ブログにおすすめのレンタルサーバー3選

これから自分のドメインでブログをつくろうと思っている方でレンタルサーバーをどれにするか悩んでいる人も多いと思います。

レンタルサーバーのサイトを見るとどこも自社のサーバーをいいようにアピールしていますが、経験上、レンタルサーバー業者には大きな差があります。

当サイトの管理人も当初はレンタルサーバーといったものにあまりお金をかけたくなかったため格安サーバーと言われるものを転々とレンタルしてきました。

しかし、安いものにはそれなりの理由があります。

SEO対策としてや作業効率の面などで満足な結果を得ることが難しいことがわかってきてからは優れたレンタルサーバーでなおかつコスパに優れたものを選ぶようになりました。

レンタルサーバーはSEO対策として個人的には、コンテンツ、WordPressテーマとともに3種の神器だと思っています。

サーバーとWordPressテーマにいいものを選んでおけば他のサイトと比較して1歩も2歩も進んだ地点からコンテンツを作ることができると考えています。

実際にレンタルしてしまうと後のサーバーの引っ越しも大変です。

特にWordPressを使っていると思わぬ事態に陥ってしまうこともあります。

実際にレンタルしてまってから後悔しないように、ここでは、ブログやアフィエリトをする場合におすすめのレンタルサーバーを紹介します。

レンタルサーバー選びのポイント

まずは、ブログサイトを構築する上でのレンタルサーバー選びのポイントを整理します。

サーバーの安定性(稼働率)は高いか

サーバーをレンタルして最も後悔するパターンがサーバーの安定性が低いものを選んだ場合です。せっかく書いたブログ記事も表示されなければ意味がありません。

現在は、頻繁にサーバーダウンするレンタルサーバーは少なくなってきていますが、料金が安いものは時々サーバーがダウンするので注意が必要です。

サーバーがダウンするということは、WordPressなどでの作業も出来なくなるということで、作業効率にも関わってきます。

サーバーのレスポンスは速いか

サイトの読み込み速度が遅いとユーザーにストレスを与えるだけでなく、Googleからの評価も悪くなり、SEO対策としても不十分になります。

また、経験上、WordPressなどを使った記事の作成・更新などでも待ち時間が多くなり、作業効率も悪くなります。

このようにサーバーレスポンスの速さはユーザーへのサービス、Googleの評価、自身の作業効率に密接に関わっているため、できるだけ速いサーバーを借りることをおすすめします。文字通りタイムイスマネーです。

サーバーレスポンスの速さの確認の仕方

サーバーのレスポンスの速さは、まずはソフトウェア(プログラム)が保存されている内臓ストレージの種類が一つの目安となります。

内臓ストレージ

ずばり、これからは従来の「HDD」ではなく「SSD」を選ぶことをおすすめします。

HDDは、データを記録する円盤型の磁気装置が複数入っていて、磁気ヘッドで書き込み・読み出しをする仕組みになっているものです。

これに対して、SSDは、半導体素子メモリを使ったもので、読み書き速度が非常に速く、衝撃にも強い為、データ消失、動作不良といったトラブルも非常に少なくなります。

レンタルサーバー業者サイトの機能の欄に記載されていますので確認して下さい。

容量・転送量は十分か

容量とは、ブログやアフィリエイトサイトなどの記事や画像を格納しておくスペースで、転送量とは、ユーザーとサーバー間でデータのやり取りが行われる量です。

一般的には、容量と転送量に比例してサーバーレンタル料金も高くなりますので、将来の予想を含めて自分のサイト運用に問題ないものを選ぶのがポイントです。

WordPressの動作が可能か

今やブログを作るにしてもアフィリエイトサイトを作るにしてもWordPressは必須です。

WordPressとは、WEBサイトを作るためのツールとして開発された無料のソフトウェア(オープンソース)でホームページの作成や更新が簡単に行える便利なツールです。

日本に限らず自分でドメインとサーバーを準備してブログを立ち上げている人の殆んどの方がWordPressを使っているといっても過言ではありません。

参考:WordPressとは?

