ウォーターサーバーの選びのポイント

ウォーターサーバーの選びのポイント

ウォーターサーバーといっても色々な業者がサービスを展開しており、どのウォーターサーバーにするか迷っている方も多いと思います。

しかし、ウォーターサーバー選びはポイントを押さえるとそんなに難しいことではありません。

ここではウォーターサーバー選びのポイントを解説します。

ウォーターサーバーの選びのポイント

ウォーターサーバーに興味を持たれている、又は検討されている理由には、

・水がおいしそう
・サーバーのデザインがカッコいい
・いちいち重たいペットボトルを買い物しなくて済みそう
・体の健康に良さそう

等様々な理由があると思います。

ウォーターサーバーを選ぶにあたって優先すべきポイントとしては、最初に興味を持たれた理由が何かが最も重要だと思いますが、失敗しないように以下の項目にも優先順位をつけて留意する必要があります。

  1. 天然水かRO水か
  2. 自宅が配達対象区域か
  3. ランニングコストがどれくらいかかるか
  4. 利便性
  5. ウォーターサーバーのデザイン
  6. ウォーターサーバー業者の信頼性

一つ一つ見ていきます。

天然水かRO水か

ウォーターサーバーの水の種類には大きく「天然水」と「RO水」があります。

天然水

天然水は自然に存在する水を汲み上げたものです。

汲み上げた天然水は安全に飲めるようにろ過・沈殿・加熱殺菌等の処理を行い、不純物を排除してボトルに詰めて配送しています。

天然水は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルなどを含んでおり、原水の持つ本来の水のおいしさを楽しむことができます。

含有されているミネラルの種類やその含有量、硬度などは採水地により異なりますので好みに応じて選ぶことになります。

RO水

RO水とは、水道水やその他の飲料水を、超高性能のフィルターでろ過して徹底的に不純物を取り除いた水です。赤ちゃんには有害視されているミネラルも取り除いていますので、安全性をより重視する方・お子様のいる一般家庭の方に人気です。

RO水の中には、人工的に微量のミネラルを添加しているものも増えてきています。

尚、日本の天然水、RO水ともに日本人好みの飲みやすい軟水です。

天然水とRO水の違いは下のページで詳しく解説しています。

関連記事

ウォーターサーバーの水の種類には、大きく天然水とRO水があります。ウォーターサーバーを選ぶ際にどちらの水にしようかと悩まれている方も多いと思います。ここでは天然水とはどういうものか?RO水とはどういうものか?また、そ[…]

天然水とRO水の違い

自宅が配達対象区域か

天然水かRO水を決めていくつかのウォーターサーバーをピックアップしたら、今お住まいの地域が配達地域かどうか確認する必要があります。

散々、吟味した挙句、申し込もうと思ったら住んでいる地域がお水の配達対象区域ではなかった、ということでは時間の無駄です。

都市圏を中心に展開しているウォーターサーバーもあり、沖縄や離島にお住まいの方をはじめ、北海道や九州、四国にお住まいの方は配達地域ではない場合もありますので、まずは細かいことを調べる前に自分の地域が配達対象地域かどうか確認するようにしましょう。

ランニングコストがどれくらいかかるか

ウォーターサーバー選びで気になるのが月々のランニングコストです。

ウォーターサーバーを導入すると必ずかかってくるコストが水代電気代です。

サーバーのレンタル料金メンテナンス料金は、無料のものと有料のものがあります。

このほか、地域によっては送料がかかる場合もありますし、一定期間内の解約時は解約金・違約金が発生する場合もありますので契約時は契約内容をしっかり確認しておく必要があります。

水代

水の価格は、一般的に天然水よりもRO水が安価です。

具体的な水代は、家族構成や生活スタイルから必要な水の量を割り出して算出します。

尚、近年は、ご家庭の水道とサーバーを直結し、水道水をろ過するタイプのウォーターサーバーもあります。この場合のお水代は、ご家庭の水道料金のみとなります。

電気代

電気代はサーバーごとに異なりますが、最近では、電気代を抑える省エネ機能を搭載したサーバーも普及しています。概ね月額400円から1000円前後が一般的な目安です。

サーバーレンタル代

ウォーターサーバーのレンタル料金は無料のところと有料のところがあります。

デザインが優れたサーバーやお水の配達ノルマがない場合は、経費分を回収する意味からもレンタル料を徴収している場合が多くみられます。

結局のところ、ウォーターサーバー業者もお水代やサーバーレンタル料から売上をあげていかなければならないため、両者のいずれかからバランス良く徴収していくしかありません。

