ウォーターサーバーよくあるトラブル

ウォーターサーバーよくあるトラブル

ウォーターサーバーに関するトラブルは全くない訳ではありません。

ウォーターサーバーを導入する前にトラブルや苦情の内容を知っていると、導入後のトラブルを回避できたり最小限に抑えたりすることができるかもしれません。

ここでは、実際に起こっているウォーターサーバーに関するトラブルを紹介しています。

契約に関するトラブル

解約料・違約金が発生

最も多いトラブルの一つが解約時に発生する解約違約金の問題です。

殆どのウォーターサーバーは、1年、2年といった一定期間が経過する前に解約すると、違約金や解約料が発生する仕組みになっています。

これは、新品のウォーターサーバーを人を使って配達するといった導入時にかかった費用を回収する意味もあります。設置したはいいけどすぐに解約されては商売あがったりです。

サーバーの種類によっては、多額の違約金が徴収される場合もありますので、申込み段階でサイトや契約書をしっかり確認するようにしましょう。

お水の購入ノルマがあることを知らなかった

お水の注文(購入)ノルマに関するトラブルも多く発生するトラブルのひとつです。

お水の注文(購入)ノルマとは、サーバーのレンタル料を無料にしている業者にありがちな契約で、ひつ月に最低限、何本注文しければならないと決められたノルマです。

ノルマが守られない場合は、手数料などの名目で費用が請求される場合があります。1本も注文していないのに、費用が請求されるとあってトラブルに発展するケースがあります。

中には、お水の注文(購入)ノルマがないものもあります(通常はサーバーのレンタル料が有料)ので、後にトラブルにならないよう契約前にしっかり確認しておくようにしましょう。

関連記事

ウォーターサーバーには、お水の注文(購入)ノルマがあるものと無いものがあります。お水の注文ノルマとは、「1ヶ月に2本以上注文して下さい」といったように決められた期間内に最低限これだけは注文しなければならないお水の量を定めたものです。[…]

水の注文ノルマなしのウォーターサーバー

設置場所に設置できない

何となく目視で設置できそうだと決めつけて契約してしまい、実際にサーバーを設置しようとしたら想定よりも大きく横幅が足らなかったというようなケースです。

最近ではネットでも注意喚起してある場合が多いのでこのトラブルは少なくなってきているようです。

ウォーターサーバーを導入する際はそのサイズ(横幅・高さ・奥行)を必ずメジャーで図って申し込むようにしましょう。奥行きは少しスペースに余裕を持たせる必要があります

天然水ではなかった

RO水の宅配を選択しているにも関わらず届いた水が天然水ではないとのクレームもあります。

テレビのCMなどで、ウォーターサーバーと言えば天然水という思い込みが招くトラブルです。

ウォーターサーバーの宅配水には天然水とRO水があります。

言うまでもありませんが、申し込む前に天然水かRO水か必ず確認しておきましょう。

関連記事

ウォーターサーバーの水の種類には、大きく天然水とRO水があります。ウォーターサーバーを選ぶ際にどちらの水にしようかと悩まれている方も多いと思います。ここでは天然水とはどういうものか?RO水とはどういうものか?また、そ[…]

天然水とRO水の違い

お水の値段が上がった

ウォーターサーバーのお水代は、配送料の値上げや原材料等の高騰などで値上げされる場合があります(多くの場合、送料などはお水代に入っています)。

中途解約では、多額の解約料・違約金等が発生するため、解約せずに一方的な値上げを受け入れるしかありません。

インフレなどでお水代が値上がりすることはあり得ることを認識しておきましょう。

ウォーターサーバー本体に関するトラブル

サーバーからの水漏れ

ウォーターサーバー本体のトラブルで比較的多いのが水漏れです。

ウォーターサーバー本体機器の故障も考えられますが、ボトルの差込具合が不完全で水漏れを起こしているケースも少なくありません。

ボトルの差込具合を確認して、それでも解消しない場合はサーバー内部の故障が考えられますので業者に連絡しましょう。

事前に、こういった水漏れが発生した時に専門のスタッフが対応してくれるかどうか、業者のサポート体制を確認しておくことも大切です。

冷水・温水機能が低下した

冷水や温水機能が低下したという場合には、電気系統の故障の可能性もありますが、サーバーに直射日光が当たったり、周辺の温度が上がったり、また、省エネモード動作による一時的な冷水機能の低下による場合などがあります。

