基本情報技術者は転職や就職に有利

ここでは、転職や再就職に有利な資格と言われている「基本情報技術者」とはどういう資格か、基本情報技術者試験の内容や難易度などを解説しています。

基本情報技術者とは?

基本情報技術者は、高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者として経済産業省から認定された人です。

経済産業省が実施している情報処理技術者試験の基本情報技術者試験に合格することで基本情報技術者の水準であることが認定されます。

基本情報技術者試験は、情報処理技術者試験のスキルレベル2(基礎レベル)に相当し、合格者は高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもつ応用情報技術者試験を目指します。

基本情報技術者試験に合格していると就職や転職にも有利に働きます。

基本情報技術者は、プログラマやシステムエンジニアの登竜門となる資格で、IT業界に身を置く人であれば是非取得しておきたい資格です。

基本情報技術者試験の概要

高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者を想定して試験が行われます。

受験資格

受験資格は必要ありません。

年齢、学歴、国籍、性別、実務経験等に関係なく誰でも受験できます。

試験日時

基本情報技術者試験は年2回(春期、秋期)実施されます。

春期試験・秋期試験

春期試験は、例年1月中旬から2月中旬にかけて申し込みを受け付け、4月の第3日曜日に試験が実施されます。

秋期試験は、例年7月中旬から8月中旬にかけて申し込みを受け付け、10月の第3日曜日に試験が実施されます。

春期試験、秋期試験ともに、

・午前9:30~12:00(150分)
・午後13:00~15:30(150分)

に分けて実施されます。

試験の方法と内容

午前の試験

多肢選択式(四肢択一)80問(80問×1.25点で合計 100点)

  • テクノロジ系(約50問)
  • マネジメント系(約10問)
  • ストラテジ系(約20問)

尚、基本情報技術者試験には、午前試験を免除する制度があります。

情報処理推進機構(IPA)の認定講座を受講し修了試験に合格すると、午前試験合格と同等とみなされ試験が免除されます。

免除期間は修了を認められた時点から1年間です。

午後の試験

2020年の春期試験から「COBOL」が廃止となり、「Python」が追加となります。

合計11問中、必須科目2問と選択科目3問の合計5問(多肢選択式)を回答

必須科目

  • 情報セキュリティに関すること
  • データ構造及びアルゴリズムに関すること

選択科目

以下から9題出題。3問を選択して回答

  • コンピュータシステムに関すること(ソフトウェア・ハードウェア・データベース・ネットワーク)
  • ソフトウェア設計に関すること
  • ソフトウェア開発に関すること
  • マネジメントに関すること(プロジェクトマネジメント・サービスマネジメント)
  • ストラテジに関すること(システム戦略・経営戦略・企業と法務)

合格基準・合格率

合格基準

午前・午後ともに60%以上が基準点。

午前試験で不合格となった場合、午後の解答は採点されません(足切り制度)。

基準点を満たした者の中から上位20~25%程度が合格となります。

合格率

例年20~25%前後。令和元年秋期の合格率は、28.5%と少し高めでした。

受験手数料

5,700円

難易度と合格までの時間の目安

基本情報技術者は、スキルレベル2の基礎レベルに相当します。

市販の参考書などで独学でも十分に合格が可能です。

難易度: 普通

合格までの学習時間の目安:300時間

基本情報技術者は転職や就職に有利か

実は、近年、IT業界では人手不足と大量の人余りが同時発生していると言われています。

これはどういうことかと言うと、新しい技術に対応できる優秀な人材は不足しているものの、そうでない人が大量に余っているということです。

つまり、企業は優秀な人材を欲しています。

そして、優秀な人材として育つことを期待されているのがこの基本情報技術者という訳です。

基本情報技術者は情報処理技術者試験の中では、レベル2の基礎レベルとされています。

従って、経験5年以上の中堅クラスに突入する20代後半からは持っていて当たり前のあまり役に立たない資格になりますが、新卒者や20代前半では基礎的な知識があるとして評価を受けます。

従って20代前半においては、就職や転職には、情報処理の基礎知識がある者として間違いなく強い武器になりますし、社内でも一定の評価を受けますのでIT業界に身をおく人には中堅クラスになる前に是非取得してほしい資格です。