エックスサーバーの評判と評価

ここでは、当サイトもおすすめするレンンタルサーバ-「エックスサーバー」の評価レビューを行い、評判などをまとめています。

筆者もこのエックスサーバーを他のサイトで2年以上使っています。

そして、2020年10月には、このサイトもエックスサーバーに移転しました!

実際に2年以上使ってみての評価や他の人の評判などを紹介していますので、エックスサーバーを検討している人はこのサイトの動きも確認しながら参考にして頂ければと思います。

参考:エックスサーバーの公式サイト

エックスサーバーの特徴

エックスサーバーは、ブロガーやアフィリエイターから最も優れたレンタルサーバーとして絶賛されている国内シェアNo.1のレンタルサーバーです。

エックスサーバーのスペック

エックスサーバーのレンタル料金や主なスペックは以下の通りです。

項目 X10 X20 X30
初期費用 3,000円
1年契約
(月額換算)
12,000円
(1,000円)
24,000円
(2,000円)
48,000円
(4,000円)
3年契約
(月額換算)
32,400円
(900円)
64,800円
(1,800円)
129,600円
(3,600円)
CPU 48コア(共用)
メモリ 512GB(共用)
ディスク容量
(オールSSD)
200GB 300GB 400GB
転送量目安 / 日 150GB 180GB 200GB
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 無制限
MySQL 無制限
データベース容量 2GB
サーバーソフト nginx
SSD RAID10構成
自動バックアップ
(DB・ファイル)
14日分・7日分(復元は無料)
独自SSL・無料SSL
独自ドメイン取得
無料お試し期間 10日間

価格は税抜きです。

キャンペーンをチェック

尚、エックスサーバーは、キャンペーンを実施している場合があり、その場合はサーバーのレンタル料金やその他のサービスも変更になる場合があります。

キャンペーンを加味したサーバーのレンタル料金やサービスは下の記事でまとめていますので必ずチェックして下さい。

高速表示機能が充実

レンタルサーバーを評価する上で最も重要な要素の一つがページの表示速度です。

ページの表示速度は、Googleもサイトを評価する要素の一つとして採用しています。

その点、エックスサーバーは、ページを高速表示できる機能が充実しています。

48コアのハイスペックのCPUと512GBという大容量メモリを搭載し、ストレージには、従来のHDDよりも高速に読み書きができるSSDを採用しています。

また、サーバーソフトとして速さと安定性を両立する「nginx」を採用し、WEBサイトの高速・安定化を実現する「Xアクセラレータ」を採用。

さらに、サーバープログラムの動作時間とCPU負荷を大幅に改善する「FastCGI」などにより、 CPU負荷の大幅な軽減とPHPによるサーバープログラムの高速化を図っています。

  • ハイスペックの最新CPU
  • 大容量メモリ
  • SSD(オールSSD)を採用
  • nginxを採用
  • Xアクセラレータを採用

SSDとは?

SSDとは、USBメモリーのように半導体素子メモリを使った記録媒体です。

HDDより読み書き速度が圧倒的に速い上、衝撃にも強いため、データの消失、動作不良といったトラブルも非常に少なくなります。

実際、HDDを使ったサーバーからSSDを使ったサーバーに乗り換えると後戻りはできなくなるというのが管理人の率直な感想です。

nginxとは?

nginx(エンジンエックス)とは、大量の同時アクセスの処理に最適化され、静的コンテンツの配信に特化したWebサーバーソフトです。

nginxであれば、大量のリクエストを同時並行で処理が可能なので、PCやスマートフォンなどからの突発的なアクセスが集中した場合でも高速かつ安定したWebサイトの運営が可能です。

より高速なWebサーバーソフトである「LiteSpeed」を採用しているカラフルボックスやmixhostと比べて見劣りしますが、エックスサーバーは、Xアクセラレータ ver.2をはじめとした様々な高速化機能を使っているため、ページの表示速度はそれらのサーバーよりも速くさえ感じます。

Xアクセラレータver.2とは?

