THE THORとJINの比較

THE THORとJINの比較

WordPressテーマのうち、「THE THOR」と「JIN」のどちらを選ぶか迷っている方も少なくないと思います。

どちらも公式サイトでは、アフィリエイトのためのノウハウが凝縮されたWordPressテーマであることを謳っていますので、選ぶ方としては迷ってしまいます。

そこで、ここでは、THE THORとJINを徹底的に比較し、どちらのWordPressテーマを選んだらよいか迷っている人のためにその判断材料を詳しく記したいと思います。

実はこのサイトは、THE THORを使っています。

通常は、自分が使っているテーマを肩入れするのですが、このサイトではそういうことはしません。ガチンコで評価していますのでWordPressテーマ選びの参考にして頂ければと思います。

THE THORとJINの比較

THE THORは、FITが2018年10月にリリースしたWordPressテーマです。

⇒ THE THORの公式サイト

JINは、アフィリエイターとして有名なひつじさんとWordPressテーマ「ATLAS」の開発者である赤石カズヤさんが協力して開発したWordPressテーマです。

JINの公式サイト

全ての項目を比較することはできませんので、ブログの運営に重要になってくるSEO対策や機能の主要な部分をピックアップして比較しています。

それぞれ一長一短ありますので自分が重要視する点を比較しながら検討してみて下さい。

デザインとデザインの自由度

まずはデザイン面です。

人と人との出会いでも大事な第一印象。

ブログやサイトのデザインは、その記事を書いている人の第一印象を決める重要な要素です。

THE THORもJINもデモ画面(デモリスト)を用意し、気に入ったデザインをダウンロードすることで、魅力的なサイトが初めから簡単にできてしまいます(着せ替え機能)。

特に、THE THORは、親切にも趣味のブログ用、アドセンス用、アフィリエイト用(ランキングサイト)といったデモサイトを用意していますので用途に合わせて選ぶことができます。

THE THORのデモリスト

THE THORのデモリスト

JINのデモリスト

JINのデモリスト

JINは、Google推奨の居心地の良いマテリアルデザイン。

写真やボタン、メニューなどにマウスを乗せると、ふわっと動いたり浮かび上がってくる洗練されたCSSアニメーションエフェクトが特徴的です。

JINは個人ブログ向き・THE THORは万人向き

JINは全体的に柔らかく優しさを持ったデザインで個性があります。

そのため、男性・女性を問わず個人用のブログとしては非常に適しているように感じます。

ただ、よくも悪くもデザインに癖があるためコーポレートサイトなどには不向きです。

一方、THE THORはクールで男性的。

上品なデザインで癖がなく、コーポレートサイトやキュレーションサイトとしても使えます。また、画像や色合いを変えることで女性でも違和感なく使えます

このため、デザイン的には、

  • 標準的なデザインではあるものの会社用・ビジネス用・ブログ用と様々なサイトに利用したい場合はTHE THOR
  • 柔らかくて優しいデザインでブログを中心に書きたい場合はJIN

