年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」はどっちがお得か?

会社員や公務員が受け取る公的年金には、国民年金の老齢基礎年金と、厚生年金の老齢厚生年金があります。

そして、年金支給開始年齢は、以前は、老齢基礎年金は65歳から、老齢厚生年金は60歳からでしたが、老齢厚生年金の支給年齢は段階的に引き上げられ、

  • 男性は1961年4月2日生まれ以降の方
  • 女性は1966年4月2日生まれ以降の方

は、65歳からの支給となりました。

これに伴い、上記以降に生まれた方の年金受給開始年齢はどちらの年金も原則65歳となります。

これに対して、年金は、本人の希望で、年金受給開始年齢を早めたり遅らせたりできる制度があります。これが、繰り上げ受給繰り下げ受給の制度です。

年金の受給開始時期を繰り上げたり、繰り下げたりすると貰える年金額が変わってきますので、単純に貰えるものは早いうちから貰っておいた方がお得!という訳にはいきません。

そこで、ここでは、年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」はどっちがお得か?について具体的にシミュレーションをしながら解説しています。

繰り上げ受給と繰り下げ受給

繰り上げ受給とは?

繰り上げ受給とは、本人の希望で、最大60歳まで、1カ月単位で年金の受給開始時期を早めることができる制度です。

早く貰い始めるとその分、貰う金額が少なくなり、具体的には、

  • 繰り上げを1カ月早めるごとに年金額は0.5%ずつダウンし、

その年金額が一生涯支払われます。

例えば、

  • 60歳まで繰り上げた場合は、30%(0.5%×60ヵ月)減の支給額
  • 63歳まで繰り上げた場合は、12%(0.5%×24ヵ月)減の支給額

が一生涯支給されます。

繰り下げ受給とは?

繰り下げ受給とは、本人の希望で、最大70歳まで(2022年4月からは75歳に延長)、1カ月単位で年金の受給開始時期を遅らせることができる制度です。

遅く貰い始めるとその分、貰う金額が多くなり、具体的には、

  • 繰り下げを1ヵ月遅くするごとに0.7%づつアップし、

その年金額が一生涯支払われます。

例えば、

  • 70歳まで繰り下げた場合は、42%(0.7%×60ヵ月)増の支給額
  • 68歳まで繰り上げた場合は、25.2%(0.7%×36ヵ月)増の支給額

が一生涯支給されます。

年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」はどっちがお得か?

このように、年金は早く貰い始めるとその分、貰う金額が少なくなりますし、遅く貰い始めるとその分、貰う金額が多くなりますので、どちらがお得とは一概には言えません

例えば、60歳からと早めに貰い始めても90歳、100歳と長生きすれば、70歳から貰い始めた人よりも生涯で貰う金額が少なくなってしまいます。

つまり、何歳まで生きるか?で、早めに貰った方がお得か遅めに貰った方がお得か変わってくる仕組みになっています。

では、損益分岐点は何歳でしょうか、繰り上げ受給と繰り下げ受給別にまとめています。

繰り上げ受給の損益分岐点

65歳から年間200万円の年金を貰える人を例に、60歳から繰り上げ受給した人と65歳から受給開始した人の年金受給額のシミュレーションをしてみます。

現行の制度では、繰り上げを1カ月早めるごとに年金額は0.5%ずつダウンしますので、5年繰り上げすると、30%(0.5%×60ヵ月)減の支給となります。

年齢 60歳に繰り上げ受給
した場合の年金額合計
65歳から受給した
場合の年金額合計
60歳 140万円
(200万円の30%減)
65歳 840万円 200万円
70歳 1,540万円 1,200万円
75歳 2,240万円 2,200万円
76歳 2,380万円 2,400万円
77歳 2,520万円 2,600万円
78歳 2,660万円 2,800万円
79歳 2,800万円 3,000万円
80歳 2,940万円 3,200万円

すると60歳から貰い始めた人は76歳の時に65歳から貰い始めた人に追い付かれてしまいます。

80歳まで生きたとしたら、65歳から貰い始めた人が260万円も多くなります。

  60歳に繰り上げ受給した場合の損益分岐点は、76歳

年金制度改正法により繰り上げ受給の減額の幅が0.5%から0.4%へ

年金制度の改正により、2022年4月から年金を繰り上げて受給した場合、減額の幅は現行の月に0.5%から月に0.4%になります。

上記と同じく、65歳から年間200万円の年金を貰える人を例に、60歳から繰り上げ受給した人と65歳から受給開始した人の年金受給額のシミュレーションをしてみます。

新しい制度では、繰り上げを1カ月早めるごとに年金額は0.4%ずつダウンしますので、5年繰り上げすると、24%(0.4%×60ヵ月)減の支給となります。

年齢 60歳に繰り上げ受給
した場合の年金額合計
65歳から受給した
場合の年金額合計
60歳 152万円
(200万円の24%減)
65歳 912万円 200万円
70歳 1,672万円 1,200万円
75歳 2,432万円 2,200万円
76歳 2,584万円 2,400万円
77歳 2,736万円 2,600万円
78歳 2,888万円 2,800万円
79歳 3,040万円 3,000万円
80歳 3,192万円 3,200万円