Xアクセラレータver.2とは、WEBサイト高速・安定化機能です。

この機能を追加することで、PHPとWordPressの処理速度の大幅な高速化を実現し、ストレスのない高速なサイト表示を実現します。

Xアクセラレータ Ver.2の効果

サーバーの安定性が抜群

エックスサーバーの最も優れている点は、サーバーの安定性にあります。

公式サイトにも稼働率99.99%以上と明記されていますが体感ではそれ以上です。

運用年数17年、運用サイト数も180万件突破(2020年2月末時点)と、ConoHa WINGやmixhost、カラフルボックスと比較すると経験値が高いため安心感があります。

私は、現在、このエックスサーバーとカラフルボックス、そしてロリポップを使っています。

カラフルボックスではこの2年ほどの間に2時間ほどのサーバーダウンが2~3回と瞬間的に繋がらないことが何度かありましたが、エックスサーバーではそういったことはありませんでした。

エックスサーバーは、速度もですが、すばらしく安定しているサーバーです。

エックスサーバーは、速度と安定性というレンタルサーバーを選ぶ上で最も重要なファクターがトップクラスなので、最もおすすめのレンタルサーバーの一つとして紹介しています。

管理画面(サーバーパネル)が操作しやすい

エックスサーバーは独自の管理画面(サーバーパネル)を用意しています。

メニューがスッキリ整理されていますのでとっても見やすくて使いやすく感じます。

何をするにしても迷うといったことがありません。

エックスサーバーの管理画面(サーバーパネル)

常時SSL化対応が簡単

SSLとは、Secure Sockets Layerの略で、パソコンやスマホなどの端末とサーバー間の通信データを暗号化して送受信する技術です。

セキュリティ対策としてGoogleが推奨しており、Googleのサイト評価の要素にも取り入れられていることもあり、多くのレンタルサーバー業者が無料SSL化に対応するようになりました。

エックスサーバーでは、サーバーパネルの「SSL設定」で該当のドメインをクリックするだけで簡単に SSL証明書を無料で利用できます。

サーバーパネルの「SSL設定」

WordPress簡単移行でWordPressテーマごと簡単に移行が可能

エックスサーバーでは、サーバーパネル画面の「WordPress簡単移行」を使って他のサーバーで運用しているWordPressをテーマごと移行することができます。

本来、WordPressのサーバー移行の場合、FTPソフトを使ってファイルを移行したり、phpMyAdminを使ってSQLデータベースを移行したりしなければなりません。

不安のつきまとうWordPress移行も、「WordPress簡単移行」を利用することで簡単にすばやく完了することができますので、初心者の方には有難い機能です。

但し、さすがにWordPressの移行ツールは完璧なツールではなく、移行元のサーバーやWordPressの状態によっては、エラーとなって移行ができない場合もあります。

筆者も実際にこの機能を使って、このサイトを含む3つのWordPressの移行を試みましたが、その勝率は7割(3つのうち2つ成功)です。

例えば、このサイトは、30分かからずに完璧に移行できました。

その様子は下の記事にまとめていますので必要に応じて参考にして頂ければと思います。

エックスサーバーのWordPress簡単移行

サーバー・ドメイン・WordPressが簡単に準備できる

WordPressどころか、サーバーもドメインも用意していないという初心者の方でも安心です。

本来、WordPressでブログを開設する手順としては、

  1. ドメインとサーバーを契約し二つを関連付ける
  2. ブログソフト「WordPress」をサーバーにインストールする

という手続きが必要になります。

しかし、エックスサーバーのWordPressクイックスタートを使うと、自動でこれらの手続きを行ってくれますので簡単にWordPressでブログを始めることができます。

エックスサーバーのWordPressクイックスタートを使った申し込みの仕方は下の記事で解説していますので、WordPressでブログを始めたい場合は、是非こちらを利用して下さい。