がおすすめと言えます。

レスポンシブ対応

THE THORもJINもパソコンやスマホ(モバイル)といった端末を選ばず美しいデザインを保ち続けるようにレスポンシブ対応してあります。

サイズを変更してもレスポンシブ対応が崩れることがありません。

比較項目 THE THOR JIN
デザイン

表示速度

THE THORでは、内部対策に加えて、CSSや画像の非同期読み込みやブラウザキャッシュ、HTML圧縮といった技術でページの表示速度の高速化に取り組んでいます。

また、THE THORは、スマホなどのモバイル環境で高速表示するAMP化やPWA技術に対応しており、1クリックでこれらの技術が使用できるように対応しています。

これに対して、JINは、内部対策に留まります。

ちなみに、それぞれの公式サイトからデモページをランダムに選んでPagespeed Insightsで何度か測定してみると、平均値は以下の結果となりました。

比較項目 THE THOR JIN
PC 84 80
モバイル 41 40

ホームページやレンタルしているサーバーが異なりますので比較としては正確性に欠けますが、測定の結果ではややTHE THORが速いという結果が出ています。

恐らくJINはデザインの読み込みに時間がかかっているのではないでしょうか。

尚、サイトによっては、JINの方がいいスコアが出る場合もあるようです。

JINも体感上は表示速度が遅いという感じはしませんが、必要に応じて、高速化プラグインをインストールして高速化を図る必要があります。

THE THORはモバイルでの表示速度がやや遅いという口コミもありますが、JINと比較すると、高速表示対応は、THE THORがやや優位と言えます。

尚、ページの表示速度は、WordPressテーマよりもサーバーの影響が大きいため、高速のサーバーをレンタルすることである程度テーマの遅さをカバーすることができます。

※AMPやPWAはGoogleが推奨しているキャッシュを利用して高速に表示するための技術です。

比較項目 THE THOR JIN
表示速度

記事の書きやすさと記事の表現力

ブロックエディタ(Gutenberg:グーテンベルク)対応

ブロックエディタ(Gutenberg:グーテンベルク)とは、WordPress 5.0から搭載されている新しいエディタ(記事を編集するエディタ画面)です。

WordPressテーマやプラグインの中には現時点でブロックエディタに対応できていないものがあり、その場合は、Classic Editorというプラグインをインストールして旧エディタを使うことになりますが、Classic Editorは、2021年12月31日でサポートが終了する予定です。

従って、それまでにブロックエディタに対応すれば、基本的に問題はありませんが、JINは、現時点で、ブロックエディタ(Gutenberg)にほぼ対応済。THE THORは未対応です。

今は、Classic Editorをインストールすれば問題なく使えますので、現時点でブロックエディタに未対応だからといって特に問題があるわけではありません。

しかし、いち早く対応しているJINが優位と言えます。

入力補助機能

入力補助機能とは、見出しやボタン、引用、吹き出し、マーカーライン、口コミ、ボックスといった記事の装飾をワンクリックで簡単に表示させる機能です。

JINもTHE THORも装飾機能は豊富。ボックスの種類はJINが多く、見出しの種類はTHE THORが多いと言ったように一長一短ありますが、ほぼ同等です。

スライドショー

JINにはスライドショー機能はありませんが、THE THORは、スライドショー時の設定に必要項目を入力してスライドショーを表示させることができます。

ちなみに、THE THORは、スライドの仕方として、通常の横スライドのほか、平面回転、キューブ回転、カバーフローといったものが選択できます。

THE THORのスライドショーの設定画面

比較項目 THE THOR JIN
記事の書きやすさと
記事の表現力

SEO対策機能

投稿ページのSEO対策

投稿ページのSEO対策はサイト全体の評価を上げる上で最も重要なことです。

低品質なページのnoindex化やmeta description記述は両者で可能です。

比較項目 THE THOR JIN
記事の投稿ページで
設定可能なもの
index、noindex
title
meta description
index、noindex
title
meta description

カテゴリーページのSEO対策

カテゴリーページはその使い方でSEO的に大きな効果を発揮します。

比較項目 THE THOR JIN
カテゴリーページで
設定可能なもの
コンテンツの挿入
タイトルの書き換え
meta descriptionの設定
コンテンツの挿入
タイトルの書き換え
noindexの設定

THE THORもJINもカテゴリページで記事の編集と変わらないほど充実した編集ができます。

しかし、THE THORでは、meta descriptionの設定はできますが、noindex設定はできません。

JINは、noindex設定はできますが、meta descriptionの設定ができません。

投稿ページとカテゴリーページにSEO対策面では、同等と言えます。

THE THORは見える化システムを搭載

THE THORでは、記事ごとに、

  • 総合閲覧数
  • 平均閲覧数
  • タイトル文字数
  • 本文文字数
  • タイトル内キーワード数
  • 本文内キーワード数
  • 内部リンク数
  • 外部発リンク数

