終活関連の資格なら終活ガイドがおすすめ

ここでは、終活とは何か、終活ガイドとは何ができる資格なのか、また、様々な終活に関する資格のなかでなぜ終活ガイドがおすすめなのか、などを解説しています。

終活ガイドとは?

終活とは「自分の死と向き合い、自らの人生の終わりに向けた活動」の略語です。

具体的には、相続財産を整理したり遺言を書いたり、また、自分が亡くなった際の葬儀やお墓など、身の回りの生前整理を計画立てて行います。

自分が死んだ後の不安を解消させ、自分らしい人生の最期を迎えるための準備ができ、残された家族の遺産相続などによるトラブルやその他の負担を減らすことができます。

また、死と向き合うことで、残りの人生を充実したものにすることもできます。

終活の意義を理解して、いざ終活をやろうと思っても具体的に何をどうやっていいか分からない人も多いと思います。

そんな時に、終活をしようとする人をサポートしたりアドバイスを行う、終活のプロフェッショナルがいれば心強いかもしれません。

その役割を担うために、予め終活に必要な知識を習得しているのが、終活ガイドです。

終活ガイドは、一般社団法人終活協議会が認定している民間資格です。

実務ができるのは、弁護士や税理士、司法書士といった士業だけですので、終活ガイドは、終活に関する相談を受け、悩みがどの分野の悩みであるのか、また、どの専門家が必要であるかを見極める「案内人」の役割を果たします。

あくまでも終活に関する相談者と専門家を結びつける立場で活動しますので、実務に関する細かい知識を習得する必要はありません。

そのため、就職や転職という場面で役に立つケースは限られていますが、葬儀社や遺品整理業者、保険代理店などに勤務の方や、行政書士やFPがこの資格を取得することで、より柔軟なサポートやアドバイスを行うことが可能となります。

また、終活に関して基本的な知識を得ることで、家族や親戚、友人・知人を助けることができるだけでなく、自分の終活にも役立てることができます

終活ガイドの特徴

終活に関する国家資格はないものの、民間資格として、

  • 終活ガイドのほかにも
  • 終活アドバイザー
  • 終活カウンセラー
  • 終活ライフケアプランナー
  • 終活診断士
  • 終活士
  • 終活マイスター

といった様々なものがあります。

これらは認定している協会等が異なるだけで、いずれも終活をしようとする人をサポートしたり、アドバイスを行う点は同じです。

しかし、その中でもカウンセリングや相談対応など、最も実務に役立つ資格とされているのが終活ガイドと言われています。

協議会本部がサポート

終活協議会は、終活相談の対応の仕方や資格を取ったあとの活動方法など、分からないことや困ったことは、本部が相談にのったりサポートしたりしてくれます。

特に終活ガイドの上級資格取得者になると、「心託コンシェルジュ」を名乗ることができ、一般社団法人終活協議会のバックアップのもと、会員の入会や家族葬の依頼といったものを本部に斡旋することで収入に変えるシステムも整備されています。

<終活ガイド上級資格として受け取ることのできる報酬例>

  • 会員の入会・・・・8千円
  • 家族葬の依頼・・・2万円
  • 供養の依頼・・・・1万円
  • お墓の依頼・・・・2万円
  • 遺品整理の依頼・・2万円
  • 身元保証代行の契約・・3万5千円
  • 心託完璧プランの契約・17万円

さらに、認定講師試験に合格することで終活セミナーの認定講師への道も開けます。

また、全国にある終活ガイドの地域コミュニティに参加することで、たくさんの仲間と交流することもできます。

終活ガイドになるには?

