趣味:オートキャンプ

アウトドアの趣味として人気の高いキャンプ。

キャンプの醍醐味は、何と言っても森や水辺といった自然の気配を感じながら気ままに時間を過ごすこと。テントを張って焚火を囲み、コーヒー片手に過ごすひと時は格別です。

みんなで作って頂く料理もキャンプの醍醐味です。

近年は、定年後・老後にキャンピングカーを購入し、夫婦で長い時間をかけて全国のオートキャンプ場をまわるという方も増えてきていますし、男性・女性を問わず一人でキャンプを楽しむソロキャンプにも人気があります。

そんなキャンプですが、現役時代から興味や憧れはあったものの、忙しくてなかなか行けなかったという人たちが定年後・老後の趣味としても選んでいます。

キャンプといえば、そのやり方で、普通のキャンプ、オートキャンプ、そして近年ブームになっているグランピングというものがありますが、ここでは、初心者キャンパーにも人気のあるオートキャンプについて解説します。

オートキャンプとは?

オートキャンプとは、車と隣接した場所にテントやタープを張ることができる「車とセットで楽しめるキャンプ」です。管理会社がきちんと管理しています。

オートキャンプ場

普通のキャンプは、駐車スペースとキャンプをする場所が別なので、重いキャンプ道具をテントを張る場所まで持ち運び、設営する必要がありますが、オートキャンプは、車をテントに横づけできるので、そういった手間がありません。

道具は車から降ろせばすぐに使えますし、必要に応じて車に出し入れできます。

また、雨風が酷ければ車に避難することもできます。

このように、オートキャンプは利便性が高いので最近はキャンプの主流となりつつあります。

通常は入場料や敷地(サイト)使用料(宿泊料)は有料です。

車の乗り入れができる分、価格は高めで一泊5,000円前後というのが相場です。

料金やレンタルできるものなどもそうですが、営業期間や定休日が定められていたり、ルールを定めているところもありますので、こういったものは事前にネットなどで要チェックです。

また、近年は、より快適で利便性が高いキャンプを楽しめるグランピングというのも流行ってますが、なんでも揃っているグランピングより、よりキャンプの醍醐味を楽しめるオートキャンプを支持する人も少なくありません。

キャンプは、友達や家族と楽しむのもいいですが、誰にも束縛されず、自然を満喫しながら気ままに時間を過ごすソロキャンプもおすすめです。

オートキャンプをはじめるには?

オートキャンプは敷地内に車が入れるという点が他のキャンプと異なりますが、それ以外は普通のキャンプと変わりません。車の車種にも決まりはありません。

道具や食材を揃える

キャンプには、テントやマットをはじめ、寝装具である寝袋や枕、そして、調理器具やテーブル、椅子、カップ、箸やスプーンといったもの、またバーベキューをするのであればバーベキュー用鉄板や金網といったものも必要になります。

キャンプ場によっては、これらを有料でレンタルしているところもありますし、ロッジ、ログハウス、コテージなどの宿泊施設が用意されていたり、ベッドや寝具、調理器具などの生活設備が一通り揃っているところもあります。

食材は基本、持ち込みです。近くにスーパーの無いキャンプ場に行く時は、日数分の献立を考えて材料を用意する必要があります。

バーベキューをはじめ、カレーやお好み焼き、焼き鳥、焼きそばなども人気です。

シャワーやトイレなども常設してありますので安心です。

オートキャンプで気を付けるべきこと

オートキャンプでは、普通のキャンプのマナーに加えてオートキャンプならではのマナーもあります。他のキャンパーに迷惑をかけないようにしなければなりません。

車の移動や車のドアの開け閉め

オートキャンプで最も気を付けなければならないのが、車の移動と車のドアの開け閉めです。

夜のキャンプ場は街頭がないので結構暗く視界も悪いものです。

車のヘッドライトの灯りも周りに迷惑になりかねませんし、誤って子供を轢いてしまう事故も少なくないと言われていますので注意が必要です。

また、車の移動もそうですが、車のドアの開け閉め音は静かなキャンプ場では気になる音です。車から出し入れしたい物は、まとめてするなどして開閉回数を減らすなど心がけましょう。

騒音

車のドアの開け閉めや車のエンジン音もそうですが、テンションが上がるといって騒ぐのも禁物です。また、ラジオなどを持ち込んでいる人はその音量にも注意が必要です。

特に夜と早朝はボリュームに注意しましょう。

お酒などを飲み過ぎて酔っぱらって騒ぐなんていうのは絶対にNGです。

勿論、飲酒運転ももってのほかです。

また、多く見られるのが、スマホの充電のために車のエンジンをかけるケースです。アイドリングは静かなようで他人には気になるものです。

昼のうちに充電するよう心がけましょう。

ゴミ処理

ゴミ処理は、キャンプ場ごとにルールがあります。必ずゴミの分別についての説明(用紙つき)がありますので事前に確認してルールを遵守すりょうにしましょう。

キャンプ場によってはゴミは持ち帰りというところもあります。

生ごみなどは、悪臭のもとになりますので、食品の汁などが付いたプラスチックゴミやペットボトルなどは炊事場で洗ってからゴミ袋へ入れる、少量の紙や竹串は焚火の時に燃やす、など、持ち帰るゴミの処理にも工夫が必要になります。

まとめ

オートキャンプは、車と隣接した場所にテントやタープを張ることができる「車とセットで楽しめるキャンプ」です。車を持ち込みますので、その分、色々なルールがあります。

ルールを皆がしっかり守れば、皆が気持ちよくオートキャンプを楽しむことができます。

オートキャンプ場は、全国にあります。

下記では、全国のおすすめのオートキャンプ場を紹介しています。営業期間、定休日、施設タイプ、料金などをチェックして出かけましょう。

参考:全国版:オートキャンプ場おすすめ30選