ブログにおすすめのWordPressテーマ(無料版と有料版)

ブログにおすすめのWordPressテーマを探している人も多いと思います。

ここでは、WordPressテーマのうち、ブログにおすすめのWordPressテーマを紹介しています。

無料のものと有料のものに分けて比較し、紹介していますので、WordPressブログ用のテーマ選びの参考にして頂ければと思います。

尚、企業サイト向け、サロン向け、女性向けのおしゃれなWordPressのテーマといったものは、下のリンク先で紹介していますのでそちらを参考にして頂ければと思います。

ブログ向けのWordPressテーマを選ぶポイント

ブログ向けのWordPressテーマ選びで重視する項目としては、以下の8点があげられます。

  1. デザイン
  2. 機能
  3. 内部SEO対策
  4. カスタマイズ性(カスタマイズのしやすさ)
  5. 記事の表現力
  6. コスパ
  7. サポート・アフターフォロー

一つ一つ解説していきます。

デザイン

WordPressテーマ選びで殆どの人が直感的に最優先しているのがデザインです。

デザインについては、やはり有料のテーマが優れていると言えますが、無料の中にも洗練されたものがあります。

自己主張するために自分が好きなデザインのテーマを選びましょう。

機能

機能が多ければ、様々な仕掛けができます。

例えば、おすすめの記事をピンポイントで配置したり、記事の後に関連記事を表示したり、LPページが作成できたり、また、SNSとの連携や広告の表示といったことができれば収益率やユーザーの回遊率を高めることができます。

内部SEO対策

SEOとは検索エンジン最適化のことで、内部SEOとは、作成したWebサイトが検索結果の上位に表示されるようサイトを最適化することです。

検索エンジンからの集客を行う場合はSEO対策が重要となります。

WordPressテーマの内部SEO対策としては、

  1. 内部構造の最適化がされている
  2. コーディングが適切に行われている
  3. ページの表示速度が速い
  4. レスポンシブ対応がされている
  5. パンくずナビが設置されている
  6. SNSのシェアボタンが設置されている
  7. 記事のnoindex対応が可能である

などがあります。

しかし、ここで紹介するWordPressテーマもそうですが、今時のWordPressテーマはこういった基本的な対策はほぼ施されており、その差は殆どありません。

従って、内部SEO対策としては、良質なコンテンツの作成が最も重要となります。

ページの表示速度は検索結果の順位(SEO)に影響すると言われていますが、速ければ速いほど上位表示されるという訳ではありません。ユーザーにストレスを与えるほど遅くない限りSEOに悪影響を及ぼすことはないため、ここで紹介するWordPressテーマであれば、そこそこ速いサーバーをレンタルしておけば問題ありません。
レスポンシブ対応とは、PCやタブレット、スマートフォンなどでページを閲覧しても、デバイスのサイズに合わせてページが表示されるよう対応することです。Googleは2015年に「モバイルフレンドリーアップデート」を行い、スマートフォンでの閲覧に適していないページの順位を引き下げることを発表しています。

カスタマイズ性

内部SEO対策の説明で、良質なコンテンツの作成こそが内部SEO対策として重要だと説明しましたが、ここで言うコンテンツとは記事のことだけではありません。

カテゴリーやタグ、関連記事、おすすめ記事なども含んだサイト全体のコンテンツを指します。

SEO対策として他と差をつけるためには、サイト全体のコンテンツの質を高める必要があり、それを実現するために、WordPressテーマには高いカスタマイズ性が求められます。

記事の表現力(装飾機能)

ただ単に文字が羅列してあるだけでは、読み手が退屈してしまいかねません。

強調文字を使ったり、マーカー(アンダーライン)を使ったり、時には、吹き出しやボックスを使ったりして文章にメリハリをつけることで、読み手を飽きさせないコンテンツに仕上げることができ、ユーザーの回遊率を上げることができます。

また、強調文字などはGoogleも認識しているようなので正しい使い方をすれば質のいいコンテンツとしてSEO的にも効果が期待できます。

コストパフォーマンス

高機能のテーマだからといって高額であれば購入するのをためらってしまいます。

有料のものであればコストパフォーマンスの良いものを選ぶようにします。

サポート・アフターフォロー

テーマ購入後のサポート・アフターフォローは重要です。

特に初心者の方は、サポート・アフターフォローに重点を置いた方がいいでしょう。

無料のテーマでも手厚いサポートを行っているものがありますが、基本的には、無料のWordPressテーマより有料のものがサポートは充実しています。

ブログにおすすめのWordPressテーマ(有料)

