Wi-Fiって何?家の中をWi-Fi環境にしてスマホの通信料金を節約する方法

節約を考える場合、最も効果的なものの一つが通信費の削減ではないでしょうか。

最近はスマホの通信量も安くなり、スマホの乗り換えでかなり節約できるようになりましたが、併せてWi-Fiを使った通信環境にすることでさらに通信費を削減できる場合があります。

家にインターネットの固定回線を引いている人は、是非、家の中をWi-Fi環境にすることを検討してみて下さい。通信費の削減ができるかもしれません。

ここでは、Wi-Fi(ワイファイ)とは何か、また、家の中をWi-Fi環境にしてスマホの通信料金を節約する方法について解説しています。

Wi-Fiとは?

一般的にパソコンでインターネットを楽しんでいるご家庭は、プロバイダと契約して、固定回線を家に引いていると思います。

固定回線は、デスクトップパソコンだと置き場所が固定されているので特に問題ありませんが、色んな場所で使いたいノートパソコンでインターネットをする場合は、移動できる場所が光コンセントやモジュラージャックの差し込み口がある場所に限られますし、移動の度に光コンセントやモジュラージャックに差し込まなければならないので不便です。

そこで活用したいのが、Wi-Fiルータです。

Wi-Fiとは、無線(ワイヤレス)でネットワークに接続する技術のことです。

そして、Wi-Fiができる機器をWi-Fiルータと呼んでいます。

Wi-Fiルータは、最初に固定回線に接続して設定しておくと、ノートパソコンと無線でやり取りをしながら、固定回線を使ってインターネットに接続してくれます。

そして、このWi-Fiルータは、スマホとも繋げることができます。

スマホと無線でやり取りをしながら、固定回線を使ってインターネットに接続してくれます。

ノートパソコンをWi-Fi経由でインターネットに接続する

この通信方法は街のあらゆるところでも利用することが可能です。

例えば、街角で、「Wi-Fiが使えます」といった下のようなマークを見かけることがありますが、これは近くにWi-Fiルータが設置してあり、Wi-Fiを使ってネット接続ができるというものです。

Wi-Fiが使えるマーク

一般的には、初回、パスワードを入力してWi-Fiを使えるようになると、次回からはスマホが勝手に回線を見つけて自動的に繋げてくれます。

無料で利用できるところが殆どですが、利用時間に制限があったり、auのスマホ限定といった制約がある場合もあります。一部有料のところもあります。

Wi-Fiルータとの通信中は、データ通信量の制限を気にすることなく使うことができます。

家の中をWi-Fi環境にしてスマホの通信料金を節約する方法

例えば、スマホを契約する時、データ通信量3GB、5GBといった契約内容がありますが、これは、キャリアの通信設備を使って通信を行う特に使うデータ量の制限のことです。

データ通信量によって通信料金が変わってきます。

Wi-Fiルータを通さずに普通にインターネットに繋げるとキャリアの通信設備を使ってデータがやり取りされ、データ通信量が消費されてしまいますが、Wi-Fiルータを使って通信をすると、スマホはWi-Fiルータとやり取りをしますのでキャリアと契約したデータ通信量は消費しません。

家の中をWi-Fi環境にすると、家の中では、スマホは業者の通信回線を使わなくなりますので、通信データ容量の節約ができます。

契約の内容によっては、その分、スマホの通信料金の節約ができるかもしれませんし、ご家族が多い場合は、その分、節約できる金額が大きくなるかもしれません。

Wi-Fiルータを購入して設置する

では、家をWi-Fi環境にするにはどうしたらいいでしょうか。

家をWi-Fi環境にするには、Wi-Fiルータを購入して設置するだけで済みます。

例えば、我が家(マンション)では、こうやってパソコンでインターネットをしているのでプロバイダと契約し、家まで固定回線(NTTの光回線)を引いています。

料金は、月額3,500円ほどです。

そして、ノートパソコンを無線で使うため、また、スマホをデータ容量を気にすることなく使いたいため、Wi-Fiルータを購入し、家の中をWi-Fi環境にしています。

Wi-Fiルータは、Amazonや家電量販店などで3,000円~5,000円ほどで販売されています。

料金は一度きり。1度購入すると月々にかかる費用などはありません。

固定回線とWi-Fiルータを繋げる

これにより、スマーフォンやノートPCは、このWi-Fiルータ経由でネット接続しています。

固定回線は固定額で無制限に使えるので、いくら使っても課金されることはありません。

その結果、外ではあまりスマホを使わない我が家では、スマホの通信容量は1GBもあれば十分。

スマホを契約する際のデータ容量も1GB以下でいいので、二人とも楽天モバイルに乗り換えて、現在は、スマホの通信料金は夫婦合わせて0円を実現しています。

中には外で使うことが多いという人もいるので一概には言えませんが、固定回線を引いている人は、Wi-Fiルータを購入してWi-Fi環境でスマホを使う方が節約になるかもしれません。

