天然水・RO水別ウォーターサーバーの比較ランキング

天然水・RO水別ウォーターサーバーの比較ランキング

ここでは、数あるウォーターサーバーの中から皆から選ばれているウォーターサーバーを厳選し、徹底比較して天然水・RO水別におすすめ順にランキング形式で紹介しています。

ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーとは、日本各地の天然水や、不純物を徹底的に取り除いたRO水を、コックをひねるだけでいつでも冷水や温水を汲み出すことができる給水・給湯機器です。

近年は、お水のおいしさや利便性だけでなく、安全性や衛生面、健康面などからオフィスや店舗、そして一般のご家庭でも導入される方が増えてきています。

特に災害の多い日本では備蓄水対策としてご家庭での需要が急激に増えてきています。

ただ、ウォーターサーバーといってもその水の種類や価格、サーバーの機能・デザインは様々。

色んなウォーターサーバーがあり私たち消費者もいったいどれを選ぶべきか迷ってしまいます。

そこで、ここでは、人気のウォーターサーバーを下記の項目で徹底比較。

  1. 宅配水の品質や美味しさ
  2. サーバーの機能やデザイン、使いやすさ
  3. お水代やサーバーのレンタル料金、電気代などのランニングコスト
  4. 宅配業者のサービスの質や信頼性
  5. 利用者の口コミや評判

独自の評価で総合評価し、天然水とRO水別におすすめ順にランキング形式で紹介しています

あなたに合ったウォーターサーバーを選んで下さい。

天然水・RO水別ウォーターサーバー 比較ランキング

天然水とRO水

ウォーターサーバーを選ぶ前にまず知っておかなければならないのが、ウォーターサーバーが取り扱うお水には、大きく天然水とRO水があるということです。

天然水

天然水とは、特定水源の地下水などを原水とした天然の水のうち、沈殿・濾過・加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない水のことです。

天然水は、何年もかけて自然によってろ過されたミネラルをそのまま含有していますので、天然水本来の味わい、独特の甘みや深みをキープしているのが特徴です。

RO水

RO水とは、水道水や地下水、河川水などの水を、超高性能のフィルターであるRO膜(逆浸透膜)で徹底的に濾過した水です。

純水に近く安全性が高いので赤ちゃんも安心して飲むことができます。

採水という工程が簡略化でき、またボトルのタイプが回収して再利用されるリターナブルを採用しているためコストを抑えることができ、天然水より低価格なものが多いのが特徴です。

尚、リターナブルボトルは回収されますのでオートロックのマンションにお住まいの方などは留守の場合などの運用をあらかじめ決めておく必要があります。

参考:天然水とRO水の違いをもっと詳しく知る

天然水のウォーターサーバーランキング

ランキング1位 フレシャス

フレシャス
お水の種類富士・朝霧高原・木曽の天然水
宅配エリア・配送料全国・無料
お水の価格7.2ℓ1パック:1,155円
500ml当たり80.2円
注文単位1箱4パック:4,620円
水の注文ノルマ2ヵ月に7.2ℓ・4.7ℓの場合は4パック
9.3ℓの場合は2ボトル
サーバーレンタル料300円~900円
※条件次第で無料
水とお湯の温度冷水:4〜10℃
温水:80~85℃
dewo
電気代(月額)平均 330円~700円
ボトルタイプワンウェイ

お水の美味しさとサーバーのデザイン・機能・使いやすさで選ばれています!
フレシャスは、3種類の天然水を取り扱います。サーバーのデザインがおしゃれで機能、安全性ともに優れているのが特徴です。静音設計なので音が気になる人にも人気です。小容量7.2Lボトル(dewo miniは4.7L)は軽量なので女性やご高齢の方でも取り付けが楽にできます。お水の消費が多い場合は、サーバーのレンタル料が無料になります。

ランキング2位 プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
お水の種類富士吉田・北アルプス・朝来・金城・南阿蘇の天然水
宅配エリア・配送料全国(沖縄・離島は除く)
地域と天然水の組み合わせで送料が発生する場合もあります
お水の価格12ℓ1パック:1,960円
500ml当たり81.7円
注文単位2本単位:3,920円
水の注文ノルマ2ヵ月に12ℓ2本
サーバーレンタル料一部のサーバーのみ月額1,000円
水とお湯の温度冷水:6℃
温水:85℃
電気代(月額)500円~1,000円
ボトルタイプワンウェイ