ということで、それぞれの項目を評価・比較して有料・無料別にランキング形式で紹介します。

尚、このページで紹介するWordPressテーマは全てレスポンシブ対応です。

また、以下の評価の説明で出てくるAMP、CTA、LP、PWAの意味は以下の通りです。

AMPとは?
AMPとは、Googleに推奨されるキャッシュを利用してモバイル端末でウェブページを高速表示するための仕組みです。
CTAとは?
CTAとは、Webサイトへの訪問者に行動を促し誘導する仕掛けです。必要に応じて資料請求やメルマガ登録などの行動に誘導する仕掛けを作ることができます。
LPとは?
LPとは、ランディングページの略で、集客からお問い合わせ、資料請求、商品購入までのアクション誘導までを単独で行えるページです。一般的に、メニューやサイドバーなどが表示されないまっさらな独立した特別なページになっています。
PWAとは?
PWAとはモバイル端末でページを表示する時にネイティブアプリのような挙動をさせることが出来る技術で、高速表示が可能となります。

まずは、ブログやサイト作りにおすすめの有料のWordPressテーマです。

一般的に有料のWordPressテーマは、無料のWordPressテーマに比べてデザインが優れ機能が充実しています。

従って、本格的にプロやサイトを運営していくなら、よりデザインが美しく、高機能な有料のWordPressテーマがおすすめです

ここからは有料のWordPressテーマの中でも高機能でおすすめのWordPressテーマを厳選。比較してランキング形式で紹介しています。

尚、価格は全て税込みで表示しています。

1位:AFFINGER5

ブログにおすすめのWordPressテーマ:AFFINGER5販売:株式会社オンスピード
比較項目 評価
デザイン
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 AMP、LP
複数サイトで使用
価格 14,800円
総合評価

AFFINGER5の特徴

AFFINGER5(通称:WING)は2012年に株式会社オンスピードによって開発された無料テーマ「STINGER」をベースに改良されたWordPressテーマです。

デザイン、SEO対策、スピードと3拍子揃っており、特に、SEO対策への柔軟性収益化に特化しているため、ブロガーやアフィリエイターに根強い人気があります。

AFFINGER5の特徴

確かに、有名なブロガーやアフィリエイターの多くがこのテーマを使っていることもあり、アフィリエイト商材に関するワードをGoogleで検索すると、結構な確率でこのテーマを使ったサイトが検索結果の上位に表示されています。

他のWordPressテーマにはない便利な機能も多くカスタマイズ性も高いため、いい意味でハマってしまいます。慣れてしまうと他のテーマへの乗り換えも難しそうです。

AFFINGER5と他のテーマの比較については、下の記事でも詳しく紹介しています。

AFFINGER5のおすすめポイント

AFFINGER5のおすすめポイントは以下の通りです。

  1. 柔軟なSEO対策が施せるカスタマイズ性
  2. 豊富な記事装飾機能
  3. デザインに癖がないので企業用サイトとしても使える
  4. 表示したい内容を様々なエリアに表示できる豊富なウィジェット
  5. カテゴリーページの装飾が可能、またカテゴリーのnoindex化に対応
  6. ランキング作成機能あり
  7. 丁寧なマニュアルを完備
  8. 頻繁に行われるアップデート
  9. ブロックエディター(グーテンベルク)に完全対応済

最新のSEO対策やスピード、デザイン、機能だけでなく、便利さを追求するためのアップデートが頻繁に行われている点も評価できます。

AFFINGER5を購入すると、購入ユーザー限定ページに入室でき、そこで、便利機能のアップデート版をダウンロードすることができます。

現在は、ブロックエディター(グーテンベルク)完全対応版のAFFINGER6に無料でアップデートできるようになっています。

AFFINGER6は、AFFINGER5の上位版(別商品)ではなく、AFFINGER5のアップデート版です。AFFINGER5を購入することでアップデートできます。

AFFINGER5の口コミ

AFFINGER5のその他の評判や口コミ、SEO対策の詳細やについては、下の記事で紹介していますのでチェックしてみて下さい。

テーマは、自分のサイトであれば複数のサイトで使うことができます。

尚、現在、AFFINGER5では、アフィリエイトコードや様々なコードを一元管理できるSTINGERタグ管理プラグイン3を無料でプレゼント中です。

AFFINGER5でできることは、公式ページでも詳しく説明されています。

2位:DIVER

ブログにおすすめのWordPressテーマ:DIVER販売:高木貴人
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 AMP、CTA、LP
複数サイトで使用
価格 17,980円
総合評価

