auでアップグレードプログラムEXを利用して機種変更するべきか

auでアップグレードプログラムEXを契約して24ヵ月が経過すると、「今、機種変更をするとお得です。」という案内メールが届くようになります。

その場合、

  • 機種変更した方がいいのか
  • 今のスマホを使い続ける方がいいのか、それとも
  • 格安スマホに乗り換えた方がいいか

悩むところです。

実際に筆者が直面した問題です。

ここでは、auでアップグレードプログラムEXを利用して機種変更するべきか、そのまま今の機種を使うべきか、また、格安スマホ(格安SIM)に乗り換えた方がいいか、について、実際の経験をもとにその判断材料を書いてみたいと思います。

auのアップグレードプログラムEXとは?

アップグレードプログラムEXとは何か、おさらいです。

アップグレードプログラムEXとは、機種代金を48回の分割払いとし、25ヵ月目以降に機種変更した場合は、それ以降の旧スマホの分割支払を免除するというauのサポートプログラムです。

月額390円×24ヵ月支払い、古いスマホ(画面割れしている場合などは別料金が発生)を返却するという条件でアップグレードプログラムEXを利用して機種変更できます。

例えば、96,000円のスマホを購入してアップグレードプログラムEXに加入した場合、月々2,000円の機種代金を48回、プログラム料390円を24回(9,360円)支払うことになりますが、例えば25ヶ月目に機種変更する場合は、残りの24回(48,000円)分の支払いは、免除されます。

この場合は、38,640円(48,000円 – 9,360円)で下取りをしてくれる計算になります。

そして、25ヶ月目以降は390円の支払いが終了し、新しい機種の代金の支払いが始まります。

尚、現在は、アップグレードプログラムEXは廃止になっています。

auでアップグレードプログラムEXを利用して機種変更するべきか、そのまま今の機種を使うべきか、格安スマホに乗り換えるか

私の場合、2年前にアップグレードプログラムEXに加入してiPhone8を購入しました。

今月、24ヶ月目を迎えますので、

  • auでアップグレードプログラムEXを利用して機種変更する
  • そのまま今のiPhone8を使う

のいずれかを選択しなければなりません。また、

  • この際、auを解約して他のキャリアか格安スマホに移る

ことも検討したいと考えました。

そこで、私の場合を例にとり、それぞれどういうメリットとデメリットがあり、どういう決断をしたかを書いてみようと思います。

アップグレードプログラムEXに加入している人の中には同じような境遇にある人も多いと思いますので参考にして頂ければと思います。

今のスマホを継続使用する場合のメリット・デメリット

今のスマホを継続して使用する場合は以下のメリット・デメリットがあります。

メリット

  1. 月額料金が安くなる(25ヶ月目からアップグレードプログラムEXのサポートプログラム料金390円が支払い不要になる分、安くなります)
  2. 旧機種を4年間使いきると支払い済みのアップグレードプログラムEXのサポートプログラム料金9,360円(390円×24ヵ月)が返金される
  3. 機種変更など面倒な手続きをしなくて済む

デメリット

  1. 2年使った端末なので、バッテリーや故障が不安
  2. 古い契約のままなので更新期間外で解約すると解約料が9,500円かかる
  3. 解約料を支払いたくない、サポートプログラム料金の返金を受け取りたい、といった心理が働き今後もauに縛られる

アップグレードプログラムEXを利用して機種変更をする場合のメリット・デメリット

一方、アップグレードプログラムEXを利用して機種変更をする場合は、以下のメリット・デメリットがあります。

メリット

  1. 現在支払っている金額や選ぶ機種によっては月額料金が安くなる
  2. 契約の更新なので、今後はいつ解約しても基本、解約料はかからなくなる
  3. 新しいスマホになるため当分はバッテリーの寿命などの心配はなくなる

デメリット

  1. 現在支払っている金額や選ぶ機種によっては月額料金が高くなる
  2. 機種変更の手続きが面倒
  3. 下取りプログラムの方がお得な場合も

機種変更をする場合は、新しく購入する端末の価格で月額料金が変わってきます。

また、キャリアによっては、下取りプログラムを実施している場合もあります。

iPhoneは下取り価格が高いため、場合によっては、アップグレードプログラムEXを利用するより下取りプログラムを利用する方がお得になる場合もあります。

2020年2月現在、auでは下取りプログラムを実施しており、iPhone8の下取り価格は、21,450円となっています。

アップグレードプログラムEXを利用することで免除される額と比較してみましょう。

auでアップグレードプログラムEXを利用して機種変更するかそのままiPhone8を使うかの判断

私の場合、アップグレードプログラムEXを利用して機種変更するか、現在使っているiPhone8を使い続けるかの判断は、

  • 今のiPhoneの劣化状態と
  • 今後の月額料金

で検討します。

iPhoneの劣化状態

今のバッテリ-の最大容量を設定で確認すると90%ほど。80%を切るくらいが交換の目安ですので、あと2年以内に交換するか否かの選択を強いられる時がくるかもしれません。

