趣味に読書を勧める理由

趣味:読書

趣味は何?と聞かれてとりあえず「読書」と答える人も多いと思います。

そんな、趣味の代表格とされる読書ですが、読書を趣味にすると想像以上に様々なメリットを享受できます。

ここでは、趣味に読書を勧める理由を記しています。

趣味に読書を勧める理由

趣味に読書を勧める理由は以下のようなメリットがあるためです。

読書のメリット

簡単に始められて長く続けられる

一つは、簡単に始められて長く続けられるということ。

他の趣味のように飽きるということもありませんし、暑かったり寒かったり、また、体力がないので続けられないということもありません。

ゴールもないので一生続けることができます。

知識が増え視野が広がる

まずは、専門書に限らず本を読むことでその分野の知識が増えるということ。

ネットで検索するよりも正確でより深い知識に出会うことができます。

投資に関する本を読めば投資に強くなりますし、料理に関する本を読めば料理の知識が増えます。歴史や考え方といったことを学ぶこともできますし、健康に関する本を読めばより健康になることができるかもしれません。

また、小説であれば未知の世界を疑似体験することができ、非日常を体験することができますし、ミステリー小説や推理小説であれば、分析力や推理力も身に付きます。

このように、色々な知識をインプットしたり、多くの疑似体験したり、また、考えたり分析したりすることで、自然と視野が広がり、思考も柔軟になり、判断力も養われ、日常生活やサラリーマンなど仕事をしている人はビジネスに役立てることもできます。

長く続けることで着実に自分を成長させることができますし、その結果、昇給や昇格にかかわってくるわけですから成功したいのであれば読書は必須とも言うべき趣味と言えます。

一流のビジネスマンの多くは例外なく読書を趣味にしています

不安が解消することもある

読書は、悩みを友人に相談するよりも有益な情報をもたらしてくれることがあります。

不安な気持ちでいる時に希望や勇気を与えてくれることもあります。

図書館を利用すればお金はかからない

書店で新刊を購入して次々に読んでいく場合はお金がかかりますが、図書館に行けばほぼ全てのジャンルの本を無料で読むことができます。

借りて持ち帰って読んでも構いませんし、冷暖房の効いた図書館で静かに読むのもいいです。

近年は、カフェが設置されているおしゃれな図書館もありますのでカフェ気分を味わいながら本を読むことができます。

1年中静かで快適な図書館は、私達の税金で運営されている公共施設ですので利用しないのは勿体ないと言えます。

参考:お金がかからない趣味一覧

そして、たまには本屋さんで新刊を購入して読むのもおすすめです。

読書の始め方

最初は何を読んだら分からないという人も多いと思います。全く興味がない分野の本は読破できない可能性もあるので、まずは興味がある分野の本を読むようにします。

図書館を使う場合は、図書館に行って興味のありそうなコーナーで本を探すのも悪くありませんが、図書館のホームページで蔵書検索を利用するのもおすすめです。

蔵書検索では興味のあることをフリーワードで検索して本を探せ、予約することができます。

また、タイトルに興味があって借りたものの実際に読んでみると意図したものと違うということもありますので実際に借りる場合は必ず本を1~2ページ試し読みすることをおすすめします。

現在は、インターネットのAmazonなどで、読者の口コミや評価も確認できますので参考にするのもいいと思います。

読んだ本が面白ければその作家の書いた他の本を読だり、読んだ本の中にかかれていた興味をそそる部分について他の本を探すなどでチェーンのように読み進めることができます。

趣味に読書を勧める理由まとめ

インドアの趣味の代表格ともいえる読書ですが、本を読むか読まないかで人生は大きく変わってくると言われています。

従って、できれば趣味の一環としてではなく、日常生活の一部に取り入れたいものです。特に図書館を活用した読書は、お金もかかりませんので経済的負担もなく長く続けられます。

読書を楽しむために日本中の読書家とコミュニケーションが図れるサイトもありますし、専用の読書ノートなどを作って感想をまとめたりすると楽しく続けることができるかもしれません。

関連記事

現在の定年退職の年齢は60歳から65歳。 殆んどの人が60代に定年を迎え、新しい第二の人生をスタートさせます。 平均寿命が85歳とも言われる現代は、定年後の自由な時間は現役時代に仕事をしていた時間よ[…]

定年後の趣味おすすめ20選