DIVERの特徴

DIVERは、高木貴人氏率いる開発陣によって開発されたWordPressテーマです。

デザイン性に優れ機能も豊富。それでいて初心者にも優しいWordPressテーマです。

DIVERを取り上げているサイトは少な目ですが、実は知る人ぞ知る優良テーマです。

収益化を考えて作られていますので、ブログであれサイトであれ、アフィリエイトやアドセンスをする方にはおすすめのWordPressテーマです。

しかも、機能が多い割には操作が簡単というのがDIVERの特徴。

AFFINGER5と比較すると表示速度が若干遅く、価格が高いため順位は2位としましたが、速度はSEO的に影響を及ぼす遅さということではありません。

気になる場合は、必要に応じてブラグインなどで対応できます。

特筆すべきは、サポート体制です。

満足度100%を目指した丁寧なサポートが受けられますので、WordPressテーマがはじめてというブログ初心者にもおすすめですし、独自でカスタマイズする場合も相談に乗ってくれますので、中級者以上の方にもおすすめです。

DIVERのおすすめポイント

DIVERのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. 柔軟なSEO対策が施せるカスタマイズ性
  2. 豊富な記事装飾機能
  3. デザインに癖がないので企業用サイトとしても使える
  4. カテゴリーページの装飾が可能、またカテゴリーのnoindexにも対応
  5. ランキング作成機能あり
  6. 細かいマニュアルの完備と開発者が親切・丁寧にサポート
  7. ブロックエディター(グーテンベルク)にほぼ対応済

DIVERの機能については、THE THORとDIVERの比較でも詳しく書いていますので興味のある方は参考にして頂ければと思います。

DIVERの口コミ

DIVERの評判・口コミは下のページで詳しくまとめていますので参考にして下さい。

テーマは、自分のサイトであれば複数のサイトで使うことができます。

SEO対策が施せる高機能のテーマを希望しているが、できるだけ扱いやすいテーマが良いと言う方は、DIVERがおすすめです。

3位:THE THOR

ブログにおすすめのWordPressテーマ:THE THOR販売:フィット 内藤康太
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 AMP、PWA
CTA、LP
複数サイトで使用
価格 16,280円
総合評価

THE THORの特徴

THE THORは、フィット株式会社によって2018年10月にリリースされたWordPressテーマです。

デザインに癖がないのでブログだけでなく企業サイトやキュレーションサイトなど様々なスタイルのホームページにも使えます。

当サイトでも現在はこのWordPressテーマを使っています。

THE THORの最大の特徴が機能の多さです。

後発のメリットを活かしてブログやアフィリエイトに必要な殆どの機能を搭載しています。

但し、機能が多い分、テーマ自体が重くなってきており、当初は好評だったページの表示スピードも現在は逆に遅いとの口コミが増えてきています。

速度(特にモバイルでの速度)には期待しないほうがいいでしょう。

また、機能が多い分、設定箇所は多めです。

そのため、WordPressに不慣れな初心者の方が購入する場合はやる気と相談する必要があります。初心者の方はTHE THORの弱点を知った上で購入することをおすすめします。

THE THORのおすすめポイント

THE THORのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. 標準で組み込まれている機能が多いためプラグインのインストールが必要最小限で済む
  2. AMPやPWAといった高速化技術を標準搭載
  3. デザインに癖がないので企業用サイトとしても使える
  4. 記事一覧で記事のSEO対策情報(閲覧数、内部・外部リンク数など)を可視化
  5. ランキング作成機能あり

尚、THE THORは、現時点でブロックエディタ(グーテンベルク)には未対応です。

旧エディタが使えなくなるまでにはブロックエディタにも対応してくると思われますが、それまではプラグインをインストールして旧エディタを使う必要があります。

THE THORの口コミ

THE THORの評判・口コミやSEOに関する設定や対策は下のページで詳しくまとめていますので参考にして下さい。当サイトでも2年近く使ってみた感想も書いています。

テーマは、自分のサイトであれば複数のサイトで使うことができます。

4位:SWELL

ブログにおすすめのWordPressテーマ:SWELL販売:山﨑 諒
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 CTA、LP
複数サイトで使用
価格 17,600円
総合評価

SWELLの特徴

SWELLは、プログラミング経験3年の山﨑 諒氏が開始したWordPressテーマです。

機能やSEO対策としてのカスタマイズ項目が他のテーマより少ないものの、その分、高速表示を実現。また、ブロックエディター「Gutenberg」にも完全対応し、その操作性が非常に高い点が最も大きな特徴です。

