初心者がクラウドソーシングで副業を始める手順

副業と言えば、これまで、アフィリエイトやブロガー、せどり、ECショップの運営といったものが主流でしたが、近年はクラウドソーシングを活用した副業も台頭してきています。

クラウドソーシングには、主婦や本業を持つサラリーマン、定年退職後のシニアの方でも比較的簡単に取り組める初心者向けの案件も多数用意されています。

ここでは、初心者がクラウドソーシングで副業を始める手順を解説しています。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人がインターネット上で直接繋がり、両者の希望条件がマッチングすると発注・受注が成立する仕事スタイルです。

例えば、Webライターとして記事の作成業務を受注し、クライアント側が指定してきた納期までに記事を納品することで、報酬が支払われるシステムです。

新しい仕事のスタイルで、インターネット環境とパソコンがあれば仕事ができるため、ネットビジネスとしても注目を浴びています。

ちなみに、クラウドソーシングのクラウドはCloud(雲)ではなくCrowd(群衆)です。

クラウドソーシングで副業を始める

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングは、働く側からすれば、

  • パソコンとインターネット環境があればどこででも仕事ができる
  • 無料でできる
  • 在宅でも仕事ができる
  • 空いた時間に副業としてできる
  • やりたい仕事だけを選べる
  • フリーランスとして働ける

といったメリットがあり、

仕事を依頼する側は、

  • スポット的に安い費用で外注できる
  • 社員を雇わなくてもスポット的に人材が確保できる

というメリットがあります。

クラウドソーシングのデメリット

一方で、クラウドソーシングには以下のようなデメリットもあります。

働く側からすれば、

  • 受注単価が安い
  • 自己管理能力が必要
  • コミュニケーション不足になりがち

といったデメリットがあり、

仕事を依頼する側は、

  • 情報漏洩のリスクがある
  • 受注者のスキルがわからない場合がある

などのデメリットがあります。

クラウドソーシングサービスを利用して仕事を受注する手順

近年は、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人をマッチングさせるクラウドソーシングサービスを提供する会社が増えてきています。

クラウドワークスという会社もその一つ。

クラウドワークスは、登録者数300万人超えの日本最大級のクラウドソーシングサービス会社で、テレビや雑誌など様々なメディアにも取り上げられています。

という訳で、「クラウドワークス」を例に、クラウドソーシングサービスを利用して副業を始める流れやその仕組みを具体的に解説します。

CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドソーシングサービスを利用して仕事を受注する手順は以下の通りです。

  1. クラウドワークスに会員登録する
  2. 仕事を探して応募するorクライアントから仕事を依頼してくるのを待つ
  3. 受注したら業務を開始して完了したら納品する
  4. 報酬が支払われる

一つ一つ解説していきます。

クラウドワークスに会員登録

クラウドソーシングサービスを利用して仕事を受注するには、まずはクラウドワークスに会員登録(無料)し、自分の得意としている仕事、できる仕事を登録することから始まります

