趣味:シニアインスタグラマー

インスタグラム(Instagram)とは、写真や動画の投稿に特化したSNSです。TwitterやFacebookと比較して、写真や動画などのビジュアルでコミュニケーションをとるのが特徴的です。

そして、インスタグラマーとは、インスタグラムのユーザーのうち、特にフォロワー数や閲覧数が多く沢山の人強い影響力を持つユーザーを指します。

2017年には「インスタ映え」という言葉が流行語大賞になったり、「インスタグラマー」と言われる職業まで生まれるほど社会に浸透しており、現在は、日本だけでも3300万人以上のユーザーがいると言われています。

流行に敏感な20代から30代の女性ユーザーから増え始めましたが、現在は、50代から60代の中高年のインスタグラム利用者も600万人以上いると言われており、この数はここ数年で急激に増えたといわれています。

写真や動画に興味のあるシニアの方は、シニアインスタグラマーを目指すことを趣味にしては如何でしょうか。

参考:インスタグラム(Instagram)

インスタグラム(Instagram)の魅力

写真や動画を投稿して楽しむ

インスタグラムは、写真を撮影した後、写真を簡単に編集・加工し、すぐに公開することができるので、素人でもシニアの方でも簡単に参加することができます。

写真や動画を投稿すると、「いいね!」やコメントが付けられるなど、公開した写真や動画に対しての反響を確認することができる点が楽しさの一つです。

この機能を活用してお店の商品やサービスをインスタにアップし、営業活動をするお店も増えてきています。美容室やスイーツのお店などがそうです。

スイーツの写真

また、近年は、より多くの「いいね」を貰うために、一眼レフやミラーレスなど、インスタ映え専用のカメラを使う人も少なくありません。

最近のスマホは高機能で画質もいいものばかりですが、そうは言っても一眼レフやミラーレスカメラと比べると、その差は一目瞭然です。

特に部屋の中や夜景の撮影では、画質の差がはっきり出てしまいます。

現在、4人に一人は、インスタ映え専用のカメラを持っていると言われています。

閲覧して楽しむ

さらに、Instagramは、アカウントを作成すれば、投稿はせずに、友人・知人やファンである芸能人や人気モデルなど、他人の投稿した写真や動画を見るという楽しみ方もできます。

写真を投稿するなんて恥ずかしいという方も楽しめるおすすめのSNSです。

テレビなどでは拝見できない芸能人の私生活やファッション、おしゃれなアイテム、また、交友関係なども見ることができます。

気になる芸能人などのInstagramのアカウントはネットなどで調べれば簡単にわかります。

インスタグラムを見ると相手に閲覧がバレてしまうかどうかは気になる点ですが、インスタグラムで足跡が残るのは、ストーリーとライブ配信の閲覧、投稿へのコメント、いいね、などで、通常の写真や動画の閲覧は足跡は残りません。

インスタグラム(Instagram)の始め方

Instagramアプリをダウンロードしてアカウントを作成

インスタグラムは、スマホの場合は、iPhoneであればApp Store、AndroidであればGoogle PlayでInstagramアプリをダウンロードした後、アカウントを作成(プロフィールを編集)することで始めることができます。

TwitterやFacebookなどを利用しているのであればそれらと連携させることもできます。

勿論、PCでも可能です(インストール不要)。

尚、インスタグラムは複数のアカウントを持つことが可能です。プライベートでの趣味用とビジネス用など別々にアカウントを持っている人も少なくありません。

写真や動画を投稿

Instagramのアカウントを作成すると

  • 投稿にいいねをしたりコメントを入れたり
  • 写真や動画、ストーリーを投稿したり
  • 特定の友だちに投稿をシェアしたり
  • ハッシュタグを付けたり検索したり

することができます。

ストーリートとは?

ストーリーとは、24時間後に自動的に非公開になる投稿のことです。

コメント返しや投稿後のフォロワーの反応も気にする必要がなく気軽に投稿できるということで、ユーザーのなかで人気の機能です。

ハッシュタグとは?

ハッシュタグとは、#(シャープマーク)から始まるキーワードのことで、インスタグラムを利用しているすべての方が自由に設定できるものです。

ハッシュタグはインスタグラムの中で検索することができますので、ハッシュタグを付ける場合は、写真や動画に関連していたりインスタグラム内でよく使用されているキーワードを意識して付けることで見つけてもらいやすくなります。

趣味:シニアインスタグラマー

このように、インスタグラムは、アプリをダウンロードしてアカウントを作成すれば、後は写真や動画を投稿するだけでSNSに参加することができます。

被写体が自分でなければ個人を特定されることもないのでペンネームでの参加も可能です。

自分が投稿した写真や動画に、いいね!が付いたり、フォロワーが増えてくることで、自分の存在価値を見出して段々とハマっていきます。

好んでインスタ映え専用のカメラを準備する人もいますが、特に最近のスマホは広角に対応したり、暗いところでもキレイに撮れるものもありますし、インスタグラムにも写真を編集・加工する機能もありますのでスマホのカメラでも問題ありません。

インスタグラムのユーザーは、20代と30代の女性が多いと言われていますが、シニアの方でもインスタグラムで活躍する所謂シニアインスタグラマーと呼ばれる人も急増しています。

何にしても始めるのに遅いということはありません。例え、歳をとっていても興味があればチャレンジしてみてはどうでしょうか。