購入者限定のフォーラムでは、開発者自ら真摯に対応しており、その誠実さが伺えます。

実際に使ってみると評判通りシンプルで使いやすく、初心者にも優しい感じがしますが、その一つの理由がカスタマイズ項目や機能がやや少ないという点にあります。

無駄な設定項目をそぎ落とし、扱いやすく整理されているとも言えますが、例えば、THE THORと比較するとカスタマイズできる項目の数は4割ほど。

Googleが推奨するAMPにも残念ながら対応していません。

カテゴリーページの装飾ができなかったり、サイドバーにカテゴリー毎の人気記事が表示できないなどできないことも多く、また、SEO対策としての課題もあるため、収益化を目指すサイトにはやや不向きです。

ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応というのが売りですが、殆どの有料のテーマは、今後のアップデートでブロックエディター「Gutenberg」に対応してきますので、そういうことを考えると、価格が高めであることは否めません。

SWELLのおすすめポイント

SWELLのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. ブロックエディター「Gutenberg」に完全対応、しかも使いやすい
  2. 使いやすくシンプルで初心者にも扱いやすい
  3. 表示速度が速い
  4. フォーラムでは開発者が親切・丁寧にサポート

SWELLは、新しいWordPressテーマなので利用者が少ないという点も難です。カスタマイズしようと調べてもなかなかヒットしません。いちいち開発者に聞くというのも気が引けます。

SWELLの機能については、AFFINGER5とSWELLの比較でも詳しく書いていますので参考にして頂ければと思います。

SWELLの口コミ

SWELLの評判・口コミは下のページで詳しくまとめていますので参考にして下さい。

テーマは、自分のサイトであれば複数のサイトで使うことができます。

5位:賢威

ブログにおすすめのWordPressテーマ:賢威販売:株式会社ウェブライダー
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 CTA、LP
複数サイトで使用
価格 27,280円
総合評価

賢威の特徴

賢威は、株式会社ウェブライダーが2007年1月に発売開始した老舗のWordPressテーマです。

販売して10年以上経った今でも掲示板がしっかり機能しているなど会社の姿勢にも信頼がもてますし、SEO関連書籍を販売している会社が販売しているWordPressテーマだけにSEO対策に対する信頼性が高いのが特徴です。

商品には賢威オリジナルのSEOマニュアル(約200ページ)が付属されます。パン屑ナビやリダイレクトといったことの意味や内部リンク構築のやり方などがわからない人には役に立ちます。

また、賢威には会員フォーラムがあり、使用している人も多いのでカスタマイズに関する情報が豊富です。このため、カスタマイズに関する解決策が比較的簡単に見つかります。

賢威のおすすめポイント

賢威のおすすめポイントは以下の通りです。

  1. テンプレートのバリエーションが豊富(着せ替え機能)
  2. 細部のデザインのカスタマイズ性が高い
  3. 情報が蓄積された会員フォーラム
  4. SEOマニュアルを付属
  5. ブロックエディター「Gutenberg」に対応

マニュアルも整備されているため、初心者にもおすすめですが、同等の機能を保有するAFFINGER5やDIVER、THORといったものと比較すると価格が高いのが難点です。

テーマは、自分のサイトであれば複数のサイトで使うことができます。

6位:JIN

ブログにおすすめのWordPressテーマ:JIN販売:株式会社CrossPiece
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 CTA、LP
複数サイトで使用
価格 14,800円
総合評価

JINの特徴

JINは、アフィリエイターとして有名なひつじさんとWordPressテーマ「ATLAS」の開発者である赤石カズヤさんが協力して開発したWordPressテーマです。

SANGOと同じGoogle推奨のマテリアルデザインを採用しているため両者はよく比較されます。

公式サイトにはマニュアルが完備されていますが若干分かりづらいとの声も。

但し、わからないことはフォーラムで質問すると丁寧に回答してくれますので、ブログの初心者にもおすすめです。購入前の質問も受け付けてくれます。

特筆すべきは、エディタの装飾機能です。

見出しや解説ボックス、会話の吹き出し、比較表、マーカー、ボタン、ランキングといったものを記事を作成する段階で自在に取り込むことができます。

また、ピックアップ記事の表示と最新記事以外に3つのカテゴリが表示できるコンテンツマガジン機能にも人気があります。

JINのピックアップ記事の表示とコンテンツマガジン機能

JINのおすすめポイント

JINのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. Google推奨のマテリアルデザインで居心地の良いデザイン
  2. デザイン切り替え機能で簡単にサイト全体の色や文字色などの変更が可能
  3. 細部のデザインのカスタマイズ性が高い
  4. ランキング作成機能あり
  5. バナー広告の一括配置、誘導するCVボタンを簡単に配置可能
  6. フォーラムでの質問が可能
  7. ブロックエディター(グーテンベルク)にほぼ対応済

