キャリアコンサルタントとして独立はできるか?試験の難易度や合格率!

ここでは、キャリアコンサルタントとはどういう職業か、キャリアコンサルタントとして独立はできるか?また、試験の難易度や合格率などを解説しています。

キャリアコンサルタントとは?

キャリアコンサルタントとは、2016年4月より創設された国家資格です。

求職者がベストなキャリアを積めるよう、企業と求職者の適性なマッチングをサポートしたり、能力開発に関する相談・助言を行う専門職です。

キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。

キャリアコンサルタントは、独占業務はありませんが、登録制の名称独占資格です。

従って、資格保有者でない者はキャリアコンサルタント、またそれに似た紛らわしい名前を用いてはならないとされており、守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されています。

企業の人事や大学などの教育関連部門をはじめ、公的就業支援機関、人材紹介・人材派遣会社など幅広い分野で必要とされています。

社会保険労務士などとのダブルライセンスで独立して活動しているケースも見られます。

尚、キャリアコンサルタントは、登録後5年ごとの更新が必要です。

キャリアコンサルタントになるには?

キャリアコンサルタントになるには、キャリアコンサルタント試験に合格し、厚生労働省に備えるキャリアコンサルタント名簿への登録を行う必要があります。

キャリアコンサルタント試験の概要

キャリアコンサルタント試験を実施する団体は、

  • 日本キャリア開発協会(JCDA)
  • キャリア・コンサルティング協議会(CC協議会)

の2つがあります。

学科試験は共通問題ですが、実技の論述試験と面接試験は、2つの団体で異なりますし、合格率なども異なります。

以下は、日本キャリア開発協会(JCDA)が実施する試験について解説します。

受験資格

キャリアコンサルタント試験は下記のいずれかの条件を満たせば受験資格が得られます。

  1. 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者
  2. 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する者
  3. 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
  4. 上記の項目と同等以上の能力を有する者

厚生労働大臣が認定する講習は、例えば、以下の講座がこれに該当します。

参考:ヒューマンアカデミーのキャリアコンサルタント養成講座

試験の免除

以下に該当する方は、キャリアコンサルタント試験の該当試験が免除されます。

  • キャリアコンサルタント学科試験又は実技試験においてどちらか片方の合格者は、合格している試験が免除
  • 技能検定キャリアコンサルティング職種の1級又は2級の学科試験、実技試験のどちらか片方の合格者は、キャリアコンサルタント試験の対応する試験が免除
  • 平成28年3月までに、キャリアコンサルタント試験と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する試験(平成28年3月まで実施されていたキャリア・コンサルタント能力評価試験等)に片合格した方等は、キャリアコンサルタント試験についても対応する試験の合格者とみなされ、対応する試験が免除されます(平成28年4月から5年間有効)

キャリアコンサルタント試験と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する試験とは、以下に該当する試験をいいます。

キャリアコンサルタント試験と同等以上のもので厚生労働大臣が指定する試験

試験日時

キャリアコンサルタントの国家試験は年3回実施されます。

第17回試験・第18回試験の日程は以下の通りですが、新型コロナウイルスの影響で変更になる場合があります。

第17回試験
受験申し込み期間 2021年4月8日(木) 〜 2021年4月23日(金)
学科・実技論述試験 2021年6月27日(日)
実技面接試験 2021年7月3日(土)・4日(日)
追加日程:2021年7月10日(土)・11日(日)
合格発表 2021年8月10日(火)予定
第18回試験
受験申し込み期間 2021年8月10日(火) 〜 2021年8月30日(月)
学科・実技論述試験 2021年10月31日(日)
実技面接試験 2021年11月6日(土)・7日(日)
追加日程:2021年11月13日(土)・14日(日)
合格発表 2021年12月13日(金)予定

試験の方法と内容

試験は、

  • 学科試験と
  • 実技試験(論述試験・面接試験)

に分けて実施されます。

試験科目

学科試験の試験科目
  • キャリアコンサルティングの社会的意義
  • キャリアコンサルティングを行うために必要な知識
  • キャリアコンサルティングを行うために必要な技能
  • キャリアコンサルタントの倫理と行動
実技試験の試験科目
  • キャリアコンサルティングを行うために必要な技能
出題形式と問題数
試験 出題形式 問題数と試験時間
学科試験 筆記試験
四肢選択のマークシート方式による回答
50問・100分
実技・論述試験 逐語記録を読み、設問に解答する記述式 1~2問・50分
実技・面接試験 ロールプレイ(受験者がキャリアコンサルタント役となり、相談を行う)
口頭試問(自らの相談について試験官からの質問に答える)
1ケース・20分
・ロールプレイング15分
・口頭試問5分

受験手数料

学科:8,900円

実技:29,900円

いずれも税込み

キャリアコンサルタント試験の難易度や合格率

合格基準・合格率

合格基準

学科 100点満点で70点以上の得点
実技 150点満点で90点以上の得点。ただし論述試験の満点の40%以上、かつ面接試験の評価区分の中の「主訴・問題の把握」「具体的展開」「傾聴」のいずれにおいても満点の40%以上の得点が必要

合格率

例年、学科試験、実技試験とも合格率は60%から70%で推移しており、最終合格者は50%~55%で推移しています。

2つの団体が実施していますが、両者で合格率(難易度)の差は殆どありません。

難易度と合格までの時間の目安

難易度: 易しい

合格までの学習時間の目安:200時間

キャリアコンサルタントの通学・通信講座はヒューマンアカデミーがおすすめです。

キャリアコンサルタントとして独立や就職・再就職ができるか

キャリアコンサルタントとして独立が可能か

キャリアコンサルタントとして独立はできるか、については、キャリアコンサルタント1本で独立するのは難しいのが現状のようです。

一つは業務独占資格ではないので、誰でもできるということ。実際、行政機関や民間企業、教育機関でも相談者の就職や転職の相談に乗っています。

特に日本ではキャリアについての相談をお金を払って個人に相談するという文化はありません。

つまり、国家資格だからといって、独占業務のない資格では個人への需要は殆ど期待できないのが現状です。キャリアコンサルタントとして安定した収入を確保するには企業からの案件を数多く受注する必要があります。

そのためには、企業や大学などへの営業活動が欠かせません。

キャリアコンサルタントとして活躍したい場合は、社会保険労務士とのダブルライセンスがおすすめです。労務管理の視点からもアドバイスが可能となります。

キャリアコンサルタントの資格が就職や転職、定年後の再就職に有利か

キャリアコンサルタントの資格が就職や転職、再就職に有利かという点ですが、ハローワークや学校、大企業、人材派遣会社当への就職や転職には有利に働きます。

社会経験豊かな定年後の世代への需要も期待できそうですが、そういった求人は非常に少なく、タイミングに恵まれたり人脈などが活用できなければこの資格が定年後の再就職に有利とは言えないのが厳しいのが実情です。

2016年4月より創設された国家資格だからということもありますが、難易度もさほど高くなく、誰でもが持てる資格なので、あまり評価されることもありません。

また、5年ごとにある更新では、厚生労働大臣指定のキャリアコンサルタント更新講習(知識講習8時間・技能講習30時間)を受けることが義務づけられており、費用が1単位あたり万円単位のお金がかかります。

キャリアコンサルタントの上位資格である「キャリアコンサルティング技能士」に合格すれば、更新講習は受けなくてもよいことになっていますが、そうでない場合でキャリアコンサルタントの資格を維持するためには、5年ごとに数十万円の費用がかかります。