ITパスポートは就職・転職に有利か?

ITパスポートは就職・転職に有利か?

ここでは、情報処理技術者試験の一つである「ITパスポート」とはどういう資格か、試験の内容や難易度などを解説しています。

ITパスポートとは?

ITパスポート(通称:iパス)は、情報処理に従事するものだけでなくITを活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識があることを証明できる国家試験です。

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者を想定して試験が実施されます。

経済産業省が実施している情報処理技術者試験のITパスポート試験に合格することでITパスポートの水準であることが認定されます。

ITパスポート試験は、情報処理技術者試験の中では最も難易度が低い試験で、スキルレベル1(エントリーレベル)に相当します。

今やIT技術は、何の仕事をするにしても欠かせない技術なので、IT業界に身を置く人でなくても職業人として是非取得しておきたい資格です。

参考:就職・転職に有利な資格

ITパスポート試験の概要

受験資格

受験資格は必要ありません。

年齢、学歴、国籍、性別、実務経験等に関係なく誰でも受験できます。

試験日時

ITパスポート試験は全国47都道府県の試験会場で随時実施されています。

試験会場は、下のIPAのページで探すことができます。

参考:試験会場・ITパスポート試験

試験の方法と内容

試験の方法

試験は、全国47都道府県の試験会場で、CBT方式で実施されます。

CBT(Computer Based Testing)方式では、コンピュータを利用して試験が実施されます。受験者は用意されたPC端末で受験番号と利用IDでログイン後、パソコンに表示された試験問題に対してマウスやキーボードを用いて解答します。

IT関連資格の試験ということだけあり、パソコンの基本的な操作も要求されるという訳です。

試験が終わると、その場ですぐに採点され評価点が表示されます。

その時点で合格基準を満たしていれば、ほぼ合格は確定となりますが、正式な合格発表は、ITパスポート試験を受験した月の翌月中旬にITパスポート試験のホームページに受験番号を公表してなされます。

試験の内容

問題は、四肢択一100問です(但し、出題数100問のうち総合評価は92問で行い、残りの8問は今後出題する問題を評価するために使われます)

試験時間:120分

出題範囲は、

  • ストラテジ系(約35問)
  • マネジメント系(約20問)
  • テクノロジ系(約45問)

で構成されています。

合格基準・合格率

合格基準

1,000点満点の総合評価点が600点以上で、それぞれ1,000点満点の分野別評価点が、

  • ストラテジ系:300点以上
  • マネジメント系:300点以上
  • テクノロジ系:300点以上

が合格となります。

総合評価点が600点以上でも分野別評価点のいずれかが300点未満の場合は不合格となります。

尚、総合評価は92問、分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問で行われます。

合格率

例年50%前後。令和元年10月20日の試験の合格率は55.2%でした。

受験手数料

5,700円

難易度と合格までの時間の目安

難易度: 易しい

合格までの学習時間の目安:200時間

ITパスポートの参考書は書店にも多く見られます。独学でも合格は十分に可能です。

ITパスポートは就職・転職に有利か?

今や誰でもがパソコンが扱えて当然の時代です。ITの基礎的な知識が求められるのはIT関連企業だけではありません。どの会社もIT技術無しでは成り立ちません。

ITパスポートは、新卒または社会人1~2年生までは一般企業などへの就職・転職時においてITに関する基礎知識を備えているとして有利になる場合があります。

IT関連の部署に配属されるといったこともあるでしょう。

しかし、新卒者の資格保有者は、IT業界においても一定の評価を受けますが、社会人3年目にもなると基本情報技術者試験、20代後半からの中堅レベルになると応用情報処理技術者試験以上の合格者でなければ就職や転職時に有利に働くということは難しいと言えます。

関連記事

資格を取ってスキルアップを図りたい、昇進・昇格したい、就職や転職に活かしたい、独立したい、と考えて、いざ、目ぼしい国家資格の受験資格の要件を確認してみると、一定の学歴が必要だったり実務経験が必要だったりしてガッ[…]

受験資格なしの国家資格
関連記事

定年退職後の生活に不安をかかえている人は多いと思います。 60歳から65歳で定年を迎えても年金と貯蓄だけで悠々自適な生活を送れる人はごく僅か。 多くの人が年金と貯金だけでは不足する生活費を補うために[…]

定年後に役立つ資格を再就職用と独立用に分けて解説