終活ガイドは、「一般社団法人終活協議会」が認定している民間資格です。

終活ガイド試験に合格すると終活ガイドとして認定されます。

資格の性質上、葬儀業や石材業、保険業、金融業、士業の方に人気のある資格ですが、50代から定年後の無職の方といったシニアの方にも人気がある資格です。

終活ガイド試験の概要

終活ガイドの資格には、

  • 終活ガイド初級
  • 終活ガイド検定
  • 終活ガイド上級

の3つがあります。

受験資格

終活ガイドは、受験資格は必要ありません。

年齢・性別・学歴・国籍に関係なく誰でも受験できます。

終活ガイド初級

終活ガイド初級は、一般社団法人終活協議会の公式ページの「終活ガイド初級」タグをクリックしていくつかの質問に答えるだけで取得することができます。

参考:終活ガイド養成講座(一般社団法人終活協議会)

講習等もありません。

実質的な終活ガイドの資格は、以下の終活ガイド検定と終活ガイド上級になります。

終活ガイド検定

終活ガイド検定は、全国の終活協議会指定会場で開催される約3時間の講習を受講し、その後に行われる筆記試験(30分)に合格して得られる終活資格です。

終活ガイド検定では、終活の主な柱である医療・介護、保険・相続、葬儀・お墓についての基本となる知識が問われます。

講習の受講料と受験料は合わせて5,000円(税込)で、検定は約6割の正解率で合格できます。

ほぼ100%が合格します。

終活ガイド上級(心託コンシェルジュ)

終活ガイド上級は、指定会場ではなく自宅で受講・検定を受けることができます。

終活ガイドの上級は、心託コンシェルジュという名称でも呼ばれています。

終活ガイド上級講座に申し込むとテキストと動画サイトの案内が届きますので、カリキュラムに従いながら自分のペースで、終活の社会性、医療、介護、老人ホームの選び方、年金、保険、認知症、成年後見人、生前整理、遺品整理、葬儀、お墓、仏壇、相続などを総合的に学びます。

学習期間も特に定められていませんので自分のペースで学習でき、その後、課題を返送することで終活ガイド上級(心託コンシェルジュ)資格が取得できます。

終活ガイド上級は、受講料と受験料を合わせて50,000円(税込)です。

その他、年会費が3,300円がかかります。

検定資格が約3時間の講習で取得できるのに対し、上級資格の心託コンシェルジュは約2週間の準備・学習期間が必要です。

終活ガイド検定認定講師試験が受験可能

終活ガイド上級(心託コンシェルジュ)の有資格者は、全国各地で開催されている終活ガイド検定が無料で受講できます。

そして、終活ガイド検定を5回以上受講し、協議会が主催する終活ガイド検定の認定講師試験に合格すると、好きに終活ガイド検定を開催して講師として活躍することもできます。

セミナーの報酬は、一日で3万円から5万円が目安です。

終活ガイド検定の認定講師試験の受験費用は、5,000円です。

難易度と合格までの時間の目安

終活ガイド上級

難易度: 非常に易しい

合格までの学習時間の目安:30時間

終活関連の資格なら終活ガイドがおすすめの理由

終活ガイドは、資格取得後も提携企業を2000社以上持つ終活協議会が、専任スタッフを用意し、資格取得者をバックアップしてくれます。

例えば、多岐にわたる相談内容のうち、自分ではわからないものも、終活協議会は、フォローして解決へと導いてくれます。

終活関連の資格では、資格取得者の活動が活かせる唯一の資格で、終活協議会とうまく連携することで副業・専業としても活躍することもできます。

例えば資格を取得し、その知識を活かして終活に関するホームページを立ち上げ、相談に乗ったり、広告収入で小遣いを稼ぐといったことも考えられるでしょう。

また、地域コミュニティもありますので、定年後・老後のコミュニケーションの場としてもおすすめですし、終活ガイド上級を取得すると無料でセミナーに参加して勉強できます。

転職や再就職、独立に有利というより、家族や親戚、友人・知人の終活の相談に乗ってあげたり、自分自身の終活に役立てることができるという点でおすすめです。

死は必ず訪れるもの。高齢化社会に伴い需要は今後増加してくることが予想されます。

定年後にこの資格取得する人が増えています。