アウトドアの趣味まとめ

アウトドアの趣味

休みの日は外でアクティブに動き回りたい、家族や友達とアウトドアライフを楽しみたい、また、一人でアウトドアの趣味を楽しみたい。

ここではそういう方にアウトドアの趣味を一覧形式で紹介しています。

アウトドアの趣味一覧

オートキャンプ

趣味:オートキャンプ

アウトドアの趣味として人気の高いキャンプ。キャンプの醍醐味は、何と言っても森や水辺といった自然の気配を感じながら気ままに時間を過ごすこと。テントを張って焚火を囲み、コーヒー片手に過ごすひと時は格別です。

オートキャンプとは、車と隣接した場所にテントやタープを張ることができる「車とセットで楽しめるキャンプ」です。

近年は、定年後・老後にキャンピングカーを購入し、夫婦で長い時間をかけて全国のオートキャンプ場をまわるという方も増えてきています。また、男性・女性を問わず、誰にも束縛されずに一人でキャンプを楽しむソロキャンプにも人気があります。

参考:趣味:オートキャンプ

グランピング

趣味:グランピング

グランピング(Glamping)は、簡単に言えば快適なキャンプのことです。キャンプファイヤーができたり、屋外で食事が楽しめたりするのは、普通のキャンプと同じですが、ホテルや宿泊施設が提供しているサービスなので、雨風を凌げる施設が用意されている上、冷暖房設備など快適装備も殆ど揃っています。

ベッドやトイレ、お風呂や冷蔵庫なども用意されていたりしますので、従来のキャンプの良いとこどりをして気軽に快適にキャンプを楽しみたいという人のためのキャンプです。

グランピングは大自然の中でのキャンプは楽しそうだけど、自分でテントや調理道具、食材などを揃えて、テントを張ったり料理をしなければならないのはちょっとハードルが高そうと思っている人や初心者の人にもオススメです。

参考:趣味:グランピング

神社仏閣巡り

趣味:神社仏閣巡り

神社仏閣巡りとは、全国にある寺社・神社を巡る趣味です。「パワースポット」という言葉や御朱印を集めて回る「御朱印女子」が流行したりして、中高年だけでなく若い世代の方にも神社・寺社仏閣巡りを趣味とする人が増えてきたように思います。

神社・寺社には凛とした独特の佇まいがあります。例え都会の中にあっても、訪れると不思議と都会の喧騒を離れたかのように落ち着いた気持ちになり、心身ともにリラックスできて癒されます。木々などの緑もありますので身も心もリフレッシュされた気分になります。

神社・寺社には歴史や文化がありますので、それを学べることも神社仏閣めぐりの魅力です。

参考:趣味:神社仏閣巡り

食べ歩き

趣味:食べ歩き

食べ歩きという趣味は、特に知識も必要なく誰でもすぐに始められます。いつもの食事を食べ歩きという特別な食事にするだけなので、男性・女性を問わず一人でもあまり抵抗なく始めることができます。食べ歩きは食べ物の味だけでなく、その店の雰囲気やお店の周りの雰囲気なども楽しむことができます。

グルメ情報は、インターネットをはじめグルメ番組やガイドブックなど、至るところにありますので、情報を収集したら後は食べたいものを決めてそこに行って食べるだけです。

食べたものをノートやパソコンに記録したり、ブログで紹介するというのも食べ歩きを趣味として楽しむ方法の一つです。

参考:趣味:食べ歩き

水泳

趣味:水泳

水泳は健康の維持・増進に最も適したアウトドアスポーツの一つです。運動不足の人は勿論のこと、心肺機能を強化したい、ダイエットをしたい、メタボ体系を解消したい、肩こりや腰痛を改善したい、不眠症を改善したいといった人には特におすすめです。

様々なスポーツの中でも水泳ほど体全体をバランスよく動かすスポーツはありません。筋トレと有酸素運動をバランスよく兼ね備えた運動ですので全ての人におすすめです。

参考:趣味:水泳

ウォーキング

趣味:ウォーキング

ウォーキングはいつでもどこでも誰でも手軽に始めることができる趣味の一つです。健康を保つため日常に取り入れるシニアの方が増えています。朝に日光を浴びると、睡眠・覚醒リズムが整い、質のよい睡眠を得られるようになると言われています。

ウォーキングを続けるコツは、歩くコースを変えて違う景色を楽しんだり、目標設定してやる気を起こさせるために歩数計やアプリを活用するといいかもしれません。

ときどきあるのが、最初から飛ばしすぎて、3日ともたないというパターンです。有酸素運動は無理しない程度に続けることが重要です。

参考:趣味:ウォーキング

カメラ(写真)

趣味:カメラ(写真)

カメラ(写真)は、風景や人物、ペットなどをカメラで収めるアウトドアの趣味です。カメラ(写真)を趣味として楽しむためには、何かを記録する、写真を通して何かを伝える、といったように自分なりに目的を持つことが重要です。

写真は奥が深いものです。構図や背景やアングル、明るさや色合いなどで同じ物でも撮り方によって全然変わってきます。

カメラは例え趣味とすることを諦めても、家族のイベントや集まる場所で活躍しますので、ゴルフや釣り道具のように止めて道具が無駄になることはありません。

参考:趣味:カメラ(写真)

アウトドア趣味のまとめ

以上、アウトドアの趣味を紹介してきました。

アウトドアの趣味は、本格的に道具を準備しなければならない、お金がかかる、皆でやる、といった趣味が多いと思いがちですが、道具がなくても始められるものやお金をかけずに楽しめるもの、一人でできるものも少なくありません。

これまで趣味がなかった人でも、いまから楽しめる趣味はたくさんあります。

ちょっとでも興味のある趣味があったら、まずはチャレンジしてみて下さい。

その他、下の記事もあわせて読まれています。