マンションと一戸建て、老後の終の棲家はどちらを選ぶべきか?

マンションと一戸建て、老後の終の棲家はどちらを選ぶべきか?

ここでは、マンションと一戸建て、老後の終の棲家としてはどちらを選ぶべきか?について少しでも判断する材料になればと思い様々な比較を行っています。

住居の住み替えについては、1970年代からしばらくは、収入のアップとともに「賃貸アパート」から「分譲マンション」へ、そして値上がりした分譲マンションを売却して終の棲家として「庭付き一戸建て」へ住み替える、いわゆる「住宅双六(すごろく)」と言われるものが流行していました。

しかし、近年は、人の価値観の多様化に伴い、都心のマンションを売却して地方の一戸建て住宅に移り住んだり、郊外の一戸建て住宅を売却して都心のマンションに移んだりと住宅双六のゴールも多様化してきています。

一般的には、マンションが防犯性や最寄駅からの距離、管理面など住宅の立地・利便性や性能で選ばれる傾向があるのに対し、一戸建ては住戸の広さや間取り、駐車場と、土地や建物の広さで選ばれる傾向が高いと言われています。

しかし、近年は核家族化が進み、老後になると子供たちも家から離れ、基本的には夫婦二人暮らしになるといった人も少なくありません。

広い部屋も半分は使わなくなり、いちいち車を運転してスーパーまで買い物に行くといった生活も不便に感じるようになってきます。

このため、終の棲家として地方の一戸建てから利便性の高い都心のマンションへ移り住むというスタイルが流行っているようです。

そこで、ここでは、老後の終の棲家として、「マンションと一戸建て、どちらがいいか」という問題について考えるべく、それぞれの特徴を比較してみたいと思います。

マンションと一戸建て、終の棲家はどちらがいいか

マンションOR一戸建て

セキュリティの問題

セキュリティの高さは一般的にマンションの方が優れています

老後はセキュリティ(防犯性)の面からマンションを選択する方も多いでしょう。

マンションの場合、基本的に個別にセキュリティ会社と契約しなくてもマンション自体のセキュリティがありますので安全です。

自宅の玄関に加えてエントランスやエレベーターホールなどで2重・3重のセキュリティが可能で基本的にエントランスで関係者以外の侵入を止めることができます。

また、エレベーター以外にも至る所に監視カメラが設置してありますので安心です。

2階以上の階の侵入口は基本的に玄関1カ所だけになりますし、コンクリート造りなので空き巣や放火などのリスクも非常に低くなります。

マンションのセキュリティ費用は管理費で賄われ、一戸当たりの負担は少なくて済むので経済的にも助かります。

メンテナンス・維持費

マンションでは、管理費や修繕積立金、車を駐車している場合は駐車場代などが強制的に徴収される代わりに共用部分の清掃やメンテナンス、また修繕なども管理会社が計画立ててしっかりとやってくれます。

管理会社がやってくれますのでゴミ当番といった面倒なこともせずに済みます。

一方、一戸建ては管理費や積立金、駐車場代といったものは不要ですが、その分、自分たちで日々のメンテナンスを行う必要があり外壁や屋根などの将来の修繕などについても計画立てて行う必要があります。

このようにマンションは有料で委託し、一戸建ては自分で管理するのが一般的です。

一戸建ては、年をとってからのリフォームや管理が大変という面も老後の住家としてマンションが選ばれる理由の一つとなっています。

一般的に維持費は、マンションの方がかかると思われますが、その分、各種メンテナンスや日々の清掃などの煩わしさからは解放され便利といえます。

ご近所付き合い

一般的に一戸建てはマンションよりもご近所付き合いが親密な場合が多いようです。

マンションと一戸建てのご近所付き合いについては、様々な調査結果があります。

それによると、マンションではご近所さんに遭遇した時に軽い挨拶を交わす程度のお付き合いが一戸建てに対して多いのに対して、一戸建ては、頻繁に挨拶する、お土産やおすそ分けを渡すなど、より親密な関係になる傾向がマンションより高いようです。

ご近所さんとの関係が親密になるならないには一長一短ありますでので自分がどちらに合っているかよく考えることが大切です。

騒音問題

騒音問題は、ご近所トラブルになりやすい代表的なものです。

マンションの場合は特に上階の足音などの生活音が気になります。隣の部屋の音は構造上、意外と遮断されますが、それでも激しい足音や生活音は聞こえてくる場合があります。掃除機や洗濯機の音などは聞こえません。

