Passage-Based IndexingをGoogleが導入!やるべきSEO対策は?

2020年10月15日、Googleは、Search On 2020というイベントをオンラインで開催し、その中で、Passage-Based Indexingという検索システムを導入すると発表しました。

日本でも早ければ年内、年明けにもGoogleの検索システムが変わります。

ここでは、Passage-Based Indexingとはどういう検索システムなのか、また、この検索システムに対して我々はどういうSEO対策ができるのか、記しています。

Passage-Based IndexingをGoogleが導入!やるべきSEO対策は?

Passage-Based Indexingとは?

Passage-Based Indexingは、2020年10月15日にGoogleによって開催されたSearch On 2020のイベントの中で発表された検索システム機能の一つです。

ページ内の全てのコンテンツではなく、ページ内の一部分、一節だけを評価対象にする検索システムです(詳しくは下の記事でまとめられているのでそちらを参照して下さい)。

海外SEO情報ブログ

ページの中の特定の一部分だけを対象にして関連性を評価できるように検索システムを Google は変更する。検索結果の 7…

Passage-Based Indexingで検索結果がどう変わるのか

Passage-Based Indexingが、どういう検索システムかと言うと、少し極端かもしれませんが、ニッチなクエリに対する明確な答えがページ内にあれば、他はそれに関係する内容でなくても評価が高くなるというものです。

言い換えれば、関連する情報は網羅していても明確な答えがなければ、ニッチなクエリに対する順位は相対的に下がる可能性があります。

また、これまでは、例え、ニッチなクエリに対する明確な答えを書いていたとしても、関連する情報を網羅することで明確な答えがぼやけてしまい、ニッチなクエリに対する明確な答えだけを持つページの方が上位表示される傾向がありましたが、逆転する可能性も出てきそうです。

確かに今のようにページの内容全体を評価した検索システムの場合、求めている答えの周辺の情報は得ることはできても、ずばり答えにたどり着くのが困難な場合があります。

それよりも、これまでは、関連性の低い文章があることで検索結果の後方に埋もれていた「ずばり答え」を持ったサイトが検索結果の上位に表示されることで多くの人は助かるでしょう。

7%の検索結果に影響

この評価システムを導入することで、7%の検索結果に影響を与えると言われています。

しかし、これは、限定的なニッチなクエリ、言わばロングテールキーワードに対する検索結果なので、大きな影響を受ける人は少ないかもしれません。

また、UXの観点からも、ニッチなクエリに対する明確な答えに絞ったページの方が良さそうなので、Googleがどのように検索結果を返すのかもわかりません。

やるべきSEO対策は?

Passage-Based Indexingは、2020年11月から米国の検索結果から導入され、その後、日本でも導入される予定です。

7%の検索結果に影響を与えると言われていますが、その7%とは、ニッチなクエリに対する明確な答えを持っている・持ってないサイトが入れ替わることになると思われます。

これに対して私たちは、どういったSEO対策ができるでしょうか。

クエリに対する明確な答えを文中に用意する

ニッチなクエリに対して、Googleがどういう結果を返してくるのかまだわかりませんが、私たちがSEO対策としてできることとしては、クエリに対する明確な答えをコンテンツに盛り込むことに加えて、それをGoogleに知らせるために、

  • 見出しや
  • 強調文字

などを活用することぐらいではないかと考えます。

これらは、網羅性の高い記事の中でも、ニッチなクエリに対する回答にスポットライトを当てる効果があると思います。

つまり、これまで行ってきたSEO対策で事足りると思いますが、強いて言うなら、ニッチなクエリを察知して、その答えを一つの段落としてまとめておく、また、回答に迫るワードは強調文字にしておくなどが有効になると思われます。