定年後・老後におすすめ!「スマホと格安SIMがセットになった格安スマホ:UQモバイル」で通信費を節約

定年後・老後におすすめの格安スマホ「UQモバイル」で通信費の節約

月々の通信費をリーズナブルに抑えられる「格安スマホ」。定年後・老後の家計における通信費を大幅に削減できるかもしれません。

2015年5月に施行されたSIMロック解除の義務化以降、契約者本人であればSIMロックの解除が可能になり、大手キャリアの端末から格安スマホへ乗り換える方が急増しています。

さらに、2019年9月からは契約者本人でなくても、また、中古スマホでもSIMロック解除が可能となることから格安スマホ市場はより活況化すると考えられています。

参考:SIMロック解除とは?格安SIMと格安スマホの違い

この流れは選択肢が広がる消費者にとっては喜ばしいことです。

今後は、大手キャリアのスマホから格安スマホへ乗り換える人や、機種変更をする人、また、中古iphoneの需要といったものが大幅に増えてくると思われます。

そこで、ここでは、定年を迎えた人や老後の生活を送る人にとって家計の節約になるおすすめの格安スマホ「UQモバイル」を分かりやすく紹介したいと思います。

勿論、これらの人に限らず、通信費を安く抑えたい人にはおすすめの格安スマホですので、現在、ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアのスマホで通信費が高いと思われている方は、ぜひチェックしてみてください。

格安スマホ選びのポイント

格安スマホとは、ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアから通信設備を借りてサービスを提供する事業者(MVNO:仮想移動体通信事業者)が発行する格安SIMを使っているスマホのことを言います。

MVNOが発行する格安SIM

通信回線設備をはじめ多くの店舗や人を抱える必要がないため、リーズナブルな価格でサービスを提供することができます。

格安スマホの申し込み方には、現在手元にあるスマホを引き続き使う場合に格安SIMだけを新たに購入する方法と、格安SIMとスマホ端末がセットになった格安スマホを購入する方法がありますので希望する方法を選んで契約します。

格安スマホがおすすめの人

格安スマホは、大手キャリアと違って自分の使い方や用途に合わせた柔軟な料金プランを用意していますので、無駄を省くことが出来ます。

このため、必要最小限のサービスだけを選択することで通信料金をかなり節約できます。

特に、電話をあまりしない、インターネットをあまり使わない、といったライトユーザーの方は格安スマホに乗り換えるだけで通信料金を大幅に削減できる可能性が高くなります

定年を迎えた方や老後生活を送っている方には適した選択肢だと言えます。

格安スマホ選びで注意すべき点

スマホ本体のスペックにも注意

電話やインターネットをする・しない、など、自分の使用スタイルで格安SIMを選ぶことも重要なポイントの一つですが、スマホと格安SIMがセットになった格安スマホを購入する場合において、写真をよく撮る、ゲームを頻繁にするといった場合は、スマホ本体のスペック(データ容量や動作のスピード)にも目を通す必要があります。

SMS認証機能のあるなしに注意

大手キャリアだと、SMS認証に必要な機能が標準で付いていますが、格安SIMにはSMS機能が付いていないものもあります。

LINEをはじめネット上の様々なサービスが使えなくなる可能性がありますので、格安SIMを使った格安スマホの場合には、事前にSMSの有無もしっかりとチェックするようにしましょう。

SMS認証とは本人確認のため携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を利用した認証機能です。各種サービスへの会員登録やポイント交換などの際に他人の携帯電話を使った「なりすまし」を防ぐために、入力された電話番号にショートメッセージ又は自動音声ガイダンス電話により「認証番号」を通知し、入力して認証するなどの時に使われます。

ちなみに、格安スマホに乗り換えると「auスマートパス」や「App Pass」など大手キャリアが配信しているアプリも使えなくなるため、これらを頻繁に利用している方も注意が必要です。

定年後・老後におすすめの格安スマホ「UQモバイル」

ここでは、定年を迎えた方や老後生活を送っている方におすすめの格安スマホとしてUQモバイルを紹介しています。

特にスマホ端末と格安SIMがセットになった格安スマホを選ぶことで、あまり難しいことや面倒なことは考えずに申込みができるため、初心者レベルにもふさわしい格安スマホです。

あまりスマホに詳しくない人にもおすすめです。

UQモバイルの特徴

UQモバイルの特徴

テレビのCMでもお馴染みのUQモバイル。auのサブブランドという位置づけのMVNO(仮想移動体通信事業者)で、格安スマホとしての安さはもちろん、端末のスペックも問題なく通信速度も安定して高速であることも人気の理由となっています。

auの回線を使用し、データ通信はLTE(高速通信回線)、音声回線は3G回線を使用します。

UQモバイル

iphoneとの互換性が抜群

UQモバイルでは、手元のスマホを活用したい場合のSIMのみの申し込みと、スマホ端末もセットになったものを申し込むことが可能です。

スマホ端末もセットになったものをお申し込みの場合は、端末とSIMがセットになっていますのでその互換性などは気にする必要がありません。

しかし、今、手元にあるスマホ端末を使いたい場合は、SIMだけを申し込んで使用するため、その互換性が気になります。

その点、UQモバイルは、iphoneとの互換性は抜群

SIMフリーのiphoneならほぼ全て、また、auで購入したiphoneも殆んどが、SIMロックを解除することなくそのままSIMを差し替えて利用可能です。

この場合は、簡単な引き継ぎ設定をすればLINEの履歴も残せます。

SIMロックを解除するとほぼ全てのauで購入したスマホ(Androidを含む)が利用可能です。

ただ、端末にさほど拘りがないのであれば、やはり端末とSIMがセットになっているものがおすすめです。端末込みで月額利用料金も1,980円(税抜)からです

全てのプランでSMSが無料で付いている

UQモバイルは全てのプランでSMSが無料で付いていますので、別途オプションといった申込みも不要です。従ってLINEやTwitterなど「SMS認証」が必要なアプリでも問題なく使えます。