WordPressが動作可能か確認する方法

WordPressは、PHPというプログラミング言語で構築されており、それを動作させるためにはサーバー側にMySQLというデーターベースが必要になります。

従って、レンタルするサーバーにMySQLというデーターベースを扱っているかどうか確認する必要があります。

殆どのレンタルサーバー業者のホームページで、WordPressが使えるか否かを明記していますのでそれを参考にすると間違いありません。

近年は、ただ単にWordPressをインストールできるというだけでなく、パネルから簡単にインストールできるサービスを提供している業者が増えてきています。

また、複数のブログや複数のアフィリエイトサイトを持ちたいと言った時に複数のWordPressを動作させるためには、複数のMySQLがなければ動作しません。

そういった場合は、レンタルサーバー業者のホームページに、MySQLの数も明記されていますのでそれを参考にして下さい。

基本的には、1つのMySQLで1つのWordPressが動作します。

無料独自SSLサービスがあるか

SSLとは、インターネット上でサーバーとユーザ間のデータを暗号化する技術です。

本来は個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバーとユーザー端末間での通信を安全に行なうことを目的としたものです。

しかし、セキュリティ強化に繋がるとしてGoogleがSSL化したサイトを推奨するとアナウンスしたこともあり、SEO対策としてSSL化したサイトが増えてきています。

これに伴い、無料でSSL化サービスを行うレンタルサーバー業者も増えてきています。Googleの検索結果を見てもわかる通り今やSSL化したサイトが主流となりつつありますので、このサービスが無料でついているサーバーを選ぶようにします。

このサイトもそうですが、URLの頭の「http」部分が「https」と「s」が付いたものがSSL化したサイトになります。

自動バックアップ機能はあるか

サイトを運営するなら定期的にバックアップを行うのが基本です。

データーが無くなるなんてことはまずありませんが、無くなってしまったらthe endです。手動でバックアップとなると面倒ですし、忘れることも多いため自動バックアップ機能を持ったレンタルサーバーをおすすめします。

以上の点を踏まえ、おすすめのレンタルサーバーを紹介します。

ブログにおすすめのレンタルサーバー3選

おすすめするレンタルサーバーは、
・mixhost
・カラフルBOX
・エックスサーバー
の3点です。これらのサーバーは、レンタルサーバー歴18年の管理人も自信をもっておすすめできます。

mixhost

レンタルサーバーmixhost

mixhostは、2019年2月時点で最もおすすめできるサーバーです。

これまでは、サーバーをレンタルするならエックスサーバーと、ブロガーやアフィリエイターは口を揃えて言っていましたが、昨年のはじめころからmixhostが伸びてきています。

内臓ストレージがSSDであることは勿論ですが、サーバーソフトとしてApacheやnginxよりも高速なLiteSpeedを日本ではじめて採用しています。

また、WordPressをより高速化するLiteSpeed Cacheを標準で提供し、サーバーの稼働率も99.99%以上。基本的にダウンしません。

プランは、スタンダードからエンタープライズまで5種類ありますが、スタンダードプランで充分です。

サーバーの安定性も99.99%以上の稼働率を誇ります。

MixHost

プランスタンダードプラン
容量SSD(150GB)
転送量1日目安約67GB
WordPress
(MySQL)
無制限
簡単インストールあり
マルチドメイン無制限
サブドメイン無制限
無料独自SSL
自動バックアップ○(過去14日間)
初期費用無料
月額費用12ヶ月契約:980円
36ヶ月契約:880円
以上、税抜
試用期間10日間

カラフルボックス(ColorfulBox)

レンタルサーバーカラフルボックス

カラフルボックスも現在注目のレンタルサーバーです。

mixhost同様、内臓ストレージにSSDを採用し、サーバーソフトとして高速なLiteSpeedを採用しています。容量や転送量を落として月額480円(36ヶ月契約:税抜)から始められるのが魅力です。

