水素水とは?水素水サーバーが人気の理由

水素水とは?水素水サーバーが人気の理由

近年は健康や美容への関心が高まり、ウォーターサーバーでも水素水を取り扱ったものがでてきました。

ここでは、そもそも水素水とは何なのか、どういう効果が期待できるのか、また、市販の水素水と比較して水素水サーバーはなぜ人気があるのか、などを解説しています。

水素水とは

水素水とはその名の通り水素(H)が豊富に含まれている水のことです。

特別な技術で水素を水に含有させたものです。

水素水の性質

水素水が注目されている主な理由は、水素には抗酸化作用があるためです。

私たちは、呼吸によって1日に500ℓ以上の酸素を体内に取り入れていると言われています。

そして、その取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わると言われています。

活性酸素が体内で必要以上に増えると、老化をはじめ、細胞が持つ免疫機能を低下させたり、細胞の様々な病気を引き起こすリスクが高くなったりすると考えられています。

水素分子は、地球上で最も小さな物質で脂溶性・水溶性の両方の性質を持つと言われています。

このため、細胞壁や細胞膜を通過し細胞内部まで浸透し、身体の隅々までいきわたり、活性酸素を除去することで、美容やアンチエイジング、ダイエットなどの効果が期待できるほか、生活習慣病や様々な病気の予防・治療にも効果が期待できます。

このように水素には抗酸化作用がありますので、水素を含む水素水には、この悪玉の活性酸素を除去してくれる働きが期待されています

最近では、化粧品(化粧水)や入浴(水素風呂)、サプリメントとしても活用されています。

ただ、水素には抗酸化作用があるという研究結果が出ているものの、水素水などをヒトが体に摂りいれた場合に効果があるのかという点については、信頼できる十分なデータはまだありません。

このように水素水の研究データはまだ少なく、実際の効果については不明な点が多いというのが実情で、今まさに臨床実験や研究が進んでいる段階です。

ちなみに、普通の水も水素と酸素からできていますが、水というのは既に酸化した状態ですので、抗酸化作用のような効果はありません。

水素水の弱点

水素は、非常に小さな分子です。

そのため良くも悪くも色々なものを透過してしまう性質があります。

例えば、炭酸飲料はペットボトルに詰めても炭酸が抜けることはありませんが、水素水の水素は容器さえも通過して外に逃げてしまいます

また、水素水は、衝撃を受けると炭酸のように水素が抜けていきますし、時間が経過することでも水素が抜けていきます。

熱にも弱いため料理にも使えません。

水素水サーバーでも水素水を供給できるのは冷水だけでお湯では供給されていません。

これらのことからもわかるように、水素水の保管状態やその摂取の仕方は非常に大切です。

近年は、水素が抜けないうちに水素ガスを封じ込めるためにゼリー飲料くらいのサイズてパウチしたタイプの製品が主流ですが、数年前に国民生活センターが実施した調査でも溶存水素が検出されなかった商品や表示値よりも低かった商品がありましたので消費者は注意する必要があります。

また、水素水に含まれる水素は、飲んだ直後から気体となってすぐに体から抜けてしまいますので、こまめに摂取することが水素の効果の恩恵を受けるコツとなります。

水素水サーバーが人気の理由

水素水に果たして効果があるのかはともかく、水素水を選ぶ際は、

水素水の水中にどのくらいの水素が含まれているか
どういう状態で保存されているか(水素は抜けていないか)

という点が重要です。

水素の量によっては水素の働きの恩恵を受ける度合が違ってきますし、水素が体に摂りこまれる前に抜けてしまったのではその効果が期待できないためです。

その点、水素水サーバーや水素水のウォーターサーバーのようにその場で高濃度の水素水を生成できれば、時間とともに水素が抜けていくというリスクは非常に少なくなります。

水素水の水中に含まれている水素の量

水中にどのくらいの水素が溶け込んでいるか(含有されているか)は、
・水素含有量
・水素濃度
・溶存水素量
・ppm
・ppb
といった単位で表示され、これらの数値が高いほど水素が多く含まれています。

水素水における水素の最大飽和濃度は、約1.57ppmであることが計算上証明されていましたが、様々な技術でそれよりも高濃度を実現する水素水を実現することが可能となっています。

その点、アルピナウォーターの水素水ウォーターサーバーは、水から水素ガスのみを取り出す気体過飽和方式という特殊技術により、水素溶存量最大4.1ppmと圧倒的な高濃度水素溶存量を実現しています。

水素が抜ける時間がない

市販のアルミパウチ商品の場合、溶存濃度がほぼ最大値である1.6ppmとしている商品が多く見られますが、これはあくまでも充填時での溶存濃度です。

日数が経ったり開封したりした時点で溶存量はすぐに減少してしまいます。

その点、その場で水素水を生成する水素水サーバーや水素水ウォーターサーバーは生成してから飲むまで時間を置かないため溶存酸素量を極力減らさない状態で体内に摂りこむことが可能です。

こまめに摂取できる

水素水の弱点でも記載したように、水素水に含まれる水素は、飲んだ直後から気体となってすぐに体から抜けてしまいます。

そのためこまめに摂取するのが水素の効果の恩恵を受けるコツになりますが、水素水サーバーであれば、サーバーのスイッチをひねるだけで水素水が出てきますので、こまめに摂取することが可能です。

まとめ

水素には抗酸化作用があり、水素を含む水素水には、抗酸化作用による老化の抑制やダイエット、美容、アンチエイジングなど様々な効果が期待できます。

しかし、水素分子は非常に小さく、水素水として水に混入させてもすぐに気体となって抜け出すという特徴があることから、溶存濃度の高さもさることながら、気体となって抜け出さない様、水素水を閉じ込める容器にも配慮する必要があります。

また、体内に摂取しても呼吸とともにすぐに気体となって外に逃げ、体内に摂りこまれる量は非常に僅かとなりますので、こまめに摂取するといったことも必要になってきます。

その点、水素水サーバーは、その場で高濃度の水素水を生成することができ、高い鮮度を維持した状態で体内に摂取できるだけでなく、こまめに摂取することができるため注目を浴びているのです。

 

関連記事

トーエルが提供しているアルピナウォーターは、北アルプスの湧き水を原水としたRO水であるアルピナウォーターのほか、水素水も取り扱っています。ここでは、アルピナウォーターの水素水について解説します。アルピナウォーターの水素水は、[…]

アルピナウォーターの水素水サーバーとその特徴