動作確認URLで動作を確認してネームサーバーを切り替えられる

例えば、他社からサーバーを乗り換える際はぶっつけ本番となって、移行したつもりが、実際には何も表示されない、正常に動作しないといったリスクがあります。

その点、エックスサーバーは、一部のプログラムを除いてネームサーバーを切り替える前に「動作確認URL」で移行が正常にされたかどうか確認することができます。

サーバーパネルの「動作確認URL」

WordPressのような動的サイトについては動作確認URLでは正常に確認できない場合もありますが、この場合でも、自分のパソコンのhostsファイルを編集して自分のパソコンで移転先のサーバーに構築したWordPressを確認することができます。

移行での失敗リスクを減らせるため便利な機能です。

メールマガジンが発行可能

エックスサーバーは、メールマガジンを発行する機能を搭載しています。

サーバーパネルから「メーリングリスト・メールマガジン」をクリックし、「メールマガジン追加」で「メールマガジン名」「メールマガジンアドレス」を入力すると1分ほどでメールマガジンが発行できる環境を作ってくれます。

登録用フォームも退会用フォームも指定されたコードをホームページに貼るだけ。

登録してきたお客様にメールマガジン配信画面で作成したメルマガを一斉配信できます。

会員限定のコラムなどを発信したい方、ゆくゆくはメルマガを発行したい方にはエックスサーバーはおすすめのレンタルサーバーです。

X10プランで10個のメルマガが作成でき、それぞれメールアドレスを1,000件登録できます。

1,500通/時間、15,000通/日がメール送信数の目安です。

自動バックアップ機能

エックスサーバーではサーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピー。

  • サーバー領域のWeb・メールデータについては過去7日分
  • MySQLデータベースについては過去14日分

のデータを保持しています。

万が一の時は、復旧のためにバックアップデータを無料で提供してもらうことができ、自動で復元することができます。

比較項目 バックアップ項目
自動バックアップ Web・メールデータ:7日分
MySQL:14日分
自動復元 Web・メールデータ:無料
MySQL:無料

セキュリティ機能が充実

エックスサーバーには、Webサイト上で動作するプログラムの脆弱性に対する主要な攻撃を防御するための「WAF設定(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)」機能があります。

運用中のプログラムにあわせて、防御したい機能を組み合わせて利用できます。

WAFの設定画面

レンタルサーバーお試し期間は10日間

エックスサーバーは、10日間の無料お試し期間が用意されています。

無料お試し期間中にサイト運営で必要な様々な動作確認をしっかり確認できます。

10日間使ってみて納得できなければ契約しないという選択も勿論可能です。

放っておくとキャンセルとなりますので自動的に有料へ移行するといった心配もありません。

尚、WordPressクイックスタートサービスを使って利用する場合は、ドメインもすぐに使えるようになりますので、10日間のお試し期間はありません。

サポート体制

エックスサーバーには、メールと電話(受付時間 平日10:00~18:00)のサポートがあります。

特に、24時間365日のメールサポートは、必ず24時間以内に対応しますと宣言しており、筆者が何度か問い合わせた時も24時間以内に返信がありました。

エックスサーバーの評価・評判

以上、説明したような特徴を持ったエックスサーバーですが、私もX10のプランを契約し、現在5つのサイトをその1つのサーバーの中で運営しています。

料金的にはもう少し安いレンタルサーバーがあるにもかかわらず、月額1,000円ほどかかるエックスサーバーをレンタルしているのは、この2年間、ダウンすることなく(あったかもしれませんが)、高速で安定しているためです。

