当サイトと同じようなサイトを構築する2つの方法

当サイトと同じようなサイトを構築する2つの方法
つかちゃん
当サイトへのご訪問ありがとうございます<(_ _)>
当サイトの管理人つかちゃんです。

早速ですが当サイトにご訪問して頂いた方の中には、

・既にブログやサイトを運営しているが、デザイン性や機能が優れたものに変更したい
・副業や趣味を検討していて自分のドメインでブログやサイトを開設したい

そう思っている方もいらっしゃると思います。

そして、たまたまこのサイトに訪れて、こんなデザインや機能を持つサイトもいいな、と、そう思って下さる方もいるかもしれません。

そこで、ここでは当サイトのようなサイトを持つ方法を、訪問された方のスキルに合わせて紹介したいと思います。

ドメインとかサーバーとか専門的なことがよく分からい人でも自分のドメインで当サイトのようなサイトやブログが作れますので最後まで読んでみて下さい。

念のために言っておきますが、このサイトすばらしいでしょ、と言っている訳ではないんですよ。ただ、純粋に、既にブログやサイトを運営している人で、WordPressテーマのデザインや機能に不満を持っている方や、これからブログやサイトを作っていきたい方にこのようなサイトを簡単に作れる方法を紹介したいと思ってこの記事を書いています。

既にブログやサイトを運営している方

まず、既にブログやサイトを運営している方は、WordPressテーマを変更することで当サイトのようなデザインにしたり機能が使えることはご存じだと思います。

当サイトで使用しているWordPressテーマは「THE THOR」というもの。現在販売されているWordPressテーマの中では最もポテンシャルの高いテーマの一つです。

おすすめのテーマですので、是非検討してみて下さい。

当サイトでも設定の仕方やカスタマイズの仕方を紹介していますし、やり方次第でまだまだ素敵なサイトを構築することも可能です。

当サイトと同じようなサイトを構築する2つの方法

そして、これから新しく自分のブログやサイトを持つことを検討している方は、以下に当サイトと同じようなデザインのサイトを構築する2つの方法を解説していますので参考にして下さい。

簡単なので最後まで読んでみて下さい。

ご存じのように、自分のドメインでブログやサイトを開設するには、ドメインやサーバー、WordPressといった知識がある程度必要になります。

費用も少なからずかかります。

中には、金銭的な面はともかく、これらのドメインやサーバーといった一見難しそうな単語に拒絶反応を起こし、自分には無理と初めから諦めている人もいるかもしれません。

難しそうな単語に拒絶反応

しかし、これって非常に勿体ないことです。

インターネットで自分のドメインでサイトを持つ場合は、これらの基礎的な知識は必要ですが、実際にやってみれば意外と簡単だったりすることも事実なのです。

現に、多くの一般家庭の主婦さんやシニアの方が自分のドメインでブログを開設していますし、ブログで結構なお小遣い稼ぎをしている人も少なくありません。

とはいえ、これから新しく自分のブログやサイトを持つことをこのようなサイトを自分で持つにはどうしたらいいのか。

冒頭でも言いましたように当サイトと同じようなサイトを構築する方法は2通りあります。

・一つは自分で環境を準備する方法
・そして、もう一つが、それらの環境の準備を全て業者にお願いする方法です。

一つ一つ説明していきますね。

自分で環境を準備する方法

まず、自分で環境を準備する方法ですが、この場合は、

・自分でドメインを取得し
・サーバーをレンタル
・WordPressをサーバーにインストールして
・WordPressテーマをサーバーにインストール

といった手続きが必要になります。

従って、この方法は、少しくらいは、サーバーやWordPressの知識がある人でなければ難しいかもしれませんね。「WordPressのインストールというのがどういうことかイメージが湧く人」であればトライというのが一つの目安になるかもしれません。

初心者と言えるかどうか微妙な方は思い切ってチャレンジしてみることも大切ですよ。みんな最初は初心者です。

手順は、下のページでまとめています(当サイトと全く同じ環境です)。

サーバーもおすすめのもの(当サイトで使っているもの)を紹介しています。

初めて見る画面や言葉が出てくると結構難しそうに感じるものですが、手順通りやれば難しいことではありません。是非、トライしてみて下さい。

関連記事

ブログを始める方法には、・無料ブログサービスを利用する方法と・独自でドメインとサーバーを準備して始める方法の2通りがあります。しかし、無料ブログサービスは、無料でブログを開設できる反[…]