など、SEO対策に必要な情報が一望できる分析ツールを搭載しています。

例えば、リアルタイムにわかる総合閲覧数で人気・不人気のページが一目で分かりますし、本文文字数でコンテンツのボリューム不足も検知できます。

この見える化システムを活用することで、高価な分析ツールを導入しなくてもライバルの一歩先を行くSEO対策が可能となります。

THE THORではその他にも様々なのSEO対策を施しています。下の記事でTHE THORのSEO対策について詳細をまとめていますので参考にして頂ければと思います。

これらのことを比較するとTHE THORが優れていると言えます。

比較項目 THE THOR JIN
SEO対策

カスタマイズ性

カスタマイズ性が高いということは、

  • 柔軟なSEO対策が施せる
  • オリジナリティなサイトが作れる
  • UIを高めることができる

ということです。

カスタマイズ性は、およそウィジェット画面で「利用できるウィジェット」とそれを「セットできるエリア」の数を見れば判断がつきます。

TOPページやサイドバー、フッターなどの色々な箇所に仕掛けを入れることができる分、カスタマイズ性が高くその分オリジナリティのあるサイトが作れます。

Adsenseやバナー広告を貼る位置も自由度がききますので収益も左右されます。

両者のウィジェットの画面を見てもわかる通り、利用できるウィジェットとそれセットできるエリアはTHE THORの方が若干多いのがわかります。

利用できるウィジェットの数やその内容もTHE THORが充実しています。

THE THORとJINのウィジェット画面比較

比較項目 THE THOR JIN
カスタマイズ性

目次・関連記事・人気記事・おすすめ記事作成機能

目次の表示

近年は、記事も長文化し、記事の先頭に目次を表示するサイトが増えてきました。

目次があると記事を読む前にページに書いてある内容を一目で確認できて便利です。

THE THORは、デフォルトで目次が表示できる機能を搭載しています。

JINも、あらかじめ「Table Of Contents Plus」のデザインが搭載されていますので、プラグインを有効化するだけで、目次を表示させることができます。

関連記事の表示

関連記事や人気記事は、ユーザーの回遊率の向上、直帰率の抑制、滞在時間の増加を促進することができる上、Googleからクロール、インデックスがされやくなります。

また、関連記事や人気記事などの内部リンクを調整することで、サイト内の各ページの評価を調整することもでき、SEO対策として柔軟な対応が可能になります。

THE THOR、JINともに関連記事の表示機能があります。

両者ともに「関連記事」の見出しや表示件数を設定できますし、非表示にすることも可能です。THE THORはページ単位に関連記事の非表示設定が可能です。

JINは、さらに関連記事の表示スタイルを、

  • スライドスタイル
  • ベーシックスタイル
  • マガジンスタイル(2カラム)
  • マガジンスタイル(3カラム)

