情報セキュリティマネジメント試験の内容や難易度

ここでは、情報処理技術者試験の一つである「情報セキュリティマネジメント」とはどういう資格か、試験の内容や難易度ついて解説しています。

情報セキュリティマネジメント(SG)試験とは?

情報セキュリティマネジメント試験は、情報セキュリティマネジメントを担う人材の育成を目的として、2016年に開始された新しい情報処理技術者試験です。

情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験です。

経済産業省が実施している情報処理技術者試験の情報セキュリティマネジメント試験に合格することでITの安全な利活用が推進できる水準であることが認定されます。

情報セキュリティマネジメント試験は、ITエンジニア向けというよりは、業務で個人情報を扱う人や情報管理を担当する人など、ITを利用する者を対象とした入門的な試験です。

サイバー攻撃が増加している現代においては、必須の資格といえるかもしれません。

ITセキュリティの専門家を目指す場合は、上位資格に情報処理安全確保支援士があります。

ITセキュリティのスペシャシストを目指す場合は、是非、チャレンジしてみてして下さい。

情報セキュリティマネジメント試験の概要

情報システムの利用部門にあって、情報セキュリティリーダとして、部門の業務遂行に必要な情報セキュリティ対策や組織が定めた情報セキュリティ諸規程(情報セキュリティポリシを含む組織内諸規程)の目的・内容を適切に理解し、情報及び情報システムを安全に活用するために、情報セキュリティが確保された状況を実現し、維持・改善する者を想定して試験が行われます。

受験資格

受験資格は必要ありません。

年齢、学歴、国籍、性別、実務経験等に関係なく誰でも受験できます。

試験日時

情報セキュリティマネジメント試験は年2回(春期、秋期)、全国47都道府県の試験会場で随時実施されます。

61都市から希望の試験地を申請すると試験会場が割り振られます。

春期試験・秋期試験

春期試験は、例年1月中旬から2月中旬にかけて申し込みを受け付け、4月の第3日曜日に試験が実施されます。

秋期試験は、例年7月中旬から8月中旬にかけて申し込みを受け付け、10月の第3日曜日に試験が実施されます。

春期試験、秋期試験ともに、

・午前9:30~11:00(90分)
・午後12:30~14:00(90分)

に分けて実施されます。

試験の方法と内容

午前の試験

多肢選択式(四肢択一):小問50問(各2点で合計 100点)

  • テクノロジ系・マネジメント系・ストラテジ系から

午後の試験

多肢選択式:大問3問(各34点:上限は100点)

  • 情報セキュリティマネジメントの計画,情報セキュリティ要求事項に関すること
  • 情報セキュリティマネジメントの運用・継続的改善に関すること

合格基準・合格率

合格基準

  • 午前の問題:100点満点中60点以上
  • 午後の問題:100点満点中60点以上

が合格となります。

合格率

例年50%前後。秋期の試験の合格率は47.0%でした。

受験手数料

5,700円

難易度と合格までの時間の目安

難易度: やや易しい

合格までの学習時間の目安:200時間

情報セキュリティマネジメント試験の共通キャリア・スキルフレームワーク(CCSF)は、レベル2とされており、これは基本情報技術者と同じですが、試験の難易度は、ITパスポートと基本情報技術者の中間程度と考えられています。

難関試験ではないため、市販の問題集を活用することで合格が可能です。

尚、合格までの学習時間の目安は、IT関連の知識ゼロの場合の目安です。