こういったことを気にしながら使うは個人的には好きではありません。

今後の月額料金

今後の月額料金は、今のスマホを使い続ける場合は、プログラム料の390円が必要なくなりますのでその分、月額料金が安くなります。

機種変更する場合は、選ぶ端末次第で月額料金が決まります。

私の場合はスマホはあまり使わないため、月額料金は現行の5,500円程度以下に抑えたいという要望があります。

auのホームページで機種を確認してみると、同じiPhoneのiPhone11へ機種変更をすると(iPhone8などの機種は在庫なし)、料金は月額2,000円ほど高くなりますが、ミドルレンジ以下のAndroidスマホにすると現行の月額料金内で抑えられそうです。

別にiPhoneに拘っている訳でもありません。

大きなストレスがなければミドルレンジのAndroidスマホで十分です。

また、今後2年の間に他のキャリヤや格安スマホへ移行しないとも限りませんが、機種変更をしないと古い契約のままなので、更新期間以外の解約は解約料が9,500円かかってしまいます。

そういうこともあり、何はともあれ、アップグレードプログラムEXを利用して機種変更することにしました。

下のページでは、こういう考えを経て実際にauのホームページで、iPhone8からAndroidスマホ(Xperia8)に機種変更した流れを解説しています。

auを解約して格安スマホに乗り換えるという選択もあり

一方で、この際、格安スマホに乗り換えるのはどうかも考えてみました。

幸い、ちょうど更新期間中ですのでこの期間に解約すれば解約料は発生しません。

格安スマホに乗り換えることを考える場合、

  • auで機種変更をせずにauを解約して格安スマホに乗り換えるケースと
  • auで機種変更をした後、auを解約して格安スマホに乗り換えるケース

の2通りがあります。

auで機種変更をせずにauを解約して格安スマホに乗り換えるケース

auで機種変更をせずに解約して格安スマホに乗り換える場合は、アップグレードプログラムEXの権利を放棄することになるため、格安スマホに乗り換えても旧機種のiPhone8の残額は支払い続けなければなりません。

今のiPhone8を使い続ける場合は、バッテリーや故障の不安が残りますし、格安スマホでスマホを購入するとauと格安スマホ業者の2社にスマホ料金を支払うことになり非効率的です。

auで機種変更をした後、auを解約して格安スマホに乗り換えるケース

従って、auを解約して格安スマホに乗り換える場合も、まずは、auで機種変更してから解約した方が良いと考えます。

但し、旧スマホの分割払いの金額が非常に安い場合は、それを支払っても格安スマホで機種を購入する方がお得な場合もあります。

例えば、月額500円の分割払いが24回(12,000円)残っている場合、auで機種変更をする場合はスマホを購入するのに5万円かかるけど、格安スマホでは同じ機種が3万円で販売しているといったケースです。この場合は、機種変更せずに解約した方がお得になります。

格安スマホにすればランニングコストは安くつく

いずれにしても格安スマホへ移行すると月額料金は、殆どの場合、安くなります。

通信費の節約を考えている人は格安スマホは是非検討してほしいと思います。

料金を優先するならmineo、通信の速さを優先させるならUQモバイルやワイモバイルがおすすめです。といってもmineoが通信速度が非常に遅いという訳ではありません。

ちなみに私は、最終的に評判の良い、mineo、UQモバイル、Y!mobileを検討した結果、最も安いmineoを選ぶことにしました。

UQモバイルとY!mobileは通信速度が速いことで評判の良い格安スマホですが、私の場合は、殆どが家のWi-Fiを使っての使用です。

月間、300MB(1GBの10分の3)も使わないので通信速度の速さはあまり意味がありません。といってもmineoが遅いという訳でもありませんし。

しかもmineoは通信料500MBで1,310円というまさしく自分にぴったりのコースがあります(2020年10月現在は3GBでも1,510円が6カ月間710円になるキャンペーンを実施中です)。

通話も「10分かけ放題」で月額850円というオプションがありますが、私の場合はそれすら必要なくmineoでんわ(無料)で10円(30秒)で十分です。

つまり、mineoであれば、月額1,310円(税別)で済む訳です。月額(分割)料金1,500円ほどの端末代と合わせても3,000円ほどで済む訳ですからこれまでより月に2,000円節約になります。

という訳で、auで機種変更した後、mineoの格安スマホに乗り換えることにしました。

アップグレードプログラムEXで機種変更して解約する場合は注意

尚、アップグレードプログラムEXを利用してauで機種変更をする場合は、アップグレードプログラムEXの権利行使の判定は機種変更月+1ヵ月末になります。

つまり、機種変更をした月とその翌月に解約した場合は、プログラム特典が受けられなくなり、旧機種代金の分割支払い金が全額必要となってしまいますので注意が必要です。

まとめ

今回は、実際に私が直面した、auでアップグレードプログラムEXを利用して機種変更するべきか、そのまま今の機種を使うべきか、についてその判断材料を紹介してきました。

今のスマホの状態や価格の問題、手続きの煩わしさなどの問題もありますが、ご自分の状況に合わせて選んで頂けたらと思います。

日頃から通信費の節約を心がけている方は、スマホの契約更新月はチャンスでもあります。

手続きが面倒だと二の足を踏んでいる方も多いと思いますが、1度手続きをしてしまえば大きな節約に繋がることもありますので是非、色んなことにトライしてみて下さい。