STORK19やSANGOと迷われる方も多いようにこれらは甲乙つけがたいテーマです。

テーマは、自分のサイトであれば複数のサイトで使うことができます。

JINの機能については、AFFINGER5、THE THORとの比較の中でまとめています。また、JINの評判・口コミもまとめていますので参考にして下さい。

7位:STORK19

ブログにおすすめのWordPressテーマ:STORK19販売:株式会社bridge
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 CTA、LP
複数サイトで使用 1サイト
価格 11,000円
総合評価

STORK19の特徴

STORK19は、STORK(ストーク)のアップデート版ではなく、2019年11月に販売が開始された新しいWordPressテーマです。

過去にSTORKを購入して使っていた人でも、STORK19に変えたい場合は、別途、STORK19を購入する必要があります。

好評だったSTORKの機能やデザインはそのままに、新エディタであるGutenbergへの対応や、いくつかの機能追加、また、これまでやや不評だった表示スピードの改善を行っています。

機能が追加され、ページの表示速度を改善するプラグインも不要になった分、旧STORKよりも優れたWordPressテーマだと言うことができます。

旧STORKから引き継いだ、設定の簡単さは、誰でも短時間で一定のサイトが構築できるようになりますので、WordPress初心者がどのテーマにするか悩んでいる場合にはおすすめです。

また、現在、STORKを使っている人は、STORK19に変えてもショートコードも引き継げますし、設定画面なども殆ど変わりませんので比較的簡単に記事の移行ができます。

STORK19のおすすめポイント

STORK19のおすすめポイントは以下の通りです。

  1. STORKよりページの表示速度が速い
  2. スマホでの見やすさ・機能・デザインにこだわったモバイルファースト設計
  3. 豊富な記事装飾機能
  4. 丁寧なマニュアルの完備と質問の受付
  5. 設定が簡単で初心者にもおすすめ
  6. ブロックエディター(グーテンベルク)に対応済

初期設定からデザインの設定が簡単で、誰でも短時間で品質の高いブログが開設できるとあって初心者にもおすすめです。

STORK19は、価格は比較的安いものの、1テーマで使えるサイトは1つ。

複数サイトで使用できないため複数サイトを運営している人にとっては欠点と言えます。

1つのブログに集中してくので1つで構わないという初心者の人であればJINよりおすすめです。

STORK19の機能については、JINとの比較の中でまとめています。また、STORK19の評判・口コミもまとめていますので参考にして下さい。

8位:SANGO

ブログにおすすめのWordPressテーマ:SANGO販売:サルワカ
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 CTA
複数サイトで使用
価格 11,000円
PORIPU:3,980円
総合評価

SANGOの特徴

Google推奨のマテリアルデザインが、作成するブログの内容に合えばおすすめです。

マテリアルデザインとは2014年にGoogleが発表した新しいデザインの概念です。LINEやGoogleMapなども採用したデザインで、紙とインクの要素でできた3D空間を形成するデザインです。

優しくて柔らかい、どちらかというと女性向けのブログというイメージがありますが、配色の仕方で男性的なブログも作れます。

SANGOの機能を強化するために、収益化と時短を加速させるPORIPUという子テーマが用意されており(別途3,980円)、これを導入することで、記事内広告配置機能・インフィード広告配置機能などアドセンス収益の拡大が図れたり表現力を拡張する機能を追加することができます。

PORIPUという子テーマとのセットが前提ですが、一通りの機能が揃っており、ショートコードが豊富で各ページのデザインを美しく整えることができます。

管理画面も複雑ではないので初心者にもおすすめです。

また、トップページは、タブ機能によりデザインの切り替えが可能です(JINのコンテンツマガジン機能と同じ)。

SANGOのタブ機能

SANGOのおすすめポイント

SANGOのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. Google推奨のマテリアルデザインで居心地の良いデザイン
  2. 見出し、ボタン、ボックス、リストのデザインが豊富
  3. ショートコードでタイムラインや吹き出しといった表示が可能
  4. おすすめ記事、人気記事をプラグインなしで表示可能
  5. HTMLとCSSのみで実現された心地よいアニメーションを実装
  6. 丁寧なマニュアルの完備と質問の受付
  7. ブロックエディター(グーテンベルク)にほぼ対応済

