ミネラルの含有量で比較するウォーターサーバー

ミネラルの含有量で比較するウォーターサーバー

ウォーターサーバーを選ぶ場合、含有するミネラルを重視する人もいます。

せっかく飲むならミネラルも摂取したいと考えたり、富士の天然水でも有名なバナジウムなど特定のミネラルを摂取したいと考えたり、また、赤ちゃんに飲ませるので、ミネラルの含有量を参考にしたいという人もいます。

ここでは、ウォーターサーバー毎のミネラルの含有量を解説。ミネラルの含有量を比較したウォーターサーバー選びのお役に立てればと思います。

ミネラルとは?

そもそもミネラルとは何でしょうか。

ミネラルは、5大栄養素のひとつで、臓器や組織を円滑に働かせるために欠かせない栄養素です。ビタミンと同様、炭水化物やたんぱく質、脂質などの代謝にも深く関わっています。

僅かな量でも私たちの身体の機能を正常に働かせるのに大きな役割を担っています。

ミネラルは身体の中でつくり出すことはできないため、食物から摂り入れる必要がありますが、過剰摂取にも気を付ける必要あります。

ウォーターサーバーとミネラル

ウォーターサーバーには天然水を扱うものとRO水を扱うものがあります。

一般的に天然水には、自然界で吸収したミネラルが含まれていますので、天然水を扱うウォーターサーバーの殆どはミネラルを含有しています。

一方、RO膜(逆浸透膜)で濾過したRO水は、ミネラルさえも除去された純水ですが、多くのRO水が、ろ過した後に微量のミネラルを加えています

赤ちゃんとミネラル

内臓が発達してない赤ちゃんにはミネラルは負担になり、ミネラルを分解しきれなくて下痢を起こすこともあります。

このためミネラルが含まれている天然水が、赤ちゃんのいるご家庭で敬遠される傾向がありますが、日本の天然水であれば心配するほどミネラルは含まれていません。

ミネラルの量は一般的に水の硬度と比例しますが、日本の天然水の硬度は殆どが100mg/ℓ以下の軟水です。なので安心して飲ませることができます。

気になる人は、硬度が50mg/ℓ以下の軟水を選ぶといいでしょう。

但し、硬度はミネラルの含有量の目安とされていますが、実際は、カルシウムとマグネシウムの含有量で計測されています。

従って、硬度が低くても、バナジウムやシリカといったミネラルが極端に多い場合は、赤ちゃんには避けた方が無難と思われます。

ミネラルの含有量でウォーターサーバーを比較

それでは、ウォーターサーバー毎業者が取り扱う宅配水ごとにミネラルの含有量を見てみます。

ナトリウム

ナトリウムには、体内の水分バランスや細胞外液の浸透圧を維持しているほか、酸・塩基平衡、筋肉の収縮、神経の情報伝達、栄養素の吸収・輸送などにも関与しています。

塩分として殆どの食品に含まれているため特に意識しなくてもそれなりに摂取することができ不足することは殆どありません。逆に過剰摂取には注意する必要があります。

ウォーターサーバー宅配水100ml当たりの
含有量
フレシャス朝霧高原8mg
富士0.52mg
木曽0.19mg
プレミアムウォーター朝来1.3mg
金城1.3mg
富士吉田0.68mg
北アルプス0.56mg
南阿蘇0.54mg
コスモウォーター大分の天然水4.88mg
静岡の天然水1.3mg
京都の天然水0.97mg
信濃湧水信濃湧水0.27mg
うるのん富士の天然水0.7mg
クリクラRO水0.5mg
アクアクララRO水0.5mg
アルピナウォーターRO水0.06mg

カルシウム

カルシウムは、骨や歯を形成する人間にとって欠かせない栄養素の一つですが、日本人が最も不足しやすい栄養素と言われています。

ウォーターサーバー宅配水100ml当たりの
含有量
フレシャス朝霧高原1.5mg
富士0.57mg
木曽0.56mg
プレミアムウォーター金城3.2mg
朝来1.3mg
南阿蘇0.89mg
北アルプス0.83mg
富士吉田0.68mg
コスモウォーター大分の天然水1.66mg
静岡の天然水1.5mg
京都の天然水0.8mg
信濃湧水信濃湧水0.54mg
うるのん富士の天然水0.8mg
クリクラRO水0.66mg
アクアクララRO水0.98mg
アルピナウォーターRO水0.02mg