PREMIUM3年パックでお水代が割安に!
プレミアムウォーターは様々なミネラルを含有する5種類の天然水(名水)から選べます。特に兵庫県の朝来、島根県の金城、熊本の南阿蘇といったシリカを含有する天然水を取り扱っているのも特徴。PREMIUM3年パックに加入すると12ℓが1,840円に、さらに一定の条件で加入できるMOMCLUBに加入すると12ℓが1,520円になります。年々サービスが充実してきており、口コミ評価も高くなっています。

ランキング3位 コスモウォーター

コスモウォーター
お水の種類静岡・京都・大分の天然水
宅配エリア・配送料全国(沖縄・離島は除く)・無料
お水の価格12ℓ1パック:1,900円
500ml当たり79.2円
注文単位2パック:3,800円
水の注文ノルマ2ヵ月に12ℓ2本
サーバーレンタル料無料
ウッドとライトウッドの場合のみ、初回に限定カラー料2,000円が別途必要
水とお湯の温度冷水:6℃ ~10℃
温水:80℃~90℃
電気代(月額)465円(省エネ機能)
ボトルタイプワンウェイ

天然水が選べないのがネック!天然水が自分の好みに合えばおすすめ!
コスモウォーターは、3種類の天然水を取り扱いますが、お住まいの地域で天然水が決まってしまうのがデメリットです。足元でウォーターボトルの交換ができるsmartプラスは女性やシニアの方にも人気。しかもフレシャスと同じようにボトルが隠れていて外から見えないのでインテリア的にも満足度が高いサーバーです。気になっていたサーバー本体の駆動音や振動音も従来比で30%削減しています。

ランキング4位 信濃湧水

信濃湧水
お水の種類北アルプスの天然水
宅配エリア・配送料全国(沖縄・離島は除く)・無料
北海道・四国・九州は、459円(箱)
お水の価格12ℓ1パック:1,500円
500ml当たり62.5円
注文単位関東地区:4本単位:6,000円
その他の地区:2本単位:3,000円
水の注文ノルマ3ヵ月に12ℓ4本
サーバーレンタル料エコサーバーのみ月額300円
水とお湯の温度冷水:5℃
温水:85℃
電気代(月額)650円(エコサーバー)~
ボトルタイプワンウェイ

天然水の中では価格が安いのがうけています!
信濃湧水は、北アルプスの矢沢水源を原水とする天然水を取り扱っています。500ml当たり62.5円と天然水の中ではお水の価格が安いのが特徴です。但し、北海道・四国・九州地方は別途送料が必要。サーバーは、エコサーバーのみレンタル料が月額300円かかりますが、電気代を加味するとランニングコストはスタンダードサーバーと殆ど変わりません。

うるのん

うるのん
お水の種類富士の天然水
宅配エリア・配送料地域によって送料が発生
お水の価格12ℓ1パック:1,898円
500ml当たり79円
注文単位2本単位:3,796円
水の注文ノルマ年間2回までスキップが可能
サーバーレンタル料ウォーターサーバーGrandeのみ月額300円
水とお湯の温度冷水:4℃~12℃
温水:80℃~90℃
電気代(月額)500円~800円
ボトルタイプワンウェイ

3年契約でお水代が割安に!
3年契約のうるうるプランは、12ℓ1,806円とお得になります。但し、多くの地域で送料がかかる点に注意が必要です。業界最高水準の品質管理が特徴です。また、省エネサーバーのGrandeは月額300円のレンタル料がかかります。

天然水(上位4社)を1ヵ月のランニングコストで比較

1ヵ月36ℓ消費、関東在住で計算(参考値)

比較項目フレシャス
(7.2ℓ)
プレミアム
ウォーター
(12ℓ)
コスモ
ウォーター
(12ℓ)
信濃湧水
(12ℓ)
お水代
(36ℓ)
5,774円5,880円
PREMIUM
3年パックで
5,520円
5,702円4,500円
サーバー
レンタル料
デュオ
500円
スリムサーバーⅢ
無料
無料エコサーバー
300円
配送料無料無料無料無料
電気代330円500円465円650円
合計6,604円6,020円~6,167円5,450円

フレシャスは、利便性優先で7.2ℓという小容量ボトルを採用していますのでお水代が若干高めになりますがその分サーバーのデザイン性や機能性が高いため選ばれています。

RO水のウォーターサーバーランキング

ランキング1位 クリクラ

クリクラ
お水の種類RO水+ミネラル
宅配エリア・配送料全国(沖縄・離島は除く)・無料
お水の価格12ℓ1パック:1,250円
500ml当たり52円
注文単位2パック:2,500円
水の注文ノルマ3ヵ月に12ℓ6本
サーバーレンタル料無料
あんしんサポート料:月額417円
水とお湯の温度冷水:4℃~10℃
温水:75℃~85℃
電気代(月額)760円~(省エネ機能)
ボトルタイプガロン(リターナブルボトル)