SEO対策など基本的なことを網羅していますが、デザインがどちらかというと若い方や女性向きであることや、JINも同じですが、コーポレートサイトなどには不向きである点が欠点です。

デザインが独特なためデザインに疎い人は、サイトの良さを台無しにする可能性もあります。

テーマは、自分のサイトであれば複数のサイトで使うことができます。

ランキングの順位は、SANGO+PORIPUで評価しています。

SANGOの評判・口コミもまとめていますので参考にして下さい。

ブログにおすすめのWordPressのテーマ(無料)

続いて、ブログにおすすめの無料のWordPressテーマです。

無料のWordPressテーマの中でも高機能で、ブログにおすすめのWordPressテーマを厳選

比較してランキング形式で紹介しています。

有料のWordPressテーマを購入する前に無料のテーマを試したい、WordPressテーマにお金をかけたくないと言う方は無料のWordPressテーマを選びましょう。

1位:Cocoon

無料のWordPressテーマ:Cocoonわいひら
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 AMP・PWA
複数サイトで使用
価格 無料
総合評価

Cocoonの特徴

Cocoonは、後にも紹介しているSimplicityという無料のWordPressテーマを開発した「わいひら」さんが、ユーザーの意見をもとに再構築した無料のWordPressテーマです。

多くのサイトで、おすすめの無料WordPressテーマとしてCocoonをトップに紹介しています。

無料なのに記事の装飾機能も充実していますし、ブラウザキャッシュやHTML・CSS・JavaScriptの圧縮化などサイトの高速化にも力を入れています。

SEO対策としての設定も充実しているためSEO対策のプラグインも不要です。

私も有料のWordPressテーマに移行する直前までは、このCocoonを使っていました。

無料版としては珍しくフォーラムを設け、質問や不具合、要望、カスタマイズ相談といったものを受け付け、真摯に対応されています。

Cocoonは、無料版としては高機能がゆえに設定箇所も多いのですが、マニュアルも用意されており、アップデートも頻繁に実施されています。

細かい不具合は少なくありませんが、修正もしっかり行われており、何らかの理由で致命的な不具合が発生してもテーマのバージョンを簡単に戻すことができますので安心です。

やや手作り感のあるデザインや造りですが、お金をかけたくない人におすすめです。

Cocoonのおすすめポイント

Cocoonのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. 柔軟な内部SEO対策が施せるカスタマイズ性
  2. 豊富な記事装飾機能(吹き出しなど)
  3. ランキング作成機能あり
  4. 丁寧なマニュアルとフォーラムでサポート
  5. ブロックエディター「Gutenberg」に対応済

無料のWordPressテーマとしては最もおすすめできるCocoon。

難点は、独自機能が多いため他のテーマへの乗り換え時は面倒です。

Cocoonの口コミ

その他のCocoonの評判・口コミは下のページで詳しくまとめていますので必要に応じて参考にして頂ければと思います。

尚、Cocoonについては、下の記事でインストールする手順やヘッダーをカスタマイズする手順をまとめています。

2位:Luxeritas

無料のWordPressテーマ:LuxeritasMaiden Web Factory
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 AMP・PWA
複数サイトで使用
価格 無料
総合評価

Luxeritasの特徴

Luxeritas(ルクセリタス)は、シンプルなデザインでページの表示速度の速さに定評のある無料のWordPressテーマです。

表示速度の高速化としては、ブラウザキャッシュやHTMLの圧縮に加え、CSS・JavaScriptの圧縮・結合など有料の中でもトップクラスのWordPressテーマなみに対応しています。

勿論、高速化のプラグインをインストールする必要もありません。

シンプルなデザインですが、全体のレイアウトやヘッダー、サイドバーの幅や高さ、また行間の広さなど細かい調整が可能なので、レイアウトに拘る人にはおすすめです。

また、Luxeritasは、公式サイトから好みのデザインファイルをダウンロードし、Luxeritasメニューの「デザイン選択」からデザインファイルを新規追加して有効化することでデザインを簡単に変更することができます。

Luxeritasのデザインファイル

カテゴリーやタグページの装飾ができないことや人気記事の表示が標準でできないことなど機能面がややCocoonより劣りますが、デザイン面ではLuxeritasがリードしている感じです。

