国民年金の任意加入制度で貰える年金額を増やす

国民年金の任意加入制度で貰える年金額を増やすことができます。

ここでは、国民年金の任意加入制度について解説しています。

国民年金の任意加入制度で貰える年金額を増やす

国民年金の任意加入制度とは

任意加入制度とは、本人の申し出により60歳以上65歳未満(65歳誕生日の前月まで)の5年間に、納付月数480ヵ月を上限に、国民年金保険料を納めることで、65歳から受け取る老齢基礎年金を増やすことができる制度です。

20歳以上60歳未満までの国民年金保険料の納付月数が480ヵ月(40年)、つまり満額支払えば、老齢基礎年金を満額(年間78万900円)一生涯受給することができます。

しかし、長い人生の中では、無職だったり、学生だったり、休職期間があったりして保険料の支払いができなかった時期があり、保険料を満額支払っていない人も多いと思います。

また、中には、老齢基礎年金の受給資格(10年間の保険料納付)を満たしていない人もいます。

そして、その分、貰える年金額も少なくなったり年金を貰えなくなる人もいます。

その人たちを救済するために生まれた制度が国民年金の任意加入制度です。

例えば、60歳までに450ヵ月保険料を納付していた人は、60歳から65歳までの間に任意加入制度を利用して満額になるまで30ヵ月(2年6ヵ月間)納付することができます。

また、60歳までに7年しか保険料を納付していなかった人は、老齢基礎年金を貰う資格がありませんが、65歳以上から70歳未満までの間に任意加入制度を利用して3年分以上納付することで、老齢基礎年金を貰う資格を得ることができます。

  • 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480ヶ月未満の人
  • 老齢基礎年金の受給資格(10年間の保険料納付)を満たしていない人

は、この制度を利用することで65歳から貰える老齢基礎年金を増やすことができます。

尚、よく似た制度に国民年金保険料の追納制度というものがあります。

追納制度は、収入が減ったり、失業したりして、国民年金保険料の免除や納付猶予を受けたり、また、学生時代に支払う余裕がなく学生納付特例を受けた期間がある場合に、後から納付(追納)することで、老齢基礎年金の年金額を増やすことができる制度です。

任意加入が可能な条件

任意加入が可能な任意加入被保険者となる条件は以下の通りです。

申出のあった月からの加入となり、遡って加入することはできないことに注意が必要です。

  1. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方
  2. 老齢基礎年金の繰り上げ支給を受けていない方
  3. 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480月(40年)未満の方
  4. 厚生年金保険、共済組合等に加入していない方
  5. 日本国籍を有しない方で、在留資格が「特定活動(医療滞在または医療滞在者の付添人)」や「特定活動(観光・保養等を目的とする長期滞在または長期滞在者の同行配偶者)」で滞在する方ではない方

また、上記の方に加え、

  1. 年金の受給資格期間を満たしていない65歳以上70歳未満の方
  2. 外国に居住する日本人で、20歳以上65歳未満の方

も加入できます。

任意加入のメリット

年金を貰える資格のない人、例えば、20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が120ヵ月に1ヵ月でも足りない人が資格を取得することで、支払い損を回避し、一生涯老齢基礎年金が貰えるようになるのは大きなメリットです。

また、何等かの理由で保険料の満額を支払ってこれなかった人はこの制度を利用して一生涯貰える老齢基礎年金額を増やすことができます。

さらに月額400円の納付で受け取る年金額が増える付加保険料の納付もおすすめです。

付加年金は、第1号被保険者65歳未満の任意加入被保険者が加入できます。

任意加入で支払った保険料も付加保険料も社会保険料控除の対象となり、節税対策になります。

国民年金の任意加入制度の加入手続き

任意加入の申し込み窓口は、住んでいる市区役所・町村役場の国民年金担当窓口、または、近くの年金事務所となります。

  • 年金手帳または基礎年金番号通知書
  • 預貯金等通帳、金融機関届出印

を用意して手続きをしに行きます。

まとめ

国民年金の任意加入制度とは、

  1. 20歳以上60歳未満までの保険料の納付月数が480ヶ月未満の人

が、本人の申し出により60歳以上65歳未満(65歳誕生日の前月まで)の5年間に、納付月数480ヵ月を上限に、国民年金保険料を納めることで、65歳から受け取る老齢基礎年金を増やすことができる制度です。

また、

  1. 老齢基礎年金の受給資格(10年間の保険料納付)を満たしていない人

が、本人の申し出により65歳以上から70歳未満までの間に任意加入制度を利用して国民年金保険料を支払うことができる制度です。

支払って受給資格を得ることができれば、老齢基礎年金を貰うことができます。

該当する人は是非活用してほしい制度です。