当サイトも2019年2発現在、このカラフルボックスでサーバーをレンタル(プランはBOX1)しています。サーバーの稼働率もほぼ100%。

プランは、BOX1からBOX8まで8種類あり、数字が大きくなるに従って容量や転送量、スピードなどの条件が良くなりますが、相当なアクセス数がない限りBOX1で充分です。

アクセス数の増加などで柔軟にプランを移動できますので、しばらくはBOX1からはじめて後にBOX2へ移行するといったことも可能です。

mixhostとカラフルボックスは、何もすることなくドメインで運用はじめたら自動的にSSL化(https)されます。

カラフルボックスのBOX2プランがmixhostのスタンダードプランに相当します。

mixhostをおすすめNO.1にした理由は、カラフルボックスより運用実績が長く経験値が高いためです。実質的に変わりませんので、レンタル料金と相談して決めていいでしょう。

カラフルボックス

プランBOX1
容量SSD(30GB)
転送量1日目安約33GB
WordPress
(MySQL)
無制限
簡単インストールあり
マルチドメイン無制限
サブドメイン無制限
無料独自SSL
自動バックアップ○(過去14日間)
初期費用3ヶ月契約以上で無料
月額費用12ヶ月契約:580円
36ヶ月契約:480円
以上、税抜
試用期間30日間

エックスサーバー

レンタルサーバー:エックスサーバー

エックスサーバーといえばブロガーやアフィリエイターから最も優れたサーバーとして絶賛されているレンタルサーバーです。

今でも根強い人気があり、管理人も当サイト以外のいくつかのサイトをエックスサーバーからレンタルして運用しています。

高速化するサーバーソフトとしてnginxを採用している点で、より高速なLiteSpeedを採用しているmixhostやカラフルボックと比較して見劣りしますが、使っている分にはその差は殆ど感じません。

個人的には、3社の中では最も管理パネルが分かりやすく操作性が優れていると感じていることもあり、現在契約している分については他社への移転は考えていません。

プランには、X10、X20、X30とありますが、個人で使用するならX10で充分です。

運用年数15年、運用サイト数も160万件突破。稼働率も99.99%とmixhostやカラフルボックスと同じく非常に高い稼働率を誇ります。

実績・評判とも上々のレンタルサーバーです。

エックスサーバー

プランX10
容量SSD(200GB)
転送量1日目安約70GB
WordPress
(MySQL)
50個
簡単インストールあり
マルチドメイン無制限
サブドメイン無制限
無料独自SSL
初期費用3,000円
月額費用12ヶ月契約:1,000円
36ヶ月契約:900円
以上、税抜
試用期間10日間

まとめ

以上、ここで紹介したレンタルサーバーを使っていればまず問題ありません。

サーバーレスポンスの速さや容量、安定性といったことでライバルには負けませんし、むしろ一歩リードすることができます。

サーバーMixHostカラフルボックスエックスサーバー
容量SSD
(150GB)
SSD
(30GB)
SSD
(200GB)
転送量
1日目安
約67GB約33GB約70GB
WordPress
(MySQL)
無制限無制限50個
無料独自SSL
自動
バックアップ
○(過去14日間)
初期費用無料3ヶ月契約
以上で
無料
3000円
月額費用
12ヶ月契約
36ヶ月契約
980円
880円
580円
480円
1000円
900円
試用期間10日間30日間10日間

※金額は税抜

最強WordPressテーマ「THE THOR」


THE THORは、プラグイン不要でSEO対策が可能なWordPressテーマです。国内NO1のテーマを目指して作られ、今後も進化し続けます。万全のサポート体制で初心者の方でもインストール・初期設定とスムーズに進みますので安心してお申込みできます。

THE・THOR(ザ・トール)|テーマ&サポートプラン