Luxeritasのおすすめポイント

Luxeritasのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. 柔軟な内部SEO対策が施せるカスタマイズ性
  2. 投稿記事のnoindex、meta description、Canonical対応
  3. カテゴリーページ、タグページのnoindex化対応
  4. 丁寧なマニュアルとフォーラムでサポート
  5. 頻繁に行われるアップデート

但し、Luxeritasは、デフォルトでは、ページの下に「WordPress Luxeritas Theme is provided by “Thought is free”.」と表示され、提供元であるLuxeritasへのリンクが貼られています。

全てのページから外部リンクが貼られますのでSEO的に影響は避けられません。

これを表示しないようにするには、Luxeritasが提供する有料のプラグインを購入してインストールし、有効化することが必要になります。

価格は、2021年5月現在、5,230円です。

そういう意味では格安の有料WordPressテーマと言えるかもしれません。

尚、何らかの理由で致命的な不具合が発生してもテーマのバージョンを簡単に戻すことができますので安心です。

3位:Simplicity

無料のWordPressテーマ:Simplicityわいひら
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 AMP(β版)
複数サイトで使用
価格 無料
総合評価

Simplicityの特徴

Simplicityは、後継となるCocoonの前に作成された無料のWordPressテーマです。

制作者は、Cocoonと同じ「わいひら」さんです。

Simplicityは、公式サイトにも書かれているように至ってシンプルなテーマです。

後継となるCocoonと比較すると、カスタマイズ項目や記事の装飾機能が少な目ですが、基本的な内部SEO対策はできていますので、WordPressに慣れていない初心者の人には使いやすくおすすめのWordPressテーマと言えます。

その気になればカスタマイズもしやすいのが特徴です。

後継のテーマを開発すると以前のテーマは疎かになりがちですが、現在もフォーラムで質問を受け付けてサポートしていますし、不具合が見つかれば修正もされています。

Simplicityのおすすめポイント

Simplicityのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. 基本的な内部SEO対策が施せるカスタマイズ性
  2. 投稿記事のnoindex、meta description対応
  3. カテゴリーページの2ページ目以降とタグページのnoindex化対応
  4. 丁寧なマニュアルとフォーラムでサポート

現在は、更新もなされていないため後継のCocoonをおすすめします。

4位:Emanon Free

無料WordPressテーマ:Emanon free株式会社イノ・コード
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 CTA
複数サイトで使用
価格 無料
総合評価

Emanon Freeの特徴

Emanon Freeは、ビジネスブログ向け有料テーマ「Emanon Pro」を販売する株式会社イノ・コードが、Emanon Proの購入を検討している方向けに、Web集客に必要な機能をコンパクトにまとめたテーマですが、誰でも無料で使えます。

機能は少な目ですが、グローバルナビの直下におすすめ記事を配置したり、最近の投稿や関連記事の表示といったブログに必要な基本的な機能は備わっています。

また、トラッキングIDだけでGoogleアナリティクスのタグを簡単に設置可能ですし、プラグインなしでSNSのシェアボタンやフォローボタンも表示できます。

このため、初心者向けのWordPressテーマと言えます。

尚、サポートはありません。

Emanon Freeのおすすめポイント

Emanon Freeのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. 投稿記事のmeta keyword、meta description対応
  2. 404ページ、検索結果ページ、タグ、年別・月別・日別のアーカイブページはnoindex化対応

尚、ブロックエディターに対応するには、別途有料のプラグインを導入する必要があります。

Emanon Free 公式サイト

5位:LION BLOG

無料のWordPressテーマ:LION BLOGフィット株式会社
比較項目 評価
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター対応
アフターフォロー
その他 AMP
複数サイトで使用
価格 無料
総合評価

LION BLOGの特徴

LION BLOGは、FITが開発した無料のWordPressテーマです。

ブログ向けのテーマに加えてメディア向けの無料テーマ「LION MEDIA」も取り扱っています。

デモサイトを見てもわかる通り、LION BLOGの最大の売りは有料テーマ並みのデザイン性です。

内部SEO対策は上位3テーマと比較すると限定的ですが基本的な対策は施されていますので、デザイン重視のブログを運営する場合はおすすめです。

但し、公式サイトをPageSpeed Insightsで測定するとページの表示速度は、他の無料テーマよりかなり遅い結果が出ます。

また、テーマのアップデートも2018年で終了しており、アフターフォロー・サポートもないため、バグの対応やカスタマイズは自分で行う必要があります。

LION BLOGのおすすめポイント

LION BLOGのおすすめポイントは以下の通りです。

  1. 優れたデザイン
  2. 基本的な内部SEO対策が施せるカスタマイズ性
  3. 投稿記事のnoindex、meta description対応

まとめ

以上、SEO対策やページの表示速度、デザイン、カスタマイズ性、アフターフォロー、販売価格などの項目で評価した場合にブログやサイト用として総合的に優れているおすすめのWordPressテーマを無料・有料別にランキング形式で紹介してきました。

