THE THORをWordPressテーマにした理由

今回、WordPressテーマをTHE THOR(ザ・トール)に変えてみました。

管理人のWordPress歴は約6年。これまで、
・Twenty
・Stinger3
・Stinger8
・Simplicity2
・ライオンブログ
・Xeory
・Luxeritas
・cocoon
と複数のサイトで数々の無料ブログを使ってきました(なかにはまだ無料版を使っている管理サイトもありますが)が、とうとう今回、有料のWordPressテーマ(THE THOR)に変えました。

2018年12月現在、変えたてのホヤホヤです。

実はSEO対策でどうしても自分の力(コンテンツの質と量)だけでは及ばない点があります。

それは、
・ドメインの強さ
・ページの表示にかかわるサーバーの信頼性・速度
・サイトの内部構造
です。

そして、ご存じの通り、これらはGoogleがWebサイトを評価する際の重要な項目の一つになっています。極端な話ではなく、これらの項目の評価が高ければ、コンテンツの品質より優先して上位に表示されることも少なくありません。

つまり、これらの項目が他のサイトと比較して優位であれば、2歩も3歩も進んだ地点から記事を書くことができるという訳です。

このうち、ドメインは中古ドメインがリスクがあることを考えると時間をかけて育てるしかありませんが、サーバーとサイトの内部構造はレンタルサーバー、WordPressテーマで比較的簡単に対策が打ててしまいます。

今回、WordPressテーマをわざわざ有料のTHE THORに変更した理由は、このうちのページの表示速度アップと内部構造対策に備えるためです。

THE THORとは?

THE THORは、もともとライオンブログという無料のWordPressテーマを提供していたFIT(フィット)さんが制作した有料版のWordPressテーマです。

2018年10月にリリースされました。

ライオンブログを使っている人には、春頃からリリース日の予定情報などのメールが時々届いていましたが、私の場合、ライオンブログでも特に問題は無かったし、高いお金を出してまでテーマを変えようとも思わなかったのでしばらく放置していました。

しかし、追加される機能(LION BLOGの10倍以上)やデザイン、先行で使っている人の評判とかをみているうちに段々と興味が。結局、これまで無料版のテーマにこだわってきた50代のおじさんですが高いお金を出して買ってしまいました。

で、そのTHE THORですが、論より証拠でこんなサイトな感じです。

何よりもセンスの無い50過ぎのおじさんが、クリックだけでこんなサイトができるのですからなかなかのものです。

見出しをはじめ様々な箇所のデザインや色の設定も豊富ですし、マーカーやボックス、ボタン、ラベルなどのデザイも豊富です。まだまだデザインを良くしたり、機能を加えたりする余地はありそうです。

アイコンも種類が豊富ですし、

こんな吹き出しも簡単にできたりします。

口コミボックスやレビューボックスもワンクリックで挿入できます。

そんなTHE THORですが、目に見えない部分でも以下の特徴があります。

THE THORの特徴

SEOに強い

SEOに強いというのはWordPressテーマを選ぶ上で最も魅力的な言葉です。

殆んどの人が「SEOに強い」ということをWordPressテーマを選ぶ最も高い優先順位としているのではないでしょうか。

その点、THE THORはプラグインなしで以下の機能を備えています。

HTML5+CSS3による最新コーディング

ちょっと専門的ですが、簡単に言えば検索エンジンにWEBページの構造を明確に伝え、かつデザイン性がアップしているということです。

ページの表示速度の向上

読んで字の通り、ページの表示速度が速くなります。

レンタルしているサーバーとの絡みもありますが、WordPressテーマとしては、AMPやPWA、Gzip 圧縮・ブラウザキャッシュ、画像遅延読み込みやCSS非同期読み込みといった高速表示を実現する技術が多数装備されていますので文句の付けようがありません。

記事ごとにtitle、mata description、meta robotの設定が可能

記事ごとにtitle、meta descriptionが設定できるのは無料のWordPressでもありますが、meta robotまで設定できるものはあまりありません。

品質の低いページは、noindexにしてGoogleの評価が下がるのを防ぐことができたりします。

特に、titleとmeta descriptionは、カテゴリーやタグアーカイブページでも指定できるため、サイトの隅々までSEO対策を施すことができます。

記事一覧で記事の情報が見える

WordPressの記事一覧の画面では、記事毎に、
・総合閲覧数をはじめ
・タイトルの文字数
・本文の文字数
・本文内のキーワード数
・内リンク数
・外リンク数
などがわかるようになっています。

関連記事・人気記事表示の標準搭載

関連記事、人気記事などを設定でワンクリックで表示させることができます。

これにより、サイト内回遊率をアップさせることができ、SEO対策・収益対策上も有効となります。

収益化も万全

THE THORは、CTAエリアの設置が標準で可能です。CTAエリアとは簡単に言えばWebサイトへの訪問者に行動を促し誘導する仕掛けです。

必要に応じて資料請求やメルマガ登録、問い合わせといった行動に誘導する仕掛けを作ることができます。

また、広告も記事に溶け込ませた形で複数設置することが可能です。Adsense広告などを取り扱っているサイトにはおすすめです。

優れたデザイン性

デザインは、先ほども書いた通り、このサイトの通りです。勿論、全てのデバイスで100%最適化されたレスポンシブルデザインが採用されています。

また、デザインというより機能の一つになりますが、アフィリエイターに嬉しいランキングページの作成機能も標準でついています。

THE THORを使うサイトの制限がない

普通は、ライセンス契約でテーマを使えるサイトの数は限定されています。しかし、THE THORは自分用のサイトであれば数に制限がありません。

これだけのテーマを自分用のサイトであれば制限なく使える訳ですからコストパフォーマンスにも優れていると言えます。

まとめ

THE THORは、速度面、機能面、デザイン面と3拍子揃ったWordPressテーマです。無料版ではいちいちプラグインをインストールしては不具合を起こしたり、動作が重たくなったりしたものですが、THE THORをテーマにするとプラグインも最小限ですみます。

そもそもホームページを作るとなるとホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトが必要になる訳です。

そういうのでも一万円以上する訳ですからこういったテーマにお金をかけるのも考えてみれば自然なことです。

10月にリリースされて購入したのが11月の中旬。導入したばかりで、まだ理解していない部分もありますので、色々と分かり次第加筆していきたいと思います。

THE THOR(ザ・トール)