Wi-Fiで通信費を節約!Wi-Fiって何?

Wi-Fiで通信費を節約!Wi-Fiって何?

節約を考える場合、最も効果的なものが通信費の削減ではないでしょうか。

電気代やガス代、水道代、食費といったものはこれでもかというほど節約していて、スマホや携帯代に月額1万円支払っているといった人は珍しくありません。

速い話、キャリアのスマホを格安SIMに変えるだけで、通信費は激減するのにです。

mineoUQモバイルなとの格安SIMはいずれも大手キャリアと比較すると圧倒的に安いです。

そして、これら格安スマホなどを検討する時に必ず出てくる単語が「Wi-Fi」です。

そこで、ここでは、スマホの通信費のことを少し理解していただくために、「Wi-Fi(ワイファイ)」について解説したいと思います。

Wi-Fiのことを知ると通信費の削減に関する知識も増え、Wi-Fiを検討することで通信費の大幅な削減ができるかもしれません。是非理解して頂きたいと思います。

Wi-Fiとは?

Wi-Fiは、無線で通信する端末がお互いに接続可能になる方式の名称です。

Wi-Fiができる機器をWi-Fiルータと呼んでいます。

つまり、Wi-Fiルータは、簡単に言えば、例えば、スマートフォンやノートパソコンをインターネットに無線で接続してくれる機器のことです。

Wi-Fiルータは、「据え置き型」と「持ち歩き型」の2種類があります。

今どきの家電の中にはWi-Fi対応のものもあり、外からインターネットで操作することができるものもあります。IoT家電と言われています。

Wi-Fi

よく、Wi-Fiが使えます、といった下のようなマークを見かけることがありますが、ここでは、Wi-Fiを使ってネット接続ができるということです。

一般的には、初回、パスワードを入力してWi-Fiを使えるようになると次回からは回線を見つけて自動的に繋がります。

無料で利用できるところが殆どですが、利用時間に制限があったり、auのスマホ限定といった制約がある場合もあります。

Wi-Fiが使えるマーク

Wi-Fiにするメリット

例えば家の中をWi-Fi環境にすると家の中のどこでもノートパソコンなどでインターネット接続ができるようになります。無線LANといってこれが、Wi-Fiの始まりです。

配線が不要になるため、コードが不要に。見た目も管理もスッキリします。

スマホで言えば、業者の通信回線を使わなくて済みますので通信データ量の削減ができます。家族が多い場合は、節約できる金額も多くなります。

Wi-Fiがあると何ができるのか?

Wi-Fiルータがあると何ができるのでしょうか?

Wi-Fiルータにはいくつかの種類があり、それは後に説明します。

例えば、家にWi-Fiのルーター(機器)を1台置いたとしましょう。

スマートフォンを例にとると、キャリアの回線を使わずにWi-Fiのルーターを通してインターネットに接続してくれます。

つまり、家にいる限り、Wi-Fiのルーターを通してインターネットに接続しますので、いわゆる3GB、5GBといった通信制限を気にすることなくネット接続ができます。

ちなみに、私の場合は、家までプロバイダの固定回線が敷いてあります。NTTの光回線といったものですが、住んでいるマンションとの規約上、これは解約できません。

そこでこの固定回線にWi-Fiルーターを繋いで、家の中をWi-Fi環境にしています。

これにより、スマーフォンやノートPCは、無線でネット接続しています。

外ではネットで調べものをする程度で動画などは観ないので通信容量は1GBもあれば十分です。妻も同じで勤め先もWi-Fi環境があるので通信容量は1GBで足りています。

この状態で夫婦で格安スマホを使うといくらだと思いますか?

iPhone8(64GB)であれば、二人で8,600円ほどです。端末をAndroidスマホにするとされに1,000円~3,000円抑えることができます。

Wi-Fi環境があればスマホでできること

もしかして、auやdocomo、softbank、あるいは格安スマホ業者と契約しないとスマホは使えないと思っていませんか。

スマートフォンも立派なパソコン。どこと契約しなくても本体があればWi-Fiを使ってネットに接続できますし、アプリをダウンロードしてゲームを楽しむことも可能です。

登録手続きは面倒になりますが、LINEもLINE電話も使うことができます。

IP電話を使えば、電話番号も貰えます(多くの場合、通話料は別途必要)。

そこまでするのは何なのでおすすめはしませんが、行動範囲にWi-Fi環境が整っていれば、スマホ端末さえあれば、業者と契約しなくてもどうにかなるのです。

Wi-Fiルータの種類

Wi-Fiルータは、大きく「据え置き型」と「持ち歩き型」の2種類があります。

据え置き型のWi-Fiルータ

据え置き型のWi-Fiルータ

据え置き型には、

  • 自宅の固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するルータと、
  • 家に置くだけで家の中をWi-Fi化してネット接続するルータがあります

どちらも家のコンセントから電気を供給できますのでバッテリー切れや電池の持ち時間を気にする必要はありません。

自宅の固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するルータ

自宅の固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するルータは、固定回線に繋げて家の中をWi-Fi環境にするだけの機器ですので、購入する時に費用が発生するだけです。

5,000円前後で販売されています。ネット接続費用は固定回線の方に支払います。

既に固定回線を契約しているご家庭であれば、固定回線に繋ぐタイプのルータを購入して、家の中をWi-Fiかするという選択肢もありますが、ネット環境がまだなければ、家に置くだけで家の中をWi-Fi化してネット接続するルータがおすすめです。

固定回線のように工事費やプロバイダ料金といった費用もかかりません。

家に置くだけで家の中をWi-Fi化してネット接続するルータ

家の中をWi-Fi化してネット接続するルータは、家に固定回線がなくても、基地局から出る電波を利用しますので置くだけでWi-Fi化とネット接続を行ってくれます。

但し、山間部や離島など電波の届きにくいエリアでは使えない可能性もあります。

通常は月額料金が3,000円~4,000円ほどかかります。

持ち歩き型Wi-Fiルータ

持ち歩き型Wi-Fiルータ

Wi-Fiルータには実は持ち歩きタイプもあります。モバイルWi-Fiルータとも言われます。

携帯よりも小さく100gほどで持ち運びも簡単です。ポケットなどに入れておくと外出時や旅行先でWi-Fiを使って通信ができます。

勿論、電波が届く場所なら、家の中でもWi-Fiを使った通信が可能ですが、バッテリー式なので連続して利用できる時間が限られます。

また、最近は無制限の持ち歩きタイプのWi-Fiルータも増えてきていますが、使い過ぎると速度制限がかかるものもあります。

持ち歩き型は、ネット接続を行いますので通常は月額料金が3,000円~5,000円ほどかかります。

まとめ

Wi-Fiとは何かお分かり頂けたでしょうか。

Wi-Fi環境にすることで通信費を削減できるかどうかは、人それぞれです。

例えば、Wi-Fiルータは、通常は端末を5~10台同時に繋ぐことができますので、家族3人で家の中でたっぷりネット接続するのであれば、Wi-Fiにしてスマホの通信容量を落とした方が安くつくかもしれません。

また、家や外出先で多くの通信を行う人であれば、持ち歩きタイプのWi-Fiルータにした方が通信料が安くつくかもしれません。

通信費の削減の一環として、Wi-Fiを検討してみては如何でしょうか。

関連記事

平均寿命が伸び、人生100年時代とも言われるようになってきました。 現在、40代、50代の人の平均寿命は男女共にまだ80代と言われていますが、医学の加速的な発達に伴い、80代では死ぬに死ねない時代がやって[…]

老後の生活が楽になる4つの経費削減策