以下に、実際に2年間以上使ってきての評価や他の人の評判はどうかをまとめています。

エックスサーバーの評価・レビュー

ページの表示速度

2020年10月、このサイトはカラフルボックス(BOX1プラン)からエックスサーバー(X10プラン)へ移転しました。

まず、ページの表示速度については、スペックの違いもありますが、カラフルボックス(BOX1プラン)よりエックスサーバー(X10プラン)が高速です。

Pagespeed Insightsで任意のページをいくつかスピードチェックするとカラフルボックスより少し高いスコアが出ます(WordPressテーマは同じもので計測)。

特筆すべきは、WordPressでの記事の更新などの作業効率が大幅に上がったことです。

例えば、WordPress画面で「投稿を検索」や「カテゴリーの絞り込み」を使った場合のレスポンスは、カラフルボックス(BOX1)では、10秒~20秒ほどかかっていたものが、エックスサーバー(X10)では1秒とかからなくなりました。

サーバーの安定性

カラフルボックスでは、日中20分ほどのダウンや瞬間的なダウンを何度か経験しましたが、エックスサーバーでは、過去2年間、そういうトラブルには遭遇していません。

知らない間にダウンしていた可能性はありますが、週に4~5日、日中は、WordPressとにらめっこしているにもかかわらず、2年間遭遇しなかったということは抜群の安定性だと思います。

サーバー全体を見ると、他の人が使っているサーバーでは、ときどき障害が起こっているようです(振り当てられたサーバーで若干違います)が、復旧も早いようです。

また、筆者自身、ときどき、phpなどのカスタマイズを行う場合がありますが、修正ミスをした場合などにカワフルボックスと比較してサーバーがダウンしにくいように思います。

WordPressのインストールが簡単

エックスサーバーには予めWordPressのインストール機能が備わっています。

サーバーパネルから簡単にインストールすることができます。

サーバーパネルが使いやすい

エックスサーバーの特徴の欄でも書きましたが、サーバーパネルが他の業者のものと比べて非常に分かりやすく使いやすいです。

WordPressの簡単インストールもそうですが、やりたいことが、メニューとしてしっかり表示されており、直感的に操作して目的を達成することができます。

直感的に操作可能なエックスサーバーのサーバーパネル

例えば、アクセス解析などもワンクリックで訪問者数やPV数、またブラウザー別アクセス数や検索キーワード、アクセス元の検索エンジンなど簡単に確認することができます。

エックスサーバーのアクセス解析

頻繁にスペック強化や新機能を追加

エックスサーバーは、割と頻繁にスペックを強化したり新しい機能が追加されます。

最近では、phpのバージョンが7.4.4に上がりました。

これにより表示速度が向上します。

サポート体制

何度かサポートに問い合わせをしたことがあります。

午前中に技術的な質問をしましたが、午後には丁寧な回答が返ってきました。

平日だったので土日を挟むとどうなのか、という検証はできませんでしたが、24時間365日のメールサポートは24時間以内に対応しますと宣言していますので迅速な対応が期待できます。

エックスサーバーの評判

世間の人はエックスサーバーをどう思っているのでしょうか。

ツイッターから口コミを拾ってみました。

エックスサーバー一択

サーバーの安定感が抜群

WordPressでブログ始めるならエックスサーバーがおすすめ

データベースが無制限に拡大

このようにエックスサーバーの評判は概ね良好です。ネガティブな投稿は探せませんでした。

エックスサーバーの評判と評価まとめ

ということで、エックスサーバーの評判と評価をまとめると、

  • 高速表示とサーバーの安定性が優れている
  • セキュリティ対策に優れている
  • 動作確認URLで動作を確認してネームサーバーを切り替えられる
  • WordPress簡単移行でWordPressテーマごと簡単に移行が可能
  • 口コミ・評判が良好

といったことが上げられます。

高性能で安定したサーバーをお探しの方には、エックスサーバーはおすすめのレンタルサーバーです。個人の方であればX10プランで十分です。

レンタルサーバー申し込みでドメインが1つ無料で貰える等、お得なキャンペーンを実施していたりしますので確認してみて下さい。

参考:エックスサーバーの公式サイト