エックスサーバーでWordPressをインストールする手順

ここでは、当サイトでもおすすめのレンタルサーバーであるエックスサーバーでWordPress(ワードプレス)をインストールする手順を解説しています。

エックスサーバーは、管理画面が見やすく初心者でも扱いやすいのが特徴です。

WordPressもサーバーパネルの「WordPress簡単インストールメニュー」から簡単にインストールすることができます。

エックスサーバーでWordPressをインストールする手順

エックスサーバーには予めWordPressのインストール機能が備わっているので、簡単にインストールすることができます。

ここでは予め、エックスサーバーとの契約が終わっていることを前提に、エックスサーバーでWordPressをインストール手順を解説していきます。

手順は以下の通りです。

サーバーパネルへログイン

まずは、サーバーIDとサーバーパネルパスワードでサーバーパネルへログインします。

サーバーIDとサーバーパネルパスワードは、サーバーを契約した時に送られてきたメールに記載されています。

サーバーパネルへのログイン画面

WordPressをインストールするドメインを選択

サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」をクリックします。

サーバーパネルの「簡単インストール」メニュー

ドメイン選択画面が表示されますので、WordPressをインストールするドメインを選択します。

私の場合、エックスサーバーで5つのドメインを管理していますので、デフォルトドメインと合わせて6つ表示されています。

WordPressをインストールするドメイン選択画面

WordPressをインストールするドメインを選択したら「WordPress簡単インストール」画面が表示されますので「WordPressインストール」タグをクリックします。

WordPress簡単インストール画面

WordPress情報の入力とインストール

下図の画面が表示されますのでWordPress情報を入力していきます。

WordPress情報の入力画面

サイトURL」には、既に選択したドメインが表示されています。

ドメイン直下にWordPressをインストールする場合は①は未記入。ディレクトリを作ってその下にWordPressをインストールした場合は、そのディレクトリを記入します。

例えば、当サイトは、tukaeru.netの下に「lab」というディレクトリを作ってそこにWordPressをインストールしています。この場合は、①の箇所に「lab」を入力します。

②の「ブログ名」は、ブログ又はサイトの名前を入力します(例:当サイトでは「使えるラボ」です)

③の「ユーザー名」は、任意の名前です。何でも構いませんが、後にWordPressにログイン(↓)する時に必要となる情報ですので、必ず控えを取っておきましょう。

WordPressログイン画面

④の「パスワード」も、任意の文字です。何でも構いませんが、後にWordPressにログイン(↑)する時に必要となる情報ですので、必ず控えを取っておきましょう。

⑤の「メールアドレス」は、連絡のつくメールアドレスです。ここで指定したWordPressの情報の確認のメールなどが届きますし、ログイン画面でユーザー名の代わりに使うことができます。

⑥と⑦はそのままでOKです。

以上を記入して「確認画面へ進む」をクリックすると確認画面が表示されます。

内容を確認して良ければ「インストールする」をクリック、修正する場合は、「戻る」をクリックして前の画面に戻り修正します。

WordPress情報確認画面

「インストールする」を押下すると数十秒ほどでインストールが完了します。

インストールが完了するとWordPressへログインが可能になります。

WordPressにログインできるか確認

最後にワードプレスの管理画面にログインできるか確認します。

ワードプレスへのログインは、WordPressサイトURLの後に「/wp-admin/」を付けたものです。

「https://インストールしたドメイン名/任意のディレクトリ名/wp-admin/」

WordPressログイン画面

上のログイン画面が表示されたら、WordPressインストール時の設定画面で入力した

  • ユーザー名(またはメールアドレス)と
  • パスワード

を入力してログインします。

WordPressの管理画面に入室できたら、インストールは正常に完了しています。

この状態で、WordPressの管理画面で実際に記事が書ける状態になっています。

エックスサーバーでWordPressをインストールする手順のまとめ

以上、エックスサーバーでWordPressをインストールする手順を解説してきました。

エックスサーバーは、他のレンタルサーバーと比較して管理パネル(サーバーパネル)が見やすいため、直感的に操作して初心者でも10分程度でWordPressがインストールができます。

サーバーパネルから「WordPress簡単インストール」を選択し、ドメインを選択したら、WordPress情報を入力してインストールすると完了です。

無事にインストールできたかは、WordPressにログインできるかどうかで確認できます。

この状態で記事を書き始めることも可能ですが、通常は、WordPressをインストールすると、WordPressの初期設定を行い、必要に応じてWordPressテーマのインストールを行います。

エックスサーバーは、高機能サーバーで安定性抜群。WordPressも簡単にインストールできるとあって人気のレンタルサーバーです。

関連する記事