターサーバーを使用される方は増えています。健康志向が高まっていることもありますが、重い水を買いに行くことから解放されますし、お茶やコーヒーなどを飲む時もわざわざお湯を沸かす手間がなく[…]

高齢者向けのウォーターサーバー