戸建は、上下からの音などとは無縁ですが、近隣の物音や路上での話声、車の音、犬の鳴き声などはよく聞こえます。

このようにマンションは上階、一戸建ては外の音に注意が必要です。

騒音問題は、物件により、当たり外れがあります。万が一騒音のある住居に住まなければならなくなったら窓や壁などの防音対策で騒音を緩和することは可能です。

駐車場

マンションの場合、
・平置きタイプ
・立体駐車場タイプ
・機械式駐車場タイプ
といった駐車場が殆どです。

立体駐車場や機械式駐車場の場合、高さ制限や車幅制限がありますので購入する車に制限がかかる場合があります。

さらに一家で2台、3台となると駐車スペースが確保できない事態も出てきます。

その点、一戸建ての場合は、土地を広めに確保できればマンションと比較すると十分なスペースを確保できますので、車好きの方にはポイントの高い項目です。

ペット

マンションの中にはペットを飼うことを禁止しているところもあります。

大型犬を飼えるマンションも多くはありません。大型犬などのペットとの暮らしを優先させたいのであれば、一戸建てを検討する必要がでてきます。

利便性

都心のマンション、郊外の一戸建てであれば生活の利便性は都心のマンションに軍配が上がります。

商業施設だけでなく、銀行や郵便局、各文化施設などが徒歩圏内にあり、近くに何でも揃っていますので車が無くても生活が可能です。

車の運転ができなくなった人などこの利便性を求めて郊外の一戸建てを売却して都心のマンションに移り住む人が増えています。年をとってくると何よりも便利というのが魅力になります。

災害対策

近年は地震が増えています。南海トラフ地震をはじめこれから30年以内に高確率で発生するとされている大きな地震は少なくありません。

今後住む家を考える時も地震をはじめとする災害への対策については最も優先度の高い事項として考えなければなりません。

そういう点でいえば、耐震・免震構造でマンションが安心と言えます。

資産価値

一戸建ては建物の評価はマンションと比較してどんどん下がっていきますが、土地がある分、土地の資産価値は残ります。

どちらが資産価値があるというのは、
・築年数・耐用年数
・一戸建ての場合の土地の価値
・売りやすさ・貸しやすさ
・立地・利便性
などによります。

ちなみに税法上の耐用年数をみると、一戸建て(木造住宅)は22年、マンション(鉄筋コンクリート造等)は47年とされています。

つまり、築20年を超える一戸建ては土地だけの価格にしないと売りにくいこともあるようですが、逆に50年経っても土地の価値は残ります。

マンションの場合は建物の資産価値は一戸建てより長期にわたってありますが、50年、60年も経つとその存在すら危うくなりますし、子供、孫の代まで考えるとなるとどこかで手放さざるをえなくなります。

少子化で空き家の問題も深刻になってきます。資産の価値は一戸建てかマンションかという括りではなく、その物件によることとなります。

マンション・一戸建ての住人の口コミまとめ

口コミ

  • 戸建は、道路でのボール遊びが響きます。朝はシャッターの開け閉めの音や犬の鳴き声等気になります。
  • マンションから一戸建てに移り住み念願のガーデニングができるようになり、快適なシニアライフを満喫しています。
  • 歳をとって運転が億劫になってきました。都心のマンションへの住み替えを検討中です。
  • マンションに住んで挨拶以上のつきあいはなくなりました。
  • 戸建てに住んでますが、路上駐車に悩まされることがあります。
  • 戸建てもマンションも済んだことがありますが、結局、お付き合いや騒音問題はご近所さん次第で変わってきます。そういうのが我慢できない時は一生賃貸という手もあります。
  • セキュリティや利便性、今後発生するかもしれない地震などを考えたら私たち夫婦はマンション一択でした。今のところ何も問題なく快適に過ごせています。
  • ご近所付き合いも悪いことばかりではありません。旅行などに出かける時はお互い声掛けして留守にしても安心して出かけることができます。
  • 気に入った車がマンションの立体駐車場の車幅制限で変えないのが残念です。
  • リフォームなどの自由度は一戸建てがあります。
  • 相続のことを考えると資産価値としては一戸建てがいいと思います。

以上、老後の終の棲家として「マンションと一戸建て、どちらがいいか」という問題について考えるべく、それぞれの特徴を比較してきました。

近年は、老後の終の棲家として住み替えの場合、一戸建てより利便性や防犯性の高い都心部のマンションの方が買い手や借り手がつきやすいと言われています。

ただ、近年は、老後の経済的なやり繰りとして不動産を売却して、安い賃貸や中古物件に住み替え、差額を生活費に補填するといった住み替えも増えてきています。

特に配偶者が亡くなった後、十分な年金が貰えなくなり、生活に困窮するケースにそのような方法がとられるようですが、人生100年時代と言われるようになってきた昨今では、終の棲家を考える場合の一つの選択肢としてありだと思います。

比較項目
マンション
一戸建て
セキュリティ
ご近所付き合い
騒音問題
メンテナンス・維持費
駐車場
ペット
暮らし・利便性
災害対策
資産価値
ケースバイケース
マンションの場合は都心を選択

以上の意見や情報を参考に自分の価値観や生活スタイルに合った方を選ぶと良いと思います。

関連記事

ここでは、定年後の住み替えによる自宅の売却は、不動産一括査定で一度見積もるのがおすすめという話を紹介します。最もいい条件で売却できる可能性が高くなります。定年後に住み替えをする理由一昔前までは、在職中に住宅ローンを組んで家を購入し、[…]

定年後の住み替えによる自宅の売却は不動産一括査定で見積もるのがおすすめ