AFFINGER6とは?AFFINGER6をダウンロードする方法

ブログ用のWordPressテーマとしてAFFINGER5が気になるけど、AFFINGER6が出るようなのでそれまで待とう。

AFFINGER6はいつ販売されるのだろうか?

このような声がありますが、AFFINGER6とは一体どういうWordPressテーマなのでしょうか。

ここでは、AFFINGER6とはどういうテーマなのか?その内容や口コミ、また、AFFINGER6をダウンロードする方法などを解説しています。

AFFINGER6とは?

勘違いされている方もいるようですが、

AFFINGER6は、現在のところ、新しいWordPressテーマとして販売されているものではなく、AFFINGER5の購入者がアップデートできるAFFINGER5の最新バージョンです。

AFFINGER5の総称名WINGからAFFINGER6になってACTIONという総称名になります。

2021年6月現在、AFFINGER6を手に入れるには、まずは公式サイトでAFFINGER5を購入し、それからユーザー限定ページでAFFINGER6にアップデートする必要があります。

勿論、アップデートは無料です。

AFFINGER6は、現在はβ版として配布されていますが、2021年7月以降はAFFINGER5の販売に変わって正式版としてリリースされます。

では、AFFINGER6は、AFFINGER5と何がどう違うのでしょうか。

ブロックエディタに対応

AFFINGER6は、AFFINGER5のアップグレード版で、WordPressのブロックエディタ(グーテンベルク)に対応したテーマです。

ブロックエディタとは?

ブロックエディタ(グーテンベルク:Gutenberg)とは、WordPressのバージョン5.0から搭載されている新しいエディタ(記事を編集する画面)です。

以前はビジュアルエディタだったものがWordPress 5.0からブロックエディタになりました。

当時は、突然見たことが無いエディタ画面が表示されて、驚かれた方も多いと思います。

ブロックエディタ(Gutenberg:グーテンベルク)

具体的には、記事のデザインや記事を装飾する見出しやリスト、アイコンなどが直感的・視覚的に選べるようになり、これまで探すのに手間取っていたこれらのものが簡単に確認でき記事に簡単に配置できるようになります。

とはいえ、馴染み深い旧エディタとは使い方が大きく変わるので、使い慣れるまでのしばらくの間は逆に使いにくいと感じるかもしれません。

AFFINGER6はブロックエディタに対応

WordPressのバージョンアップで、ブロックエディタになったことに伴い、WordPressテーマやプラグインは、この新しいエディタに対応しなければならなくなりました。

このブロックエディタに対応できていない間は、Classic Editor(クラシックエディター)というブロックエディタから旧エディタ画面に戻すプラグインをインストールして使う必要がありますが、AFFINGER6は、このブロックエディタに対応したものになります。

ちなみに、Classic Editor(クラシックエディター)は、2021年12月31日にサポートが終了とされていましたが、現在は少なくとも2022年末まではサポートを継続すると告知されています。

AFFINGER6(ACTION)は、ブロックエディタ操作用の専用マニュアルも用意しています。

マイブロック機能を追加

AFFINGER6は、ブロックエディタへの対応に伴い、マイブロック機能を追加しています。

マイブロック機能とは、例えば、よく使うデザインや長ったらしいアフィリエイトコードをボタンともどもショートコードとして登録して、記事の中では、シュートコードを記載するだけでデザインやアフィリエイトコードを呼び出せるというものです。

よく使うデザインやタグをマイブロックとして登録しておけば非常に便利です。

Font Awesome5に対応

Font Awesomeとは、アイコンを文字として扱うことを可能にしたツールです。

ブログ内に簡単に挿入できるということで人気があります。

これまでは、Font Awesome 4.7が主流でしたが、現在は、Font Awesome5が主流。

AFFINGER6は、主流となっているFont Awesome5に対応していますので、これまでよりさらに多くの文字アイコンを使うことができます。AFFINGER5との互換性もあります。

クレジットを自動消去

AFFINGER5では、デフォルトでフッターのコピーライトに「Powered by AFFINGER5」というクレジットが表示されます。

AFFINGER5でこれを削除するには、クレジット削除プラグインをインストールして消去しなければなりませんでしたが、AFFINGER6では、クレジットが表示がなくなりましたので、わざわざプラグインをインストールして消去する必要がなくなりました。

トップページにタブ式カテゴリー一覧が表示可能に

AFFINGER6では、トップページにタブ式のカテゴリー一覧を表示できるようになりました。

設定画面でフロントページに表示するか否かの選択をし、表示するカテゴリーIDや表示する記事数を設定すると表示されます。

AFFINGER6では、これら以外にも細かい機能の追加がなされています。

AFFINGER6の口コミ

実際のAFFINGER6の評判はどうなのか、ツイッターから口コミを拾ってみました。

まだ新しいので口コミは少な目です。

ブロックエディタが使いやすい

AFFINGER6は現在のところβ版です。

困った不具合は出ていないようで、使い勝手もいいようですが、機能追加や修正のアップデートはときどきなされています。

AFFINGER5のユーザーの方の中には、すぐにAFFINGER6にアップデートして使っている方と、正式版が出るまでアップデートを待っている人がいます。

正式版は、近いうちにリリースされるのではないかと考えられています。

表示速度がアップした

AFFINGER5からAFFINGER6にアップグレードしてページの表示速度が上がったとする口コミは少なくありません。

AFFINGER6のダウンロードする方法

AFFINGER6を入手するには、現在のところ、まずは、AFFINGER5を公式サイトで入手し、購入ユーザー限定のページでAFFINGER6にアップデートする方法しかありません。

勿論、アップデートですので無料でできます。

購入ユーザー限定のページからAFFINGER6をダウンロードし、WordPress管理画面の【外観】-【テーマ】のページでAFFINGER6の親テーマと子テーマをアップロード。
そして子テーマの方を有効化すれば完了です。
  1. AFFINGER5を購入してWordPressのテーマに設定する
  2. 購入ユーザー限定のページでAFFINGER6ダウンロードしWordPressにアップロードする
  3. 子テーマの有効化

まとめ

以上、AFFINGER6とはどういうテーマか?AFFINGER5との違いや口コミ、また、AFFINGER6をダウンロードする方法を解説してきました。

AFFINGER6はAFFINGER5のアップデート版で、主にブロックエディタ(グーテンベルク)に対応したWordPressテーマです。

現在のところ、AFFINGER6はβ版。すぐにアップロードするか、正式版がリリースされてアップデートするかはユーザーの自由です。

現在、AFFINGER6を入手するには、AFFINGER5を購入後、購入ユーザー限定のページからダウンロードした後、WordPressにアップロードしてアップデートすることができます。