アパートの賃貸経営で失敗したくなければ不動産屋を回る前に資料請求で情報収集

ここでは、アパートの賃貸経営で失敗したくなければ、近場の不動産屋に相談しに行く前にできるだけ情報収集をしておくことが得策であることを解説しています。

老後のリスクに備えた資産運用が必要な時代に

近年は老後リスクが話題になっています。

少子高齢化が進む中、年金の支給開始年齢は先送りされ、貰える年金額も今後ますます縮小されることが予想さます。

このため、私たちは年金だけでは不足する老後の生活費に備えて、若いうちから老後の資金を準備しなければならなくなりました。

とはいえ、現在は低金利の時代。銀行にお金を預けても利息はスズメの涙。

かといって株やFX、ビットコインなどに投資するのはリスクが高すぎます。もともとあるお金も失いかねません。

アパートの賃貸経営という投資は検討の価値あり

そんな時に検討したい投資の一つがアパートの賃貸経営です。

アパート(不動産)の賃貸経営には他の投資にはないメリットがいくつかあります。

アパート経営のメリット

長期の安定収入が見込める

様々な投資の中でも堅実な投資として長期の安定収入が見込めますので、老後資産の形成を考えている方たちにも人気がある投資です。

ローンを返している間は毎月安定した収入が長期的に見込め、ローン完済後は無担保の土地や物件を資産として残すことができます。

銀行から融資が受けられる

銀行は株やFXにはお金は貸しませんが不動産経営には今のところお金を貸してくれますね。それだけ不動産投資は堅実な投資であることが認められているということです。

特にサラリーマンは定収入がしっかりある「属性」として、銀行から高く評価されるようになり、サラリーマンでアパート経営している人も増えてきました。

マイナス金利政策で銀行が喜んでお金を貸してくれる今がチャンスとも言えます。

インフレ対策

また、将来必ず訪れるであろうインフレに見舞われた時、現金や預貯金などの金融資産は貨幣価値が目減りしていく中、不動産であれば下がるどころか上がっていくことが予測できます。

インフレの場合は、家賃価格を値上げしたり、投資用不動産を売却して、キャピタルゲインを得ることもできます。

不動産投資は景気変動に強いと言われる所以ですね。

しかし、インフレで不動産の価値が上がっても借金が増えることはありません。借金はインフレ対策に有利と言われる所以です。

税制上のメリットがある

不動産投資には、税制上様々なメリットがあります。

建物の減価償却費やローン金利、さらに固定資産税、都市計画税などの必要経費が差し引かれるので、所得税等の節税効果があります。

また、不動産投資での赤字は、他の所得等と損益通算できます。

例えば、サラリーマンを本業として不動産経営を行う場合、不動産によって100万円の赤字が発生した場合、サラリーマンの所得税の支払い対象となる金額が100万円の部分について免除されます。

さらに、一般的に不動産の時価よりも相続税評価額が下回っている事が多いため、相続税も軽減されることとなります。

ですので、アパートの賃貸経営という投資は、眠ってしまっている土地の有効活用を考えている地主の方やアパートの賃貸経営に興味がある投資家だけでなく、投資に興味のある一般のサラリーマンの方にも一度は真剣に検討してほしい投資案件なのです。

生命保険の代わりになる

投資用のマンションやアパートを購入して金融機関から融資を受ける場合、団体信用生命保険に加入するのが一般的です。

団体信用生命保険に加入しておけば、名義人が死亡したときは保険金から残債を一括返済してくれるため借入金の返済が免除され家族に投資用不動産を残すことができます。

残された家族はその投資用不動産から賃貸収入を得たり、売却してまとまった現金を得ることもできます。生命保険の代わりになると言われる所以です。

アパート経営のデメリット

一方で、アパートの賃貸経営には、空室リスクや建物の老朽化、不動産価格の下落、災害といったリスクもあります。

そういった点からも伴走してくれるアパート経営のパートナー選びは重要です。

アパート経営は投資の価値あり

このようにアパート経営には他の投資にはないメリットがいくつもあります。

・長期的な安定収入・副収入が欲しい
・老後の年金対策を考えている
・土地を所有しているが、活用方法がわからず放置している
・土地を相続したが、相続税の対策をしていない
・所有している土地の固定資産税の支払いに困っている
・土地は所有していないが、不動産投資をやってみたい
・所得税対策をしたい
・堅実な投資先を探している
・インフレ対策を検討している
・サラリーマンの方で副業を検討している

