WordPressが使える格安のレンタルサーバー6選 2021年最新版

ここでは、スペック的には少し落ちるものの、WordPressが問題なく動作するおすすめ格安レンタルサーバーを紹介しています。

サーバーをレンタルしたいが、あまり費用はかけたくない、かといってWordPressも問題なく動作する格安のレンタルサーバーを探しているという人は参考にして下さい。

尚、個人でWordPressサイトを運営するには充分なスペックを保有するおすすめのレンタルサーバーは下で紹介しています。

後々乗り換える時の手間を考えて最初から高スペックのサーバーをレンタルしてもいいですし、当面は価格を優先して格安サーバーをレンタルし、アクセス数が増えたら、高スペックサーバーに乗り換えるといったやり方でもいいと思います。

WordPressが使える格安レンタルサーバー選びのポイント

WordPressが動作可能なレンタルサーバーか確認

WordPressでブログやサイトを運営していくためは、WordPressが動作するサーバーをレンタルする必要があります。

しかし、レンタルサーバーであればどれでもWordPressが動作するという訳ではありません。

MySQLの有無を確認

WordPressを動作させるためにはサーバー側にMySQLというデータベースが必要になります。

また、基本的には、1つのMySQLで1つのWordPressが動作しますので、1つのレンタルサーバーで複数のブログ(WordPress)を持ちたいと言った時は、複数のMySQLが必要になります。

従って、WordPressを使うためには、レンタルするサーバーにMySQLというデータベースを扱っているかどうか、またいくつ扱えるかを確認する必要があります。

殆どのレンタルサーバー業者のホームページで、WordPressが使えるか否か、またいくつ使えるかを明記していますのでそれを参考にします。

勿論、ここで紹介するサーバーは全てWordPressが使えます。

スペックに問題はないか

格安サーバーは、格安であるのと引き換えに高機能サーバーと比較するとスペックが落ちます。

しかし、あまりにもサーバーの処理スピードが遅かったり、安定性が悪かったりでは、レンタルしない方がマシです。

ここでは、公式サイトで掲載されているスペックやネットの口コミなどをもとに、ある程度のスピードがあり、安定性が高いサーバーを厳選して紹介しています。

WordPressが使える格安のレンタルサーバー6選

WordPressが使える格安のレンタルサーバーでおすすめなのは、

  1. エクストリムサーバー(ライトプラン)
  2. リトルサーバー(ミニプラン)
  3. バリューサーバー(エコプラン)
  4. コアサーバー(ライトプラン)
  5. ロリポップ(ライトプラン)
  6. JETBOY(ミニSSD)

の6つです。

これらのレンタルサーバーは、WordPressが問題なく使えて、かつ、レンタル料が非常に安いおすすめのサーバーです。

※金額は税込です

⇒ 表は右にスクロールできます。

レンタルサーバー エクストリム リトルサーバー バリューサーバー コアサーバー ロリポップ JETBOY
プラン ライトプラン ミニプラン エコプラン ライトプラン ライトプラン ミニSSD
ディスク容量 2GB
HDD
20GB
SSD
50GB
SSD+HDD
60GB
SSD
100GB
SSD
5GB
SSD+HDD
マルチドメイン 30 無制限 25 50 100 10
MySQL 3 3 1 10 1 3
独自SSL
WordPress
簡単インストール
初期設定料金 1,100円 1,012円 1,100円 無料 1,650円 1,100円
レンタル料
(年額)
1,320円 1,980円 2,200円 2,620円 3,300円
ドメイン料込
3,828円
お試し期間 14日間 20日間 10日間 30日間 10日間 14日間
お勧め度

尚、料金やサービスの内容はキャンペーン等で変わる場合があります。

エクストリムサーバーのライトプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:エクストリム

エクストリムの公式サイト

プラン ライトプラン
ディスク容量 2GB
マルチドメイン 30
MySQLデータベース 3
独自SSL
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 1,100円
レンタル料(1年契約税込) 1,320円
お試し期間 14日間
運営会社 株式会社ハイパーボックス