すると60歳から貰い始めた人は80歳の時に65歳から貰い始めた人に追い付かれてしまいます。

  2022年4月から60歳に繰り上げ受給した場合の損益分岐点は、80歳

繰り下げ受給の損益分岐点

次に、65歳から年間200万円の年金を貰える人を例に、70歳に繰り下げ受給した人と65歳から受給開始した人の年金受給額のシミュレーションをしてみます。

現行の制度では、繰り下げを1カ月遅らせるごとに年金額は0.7%ずつアップしますので、5年繰り下げすると、42%(0.7%×60ヵ月)増の支給となります。

年齢 65歳から受給した
場合の年金額合計
70歳から繰り下げ受給
した場合の年金額合計
65歳 200万円
70歳 1,200万円 284万円
(200万円の42%増)
75歳 2,200万円 1,704万円
80歳 3,200万円 3,124万円
81歳 3,400万円 3,408万円
82歳 3,600万円 3,692万円
83歳 3,800万円 3,976万円

すると65歳から貰い始めた人は81歳の時に70歳から貰い始めた人に追い付かれてしまいます。

83歳まで生きたとしたら、70歳から貰い始めた人が176万円も多くなります。

  70歳に繰り下げ受給した場合の損益分岐点は、81歳

年金制度改正法により繰り下げできる年齢が75歳まで延長へ

年金制度の改正により、2022年4月から、70歳を迎える人からは、年金を繰り下げできる年齢が75歳まで延長されます。

上記と同じく65歳から年間200万円の年金を貰える人を例に、75歳に繰り下げ受給した人と65歳から受給開始した人の年金受給額のシミュレーションをしてみます。

年金額のアップ率は、従来と変わらず、1カ月遅らせるごとに0.7%ずつアップしますので、繰り下げを75歳まで延長した場合は、84%(0.7%×120ヵ月)増の支給となります。

年齢 65歳から受給した
場合の年金額合計
75歳から繰り下げ受給
した場合の年金額合計
65歳 200万円
70歳 1,200万円
75歳 2,200万円 368万円
(200万円の84%増)
80歳 3,200万円 2,208万円
85歳 4,200万円 4,048万円
86歳 4,400万円 4,416万円
87歳 4,600万円 4,784万円

すると65歳から貰い始めた人は86歳の時に75歳から貰い始めた人に追い付かれてしまいます。

  2022年4月から75歳に繰り下げ受給した場合の損益分岐点は、86歳

まとめ

繰り上げ受給は、年金を早く貰い始めることができるというメリットがある反面、受給額が少なくなるので、一定の年齢より長生きした場合は、65歳から貰い始める人と比較して、一生涯に貰う年金額は少なくなるというデメリットがあります。

また、繰り下げ受給は、年金を貰い始める年齢が遅くなるデメリットがある反面、受給額が多くなるので、一定の年齢より長生きした場合は、65歳から貰い始める人と比較して、一生涯に貰う年金額が多くなるというメリットがあります。

65歳から貰い始める人と比較しての損益分岐点は、

  1. 60歳に繰り上げ受給した場合は、76歳
  2. 2022年4月から60歳に繰り上げ受給した場合は、80歳
  3. 70歳に繰り下げ受給した場合は、81歳
  4. 2022年4月から75歳に繰り下げ受給した場合は、86歳

です。

繰り上げ受給した場合は、損益分岐点の年齢になると65歳から貰い始めた方がお得になり、繰り下げ受給した場合は、損益分岐点の年齢になると65歳から貰い始めた方よりお得になります。

尚、厳密には、収入が多ければ、差し引かれる税金や社会保険料も多くなるので、手取りで考えると、多少の誤差が生じます。

繰り下げ受給は、早く死んでしまえば貰い損になりますが、現代は、人生100年と言われる時代です。長生きリスクを加味して、できるだけ繰り下げ受給をする方がお得だと思います。