受験資格がなく独学でも合格可能な第二種電気工事士

受験資格がなく独学でも合格可能な第二種電気工事士

電気工事士とは?

電気工事士の資格は、電気に関わる建物や設備の工事をする時に必要となる都道府県知事によって付与される国家資格です。

電気工事士には、第二種電気工事士第一種電気工事士の2種類があり、それぞれ作業できる仕事の範囲が異なります。

第二種電気工事士は、一般住宅や店舗など600ボルト以下で受電する設備の工事のみに従事できますが、第一種電気工事士は、第二種の範囲に加えて、最大電力500キロワット未満の工場、ビル、商店などの工事に従事できます。

具体的には、屋内・外線の配線工事や冷暖房設備、ビル管理の仕事などです。

電気工事士は、業務独占資格に分類されており、これらの仕事を電気工事士の資格を持っていない人がすることは法律で禁止されています。

名前がよく似た資格に電気主任技術者という資格がありますが、両者の違いは、簡単に言うと、電気主任技術者が保安の監督をする仕事で、電気工事士は工事に従事する仕事です。

電気工事士になるには?

電気工事士試験に合格して電気工事士免状の交付を受けると、電気(一般用電気工作物及び自家用電気工作物)の工事に従事することができます。

ただし第一種電気工事士については、免状交付には、5年以上(電気科・電気工事科の大学や専門学校を卒業している場合は3年以上)の実務経験等が必要です。

第二種電気工事士試験の概要

ここでは、免状交付に実務経験が必要ない第二種電気工事士試験について解説します。

受験資格

受験資格は必要ありません。ちなみに第一種電気工事士も免許交付には実務経験が必要ですが受験資格は必要ありません。

年齢、学歴、国籍、性別、実務経験等に関係なく誰でも受験できます。

試験日時

第二種電気工事士の試験は年2回(上期、下期)実施されます。

以前は、上期試験、下期試験のいずれかしか受験できませんでしたが、平成30年より、上期・下期の両方の受験が可能となりました。

上期試験

上期試験は、3月中旬から4月上旬にかけて申し込みを受け付け、6月の第一日曜日に筆記試験、7月の下旬に技能試験が実施されます。

下期試験

下期試験は、6月中旬から7月上旬にかけて申し込みを受け付け、10月の第一日曜日に筆記試験、12月の第一又は第二土曜日に技能試験が実施されます。

筆記試験に合格された方は、免除申請により翌期のみ筆記試験が免除となります。

試験の方法と内容

第二種電気工事士試験では、実技・技能試験があるため工具を持参しなければいけません。

・プラスドライバー
・マイナスドライバー
・電工ナイフ
・ペンチ
・スケール
・リングスリーブ用圧着ペンチ(JIS C 9711:1982・1990・1997適合品)
・ウォーターポンププライヤ

上記の工具が指定工具と言われ、試験会場に持参する必要があります。

このほかにも電動工具以外のすべての工具を使用することができます。

筆記試験

全50問 マークシート式、4択。試験時間120分

<試験問題>

・電気に関する基礎理論:約5問
・配電理論および配線設計:約6問
・電気機器、配線器具ならびに電気工事ようの材料および工具:約7問
・電気工事の施工方法:約5問
・一般用電気工作物の検査方法:約4問
・一般用電気工作物の保安に関する法令:約3問
・配線図:各約10問

技能試験

与えられた材料同士を配線図通りに工事する試験。試験時間40分

<試験問題>

・電気の接続
・配線工事
・電気機器および配線器具の設置
・電気機器・配線器具ならびに電気工事用の材料および工具の使用方法
・コードおよびキャプタイヤケーブルの取付
・ 接地工事
・電流、電圧、電力および電気抵抗の測定
・一般用電気工作物の検査
・一般用電気工作物の故障箇所の修理

参考:第二種電気工事士の過去問(電気技術者試験センター)

合格基準・合格率

合格基準

筆記試験は、全50問中、30問(60点)正解にて合格が目安です。

技能試験は、重欠陥・軽欠陥などの審査基準からの減点方式で採点し、重欠陥が1つでも見つかると不合格、軽欠陥は3つ以上から不合格になります。

合格率

第二種電気工事士試験の合格率は、50%前後と二人に一人ほど合格する試験です。

独学でも3ヵ月ほど学習すれば合格は可能と言われています。

ちなみに第一種電気工事士試験の合格率も30%前後と難易度はさほど高くありません。

受験手数料

いずれも税別

申し込み 第二種電気工事士 第一種電気工事士
インターネットによる申込 9,300円 10,900円
郵便による申込 9,600円 11,300円

難易度と合格までの時間の目安

難易度: 易しい 第二種電気工事士試験

合格までの学習時間の目安:200時間

第二種電気工事士の将来性

電気工事士は、ビルの管理会社や防犯設備を設置する会社などにニーズがあり、会社によっては資格手当を出すところもあります。

しかし、需要もある一方で、電気工事士試験の受験者数も年々増えており、資格取得者が多いのも電気工事士の特徴です。

このため、電気工事のスペシャリストを目指す場合は、電気関連の資格の中では上位の資格で、第二種と比べて工事に携われる範囲は非常に広い第一種電気工事士の資格が必須になります。

就職や転職においても実務経験ありが証明されている第一種電気工事士が断然有利ですし、現場でもリーダー格として仕事を任さるケースが増えます。

関連記事

資格を取ってスキルアップを図りたい、昇進・昇格したい、就職や転職に活かしたい、独立したい、と考えて、いざ、目ぼしい国家資格の受験資格の要件を確認してみると、一定の学歴が必要だったり実務経験が必要だったりしてガッ[…]

受験資格なしの国家資格
関連記事

定年退職後の生活に不安をかかえている人は多いと思います。 60歳から65歳で定年を迎えても年金と貯蓄だけで悠々自適な生活を送れる人はごく僅か。 多くの人が年金と貯金だけでは不足する生活費を補うために[…]

定年後に役立つ資格を再就職用と独立用に分けて解説