そういった方は、是非一度検討してみて下さい。

アパートの賃貸経営で失敗したくないなら不動産屋を回る前に資料請求がおすすめ

個人的な見解も加わり、アパート経営をお勧めするような論調になってきましたが、ここではアパート経営をおすすめするという趣旨のページではありません。

アパートの賃貸経営を検討するのであれば、また、少しでも賃貸経営に興味があるのであれば、色々な情報を集めじっくり考えて結論を出しましょうと提案するページです。

投資ですので100%成功するとは限りませんし、確実に儲かるとも言えません。

失敗するかも、と考えるのは仕方のないことですが、その人達の殆どが真剣に検討したことがない人達です。

何も調べないうちから二の足を踏んだり諦めることは非常に勿体ないことです。

人生に何度とない大きなチャンスの一つを逃しかねません。

本当にチャンスは自分で掴むものなんですね。

そこで、ここでは、大手不動産会社・建築会社に賃貸経営プランを無料で一括資料請求できるサービスを紹介しています。

資料請求をすると、契約している最寄の不動産会社から提案資料が送付されてきます。

賃貸経営のプランを一括で資料請求するメリット

例えばアパートの賃貸経営を検討している場合、最寄の不動産会社に相談するということも考えられますし、そうしている方も多いと思います。

様々な運用プランが確認できる

しかし、不動産会社や建築会社は、それぞれに建築費用や不動産の運用プランが異なり、得意とする分野も様々です。相談する最寄の不動産会社があなたにとって最も適したプランを提案してくれているのかどうか定かではありません。

かといって一社ずつ話を聞いたり資料を集めてまわるのも大変な労力と時間がかかってしまいます。

その点、文明の利器であるインターネットを使って誰もが知っている大手不動産会社やCMで有名な建築会社・地域に特化した地元企業などに一括で資料請求できることは非常に効率的で有意義なことだと思います。

例えば本業がある方は本業に影響が出ないよう、入居者募集から家賃集金、クレーム処理等、管理にあたる部分を管理会社に委ねるプランも提案されます。

契約するか否かはじっくり検討した後の判断になりますが、データ(情報)を集めるのにこの手段を使わないのは勿体ないですね。

送られてくる資料の中には目からウロコの情報もあるかもしれません。

競争原理を活用する

同時に資料請求をすることは特徴の異なる企業同士で競争を生ませることができます

この原理は、保険の契約をはじめ不動産や車の査定でも利用されています。

これらは、効率的に最も安い金額で契約できたり最も高い価格で売れるため、インターネットの世界で爆発的に利用されるようになってきたものです。

賃貸経営の場合はもう少し複雑になりますので、保険の契約や車の査定のようにはいきませんが、ユーザーにとって効率的で便利であることは間違いありません。

ネットでの資料の一括請求で、より良い運用プランが見つかったり、建築費を抑えることが可能となるメリットがあります。

アパート賃貸経営のパートナー選びで着眼すべき重要なポイント

賃貸経営のパートナーを選ぶ上で着眼すべき重要なポイントがいくつかあります。

会社の規模や知名度も安心材料にはなりますし、建築費なども気になるところですが、

  • 明確な収支計画や資金計画が提示されているか
  • 自分とよく似た条件下での実績でプランを提案してくれるか
  • 空き室対策やクレーム対策などの運営・管理体制がどうなっているか

などです。

不動産経営に専念するのか、働きながら副業としてやるのか、などでもポイントの配分が変わってきますのでこれらをもとに総合的に判断するようにしましょう。

資料請求から契約までの流れ

資料請求から契約までの流れ

資料請求以降の流れです。

勿論ですが、資料を請求したからといって契約しなければならないなんてことはありません。

  1. 必要事項を入力して資料を請求すると不動産会社からお客様の手元にアパートも賃貸経営に関する資料が届きます。
  2. 気になった不動産会社があれば連絡し相談します。
  3. 不動産会社は用地の調査・査定を行った後、お客様に合った提案をします。
  4. 提案内容に問題無ければ契約へと進みます。

まとめ

以上、アパートの賃貸経営で失敗したくないなら不動産屋を回る前にまずは資料請求がおすすめだということを述べてきました。

投資には失敗はつきものです。こういったアパートの賃貸経営にしても100の成功例を目にしても1つ2つ失敗例を目にすると失敗例だけが脳裏に焼き付き及び腰になってしまう人も多いようです。

しかし、何もやらなければ失敗もしないかわりに成功もありません。これから増々加速する少子高齢化、人口減少で将来は楽観視できません。

もしかすると何もやらなければ失敗する側になるかもしれませんね。

何度も言うようですが、ここは不動産投資(賃貸経営)をおすすめしているのではなく、投資の一つとしてアパートの賃貸経営を考えるのであれば、より成功に近づけるためにできることはしましょうということを提案しています。

まずは徹底的に情報を集めて吟味すること。わからないことがあれば聞いたり相談したりすること。それが何をするにしても成功への第一歩です。

参考:老後対策の不動産投資なら東京のワンルームマンションがおすすめ