あんしんサポートとコスパの良さで高評価!
クリクラは、RO水にミネラルを加えたデザインウォーターです。クリクラ省エネサーバーは、お申込み時に初回金7,000円(税別)が必要になりますが、従来のクリクラサーバーに比べ電気代を大幅に削減しています。また、年1回のサーバーメンテナンスでは、温水・冷水レバーの交換をはじめ、パーツ毎に分解し、清掃・洗浄・点検を実施します。

ランキング2位 アクアクララ

アクアクララ
お水の種類RO水+ミネラル
宅配エリア・配送料全国(沖縄・離島は除く)・無料
お水の価格12ℓ1パック:1,200円
500ml当たり50円
注文単位2パック:2,400円
水の注文ノルマお水の注文ノルマなし
サーバーレンタル料無料
あんしんサポート料:月額1,000円~2,000円
水とお湯の温度冷水:5℃~12℃
温水:80℃~90℃
アクアファブ
電気代(月額)600円~(省エネ機能)
ボトルタイプガロン(リターナブルボトル)

あんしんサポート料が高いがあんしんサポートで選ばれているウォーターサーバー
アクアクララは、2018年、ウォーターサーバー市場シェアNO1の評価を得た宅配水です。RO水にミネラルを加えたデザインウォーターです。一台のマシンで冷水・温水・コーヒーメニューなどを簡単なボタン操作でお楽しみいただけるアクアウィズも注目されています。定期的にサーバーのメンテナンスを行ってくれるところも安心です。

ランキング2位 楽水ウォーターサーバー

楽水ウォーターサーバー
お水の種類RO水
UFろ過方式もあり
配送料
お水の価格
水道直結型のため不要
ご家庭の水道代
サーバーレンタル料ROろ過:3,980円
UFろ過:2,980円
水とお湯の温度冷水:5℃/8℃/12℃
温水:90℃/95℃
アクアファブ
電気代(月額)800円

水道直結型のウォーターサーバー
楽水ウォーターサーバーは、宅配形式ではなくサーバーと水道を直結して水道水をその場で濾過するタイプのウォーターサーバーです。お水の注文、配送、受け取りといったことが不要で、お水代もかからないため人気が出てきています。初期工事費がかかりますが、月々定額3,980円の定額制。設置後は毎年2回の浄水器カートリッジ交換だけです。お水を使う量が多くなるほどお得になります、RO水を選ぶ場合は、水道直結型のウォーターサーバーも検討してみて下さい。

水道直結型のウォーターサーバーは水道水を使用しますのでかかるお水代は水道代だけです。サーバーレンタル料も定額制なので、使うお水の量が多いほどお得になります。水道直結型のウォーターサーバーについては以下で詳しく紹介していますので興味のある方は参考にして下さい。
参考記事

ウォーターサーバーの中には、ウォーターボトルを宅配するタイプではなく、ご家庭の水道水をその場でろ過してピュアウォーターを作るという水道直結型のウォーターサーバーがあります。ウォーターボトルを配達する必要[…]

水道直結型ウォーターサーバー 比較

ランキング3位 アルピナウォーター

アルピナウォーター
お水の種類RO水+ミネラル
宅配エリア・配送料沖縄・離島を除く全国
関東エリアはトーエル配送:無料
関東エリアを除く地域は宅急便配送
本州:350円
北海道・四国・九州:600円
お水の価格8ℓ:780円
12ℓ:1,050円
18.9ℓ:1,640円
12ℓ:500ml当たり43.8円
注文単位<8ℓ>
トーエル配送エリア:2箱(6本)単位
その他の地域:1箱(3本)単位
<12ℓ>
トーエル配送エリア:1箱(3本)単位
<18.9ℓ>
トーエル配送エリア:1箱(2本)単位
水の注文ノルマお水の注文ノルマなし
サーバーレンタル料スタンダードサーバー・卓上型:572円
エコサーバー:872円
水とお湯の温度冷水:5℃
温水:85℃
電気代(月額)600円~(省エネ機能)
ボトルタイプ8ℓ:ワンウェイ
12ℓ・18.9ℓ:リターナブルボトル

関東エリアお住まいの方にはおすすめ!
アルピナウォーターが取り扱うお水は、北アルプスの天然水をRO膜を通して作られたお水です。お水は、12ℓの場合、500ml当たり43.8円と他社と比較してローコストなのが特徴ですが、トーエル配送の関東エリア以外は、送料がかかってきますので関東エリアにお住まいの方には、コスト的におすすめです。お住まいの地域で送料やお水の配達単位・量などが変わってきますのでよく確認して申し込む必要があります。

