SWELLの評判・口コミ

SWELLは、2019年4月にリリースされた比較的新しいWordPressテーマです。

WordPress5.0から搭載されている最新のブロックエディタ「Gutenberg」に完全に対応し、しかも使いやすいと評判です。

当サイトでも、ブログにおすすめのWordPressテーマとして紹介しています。

SWELLの公式サイト

ここでは、WordPressテーマ「SWELL」の評判・口コミをツイッターから集めています。

WordPressテーマ選びの参考にして頂ければと思います。

SWELLの評判・口コミ

WordPressテーマ「SWELL」ですが、世間はどのように評価しているのか、ツイッターから口コミを拾ってみました。

SWELLの良い評判・口コミ

SWELLは既にブロックエディタ(Gutenberg)に対応

SWELLの売りは何と言ってもWordPress 5.0から採用された新しいブロックエディタ(通称Gutenberg:グーテンベルク)に対応している点にあります。

従来のビジュアルエディタは、マイクロソフトのエクセルやワードのように上部に配置してあるメニューから目的の項目を選んで記事を装飾するタイプでしたが、ブロックエディタは、ブロックといわれる単位でコンテンツを作っていくタイプです。

ビジュアルエディタとブロックエディタ

慣れれば扱いやすいようですが、慣れるまでが大変です。

これまで、WordPressやエクセル、ワードを使ってきた人は、ブロックエディタを使うと最初は違和感を覚える人も多いと思いかもしれません。

しかし、現在は、WordPressテーマやプラグインがブロックエディタに対応していない場合、Classic Editorというプラグインをインストールして旧エディタを使い続けることができます。

本来、Classic Editorは、2021年末でサポートが終了予定だったため、現時点でブロックエディタに完全対応しているSWELLは、他のテーマと比較してアドバンテージがありました。

しかし、Classic Editorの方針が変更になり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまで完全にサポート・保守されるようになりました。

このため、今、SWELLを選ぶ理由が少なくなりました。

逆に、現在、旧エディタを使っている人や旧エディタに慣れた人がSWELLに切り替える場合は、ブロックエディタを使わなければならないことになります。

移行用プラグインでWordPressテーマの移行が簡単

SWELLでは、THE THORなど他のテーマを使っていた人がSWELLに乗り換える場合のサポートとして移行用プラグインを用意しています。

プラグインを使用することで、コンテンツのデザインをある程度維持したまま移行でき、SWELLに乗り換えた時の過去記事のデザイン崩れを最小限に抑えることができます。

WordPressテーマの移行で躊躇していた人もこれがあればかなり安心です。

尚、プラグインは、SWELL購入後、フォーラムサイトのマイページからダウンロードします。

無料テーマからSWELLに変えて作業効率が上がった

WordPressテーマにお金をかけることには抵抗があるものです。

何故なら、無料のテーマでもそこそこのデザインですし、普通にブログも書けるためです。

しかし、ブログ書きに力を入れるにつれ、ブログのデザインをもっとおしゃれなものにしたい、カスタマイズが簡単にできるものにしたい、収益化に力を入れたい、といったことで有料版WordPressテーマの購入を検討することになります。

有料版の優れたWordPressテーマにすることで効率的に希望のデザインへのカスタマイズやSEO対策が素早く行えるようになります。

作業効率が上がり、記事の作成に集中できるようになりますので有料版に移行した多くの方がもっと早く有料版にしとけば良かったという感想を持ちます。

SWELLの悪い評判・口コミ

SWELLは難しい

SWELLの扱いは難しいとの口コミもときどき見られますが、10ほどのWordPressテーマを使ってきた筆者の感想では、簡単な部類に入ります。

というのも、ブロックエディタ対応で人気が出ているSWELLですが、カスタマイズ設定項目はそう多くはありません。機能が少ない分、設定やカスタマイズも簡単です。

但し、これまで旧エディタを使っていた人は新しいブロックエディタに慣れるまでは時間がかかると思われます。

SWELLはSEO対策がイマイチ?

SWELLでは、専用のSEOプラグインが用意されていますが、それをインストールしたとしても、柔軟なSEO対策が打てるという点ではAFFINGER5やDIVER、THE THORに軍配が上がります。

例えば、SEO対策としてカテゴリーページを強化したい場合でもSWELLではカテゴリーページの装飾・編集ができません。

また、THE THORを使っているこのサイトのように、サイドバーの人気記事の表示をカテゴリー毎に分けたい場合でもSWELLではできません。

検索エンジンからの集客やアフィリエイト・アドセンスの収益化を重視するのであれば、AFFINGER5、DIVERあたりがおすすめです。

不具合が少なくない

ときどき細かい不具合もあるようですが、開発者が迅速に対応しているようです。

開発者の人柄なのか、文句を言う人はあまりいないようです。

利用者が少ないため情報が少ない・金額が高い

SWELLのデメリットとしては、SEO対策が他のテーマと比較してイマイチという他に、

  • 他のテーマと比較して料金が少し高めなこと
  • 利用者が少ないため情報が少ないこと

があげられます。

他のブログとデザインを差別化するために自分色にカスタマイズする人は多いのですが、その時に頼りになるのが他の利用者のカスタマイズ情報です。

例えば、THE THORであれば、「THE THORでカスタマイズしている点」などがそうです。

カスタマイズ情報のページは、当サイトでも、アクセス数の多いページの一つですし、このページを拝見した方からの質問もときどき頂きます。

その点、SWELLは、利用者が少ないため、こういったページはまだまだ少ないようで、初心者はカスタマイズに苦労することもありそうです。

まとめ

以上、WordPressテーマ「SWELL」の評判・口コミをツイッターから集めてみました。

SWELLの評判は概ね良好で、ネガティブな投稿はあまり見られませんでした。

SWELLは必要最小限の機能を取り入れた上で、設定やデザインの編集も簡単にできるようになっています。マニュアルも整備されていますし、会員専用のフォーラムも用意されています。

そのためWordPressにあまり慣れていない初心者の方にも使いやすいと人気があります。

ただ、今は、SWELLはブロックエディタへ対応済で、使いやすいと人気がありますが、他のWordPressテーマも今後ブロックエディタに対応してくるとアドバンテージが弱くなります。

Classic Editorのサポートが、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまで完全にサポート・保守されるようになったことに伴い、SWELLのブロックエディタ対応のアドバンテージが弱まると、機能の割には価格が若干高めなのではと感じます。

SWELLの公式サイト

以下のリンク先では、SWELL以外のWordPressテーマの評判・口コミをまとめていますので、WordPressテーマ選びの参考にして頂けたらと思います。