エクストリム(ライトプラン)の特徴

エクストリム(ライトプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み1,320円です。

1ヵ月およそ100円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,100円必要)。

実は、私もはじめてWordPressを始めた時、このサーバーをレンタルし、2年ほど使いました。

月額100円強の格安サーバーですが、そこそこの速度で安定して動作していました。

2GBという容量が気になりますが、500ほどの記事を書いても半分も使えていませんでした。

画像を適度に使う普通のブログであれば、1,000記事くらいまでは大丈夫だと思います。

ちなみにこのサイトは、250記事ほどを書いている時点で、0.6GBほど使用しています。

マルチドメインの30とは、1つのサーバーで30のドメインまで管理できるということです。

MySQLデータベースは3ですのでWordPressを3つ管理できます。

お試し期間が14日間ありますので、その間、WordPressをインストールしてみたり、サーバーの速度や安定性を確認できます。

満足いけば、契約へと進みます。

自動的に課金されたりはしませんので安心して試すことができます。

リトルサーバーのミニプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:リトルサーバー

リトルサーバーの公式サイト

プラン ミニプラン
ディスク容量 20GB
SSD
マルチドメイン 無制限
MySQLデータベース 3
独自SSL
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 1,012円
レンタル料(1年契約税込) 1,980円
お試し期間 20日間
運営会社 株式会社リトルネットワーク

リトルサーバー(ミニプラン)の特徴

リトルサーバー(ミニプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み1,980円です。

1ヵ月およそ160円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,012円必要)。

ディスクの媒体にはSSDを使用。

SSDは、HDDのように磁気ヘッドの物理的な移動がないため、高速でデータを読み書きすることができ、また、耐震衝撃に強いという特徴があります。

ディスク容量も20GBと格安サーバーとしては大容量で、最もコスパに優れた格安のレンタルサーバーと言えます。

バリューサーバーのエコプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:バリューサーバー

バリューサーバーの公式サイト

プラン エコプラン
ディスク容量 50GB
SSD+HDD
マルチドメイン 25
MySQLデータベース 1
独自SSL
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 1,100円
レンタル料(1年契約税込) 2,200円
お試し期間 10日間
運営会社 GMOデジロック株式会社

バリューサーバー(エコプラン)の特徴

バリューサーバー(エコプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み2,200円です。

1ヵ月およそ180円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,100円必要)。

ディスク容量が50GBと大容量ですが、例えば、このサイトは2021年6月現在で250ほどの記事を書いていますが、1GBも使用していません。

個人ブログでは、5GBと使うことがないことを考えると50GBというディスク容量は非常に余裕があると言えますが、MySQLデータベースが1なのでWordPressは一つしか管理できません。

ブログを2つ3つ書くということができない点が難点です。

コアサーバーのライトプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:コアサーバー

コアサーバーの公式サイト

プラン ライトプラン
ディスク容量 60GB
SSD
マルチドメイン 50
MySQLデータベース 10
独自SSL
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 無料
レンタル料(1年契約税込) 2,620円
お試し期間 30日間
運営会社 GMOデジロック株式会社

コアサーバー(ライトプラン)の特徴

コアサーバー(ライトプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み2,620円です。

1ヵ月およそ220円でレンタルできます(初期設定料金は無料)。

コアサーバー(ライトプラン)の特徴は、格安ながら高スペックなことです。

サーバーの仕様を確認してもCPU、メモリともに高スペックで、ディスク容量60GB(SSD)、MySQLデータベースが10とWordPressでプログを作る環境も十分です。

ドメインも一緒に取れます(別料金)ので、ドメインも取得したい人にもおすすめです。

サーバーとドメインを一緒に申し込めば、初心者には面倒なドメインとサーバーの関連付けも自動的に行われますのですぐにブログを始めることができます。

また、お試し期間が30日ありますので、じっくり確認することができます。

申し込み方法は動画で分かりやすく紹介してあります。チェックしてみて下さい。

ロリポップのライトプラン

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:ロリポップ

ロリポップサーバーの公式サイト

プラン ライトプラン
ディスク容量 100GB
SSD
マルチドメイン 100
MySQLデータベース 1
独自SSL
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 1,650円
レンタル料(1年契約税込) 3,300円
お試し期間 10日間
運営会社 GMOペパボ株式会社

