WordPressが使える格安のレンタルサーバー6選 2022年最新版

ここでは、WordPressが使える格安のレンタルサーバーを紹介しています。

サーバーのスピードや安定性を確保したもので、できるだけ安いサーバーをレンタルしたいという人は参考にして下さい。

尚、充分なスペックを保有するおすすめのレンタルサーバーは下で紹介しています。

当面は格安サーバーをレンタルし、アクセス数が増えてきたら高スペックのサーバーに乗り換えるといったやり方もおすすめです。

WordPressが使える格安のレンタルサーバー選びのポイント

WordPressが使える格安のレンタルサーバー選びのポイントは、以下の2点です。

  1. WordPressが動作可能か
  2. スペック的に問題はないか(サーバーのスピードや安定性)

WordPressが動作可能か確認

レンタルサーバーであればどれでもWordPressが動作するという訳ではありません。

WordPressでブログやサイトを運営していくためは、WordPressが動作するサーバーをレンタルする必要があります。

MySQLの有無を確認

WordPressを動作させるためにはサーバー側にMySQLというデータベースが必要になります。

また、基本的には、1つのMySQLで1つのWordPressが動作しますので、1つのレンタルサーバーで複数のWordPressを持ちたいと言った時は、複数のMySQLが必要になります。

従って、WordPressを使うためには、レンタルするサーバーにMySQLというデータベースを扱っているかどうか、またいくつ扱えるかを確認する必要があります。

近年はWordPressでサイトを作るのが主流になっていますので、殆どのレンタルサーバー業者は、ホームページでWordPressが使えるか否か、またいくつ使えるかを明記しています。

勿論、ここで紹介する格安サーバーも全てWordPressが使えます。

スペック的に問題はないか

格安サーバーは、料金が安いのと引き換えに高機能サーバーと比較するとスペックが落ちます。

処理読度やディスク容量、転送量、MySQLの数などが満足いくものか、無料の独自SSL機能やWordPress簡単インストール機能はついているか、などを確認して選びます。

ここでは、これらのスペックを満たした格安サーバーを厳選して紹介しています。

尚、用語についてわからない場合は、下の記事を参考にして下さい。

サーバーのスピードは重要

WordPressが使えるサーバー選びにおいては、サーバーのスピードは非常に重要です。

なぜならば、サーバーのスピードはホームページをクリックした時のレスポンスのスピードに関わってくるのは勿論のこと、WordPressは記事を更新したりプレビューしたりする作業自体もサーバーと通信しながら動作し、作業効率にかかわってくるためです。

サーバーのスピードが作業時間が1.5~2倍かかったりすることもあります。

ここでは、格安サーバーの中でもスピードが速いものを厳選して紹介しています。

WordPressが使える格安のレンタルサーバー6選

WordPressが使える格安のレンタルサーバーでおすすめなのは、

  1. エクストリムサーバー(ライトプラン)
  2. リトルサーバー(ミニプラン)
  3. バリューサーバー(エコプラン)
  4. コアサーバー(コアミニプラン)
  5. ロリポップ(ライトプラン)
  6. JETBOY(ミニSSD)

の6つです。

これらのレンタルサーバーは、WordPressが問題なく使えて、かつ、レンタル料が非常に安いおすすめのサーバーです。

一つ一つ詳細を見ていきます。

エクストリムサーバーのライトプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:エクストリム

エクストリムの公式サイト

エクストリム ライトプラン スペック
ディスク容量 2GB
HDD
転送量 非公開
マルチドメイン 30
MySQLデータベース 3
無料SSL
WordPress簡単インストール
メールアカウント数 30
初期設定料金(税込) 1,100円
レンタル料(1年契約税込) 1,320円
お試し期間 14日間
運営会社 株式会社ハイパーボックス

エクストリム(ライトプラン)の特徴

エクストリム(ライトプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み1,320円1ヵ月110円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,100円必要)。

実は、私も10年ほど前にはじめてWordPressを始めた時、このサーバーをレンタルし、2年ほど使いました。月額100円強の格安サーバーですが、そこそこの速度で安定して動作していました。

2GBというディスク容量が気になりますが、500ほどの記事を書いても半分も使えていなかったので、画像を適度に使う普通のブログであれば1,000記事くらいまでは大丈夫だと思います。