RO水をランニングコストで比較

1ヵ月36ℓ消費、関東在住で計算(参考値)

比較項目クリクラ
(12ℓ)
アクアクララ
(12ℓ)
楽水ウォーター
サーバー
アルピナ
ウォーター
(12ℓ)
お水代(36ℓ)3,744円3,600円3,150円
サーバー
レンタル料
(安心サポート)
417円アクアファブ
2年割
1,300円
3,980円エコサーバー
872円
配送料無料無料無料
電気代1,000円1,000円800円600円
合計5,161円5,900円4,780円4,622円

ウォーターサーバーの導入について

ウォーターサーバーを導入するメリット

ウォーターサーバーの導入

ウォーターサーバー導入の最大のメリットは、やはりサーバーの蛇口をひねるだけで、「いつでも安全で美味しい冷水や温水をご家庭で手軽に飲むことができる」点にあります。

日本各地の天然水や不純物を徹底的に取り除いたピュアウォーター(純水)を自分の好みで選べますし、お水は、お茶やコーヒー、お酒の水割りやお湯割りなどの飲料水としてだけではなく、料理などに使用すればそれぞれがおいしく頂けるようになる点もメリットの一つです。

また、ウォーターサーバーにすると、配達員が玄関先まで届けてくれますので、大量のペットボトルを買ったり持ち運ぶといった手間もなくなります。

さらに、ウォーターサーバーに関する調査によると、震災では多くの方が水の確保に困る中、ウォーターサーバーを設置しているご家庭ではウォーターサーバーが家にあって良かったと回答しているように備蓄水としても役に立っています。

失敗しないウォーターサーバー選び

失敗しないウォーターサーバー選び

そんなメリットの多いウォーターサーバーですが、いざ導入を検討するとなると水代や電気代などのランニングコストがどれくらいかかるのか、その他の費用がかかるのではないか、などを気にしてためらっている方も多いと思います。

そこで、当サイトでは、そういった点を明確にするべく、

  • 水の種類(天然水かRO水)
  • 硬度(軟水か硬水か)
  • 配達エリア
  • サーバーのレンタル料やメンテナンス代、電気代
  • 宅配水の価格
  • 水の注文のノルマ
  • サーバーのデザイン・機能
  • 解約金・違約金など

といったものをウォーターサーバーごとにまとめています。

さらに、導入後のアフターフォローも重要ですので同じお水を扱う業者が複数存在する場合は可能な限り代理店ではなくメーカーである宅配業者を紹介するようにしています。

ウォーターサーバーを選ぶ場合は、まずは、天然水かRO水か、そして次に住んでいる場所がサービスを提供している区域かどうかを確認。

そしてランニングコストを優先するのか、サーバーのデザインや機能を優先するのか、これらの項目のどれを優先するのかを整理して選ぶようにして下さい。

富士山の天然水でランニングコストよりサーバーのデザインを優先、天然水で価格が安いものを優先、といったことがはっきりしていれば迷うことなく決められます。

当サイトでは、これらの要素や口コミ、人気、販売台数などの情報をもとに中立的な立場で独自の基準でランキング順位を決定しています。

まとめ

以上、ウォーターサーバーを天然水とRO水に分けてランキング形式で紹介してきました。

体の60%以上が水分と言われているだけにお水は体の健康にとっては欠かせないものです。

経済面や安全性、衛生面、使い勝手などを考慮して、自分にあったウォーターサーバーの導入を検討してみてください。

また、ご高齢者は、ボトルの交換やサーバーの機能など、より利便性を重視したものが求められます。年金暮らしでランニングコストも加味しなければなりません。

下記のページでは、ご高齢者におすすめのウォーターサーバーやデザインがおしゃれなをランキング形式で紹介しています。

シニアの方や女性の方、またデザイン重視の方は是非参考にしてみて下さい。

関連記事

高齢者の方でもウォーターサーバーを使用される方は増えています。健康志向が高まっていることもありますが、重い水を買いに行くことから解放されますし、お茶やコーヒーなどを飲む時もわざわざお湯を沸かす手間がなく[…]

高齢者向けのウォーターサーバー
関連記事

おしゃれなウォーターサーバーは部屋のインテリアをグレードアップさせます。このため、デザイン重視でウォーターサーバーを選ぶ人も少なくありません。ここでは、デザインがおしゃれなウォーターサーバーを厳[…]

おしゃれなウォーターサーバー