応用情報技術者は就職や転職に有利

ここでは、応用情報技術者試験とはどういう資格か、応用情報技術者は転職・再就職に有利か、また、応用情報技術者試験の内容や難易度などを解説しています。

応用情報技術者とは?

応用情報技術者は、高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者として経済産業省から認定された人です。

経済産業省が実施している情報処理技術者試験の応用情報技術者試験に合格することで応用情報技術者の水準であることが認定されます。

応用情報技術者試験のレベルは、情報処理技術者試験の3(ミドルレベル)に相当しますが、専門に特化せずIT技術者としての総合力を問われる試験としては、最難関クラスの試験です。

応用情報技術者は、技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力を持ち、システム設計や開発などの局面で、高いパフォーマンスを発揮することができる人材として高いニーズがあります。

合格者後、仕事を通して自分の得意とする分野を見つけ、より専門性の高い高度レベル4に相当する高度情報処理技術者試験を目指してもいいでしょう。

高度情報処理技術者試験からは、より専門的な知識が問われ午後には論述式の問題があります。

応用情報技術者試験の概要

受験資格

受験資格は必要ありません。

年齢、学歴、国籍、性別、実務経験等に関係なく誰でも受験できます。

試験日時

応用情報技術者試験は年2回(春期、秋期)実施されます。

春期試験・秋期試験

春期試験は、例年1月中旬から2月中旬にかけて申し込みを受け付け、4月の第3日曜日に試験が実施されます。

秋期試験は、例年7月中旬から8月中旬にかけて申し込みを受け付け、10月の第3日曜日に試験が実施されます。

春期試験、秋期試験ともに、

・午前9:30-12:00(150分)
・午後13:00-15:30(150分)

に分けて実施されます。

試験の方法と内容

午前の試験

四肢択一80問(80問×1.25点で合計 100点)

  • テクノロジ系(約50問)
  • マネジメント系(約10問)
  • ストラテジ系(約20問)

午後の試験

記述式5問

必須:情報セキュリティ1問

選択:以下から4問を選択して回答

  • 経営戦略に関すること
  • 情報戦略に関すること
  • 戦略立案・コンサルティングの技法に関すること
  • システムアーキテクチャに関すること
  • IT サービスマネジメントに関すること
  • プロジェクトマネジメントに関すること
  • ネットワークに関すること
  • データベースに関すること
  • 組込みシステム開発に関すること
  • 情報システム開発に関すること
  • プログラミングに関すること
  • システム監査に関すること

合格基準・合格率

合格基準

午前・午後ともに60%以上が基準点。

午前試験で不合格となった場合、午後の解答は採点されません(足切り制度)。

基準点を満たした者の中から20%程度が合格となります。

合格率

例年20%前後。平成30年秋期の合格率は、23.4%でした。

合格率だけ見るとさほど難しくなさそうに思いますが、応用情報の受験者はエンジニア実務経験者が殆どで、基本情報技術者試験から難度が大幅にアップします。

受験手数料

5,700円

応用情報技術者試験の難易度

難易度: 難しい

合格までの学習時間の目安:1000時間

情報処理技術者試験は、通信講座が殆どありませんので独学で学習する必要がありますが、独学でも十分に合格が可能です。

近年は、試験も年2回となり合格率も上がりましたので以前よりは取得しやすい資格になっているようです。

応用情報技術者試験のおすすめ講座

情報処理技術者試験は制度や資格の名称がコロコロ変わるため、講座を開講するところは少ないのが現状です。

その中でも近年伸びてきているのが、スキマ時間で資格を取る!をキャッチフレーズとしているスタディです。

応用情報技術者試験合格者の試験免除の特典

応用情報技術者試験の合格者は、合格の日から2年間、高度情報処理技術者試験の午前Ⅰの科目が免除されるほか、

  • 弁理士試験の科目の免除
  • 中小企業診断士試験の科目の免除

などの特典があります。

この試験免除の特典は、応用情報技術者試験の前身である第一種情報処理技術者及びソフトウェア開発技術者の合格者も対象になります。

応用情報技術者は就職や転職に有利か

実は、近年、IT業界では人手不足と大量の人余りが同時発生していると言われています。

これはどういうことかと言うと、新しい技術に対応できる優秀な人材は不足しているものの、そうでない技術者が大量に余っているということです。

つまり、企業は優秀な人材を欲しています。

そして、それを証明できる一つの手段がこの応用情報技術者試験という訳です。

私自身、この資格を30年以上前に取得しましたが(当時は第一種情報処理技術者と言ってました)、20代の転職では本当に役に立ちました。

時代は勿論違いますが、需要は変わりません。今はそれ以上かもしれません。

人材が不足している情報処理業界において情報処理技術者は重宝されますが、特にミドルレベルである応用情報技術者以上の資格保有者は、転職や再就職でもより有利に働きます。

応用情報技術者は定年後の再就職に役に立つか

応用情報技術者が定年後の再就職に役立つかという点は、経験者であれば、という条件付きで有利になります。やはり情報処理技術者だけでなく技術者は経験がものをいう職業です。

未経験者がこの資格を取得して定年後の再就職に役立つかといえば全く役に立たないでしょう。しかし、経験者が資格を持つと一定の実力を証明できます。

資格取得者は、定年後の再就職だけでなく、社内でも一定の評価を受け、定年後の再雇用に役に立ちますのでIT業界に身をおく人には是非取得してほしい資格です。

さらに高度レベルの資格を取得すると専門性の高い技術者として高い需要があります。