ただ、サーバーのスピードは不満を感じるスピードでないものの、ディスクがSSDではなくHDDなので他社に比べると遅めでした。

転送量が非公開なのでアクセスが多くなるとスピードが遅くなる可能性はあります。

マルチドメインの30とは、1つのサーバーで30のドメインまで管理できるということです。

MySQLデータベースは3ですので1つのサーバーでWordPressを3つ管理できます。

独自のドメインを取得したい場合は、お名前.comなど他社で取得する必要があります。他社で取得したドメインは、エクストリムで簡単に紐付けすることができます。

お試し期間が14日間ありますので、その間、WordPressをインストールしてみたり、サーバーの速度や安定性を確認できます。

満足いけば、契約へと進みます。

自動的に課金されたりはしませんので安心して試すことができます。

リトルサーバーのミニプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:リトルサーバー

リトルサーバーの公式サイト

リトルサーバー ミニプラン スペック
ディスク容量 20GB
SSD
転送量 30GB/日
マルチドメイン 無制限
MySQLデータベース 3
無料SSL
WordPress簡単インストール
メールアカウント数 20
初期設定料金(税込) 1,012円
レンタル料(1年契約税込) 1,980円
お試し期間 20日間
運営会社 株式会社リトルネットワーク

リトルサーバー(ミニプラン)の特徴

リトルサーバー(ミニプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み1,980円1ヵ月165円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,012円必要)。

ディスク容量は20GBなので容量を気にすることなくサイトを構築できます。

また、ディスクの媒体にはSSDを使用し、転送量も1日30GBに設定されていますので、安定したスピードが期待できます。

SSDは、HDDのように磁気ヘッドの物理的な移動がないため、高速でデータを読み書きすることができ、また、耐震衝撃に強いという特徴があります。

独自のドメインを取得したい場合は、お名前.comなど他社で取得する必要があります。他社で取得したドメインは、リトルサーバーで簡単に紐付けすることができます。

WordPress環境を充実させたい人はワードプランもおすすめ

ミニプランでも問題ありませんが、よりWordPress環境を充実させたい人は、1つ上のワードプランがおすすめです。価格はミニプランより月額30円しか高くないのにディスク容量が30GBに増え、スピードもより速くなります。

リトルサーバーは最もコスパに優れた格安のレンタルサーバーの一つと言えます。

バリューサーバーのエコプラン

格安レンタルサーバー:バリューサーバー

バリューサーバーの公式サイト

バリューサーバーのエコプラン スペック
ディスク容量 50GB
SSD+HDD
転送量 150GB/月
マルチドメイン 25
MySQLデータベース 1
無料SSL
メールアカウント数 100
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 1,100円
レンタル料(1年契約税込) 2,200円
お試し期間 10日間
運営会社 GMOデジロック株式会社

バリューサーバー(エコプラン)の特徴

バリューサーバー(エコプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み2,200円1ヵ月およそ183円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,100円必要)。

ディスク容量は50GBなので容量を気にすることなくサイトを構築できます。

但し、MySQLデータベースが1個なのでWordPressは一つしか管理できません。従って、ドメインの異なるブログを2つ3つ書くということができない点が難点です。

転送量(サーバーとユーザーがやり取りできる情報の量:月に150GB)が他社と比較すると少ないのでアクセスが多くなると速度が落ちる可能性があります(増強予定)。

独自のドメインを取得したい場合は、バリューサーバーで取得できます。勿論、他社で取得したドメインも、バリューサーバーで簡単に紐付けすることができます。

まるっとプランもおすすめ

ドメインも一緒に取得して費用を抑えたいという人のために「まるっと」プランができました。

まるっとプランでは、初期費用が無料になり、ドメインとサーバーがセットになって、1年契約で1,758円~となります。

コアサーバーのコアミニプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:コアサーバー

コアサーバーの公式サイト

コアサーバーのコアミニプラン スペック
ディスク容量 200GB
SSD
転送量 無制限
マルチドメイン 50
MySQLデータベース 10
無料SSL
メールアカウント数 200
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 無料
レンタル料(1年契約税込) 2,640円
お試し期間 30日間
運営会社 GMOデジロック株式会社

コアサーバー(コア ミニ)の特徴

コアサーバー(コア ミニ)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み2,640円1ヵ月およそ220円でレンタルできます(初期設定料金は無料)。

コアサーバー(コア ミニ)の特徴は、格安ながら高スペックなことです。

サーバーの仕様を確認してもCPU、メモリともに高スペックで、ディスク容量200GB(SSD)、転送量無制限、MySQLデータベースが10とWordPressでプログを作る環境も十分です。