マグネシウム

マグネシウムは、カルシウムやリンとともに骨や歯をつくっているミネラルです。骨や歯の形成に必要な栄養素です。不足しがちなミネラルですので意識して摂取する必要があります。

ウォーターサーバー宅配水100ml当たりの
含有量
フレシャス朝霧高原1.1mg
富士0.19mg
木曽0.12mg
プレミアムウォーター南阿蘇0.33mg
朝来0.3mg
富士吉田0.22mg
北アルプス0.19mg
金城0.077mg
コスモウォーター大分の天然水0.48mg
静岡の天然水0.36mg
京都の天然水0.16mg
信濃湧水信濃湧水0.05mg
うるのん富士の天然水0.2mg
クリクラRO水0.33mg
アクアクララRO水0.12mg
アルピナウォーターRO水0.01mg

カリウム

カリウムは、ナトリウムと協力しながら細胞を正常に保ったり血圧を調整したり、体内のバランス調整を行なっています。特に血圧の調整に重要な役割を担っています。

ウォーターサーバー宅配水100ml当たりの
含有量
フレシャス朝霧高原0.29mg
富士0.07mg
木曽0.06mg
プレミアムウォーター南阿蘇0.32mg
富士吉田0.12mg
金城0.12mg
北アルプス0.11mg
朝来0.1mg
コスモウォーター大分の天然水0.8mg
静岡の天然水0.16mg
京都の天然水0.05mg
信濃湧水信濃湧水0.05mg
うるのん富士の天然水0.1mg
クリクラクリクラ0.17mg
アクアクララアクアクララ0.17mg
アルピナウォーターアルピナウォーター0.01mg

バナジウム

バナジウムには、血糖値を下げたり、高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できるとされ、現在、健康維持を目的とした方を中心に人気を集めています。

ウォーターサーバー宅配水1ℓ当たりの
含有量
フレシャス朝霧高原180μg
富士85μg
プレミアムウォーター富士吉田91μg
コスモウォーター静岡の天然水61μg
富士桜命水富士山の天然水59μg
うるのん富士の天然水50μg

亜鉛

亜鉛は、食事などで摂ったタンパク質を、髪の毛や爪、筋肉、骨、臓器といった組織に変えたり、細胞分裂や新陳代謝、抗酸化、アルコール分解、免疫活性化などの働きがあります。

ウォーターサーバー宅配水1ℓ当たりの
含有量
フレシャス富士190μg
コスモウォーター大分の天然水160μg
プレミアムウォーター富士吉田10μg

シリカ

シリカ(ケイ素)は、体内のコラーゲンやエスラチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどを作る働きやそれらを強く結びつける働きがあり、皮膚や骨、毛髪、爪、血管を作るのにも不可欠なミネラルです。

筋肉や関節の老化も防ぐ抗酸化作用もあるためエイジングケアとしても期待されています。

ウォーターサーバー宅配水1ℓ当たりの
含有量
プレミアムウォーター南阿蘇49.7mg
金城40mg
北アルプス27mg
朝来14mg
富士桜命水富士山の天然水17mg
コスモウォーター大分の天然水7.2mg

サルフェート

サルフェートは、日本ではまだあまり耳にしないミネラルですが、温泉に含まれている成分です。体内の有毒化合物を排出したり、新陳代謝を高める作用があるとされ、さらに美肌や利尿作用、便通をよくするなどの作用もあるとされています。

ウォーターサーバー宅配水1ℓ当たりの
含有量
プレミアムウォーター金城16mg
朝来10mg
北アルプス5mg

有機ゲルマニウム

ウォーターサーバー宅配水100ml当たりの
含有量
コスモウォーター大分の天然水0.4μg

まとめ

以上、ウォーターサーバー毎のミネラルの含有量を解説してきました。

ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムの4つは、天然水、RO水を問わず、殆どの宅配水に含有されています。

これら以外のバナジウムや亜鉛、シリカといったミネラルにも様々な働きがあります。

ちなみに、

・バナジウムを最も多く含むお水は、フレシャスの朝霧高原
・亜鉛を最も多く含むのは、フレシャスの富士
・シリカを最も多く含むのは、プレミアムウォーターの南阿蘇

です。健康や美容を気にされているご高齢の方や女性の方は、健康や美容に働きかけるミネラルを豊富に含有したものを選ぶといい影響があるかもしれません。

参考:人気(売れ筋)のウォーターサーバー ランキング

参考:ご高齢者におすすめのウォーターサーバー