このため、一般的にサーバーのレンタル料金が有料の場合は、お水代が安くついたり、サーバーメンテナンス料金が無料だったり、また、サーバーのレンタル料金が無料の場合は、その分お水代が高かったり、お水の配達ノルマがあったりします。

サーバーメンテナンス代

サーバーのメンテナンス料金は無料のところと有料のところがあります。

これもサーバーレンタル代と同じように、お水代やレンタル料とのバランスから無料だったり有料だったりするようです。

これら4つの費用がウォーターサーバーを導入した場合にかかるランニングコストです。

ランニングコストに拘るのであれば、気になって比較しているウォーターサーバーでシミュレーションしてみましょう。

利便性

利便性は、お年寄りの方や女性の方には、優先度の高いポイントとなります。

無理をすると事故にも繋がりかねません。

ボトルの交換

例えば、ボトルの交換にしても、給水位置がサーバーの上にあるタイプとサーバーの下にあるタイプでは交換の際の負担が大きく変わってきます。

特に体力や筋力のないお年寄りの方や女性の方は、ウォーターサーバーの下の部分にボトルを設置するタイプをおすすめします。

ウォーターサーバーの下の部分にボトルを設置するタイプ

ボトルの後処理

ウォーターサーバーのボトルには、

・回収型のガロンタイプ
・使い捨て型のワンウェイタイプ

があり、それぞれ、ボトルの後処理の手間が異なります。

ガロンタイプとワンウェイタイプ

硬いプラスチックのガロンタイプは、業者が回収しにくるまで飲み終わった空きボトルを自宅に保管しておく必要があり、保管スペースが必要になります。

一方、柔らかいワンウェイタイプは、使い切りタイプです。飲み終わった後、自分でぺしゃんこにして破棄(ごみ処理)することができます。

それぞれのタイプでメリット、デメリットがありますので、各々の生活スタイルに合わせて選択します。

水の注文ノルマ

殆どのウォーターサーバーは、月に何本の水の注文するよう「お水注文のノルマ」を設けており、これを煩わしく感じる方もいらっしゃいます。

特に出張や旅行などで家を空ける場合が多い人は、水の購入ノルマが無いウォーターサーバーもありますので、そういうものを選択すると良いと思います。

関連記事

ウォーターサーバーには、お水の注文(購入)ノルマがあるものと無いものがあります。お水の注文ノルマとは、「1ヶ月に2本以上注文して下さい」といったように決められた期間内に最低限これだけは注文しなければならないお水の量を定めたものです。[…]

水の注文ノルマなしのウォーターサーバー

ウォーターサーバーのデザインや機能

ウォーターサーバーのデザイン

ウォーターサーバーのデザイン

近年は、生活空間をグレードアップさせるようなスタイリッシュなデザインのウォーターサーバーも増えてきています。また、カウンターやテーブルなどにも置ける卓上型のウォーターサーバーやスリムタイプのウォーターサーバーもあります。

インテリアに合うかどうかという点で検討してみると良いでしょう。

尚、サーバーはデザインだけでなく、サイズにも注意が必要です。

サーバーを注文する前には、サーバーの設置場所として予定している場所にちゃんとサーバーが治まるかどうか確認して申し込むようにしましょう。

ウォーターサーバーの機能

機能についても、子供がいるご家庭ではチャイルドロック機能や転倒防止機能の有り無しも気になるでしょうし、ずぼらな人であれば、極力お掃除が不要なクリーン機能などが搭載されたサーバーが良いと言う方もいらっしゃると思います。

その他にも様々な機能がありますので個別で確認し、検討してみて下さい。

 

関連記事

コックをひねるだけでいつでもおいしい冷水や温水が楽しめるウォーターサーバー。日本各地の名水や不純物を徹底的に取り除いたRO水をご家庭で楽しめます。勿論、家庭用としてだけではなく、事務所(オフィス)や店舗用にもおすすめ。[…]

ウォーターサーバー比較ランキング