また、大人数分の冷水又は温水を用意する場合など、一度に極端に大量の水を使用すると、冷えたり暖まったりする前に給水口から出されますので常温に近づく場合があります。

同じ理論でボトルを交換した直後も、まだ冷水・温水になっていません。

音がうるさい

意外と気になるのが、サーバーの動作音です。

24時間、水の温度を監視し水の温度が高くなればコンプレッサーが動作して水を冷やしますので、寝室や寝室に近い場所に設置したりすると睡眠に影響を及ぼすこともあります。

神経質で音が気になる方などは、選ぶ事前に業者に確認するようにしましょう。

今は静音設計のウォーターサーバーもあります。

特に、ボトルが下置きタイプのウォーターサーバーは、コンプレッサーを使って水を汲み上げているため、汲み上げている時の音や振動が気になることがあります

関連記事

ここでは、コスモウォーターの特徴と口コミや評判を解説します。コスモウォーターは、天然水の中では、フレシャスと共に人気の高いウォーターサーバーです。足元のボトルから水をポンプで引き上げるため稼働音が気になるとの口コミが多かった[…]

コスモウォーターの特徴と口コミや評判。稼働音が気になる方も必見!

また、ガロンタイプ(リターナブルボトル)の場合は、ボコボコとボトルに空気が入る音、ワンウェイボトルの場合は、ペコペコとボトルが潰れる音が気になる場合があります。

水がビニール臭い

サーバーのメンテナンスを怠ったために発生するカビ臭も不快な臭いですが、水を飲んだ時にビニールやゴムのような臭いがするといったこともあります。

近年は、メーカーも研究を重ねてビニール臭も気になるレベルではなくなってきていますが、直射日光が当たったりすると品質が劣化する恐れがあるのでボトルは直射日光の当たらない涼しい場所に保管するようにしましょう。

運用に関するトラブル

火傷(やけど)

ウォーターサーバーの熱湯が出る方の蛇口部分に赤ちゃんが誤って触れてしまい、火傷を負ってしまうという事故もあります。

チャイルドロック機能が故障するケースもありますので注意が必要です。

対策としてチャイルドロック機能が付いているサーバーを選ぶのはもちろんのことですが、赤ちゃんや子どもの手が届きにくい場所にウォーターサーバーを設置するようにしましょう。

宅配水配達の遅延

配達予定日に配達されない、また連絡なく配達が遅れるというケースも少なくありません。

ボトルの回収もそうです。

交通事情による場合もありますが、単純に配達業者の配達忘れもない訳ではありません。すぐに連絡して配達・ボトルの回収をしてくれるよう催促しましょう。

その他のトラブル

その他にも、

・電気代が思ったよりも高い(殆どは異常に暑い夏といったことが原因)
・コールセンターに電話するも非常につながりにくい

といった苦情もあります。

まとめ

以上、実際に起こっているウォーターサーバーに関するトラブルを紹介してきました。

主に契約に関するトラブルが多いので、契約時は、その内容をしっかり確認するとともに、ここに記載してあるようなトラブルが発生した時はどういった対応をしてくれるのか事前に業者に確認するようにしましょう。

信頼できる業者を選び、契約内容をしっかり確認しておくことで殆どのトラブルを回避又は最小限に抑えることができます。

 

関連記事

ウォーターサーバーといっても色々な業者がサービスを展開しており、どのウォーターサーバーにするか迷っている方も多いと思います。しかし、ウォーターサーバー選びはポイントを押さえるとそんなに難しいことではありません。ここではウォー[…]

ウォーターサーバーの選びのポイント