無料のものと有料のものをまとめると以下のようになります。

ブログにおすすめの有料のWordPressテーマはAFFINGER5、DIVER、THE THOR

←→ スクロールできます。

比較項目 AFFINGER5 DIVER THE THOR SWELL 賢威
デザイン性
機能
内部SEO対策
カスタマイズ性
表示速度
記事の表現力
記事装飾機能
ブロック
エディター
アフターフォロー
複数サイトで使用
価格(税込) 14,800円 17,980円 16,200円 17,600円 27,280円
総合評価

当サイトが、2021年5月の時点で、ブログやアフィリエイト用として特におすすめできるWordPressテーマは、AFFINGER5DIVER、続いて、THE THORです。

これらは一通りの内部SEO対策が施されておりカスタマイズ性も高い特徴があります。

デザインにも癖がないのでブログだけでなくコーポレートサイトやキュレーションサイト(特定のテーマに絞った情報を整理したサイト)など様々なスタイルのホームページにも使えます。

一度購入すると自分のサイトであれば無制限に使える点もおすすめポイントです。

SEO対策・カスタマイズ性で選ぶならAFFINGER5

AFFINGER5は、最も柔軟なSEO対策が施せます。

もともとアフィリエイター向けに作られていますので、収益化にも力が入れられており、SEOに依存したブログやアフィリエイトサイトには最もおすすめなWordPressテーマです。

デザイン、スピード、カスタマイズ性といった点も申し分なく総合力でトップのテーマです。

リリースして時間も経ち、利用者も多く、ネット上には多くの情報がありますが、WordPressに不慣れな初心者の方が購入する場合はやる気と相談する必要があります。

SEO対策・使いやすさ・サポート力で選ぶならDIVER

DIVERは、スピード面ではAFFINGER5と比較するとやや劣るものの、決してSEOに影響を及ぼすほど遅いというレベルではありません。

機能も多く、デザイン性やカスタマイズ性も高い割には他のテーマと比べて使いやすいというのが特徴です。特にサポートには定評があるため、中級者以上の人は勿論のこと初心者の方にもおすすめです。

SEO対策・機能の多さで選ぶならTHE THOR

THE THORは標準で多くの機能を搭載しています。

見える化システムなど他のテーマでは搭載していない便利な機能もあり、SEO対策も施しやすい特徴があります。

但し、高機能な分、設定項目も多くてやや複雑。AFFINGER5同様、WordPressに不慣れな初心者の方が購入する場合はやる気と相談する必要があります。

特に、マニュアルやサポートは期待できないため中級者以上の方におすすめです。

若さや柔らかさを持たせるのであればSANGOやJIN、STORK19

一方で、サイトに若さや柔らかさを持たせたり、かわいらしい女性的なサイトデザインにしたいといった場合は、SANGOやJIN、STORK19がおすすめです。

特に、リリース日が最も新しいSTORK19は、ページの表示スピードや設定の簡単さが好評で、初心者からも高い評価を受けています。

SANGO、JIN、STORK19は、マニュアルやサポートが完備され、ネット上に多くの情報もありますので初めてWordPressを扱う人や初心者にもおすすめです。

いずれは、より機能が充実したおしゃれなWordPressテーマに移行したくなるときが来ますが、その時は既に書いた記事の移行作業が大変になります。

こういうことならもっと早く有料のものにしとけばよかったと嘆く人が大半なので、ブログやサイト作りに本格的に取り組むのであれば、最初から高機能でデザイン性に優れた有料のWordPressテーマをおすすめします。

初期投資は必要ですが、長い目で見た場合、様々なメリットを感じることができると思います。

ブログにおすすめの無料のWordPressテーマならCocoon一択

無料のWordPressテーマでは、総合的にはCocoonが最もおすすめです。

Luxeritasもおすすめですが、Luxeritasは、提供元へのリンクを削除するには、料金が発生することを考えると実質的には有料のテーマとも言えます。

その点からしても、無料でおすすめのテーマは、Cocoon一択となります。