ドメインも一緒に取れます(別料金)ので、ドメインも一緒に取得したい人にもおすすめです。

サーバーとドメインを一緒に申し込めば、初心者には面倒なドメインとサーバーの関連付けも自動的に行われますのですぐにブログを始めることができます。

また、お試し期間が30日ありますので、じっくり確認することができます。

申し込み方法は動画で分かりやすく紹介してあります。チェックしてみて下さい。

ロリポップのライトプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:ロリポップ

ロリポップサーバーの公式サイト

ロリポップのライトプラン スペック
ディスク容量 200GB
SSD
転送量 無制限
マルチドメイン 100
MySQLデータベース 1
無料SSL
メールアカウント数 無制限
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 1,650円
レンタル料(1年契約税込) 3,960円
お試し期間 10日間
運営会社 GMOペパボ株式会社

ロリポップ(ライトプラン)の特徴

ロリポップは、運用年数20年の老舗のレンタルサーバー業者です。

ロリポップ(ライトプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み3,960円1ヵ月およそ330円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,650円必要)。

ロリポップのライトプランは、同価格帯においては比較的高速で安定したサーバーです。

MySQLデータベースが一つというのが難点ですが、WordPress(ブログ)を2つ以上作りたいといったことでなければ問題ありません。

独自のドメインを取得したい場合は、同列会社の、ムームードメインなどで取得する必要があります。取得したドメインは、ロリポップで簡単に紐付けすることができます。

JETBOYのミニSSD

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:JETBOY

JETBOY

JETBOYのミニSSD スペック
ディスク容量 100GB
SSD
転送量 無制限
目安:30GB/1日
マルチドメイン 10
MySQLデータベース 3
無料SSL
メールアカウント数 無制限
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 1,100円
レンタル料(1年契約税込) 6,600円
お試し期間 14日間
運営会社 株式会社ライムテック

JETBOY(ミニSSD)の特徴

JETBOY(ミニSSD)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み6,600円1ヵ月およそ550円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,100円必要)。

スペックが上がり値上げされました。

JETBOYはリアルタイムにプラン変更ができます。そのためアクセスが増えてきた、使用するディスク容量が増えてきた等の状況に応じて柔軟に上位のプランに変更可能です。

また、JETBOYでは初回のWordPressサイトの引越しを3サイトまで無料で代行してくれます。但し、サイトの状況(特殊なファイル構成や作業工数)などによっては一部有償のサポートとなる場合があります。

他の格安サーバーからWordPressを移管させたい場合は力強いサービスです。

独自のドメインを取得したい場合は、お名前.comなど他社で取得する必要があります。他社で取得したドメインは、JETBOYで簡単に紐付けすることができます。

WordPressが使える格安のレンタルサーバー まとめ

※金額は税込みです

⇒ 表は右にスクロールできます。

WordPressが使える格安のレンタルサーバーの比較

レンタルサーバー エクストリム リトルサーバー バリューサーバー コアサーバー ロリポップ JETBOY
プラン ライトプラン ミニプラン エコプラン コア ミニプラン ライトプラン ミニSSD
ディスク容量 2GB
HDD
20GB
SSD
50GB
SSD+HDD
200GB
SSD
200GB
SSD
100GB
SSD
転送量(日) 非公開 30GB/日 5GB/日 無制限 無制限 無制限
目安:30GB/1日
マルチドメイン 30 無制限 25 50 100 10
MySQL 3 3 1 10 1 3
無料SSL
WordPress
簡単インストール
メールアカウント数 30 20 100 200 無制限 無制限
初期設定料金 1,100円 1,012円 1,100円 無料 1,650円 1,100円
レンタル料
(年額)
1,320円 1,980円 2,200円 2,640円 3,960円 6,600円
お試し期間 14日間 20日間 10日間 30日間 10日間 14日間
お勧め度

WordPressが使える格安のレンタルサーバーはコアサーバーまたはロリポップ

どれもおすすめのサーバーですが、最後にまとめると、

がおすすめです。

JETBOYは格安サーバーの中では料金は高め、ロリポップもやや料金が高くMySQLが1個、バリューサーバーもMySQLが1個なのがネックです。

ドメインを他社で取得するのが不安、ブログやサイトも1つのドメインで管理すると言った場合は、バリューサーバーのマルットプランもおすすめです。

サーバーをレンタルすると同時にドメインも取得できます。