の4タイプから好きなものを選ぶことができ、バラエティに富んだ表示スタイルが楽しめます。

人気記事の表示

THE THORもJINも標準で人気記事の表示が可能です。

両者とも自動的に記事ごとのアクセス数をカウントして順番に並べてくれます。

ウィジェット画面で人気記事をドラッグさせて表示させたい場所に表示させることができます。

おすすめ記事の表示

THE THORもJINも、おすすめ記事を表示する機能があります。

THE THORは記事IDを指定しての表示、JINはおすすめの記事でおすすめにチェクしてウィジェットで設定する方式です。

比較項目 THE THOR JIN
関連記事
人気記事

ランキングページ作成機能

THE THOR、JINともにランキングページの作成が可能です。

JINのランキング作成は、記事の投稿画面で「ランキング表」をクリックするとランキングページの雛形が表示されますので、それを編集していく方法になります。

ランキングを作成する補助的な機能があるだけですが、慣れると非常に簡単で、シンプルで使いやすいという評価も目立ちます。

一方、THE THORのランキング作成は、ランキング管理の画面でランキング商品を作成し、そのページのショートコードを投稿ページで呼び出す方法になります。

ランキングで採用する商品の記事を呼び出す形となり汎用性は高いのですが、使い勝手を考慮すると同等と言えます。

尚、THE THORでランキングページを作る手順は下の記事で解説していますので、必要に応じて参考にして頂ければと思います。

比較項目 THE THOR JIN
ランキングページの作成

CTA・LP

CTA

CTAとはCall To Action(コールツーアクション)の略で簡単に言えばWebサイトへの訪問者に行動を促し誘導する仕掛けです。

必要に応じて、資料請求やメルマガ登録、セミナーの申し込み、問い合わせ、商品やサービスの購入といった行動に誘導する仕掛けを作ることができます。

JINは、WP管理画面の「CTA > 新規追加」で作成することで、全記事下にCTAを一括反映させることができます。

THE THORでも、カスタマイズ画面の「投稿ページ設定」-「記事下CTA設定」で表示するかどうか指定できますが、加えて記事ごとに非表示にすることが可能です。

LP

ランディングページ(LP)とは、1ページで問合せ・資料請求・購入を促す独立したページのことです。サイドバーなどを表示せず1カラムで作成されます。

アフィリエイト広告をクリックしたときに表示されるページがその代表例で、CTAと同じく商品やサービスの購入といった行動に誘導する効果が期待できます。

THE THORもJINもランディングページを作成することが出来ます。

ヘッダーやフッター、サイドバーも表示されず、真っ白なページから自由に編集し、集客から商品やサービスの購入、お問い合わせといったアクション誘導までを単独で行えます。

比較項目 THE THOR JIN
CTA・LP

サポート・マニュアル

THE THOR、JINともにバージョンアップ・機能追加・機能改善を繰り返す「成長・進化し続けるWordPressテーマ」です。

THE THORもJINも基本的に商品のサポートは行っていませんが、マニュアルと質疑応答可能な「会員フォーラム」が用意されています。

但し、THE THORの場合、マニュアルは簡素すぎて使えず、会員フォーラムも専門的で参加しずらいという意見が目立ちます。

これに対して、JINのサポートには定評があります。

比較項目 THE THOR JIN
マニュアル
サポート

複数サイトでの使用

THE THOR、JIN、いずれも1つを購入すると自分が管理するサイトであれば複数サイトで使用することができるライセンス契約となっています。

複数のサイトを運営している人にはリーズナブルな価格と言えます。

初心者におすすめなのは

THE THORは、マニュアルの内容が薄く初心者には不向き、フォーラムを見ると不具合に苦労している初心者の方もいらっしゃるようです。

THE THORに対する初心者の口コミなどを下の記事にまとめていますので、初心者の方でTHE THORを検討している方は参考にして頂ければと思います。

初心者にはより完成されたJINがおすすめと言えます。

比較項目 THE THOR JIN
初心者におすすめ

THE THORとJINの比較まとめ

以上、THE THORとJINの機能について管理人独自の目線で比較・評価してきました。

比較項目 THE THOR JIN
デザイン
デザインの自由度
表示速度
記事の書きやすさと
記事の表現力
SEO対策
カスタマイズ性
目次と人気記事
・関連記事の表示
ランキングページ
CTA・LP機能
マニュアル
サポート
複数サイト使用
初心者向き
価格 16,280円 14,800円
総合評価

THE THORは、標準でブログを構築するために必要な殆どの機能を搭載しているため、プラグインのインストールが最小限で済みます。

但し、機能が多く、設定箇所も多いことから、WordPressに不慣れな初心者の方が購入する場合はやる気と相談する必要があることを理解しておく必要があります。

尚、マニュアルなどアフターフォローがやや弱い面もありますが、最近ではネット上の情報も充実してきていますので、カスタマイズなどは調べればほとんどの場合は解決できると思います。

2020年10月は2周年キャンペーンで価格が少し安くなっています。

⇒ THE THORの公式サイト

一方、JINは、高速表示やカスタマイズ性、SEO対策と肝心な点でTHE THORにやや劣るといった印象ですが、大きな弱点はなくプラグインを使って一通りカバーできます。

会員フォーラムも使いやすく初心者にも優しいため、デザインがブログの方向性に合えば初心者の方にもおすすめです。

JINの公式サイト

尚、THE THORとJINの評判や他のテーマとの比較については以下のページでまとめていますので、WordPressテーマ選びの参考にして頂ければと思います。