音声通話プランも充実

UQモバイルの音声通話プランには「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」があります。

おしゃべりプランは、5分以内の国内通話が何度でも無料。

ぴったりプランは、月に60分までの国内通話が無料というものです(プランSの場合。プランMでは120分、プランLでは180分まで無料です)。

家族割でさらにお得に

現在は家族割を実施中。配偶者や子供の分とあわせて申込みする方が増えています。

夫婦でプランSを申し込めば、2人分あわせても月額5,000円ほどで済みます。

UQモバイルの家族割

また、申込み方も質問に沿っていくだけなので簡単です。

UQモバイルお申込みのシミュレーション

UQモバイルへのお申込みのシミュレーションをしてみます。

UQモバイルの公式ページから「端末セット・SIMのみを申し込む」ボタンをクリックします。

申込み前の準備

新規に申し込む場合は、ご本人名義のクレジットカードご本人確認書類が必要です。

他社からお乗換えの場合(とは電話番号を引き継ぐ場合です)は、これらに加えてMNP番号が必要になります。

MNPは、現在契約している携帯電話会社に電話し「MNPの予約番号」を聞きます。

MNPとは、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。

契約形態の選択

電話番号が変わっても差し支えなければ、「新規ご契約」または「SIMのみで新規ご契約」を、電話番号を引き継ぐ場合は、「他社からお乗換え(MNP)」または「SIMを他社からお乗換え(MNP)」申し込みます。

お申込みパターン

ここでは、電話番号をそのまま引き継ぎ、スマホ端末と格安SIMをセットにしたものを選ぶとして、「他社からお乗換え(MNP)」を選択(クリック)します。

MNP情報の入力

MNP情報の入力画面が表示されますので、現在利用中のキャリアと現在の電話番号を入力。電話で聞き出したMNP予約番号とそのMNP番号を聞き出した日にちを入力します。

尚、任意とありますのでここで入力しなければ後日確認の連絡があります。

MNP情報の入力

料金プランの選択

5分以内の国内電話が何度でも無料の「おしゃべりプラン」か月の合計で最大180分の通話が無料の「ぴったりプラン」かのどちらかを選びます。

短い電話を何度もする方は前者を、電話はあまりしないが、しだすと長電話になる方は後者を選ぶといいと思います。

ここでは、おしゃべりプランを選びます。

すると月間データ容量毎のプランが表示されますので、自分に合ったプランを選びます。

月間データ容量毎のプラン

データ容量とは、データの通信量のことです。

現在使っているスマホでも月間のデータ通信量はマイページで確認できますし、携帯を販売している店舗でも確認してもらえるので、その値で判断すると問題ないと思います。

尚、月間データ容量を超えた場合は、受信速度に制限がかかります。

UQモバイルでもデータの通信量は端末で確認することができますので、インターネット等を使う頻度を調整することは可能です。

ここでは、「プランS(2,138円~)」を選択します。

尚、どのプランも14ヶ月目以降は1,080円加算されます

お支払方法の選択

クレジットカードか口座振替(銀行または郵便局)から選びます。

希望商品の選択

希望のスマホ端末を選びます。

月額0円と月額有料のものがありますが、これは端末料金が無料という訳ではありません。

端末代金は、月額利用料に追加されています。

月額0円のもので充分だと思います。

端末によってはカラーも選べます。

端末代金の支払い方法を選択します。24回払いと一括払いから選択できますが、ここでは、「24回払い」を選択します。

増量オプションの選択

増量オプションとは、例えばスマホプランSであれば通常データー容量の制限は月に2GBですが、これが最大25ヶ月間無料で1.5倍の3GBになるというものでです。

無料期間終了後に3GBを継続する場合は別途月額500円(税抜)がかかります。

ここでは、「増量オプション」を申し込みます。

サポートオプションの選択

サポートオプションには、UQあんしんパックや家族みまもりパック、端末補償サービス、メールサービスなどがあります。

端末補償サービス(月額410円)は端末が故障した際に一定の条件で補償するサービスです。

例えば、水漏れなどで全損した場合に、このサービスに加入していれば上限5,000円で端末交換または修理をしてくれますが、サービスに加入していなければ、実費となります。

初回のご契約時にしかお申込みができません。

ここでは、「端末補償サービス」のオプションのみに加入することにします。

アクセサリーの選択

スマートフォン充電器が必要な場合は選択します。

ここでは、既に保有しているので選択しないことにします。

以上の契約シミュレーションで、月額利用料と初月支払金額は以下の通りとなりました。

初期費用(SIMパッケージ料金+頭金)は、代引きでの支払いとなります。

24ヶ月(2年)経過すると端末代金の分割支払いが終了しますので、25ヶ月以降の月額の支払いは、端末代金を差し引いた金額になります。

このシミュレーションでの支払い金額目安(スマホ料金+利用料:税込)
初期費用:3,348円
初月から13ヶ月まで:2,548円
14ヶ月目から24ヶ月まで:3,548円
25ヶ月以降:2,332円

尚、時期や条件によってはキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

UQモバイル

まとめ

以上、定年後・老後におすすめの格安スマホとしてUQモバイルを紹介してきました。

もちろん定年後や老後の方ではない人にもおすすめの格安スマホです。

現在大手キャリアのスマホをお使いの方は、UQモバイルに乗り換えることで通信費を大幅に削減できるかもしれません。

一度手続きをすれば半永久的に節約できますので家計の節約としてはおすすめですので是非検討してみて下さい。

参考:定年後の生活が楽になる3つの経費削減策