定年後の趣味はジム通いがおすすめ

定年後の趣味はジム通いがおすすめ

近年は、スポーツジムやフィットネスクラブの施設が増えてきました。

健康志向が高まったことと高齢化が要因の一つです。

実際、定年後、老後にジムに通う人が増えています。

定年後の趣味としてジム通いというのはありきたりですが、当サイトでは、定年後の趣味として何が一番おすすめか、と問われた場合、ジムなどで運動をすることだと答えます。

ここでは、おすすめの理由を専門的なことを交えて解説してみたいと思います。

定年後の趣味にジム通いをおすすめする理由

定年後の運動不足・コミュニケーション不足を解消

なんの計画もなく定年を迎えると、多くの人(特に男性)が、

・これといった趣味もなく何もすることがない
・家に閉じこもってばかりで不健康だし体も動かさないため運動不足に
・会社を離れて話し相手がいない

という状況に置かれます。

そして、これらの全てを比較的簡単に解消できる趣味が、ジム通いです。

女性はどういう訳か、コーラスやカラオケ、ヨガや華道、ダンス、スウィミングと、思い立ったら比較的簡単に実行に移せますが、男性は、どうしても二の足を踏んでしまいます。

そんな男性でも比較的ハードルが低いのが、男性的なイメージがあり、自分のペースでできるスポーツジム通いです。

家でやると長続きできませんが、お金を払うことで定期的に通うようになり、運動不足を解消、通っているうちに新しい出会いも期待できます。

近年は、筋トレやランニングマシンの設備だけでなく、スタジオやプール、大浴場などを揃えた総合ジム、フィットネスクラブが増えてきおり、楽しく通えるよう工夫もされてきています。

筋トレは体だけでなく心も健康に

運動には筋トレなどの無酸素運動とランニングやウォーキングなどの有酸素運動があります。

筋トレは、筋肉をつけ、脂肪を落とし、メタボ体系を解消したり、ダイエット効果が期待できますが、実は精神的にも健康でタフになる効果が期待できるとされています。

それは、見た目が変わって自信がつくからといったことだけではなく、脳内の伝達物質に変化をもたらしてくれるためです。

テストステロンの分泌でやる気の向上

筋トレは、男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌を促します。

テストステロンは、男性機能を向上させるだけではなく、やる気や闘争心をアップさせ、男性らしい体や精神を作ります。

また、新しいことに挑戦しようとするチャレンジ精神や、家族や友達を大切にしようとする心にも関係していると言われています。

逆にテストステロンが減少すると、善玉コレステロールの減少や内臓脂肪の増加、また、骨密度の低下を招くと言われています。

セロトニンの分泌で不安感を抑制

運動をすることで、セロトニンという精神安定に効果のある神経伝達物質が分泌されます。

その結果、うつ病にも効果があるとされていますし、トレーニングによって鍛えられた筋肉自体に、うつ病などの精神疾患の原因物質を「解毒」する機能があるとされています。

例えば、気分的に塞ぎこみがちな人や緊張しやすい体質の人、本番に弱い人などは、継続的に筋トレや運動をすることでこれらの性格をかなり改善することができる可能性があります。

これまで、精神力を強くしようと心の内面を鍛えるアプローチばかりしてきてあまりうまくいかなかった人は、筋トレをやると思わぬ効果が発見できるかもしれません。

成長ホルモンで若返り

筋トレで分泌される成長ホルモンは、身長を伸ばすホルモンとしてよく知られていますが、成長に関する作用と代謝をコントロールする作用があるとされています。

筋肉を成長さたり脂肪を燃焼させたり、また、骨を強化したり、生殖機能や免疫機能を維持したりと人の健康面に重要な働きをします。

若返りホルモンとも言われるだけあって若さにも働きかけます。

筋トレは加齢による運動機能の低下や病気を予防

また、筋トレには、加齢による運動機能の低下や病気を予防する働きがあります。

例えば、筋トレは骨を丈夫にし、骨粗しょう症を予防できるということは有名ですが、骨量減少で怖いのは骨折だけではないことが指摘されています。

少し、専門的になりますが、アメリカのコロンビア大学のジェラール・カーセンティ博士の研究によれば、骨の中から血管を通じて全身に届けられる「骨芽細胞」が出すメッセージ物質「オステオカルシン」には、記憶力や筋力、さらには生殖力まで若く保つ力があるとされています。

また、ドイツ、ウルム大学のハームット・ガイガー博士は、「骨芽細胞」が出す別のメッセージ物質「オステオポンチン」が減少すると、骨髄内で生まれる免疫細胞の量が低下することをつきとめています。

NHKスペシャル人体”骨”が出す!最高の若返り物質

つまり、骨量が減少すると骨芽細胞が出すこれらの物質が減少し、記憶力や筋力、生殖力が老化し、免疫細胞の量も低下するということになる訳です。

さらに、中年男性を対象に1年間、骨に刺激を与える筋トレやジャンプトレーニングをさせた実験によれば、骨形成を阻害するタンパク質「スクレロスチン」が減少し、逆に骨形成を促進する「IGF-1」の分泌が増加することもわかっています。

有酸素運動は心肺機能をアップさせる

有酸素運動

有酸素運動とは、ジョギングや水泳、エアロビクスやサイクリングのように筋肉を収縮させるエネルギーとして酸素を使用する運動のことをいいます。

数々のテレビの健康番組でも有酸素運動が体によいことが取り上げられていますが、肥満が解消されるだけでなく、血糖値や血圧を安定させたり、脂質異常症によって引き起こしやすいとされている動脈硬化を防ぐことも期待されています。

特に、呼吸筋を発達させ、外呼吸をよりスムーズにしたり、心筋を発達させ、血液の循環をより効率的にするといった効果が期待できるとされています。

また、安静時の血圧を低下させ、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪を減少させ、HDLコレステロールを増加させる働きや、認知症やうつ病の予防にもなるとも考えられています。

効率よく運動の効果を得るための有酸素運動の頻度は、糖尿病診療ガイドライン2016では、できれば毎日、少なくとも週に3~5回は行うこと、そして「強度が中等度の有酸素運動を20~60分間行い、計150分以上運動することが一般的には勧められる」と記載されています。

尚、中等度の有酸素運動とは、

・ややきつい運動
・笑顔でできる程度の運動

とされています。

まとめ

以上、定年後や老後の趣味として、ジムなどで筋トレや有酸素運動することがいかに重要か、おわかり頂けたと思います。

筋トレも有酸素運動も、体も心も健康にする効果が期待できる上、様々な病気の予防にも効果的で健康寿命を長くすることが科学的にも照明されています。

従って、定年後、老後の日常に筋トレや有酸素運動を取り入れることは、有意義で健康的な生活を送るための趣味として必須とも言えます。

ジムに通うと人とのコミュニケーションが図れたりジム仲間ができたりする点も孤独になりがちな定年後・老後にはおすすめですですが、金銭的な余裕がない方は日常にウォーキングなどの有酸素運動や腕立て伏せ、腹筋、スクワットといった筋トレを取り入れることをおすすめします。

関連記事

現在の定年退職の年齢は60歳から65歳。殆んどの人がこの頃に定年を迎え、老後の新しい人生をスタートさせます。平均寿命が85歳とも言われる現代は、老後の自由な時間は現役時代に仕事をしていた時間より[…]

老後におすすめの趣味
関連記事

定年後・老後の時間は現役の時に働いていた時間よりも長いと言われています。さらに最近では人生100年時代と言われるようになり、定年後・老後の時間はさらに長くなることが予想されます。この定年後の長い[…]

定年後・老後の趣味の選び方