資格の種類(国家資格・公的資格・民間資格)

資格には国家資格・公的資格・民間資格があります。

ここでは、国家資格・公的資格・民間資格の資格の特徴や、ジャンル別にはどういった資格があるのか解説しています。

資格の種類

資格には、国家資格・公的資格・民間資格などがあります。

国家資格とは?

国家資格とは、国の法律に基づいて国や国から委託を受けた機関により能力・知識が認められた資格です。個人の知識や技能が一定以上に達していることを行政が認定します。

一般的に公的資格や民間資格と比較すると試験のレベルが高く信頼度が高い資格です。

国家資格には、

  1. 医師や弁護士など資格がなければ仕事に就けない業務独占資格
  2. 資格取得者以外の者にその資格の呼称の利用が法令で禁止されている名称独占資格
  3. ある事業を行う際に、その企業や事業所にて特定の資格保持者を必ず置かなければならない、と法律で定められている必置資格
  4. 資格がなくても仕事には就けるが国が能力や技術を認定する認定資格

といったものがあります。

資格 国家資格
業務独占資格 医師・弁護士・司法書士・弁理士・不動産鑑定士・税理士・公認会計士・行政書士・行政書士・社会保険労務士・薬剤師・看護師など
名称独占資格 中小企業診断士・マンション管理士・情報処理安全確保支援士・介護福祉士・全国通訳案内士・技術士・調理師・ウェブデザイン技能士・公認心理師など
必置資格 宅地建物取引士・管理業務主任者・危険物取扱者・電気主任技術者・エネルギー管理士・登録販売者・学芸員・管理美容師・管理理容師など
認定資格 情報処理技術者、実用英語検定、日商簿記検定、秘書検定など

参考:業務独占資格と名称独占資格

公的資格とは?

公的資格とは、

  • 商工会議所法に基づき日本商工会議所や各地商工会議所が主催する検定試験
  • 省庁から通達により後援を受けている検定試験
  • 地方自治体が法律とは無関係に実施している検定試験

などで認定される、公的性質を帯びているものの国家資格ではない資格を言います。

商工会議所が主催する日商簿記検定や文部科学省が後援の実用英語技能検定、都道府県知事が認定するふぐ調理師などが公的資格になります。

ふぐ調理師や准看護士のように資格がなければ仕事に就けない業務独占資格もあります。

民間資格とは?

民間資格とは、民間の団体や企業、個人等が自由に設定できる資格です。

誰もが自由に設定できる資格であることから、歴史があり、一定の評価を受けているものから社会的な評価が殆どないものもあります。

有名なところでは、診療報酬事務能力試験やTOEIC、TOEFL、MOS、臨床心理士、リフレクソロジリスト、カイロプラクターなどが民間資格になりますが、コーヒー検定、紅茶検定、ネイリスト検定といったものもあります。

民間資格と同じく、知識や技術のレベルを認定するに留まり、この資格がなければ仕事に就けないといった業務独占資格はありません。

ジャンル別資格

資格は一般的にジャンル別でどのような資格があるか紹介しています。

特に定年後の資格とおすすめのものや就職・転職・独立におすすめの資格を紹介しています。

ジャンル 該当資格
法律系 弁護士(司法試験)司法書士行政書士
会計系 公認会計士税理士日商簿記検定
不動産系 不動産鑑定士宅地建物取引士測量士土地家屋調査士マンション管理士管理業務主任者賃貸不動産経営管理士
コンサル系 技術士中小企業診断士社会保険労務士終活ガイドキャリアコンサルタント年金アドバイザー家電製品アドバイザー
金融系 FP(ファイナンシャルプランナー)
IT・Web系 情報処理技術者試験情報処理安全確保支援士ITコーディネータMOSウェブデザイン技能士ウェブ解析士
土木・設備・電気系 電気主任技術者電気工事士エネルギー管理士ボイラー技士2級土木施工管理技士
工業系 危険物取扱者
建築系 一級建築士建築物環境衛生管理技術者
医療・美容系 医師・歯科衛生士・看護師医療事務の資格診療報酬請求事務能力認定試験調剤報酬請求事務専門士医療事務技能審査試験医療事務認定実務者試験登録販売者美容師・理容師・公認心理師柔道整復師あん摩マッサージ指圧師
介護・福祉 社会福祉士・ケアマネージャー介護福祉士
語学系 TOEIC英語検定全国通訳案内士
特許系 弁理士
食・料理系 調理師・栄養士・管理栄養士
その他 遺品整理士インテリアコーディネーター秘書検定

あわせて下の記事も読まれています。