ロリポップ(ライトプラン)の特徴

ロリポップ(ライトプラン)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み3,300円です。

1ヵ月およそ270円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,650円必要)。

さらに、今ならドメインが無料で貰えます。

ドメインを無料で貰うには、

  • 12か月以上の契約期間で契約し、
  • お申込み(お試し期間開始)から6日以内に、自動更新の設定を完了

する必要があります。

この条件を満たすと、7日目にムームードメインのクーポンコードがメールで送付されてきますので、ムームードメインで、クーポンコードを使用して希望のドメインを取得します。

WordPressが使えるサーバーをできるだけ安くレンタルしたい場合で、自分だけの独自ドメインも一緒に取得したい場合はロリポップのライトプランはおすすめです。

管理画面もわかりやすく初心者向きです。

MySQLデータベースが一つというのが難点ですが、WordPress(ブログ)を2つ以上作りたいといったことでなければ問題ありません。

ロリポップは、運用年数18年の老舗のレンタルサーバー業者です。ディスクの媒体もSSDと高速ですし、サーバーも安定していますのでおすすめです。

JETBOYのミニSSD

WordPressが使える格安のレンタルサーバー:JETBOY

JETBOY

プラン ミニSSD
ディスク容量 5GB
HDD・SSD
マルチドメイン 10
MySQLデータベース 3
独自SSL
WordPress簡単インストール
初期設定料金(税込) 1,100円
レンタル料(1年契約税込) 3,828円
お試し期間 14日間
運営会社 株式会社ライムテック

JETBOY(ミニSSD)の特徴

JETBOY(ミニSSD)のサーバーレンタル料は、1年契約で税込み3,828円です。

1ヵ月およそ3200円でレンタルできます(初回のみ初期設定料金が別途1,100円必要)。

JETBOYはリアルタイムにプラン変更ができます。そのためアクセスが増えてきた、使用するディスク容量が増えてきた等の状況に応じて柔軟に上位のプランに変更可能です。

また、JETBOYでは初回のWordPressサイトの引越しを3サイトまで無料で代行してくれます(サイトの状況(特殊なファイル構成や作業工数)などによっては一部有償のサポートとなる場合があります)。

他の格安サーバーからWordPressを移管させたい場合は力強いサービスです。

WordPressが使える格安のレンタルサーバー まとめ

※金額は税込みです

⇒ 表は右にスクロールできます。

レンタルサーバー エクストリム リトルサーバー バリューサーバー コアサーバー ロリポップ JETBOY
プラン ライトプラン ミニプラン エコプラン ライトプラン ライトプラン ミニSSD
ディスク容量 2GB
HDD
20GB
SSD
50GB
SSD+HDD
60GB
SSD
100GB
SSD
5GB
SSD+HDD
マルチドメイン 30 無制限 25 50 100 10
MySQL 3 3 1 10 1 3
独自SSL
WordPress
簡単インストール
初期設定料金 1,100円 1,012円 1,100円 無料 1,650円 1,100円
レンタル料
(年額)
1,320円 1,980円 2,200円 2,620円 3,300円
ドメイン料込
3,828円
お試し期間 14日間 20日間 10日間 30日間 10日間 14日間
お勧め度

WordPressにおすすめの格安サーバーはコアサーバーまたはロリポップ

どれもおすすめのサーバーですが、最後にまとめると、

がおすすめです。

エクストリム(ライトプラン)やリトルサーバー(ミニプラン)、バリューサーバー(エコプラン)を申し込む場合で、別途ドメインを取得したい場合は、他業者でドメインを別途用意した後、ドメインとサーバーの紐付け設定などを行う必要があります。

これらの面倒な手続きを簡略するためにも、できればレンタルサーバー業者と同じ業者でドメインが取れるものをおすすめします。