Wi-Fiルータの種類

ここでは、Wi-Fiルータを購入して固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するやり方をおすすめしていますが、実はWi-Fiルータには、

  1. 自宅の固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するタイプのほかに、
  2. 基地局から出る電波と繋いでWi-Fi化するタイプ

もあります

そして、②の基地局から出る電波と繋いでWi-Fi化するタイプには、

  1. 据え置き型と
  2. 持ち運び型

があります。

自宅の固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するタイプ

予め自宅に引いてある固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するタイプのWi-Fiルータは、このページでも説明してきた基本的なタイプです。

予め固定回線が引いてあるので、新しくかかる費用は、Wi-Fiルータを購入する費用だけ。

従って、スマホにかかる料金を抑えて家計に占める通信料金を抑えることが可能となります。

自宅の固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するタイプ

固定回線不要で基地局から出る電波と繋いで家の中をWi-Fi化するタイプ

Wi-Fiルータには、固定回線が不要なものもあります。家に固定回線がなくても、固定回線の代わりに基地局から出る電波を利用してWi-Fiを可能にします。

固定回線不要で家の中をWi-Fi化してネット接続するタイプ

従って、スマホ同様、山間部や離島など電波の届きにくいエリアでは使えない場合があります。

固定回線を使用せず、キャリアの回線を利用するため、固定回線の利用料が不要になるかわりに、月額3,000円~4,000円の固定通信料金がかかります。

携帯の通信料金が高かった2020年くらいまでは、このタイプのWi-Fiルータを置くと家計に占める全体の通信費を抑えることも可能でしたが、近年はスマホの通信料金が安くなったため、そのメリットは無くなりつつあります。

据え置き型のWi-Fiルータ

据え置き型は、例えば家や事務所に置くものです。

自宅の固定回線に繋いで家の中をWi-Fi化するタイプは据え置き型ですが、基地局から出る電波を利用してWi-Fiを可能するタイプには据え置き型と持ち運び型があります。

据え置き型は、例えば、家のリビングにWi-Fiルータを置いておくと、リビングやキッチン、寝室でもWi-Fiルータを使った通信が可能となります。

据え置き型は、家のコンセントから電気を供給できますのでバッテリー切れや電池の持ち時間を気にする必要はありません。

据え置き型のWi-Fiルータ

持ち運び型

持ち運び型Wi-Fiルータ

基地局から出る電波と繋いでWi-Fi化するタイプのWi-Fiルータには持ち運びタイプもあります。

モバイルWi-Fiルータとも言われます。

スマホよりも小さく100gほどの重量なので持ち運びも楽です。

ポケットなどに入れておくと外出時や旅行先でWi-Fiを使って通信ができます。

主にノートパソコンを持ち歩く人が利用していますが、ついてにスマホでも利用できます。

勿論、電波が届く場所なら、家の中でもWi-Fiを使った通信が可能ですが、バッテリー式なので連続して利用できる時間が限られます。

また、最近は無制限の持ち運びタイプのWi-Fiルータも増えてきていますが、使い過ぎると速度制限がかかるものもあります。

持ち運び型は、ネット接続を行いますので月額料金が3,000円~5,000円ほどかかります。

まとめ

Wi-Fiとは何かお分かり頂けたでしょうか。

Wi-Fiとは、無線でネットワークに接続する技術のことです。Wi-Fiルータを購入することで簡単にWi-Fi環境を作ることができます。

Wi-Fi環境にすることで通信費を削減できるかどうかは、その人のスマホの使い方や契約内容などで変わってきますが、既に家に固定回線が引いてあるのであれば、Wi-Fiルータを購入して、Wi-Fi環境にする方が通信料金は節約できる可能性が高いと思います。

また、固定回線が引いてなくても、Wi-Fiルータは、通常は端末を5~10台同時に繋ぐことができますので、家族3人で家の中でたっぷりネット接続するのであれば、固定回線を引いたり、基地局から出る電波でインターネット通信ができるWi-Fiルータを購入するなりして、Wi-Fi環境にしてスマホの通信容量を落とした方が安くつくこともあります。

さらに、家や外出先で多くの通信を行う人であれば、持ち歩きタイプのWi-Fiルータにした方が通信料が安くつくかもしれません。

通信費の削減の一環として、Wi-Fiを検討してみては如何でしょうか。