登録販売者試験に合格してドラッグストアや薬局で働く

登録販売者試験に合格してドラッグストアや薬局で働く

登録販売者とは?

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで、かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)を販売することができる医薬品販売の専門資格です。

2009年の薬事法改正に際に誕生した国家資格です。

薬剤師が不在でも一般用医薬品の販売ができる専門家として高いニーズがあります。

登録販売者の業務は資格を保有していないとできない独占業務にあたるため、一度取得すれば一生涯その資格を活かせますし、高齢化社会や健康ブームの影響でドラッグストアや薬局の店舗も増加中ですので今後も安定した需要が見込まれます。

近年は、店舗内の一画で医薬品販売コーナーを設ける店舗が増えており、ドラッグストアや薬局のほか、コンビニエンスストアや家電量販店、スーパーやホームセンターなどからの需要も増えています。

売り手市場のため、定年後の再就職や転職にも有利になる資格として注目されています。

登録販売者の役割

登録販売者は、子供から高齢者までの健康を支える健康アドバイザーとしての大きな役割を担っており、やりがいと誇りを持って取り組むことができる仕事です。

一般用医薬品である第2類医薬品と第3類医薬品の販売業務のほか、医薬品を購入するお客様へ適切な情報提供、相談およびカウンセリング、また、医薬品の在庫管理・発注業務などが主な仕事となっています。

薬剤師との違いは、処方箋に基づく薬の調剤ができない、第一類医薬品が販売できないという点です。

一般医薬品とは?

ドラッグストアや薬局などで販売される医薬品には、
要指導医薬品
一般用医薬品
の2種類があります。

さらに、一般用医薬品には、
第1類医薬品
第2類医薬品
第3類医薬品
があります。

このうち、第1類医薬品は、副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要する医薬品で、薬剤師の管理・指導の下でのみ販売や受け渡しが可能な医薬品です。

登録販売者は、副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要する第2類医薬品と、副作用、相互作用などの項目でリスクが比較的低い第3類医薬品が販売できます。

店舗に陳列してある殆んどの医薬品が第2・第3類医薬品に分類されますので、登録販売者は殆どの医薬品が販売できると言えます。

登録販売者になるには?

登録販売者になるには、まずは都道府県で開催される試験に合格することが必要です。

試験の出題範囲と出題数があらかじめ厚生労働省から示されており、これを基に各都道府県が出題を作成します(従って、試験問題は各都道府県で異なります)。

登録販売者として働くには、試験に合格し、登録販売者の資格を取得した後に就職先を決め、勤務先の都道府県で「登録販売者販売従事登録」の申請を行わなければなりません。

但し、実務経験がない場合は「研修中の登録販売者」の身分となり、薬剤師または店舗管理者・管理代行者の要件を満たした登録販売者の管理および指導のもとで、医薬品販売に従事することになります。

そして正式な登録販売者になるには、過去5年以内に実務経験が2年以上あることが必要で、その証明として「実務(業務)従事証明書」を提出しなければなりません。

尚、実務経験の2年は連続して勤務している必要はありませんし、試験に合格する前の実務経験の期間もカウントされます。従って、試験合格日の過去5年以内に2年の実務経験があれば、すぐに正式な登録販売者になることができます。

就職・転職には、実務経験ありが有利

医薬品を扱う店舗では、「店舗管理者」の配置が義務付けられています。

店舗管理者は、店舗内の薬剤師や登録販売者、その他の従業員を監督し、医薬品やその他の物品管理を行うなど店舗における重要な立場です。

実務経験が2年に満たない「研修中の登録販売者」の立場では、店舗管理者となることができませんので、スーパーやホームセンター、家電量販店といった登録販売者が少ない店舗では、1人でも店舗を運営することはできる実務経験のある方が優先される傾向があります。

従って、実務経験の要件が満たない段階で就職・転職活動をする場合には、薬剤師または管理登録販売者が在籍しているドラッグストアなどの業態を選ぶのがおすすめです。

登録販売者試験の概要

受験資格

以前は受験資格として学歴や実務経験が必要でしたが、2015年4月からこういった制限が無くなり、年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できるようになりました。

試験日時・試験の方法

試験日時

試験は年1回以上都道府県ごとに実施されます。試験日(例年8月~12月)も問題も都道府県ごとに異なります。複数の都道府県でかけもち受験も可能です。

Googleなどの検索エンジンで「登録販売者試験 ○○県」で検索すると試験情報を得ることができます。

試験の方法

問題数:120問(試験時間4時間)択一式

試験項目
1.医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問:40分)
2.人体の働きと医薬品(20問:40分)
3.医薬品の適正使用・安全対策(20問:40分)
4.主な医薬品とその作用(40問:80分)
5.薬事関係法規・制度(20問:40分)

出題範囲・問題数は全国共通ですが、地域によって午前・午後で出題内容が異なる場合があります。

合格基準・合格率

合格ラインは、正答率が70%以上です。

120問ありますので、84問(点)以上の正解が合格の一つの目安となりますが、5科目のうちどれかひとつでも基準点(35~40%)以下の正解率しかなかった場合は、全体で70%の正解率があっても不合格となりますので弱点分野をなくすことが合格の秘訣です。

尚、基準点は都道府県ごとに異なります。

合格率の全国平均は例年40~50%程度です。