独自ドメインでブログを始める手順

自分でドメインを取得し、サーバーをレンタル、WordPressをサーバーにインストールしたら、WordPressテーマ(THE THOR)を以下からインストールできます。

⇒ THE・THOR(ザ・トール)|テーマ&サポートプラン

費用はどれくらい必要か

費用については、当サイトの内訳はおよそ以下の通りです(税込)。

当サイトは、カラフルボックスでサーバーをレンタルし(プランはBOX1)、有料のWordPressテーマ(THE THOR)を使用しています。

ドメインサーバーレンタルWordPressテーマ
1,500円ほどカラフルボックス(BOX1)
7,000円
THE THOR
15,984円

WordPressテーマは初回購入時のみで1度購入するとその後費用は発生しません。

ドメインとサーバーレンタルは年額 8,500円ほどですので、月に換算すると700円ほどのランニングコストがかかります。

月に700円というと広告を貼れば簡単に回収できる金額ですね。

環境の準備を業者にお願いする方法

もう一つの方法が、環境の準備を全て業者にお願いする方法です。

いわゆる初心者におすすめのプランです。

自分でドメイン名を決めて業者に知らせれば後は全部業者にお任せです。

ドメインを取り、サーバーをレンタルし、WordPressをインストール、そしてこのサイトでも使っているWordPressテーマ(テンプレート)もインストールして設定までしてくれます。

デザインは、デモサイトからお好みのものを選べます。

サイトが完成した状態で引き渡されますのですぐに記事の入力から始めることができます。

こちらのやり方を希望する場合は、下記のリンク先で下に遷移し、「らくらくサーバーセットプラン」を選択すれば済みます。

⇒ THE・THOR(ザ・トール)│らくらくサーバーセットプラン

らくらくサーバーセットプラン

テーマ&サポートプラン」は、自分でドメインとレンタルサーバーを準備できる人がこのWordPressテーマ(テンプレート)を購入する場合に使います。

費用はどれくらい必要か

・業者の作業代と
・当サイトが使用している有料のWordPressテーマ(THE THOR)
・それと1年目のドメインとサーバーレンタル料

を全て合せて、29,592円(税込)です。

29,592円(税込)とWordPressテーマ代の15,984円(税込)の差額13,600円ほどが、1年分のドメイン代+1年分のレンタルサーバー代+作業代になりますので、安いと言えますね。

2年目からは、ドメイン代とサーバー台で年額18,792円が必要になりますので、月に換算すると1,570円ほどのランニングコストがかかります。

ランニングコストは、自分で環境を準備する方法と比較すると、やや高めですが、業者任せの方がより高品質なサーバーをレンタルしている思われるので仕方ないと思います

自分で環境を準備する方法と全て業者にお願いする方法の比較

二つの方法を紹介してきましたが、それぞれ一長一短あります。

自分で環境を設定する場合は、その煩わしさがありますが、自分でリーズナブルなサーバーが選べ、ランニングコストを抑えることができます。

また、ポジティブに考えればトライ&エラーでドメインやサーバー、WordPressのインストールといったものを経験することで知識も増えます。

一方、環境の準備を全て業者にお願いする方法は費用が少しかかりますが、何といっても煩わしい設定や準備を大幅にカットすることができ、記事を書く段階から始めることができます。

時短にもなりますね。

私としては、学習を兼ねて自分で準備することをおすすめしますが、全て業者にお任せするのも悪くないと思います。

一度、全てを準備してしまったら、後は記事を書くだけですからね。ドメインとかサーバーといった知識は殆ど必要になりません。

自分で環境を準備する環境の準備を全て業者に任せる
作業ドメイン
サーバー
WordPress
WordPressテーマ
の準備
作業無し
作業完了後デザインの微調整
1年目初期費用24,500円ほど29,592円
2年目以降の費用8,500円ほど18,792円

※2年目以降の費用については、業者さんが用意するサーバーは自分で環境を準備するより1ランク上のものを使っていると思われます。

将来に向けてネットでのビジネスや副業の足がかりにしたい、自分のブログやサイトを新しく開設したいと考えている方は是非検討してみて下さい。

関連記事

現在、当サイトでは、WordPressテーマに「THE THOR」を使用しています。THE THORは標準で多くの機能を搭載している分、カスタマイズ項目が多いのが特徴です。そのため、THE TH[…]

THE THORで施しているカスタマイズ一覧