登録に学歴や資格、スキル、経験といったものは不要です。

勿論、スキルや経験、資格といったものがあれば、それをプロフィールでアピールすることで仕事を受注する際には有利になるかもしれません。

登録にかかる時間は5分ほど。

無料で登録でき、年会費等も必要ありませんので安心して登録することができます。

仕事の受注の仕方には二通りの方法があります。

自分から仕事を探して応募する方法クライアントから仕事を依頼してくるのを待つ方法です。

自分から仕事を探して応募する又はクライアントから仕事を依頼してくるのを待つ

自分から仕事を探す場合は、クラウドワークスのメニューからカテゴリーや報酬、スキルといった様々な条件を指定して探すことができます。

目ぼしい仕事を見つけたら、応募することも可能ですし、報酬や納期、仕事の細かい内容など条件の変更を交渉することも可能です。

もう一つの方法は、仕事の依頼を待つ方法です。

プロフィールで経験や職歴、自分のWEBサイトや希望の条件などを提示しておくと、クライアントがそれらを閲覧した上でメールで仕事を打診してきます。

クラウドワーカーは、その中から得意なもの、できそうなもの、条件がいいものなどを基準に仕事を選んで応募し、条件は合えば受注(契約)します。

勿論、この場合も条件の変更を交渉することは可能です。

いずれにしてもスキルを証明するものがあれば、仕事を受注しやすくなります。

最も有効な方法は、ブログサイトなど自分のサイトを作ってそれを披露することです。クライアントにスキルを披露することで効率よく仕事を受注することができます。

受注したら仕事を開始して完了したら納品する

契約が成立すると、クライアント(発注者)から仮払いが行われますので、クラウドワーカー(受注者)は業務を開始します。

やりとりはメールが中心になりますが、スカイプを使った打ち合わせをするものもありますし、地域を限定した募集では実際に会って打ち合わせをするものもあります。

そういった条件は、募集内容に細かく書かれていますので、自分の意にそぐわなければ受注する必要はありません。

そして、仕事が完了したら納品を行い、最後にお互いが評価を行います。

一定の期間内に、評価が高い、獲得報酬額が一定以上、コミュニケーション評価が高い、など一定の評価基準をクリアすると「プロクラウドワーカー」に認定されます。

プロクラウドワーカーに認定されると、

  • プロクラウドワーカーマークの表示
  • 専用ページへの掲載
  • 案件を優先紹介

といった特典が与えられます。

クラウドワーカーはこの特典を活かして収入を増やしていくことができますので、副業やフリーランサーとして安定した収入を目指したい場合は一つの目標にするといいと思います。

報酬が支払われる

クライアントは、納品物について検品を行い、問題がなければ、報酬が確定し、クライアントからクラウドワーカーに報酬が支払われます。

尚、クラウドワーカーが受け取る報酬額は、クラウドワークスにシステム利用料を徴収された後の金額となります。

徴収される金額は、2021年5月現在、

  • 10万円以下の報酬については、報酬額の20%
  • 10万円超20万円以下の部分については、報酬額の10%
  • 20万円をこえる部分については、報酬額の5%
  • タスク形式での場合は報酬額の20%

となっています(いずれも税別)。

銀行振込手数料も差し引かれますので、例えば1万円の仕事であれば、手元に届く金額は8,000円弱ということになります。

クラウドソーシングサービスにはどのような仕事があるのか

クラウドワークスに掲載されている仕事内容としては、

  1. オンライン事務アシスタント
  2. 記事の作成・校正(WEBライター)
  3. 口コミ投稿
  4. キャッチコピー作成
  5. チラシ作成
  6. アンケート回答
  7. データ入力
  8. テープ起こし
  9. 翻訳・通訳
  10. ウェブデザイン制作
  11. プログラミング
  12. ロゴデザイン制作
  13. 動画編集・制作
  14. 写真撮影
  15. テレマーケティング

など様々なものがあります。

一番多いのは、WEBライティングの案件ですが、記者や小説家のような立派な文章が求められるものは殆どありません。

実体験や感想、事実などを分かりやすく伝えられればいいレベルとなっていますので初心者でも受注することができます。

WEBライターの副業を初心者が始める手順は下の記事で開設していますので参考にして下さい。

単価は、誰にでも簡単にできそうなものは安く、専門性の高いものは高く設定されています。

(単価の例)

  • とあるお店の感想・口コミを書く1000文字:500円
  • ブログ記事の作成:1文字0.5円
  • 映画のあらすじを書く:1記事600円
  • ロゴデザインの作成:6,000円
  • ホームページ(コーポレートサイト)の作成:300,000円

あれこれ悩んで1件目を受注することができない人が多いようですが、まずは、自分でもできそうなものを選んで1件でもやってみることが大切です。

継続して信頼を得ていけば、月に10万円稼ぐことも可能になります。

クラウドソーシングを利用して安定した収入を稼いでいきたい場合

クラウドソーシングを利用してより効率的に安定した収入を稼いでいきたい場合は、簡単な案件をこなしながらも高いスキルの習得に勤め、より高度な仕事へとシフトしていくことです。

そのためには先行投資も必要になるかもしれませんが、長い目で見れば投資したお金も時間も後に必ず回収できます。

例えば、ホームページ制作やプログラミングといったものは需要が多く単価も高くなります。

こういったスキルをオンラインスクールなどで学ぶことで一生のスキルを身に着けることができますし、仕事の幅も広がっていきます。

副業から本業へ、一人前のフリーランスを目指す方は検討してみるべきだと思います。

まとめ

以上、初心者がクラウドソーシングを活用して副業を始める手順を解説してきました。

クラウドソーシングサービスができて、これまで距離的な問題で不利だった仕事も受注できるようになりました。海外で仕事を請け負っている人もいます。

いつでもどこでも自分の好みの仕事を選んで受注することができますし、時間をコントロールしながら仕事をこなすことができます。

本業がある人でも、育児で大変な主婦の人でも時間の合間に副業として活用することができますし、フリーランスとして本業として取り組んでいくことも可能です。

副業やフリーランスとして、ネットビジネスや在宅ワークを検討している方には、クラウドソーシングサービスは一つの選択肢としておすすめです。

CrowdWorks(クラウドワークス)