医療事務の資格とその難易度

ここでは、医療事務の資格とその難易度などを解説しています。

医療事務とは

医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関で患者の受付や会計をしたり、また、医療費の計算や保険者に診療報酬を請求したりする仕事です。

特にレセプトの作成は医療事務の重要な仕事です。

レセプトとは、実際にかかった医療費から患者が支払った医療費(最大3割)を差し引いた金額を市区町村や健康保険組合などの健康保険の保険者に請求するための明細書のことで、レセプトの作成とは、保険者に診療報酬を請求する業務のことです。

また、医師や看護師をサポートするクラーク業務も重要です。医療関係者の仕事を間接的に支え、病院全体の業務を効率化する役割も担っています。

医療事務の仕事は、医師や看護師と違い、資格がなくてもできますが、普通の事務と違って業務内容が専門的であるため、採用側としては、働きだして覚えていく人より、予め経験や知識がある人を採用したいと思っています。

実際、医療事務の採用では、レセプトの作成などに医療保険制度や法令などについての専門的な知識やスキルが必要になるため経験者が優遇される傾向があります。

そして、経験がない人でも最低限の知識・スキルがあることをアピールできるものが医療事務の資格です。当然、経験がない人でも資格を持つことで就職や転職のチャンスが広がります。

病院が職場で全国的に安定した求人がある上、社会全体の高齢化にともない、医療に関わる仕事は多岐にわたり増えてきます。それに伴い、資格の需要もさらに高まることが予想されます。

医療事務の資格とその難易度

医療事務は、専門的な知識やスキルが必要になるため、そのスキルを証明できるいくつかの民間資格が用意されています(国家資格はなし)。

その数は数十種類以上あると言われていますが、ここではその中から特に評価の高く人気がある以下の資格について紹介しています。

  • 医療保険士試験
  • 医療事務認定実務者試験
  • 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
  • 医療事務管理士技能認定試験
  • 診療報酬請求事務能力認定試験

ここで紹介する資格の保有者は、いずれも、医療事務に関する基礎的な知識・スキルを保有していることを証明できます。

医療保険士試験

医療保険士試験は、医療保険学院が主催する検定試験で、医療保険や医療事務に関する基礎知識、実務能力を身に付けるための医療事務の資格認定試験です。

医療保険士の資格は、医療保険学院の通信講座である「たのまなヒューマンアカデミー通信講座(100%合格保証システム)」を受講したのち、3回の中間テストに合格後、修了検定試験に合格した人に与えられます。

中間テスト1回2回では医療の基礎知識等、3回では、レセプト作成スキルが問われます。

試験の合格率や受験者数は非公開ですが、合格の目安は修了検定試験で80%前後ほどの正解とされています(ほぼ全員が合格)。

ヒューマンの通信講座では、医療保険士のように基本となる医療事務講座から様々な上位講座が目指せるセットコースを用意しています。まずは資料を請求してみて下さい。

参考:ヒューマンの通信講座「医療事務」

受験資格 年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できます。
主催 医療保険学院
試験実施時期 自宅試験対応
試験の方法 学科試験と実技試験を実施
合格率 非公開
難易度 非常に易しい
受験料 6,000円

医療事務認定実務者試験

医療事務認定実務者試験は、全国医療福祉教育協会が主催する検定試験です。

2016年に開始された比較的新しい試験なので認知度は低めですが、診療報酬請求事務に関係した資格としては評価が高い資格です。

診療報酬請求事務の問題は易しめで、接遇・マナーなど、受付業務に必要な知識を重点的に学習しますので、医療事務の入門資格として最適です。

試験は、毎月1回実施されます。

ユーキャンの医療事務講座を受講して受験をする方が殆どです(在宅受験)。

試験は、学科問題とレセプト作成能力を見る実技問題があります。

難易度は高くないので取得しやすい資格です。

受験資格 年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できます。
主催 全国医療福祉教育協会
試験実施時期 毎月1回(在宅受験と会場受験あり)
試験の方法 学科試験と実技試験を実施
合格率 60%~80%
難易度 非常に易しい
受験料 5,000円

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

医療事務技能審査試験は、一般財団法人日本医療教育財団が認定している資格で、医療事務関係としては最大規模の全国統一試験です。

昭和49年度からの総受験者数は163万人、合格者数は92万人を超える試験で、医療事務に関係する資格の中で最も認知度が高い試験とされていす。

医療事務技能審査試験の合格者には「メディカルクラーク」の称号が与えられます。

試験は医科と歯科に分けて実施され、それぞれで医療事務知識を問う学科試験(択一式)と実技Ⅰ(患者接遇:記述式)、実技Ⅱ(診療報酬請求事務と診療報酬明細書点検)が実施されます。

試験は在宅受験でテキストを見ながら受けられます。

受験資格 年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できます。
主催 一般財団法人日本医療教育財団
試験実施時期 医科:年12回
歯科:年6回(5月、7月、9月、11月、1月、3月)
47都道府県で実施
試験の方法 学科試験と実技試験Ⅰ・Ⅱを実施
合格率 60%~80%ほど
難易度 易しい
受験料 7,700円

医療事務管理士技能認定試験

医療事務管理士技能認定試験は、株式会社技能認定振興協会(JSMA)が実施する認定試験で、日本で最初の医療事務の資格として幅広く医療機関に認知された資格です。

合格者には「医療事務管理士」の称号が与えられます。​

医科と歯科の2種類に分かれ、それぞれ、「医科医療事務管理士」「歯科医療事務管理士」の名称で呼ばれています。

マークシート方式の学科試験と診療報酬明細書(レセプト)の作成などを行う実技とが行われます。いずれも持ち込んだ資料などを参考にして答案作成が認められています。

試験には、指定会場で指定日に行う会場試験と、パソコンを使い、自身の決めた日時で行うインターネット試験(IBT試験)の2通りがあります。

会場試験では免除制度があり、学科・実技いずれか一方のみが合格した場合は、合格した科目の受験が6ヶ月間免除されます。

いずれも教材の持ち込みが可能です。

受験資格 年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できます。
主催 技能認定振興協会(JSMA)
試験実施時期 会場試験:年6回(奇数月の第4土曜日)
試験の方法 学科試験と実技試験を実施
合格率 医科:50%ほど 歯科:70%ほど
難易度 易しい
受験料 7,500円
5,400円(免除有の場合)

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験は、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する認定試験で、厚生労働省が認可している唯一の医療事務資格試験です。

数ある医療事務の資格の中で最も難易度が高く、唯一の公的な試験ということもあり、医療現場からの評価が最も高い資格と言われています。

会社や医療機関によっては、募集の際に必須の資格としているところもあります。

また、24時間体制の医療が求められることが多くなってきていることもあり、定年後の男性も労働力として求められるケースが増えてきています。

このため、女性だけでなく男性のセカンドキャリアを考える上でも選択肢となってきています。

試験は、医科と歯科に分かれ、それぞれ学科試験と実技試験が実施されます。実技試験では、診療報酬明細書(カルテ)から手書き方式でレセプトを作成する実技が問われます。

いずれも試験会場への診療報酬点数表、その他の資料の持ち込みは自由です。ただし、パソコンや携帯電話等の通信機器の持ち込みは禁止。

様々な医療関係施設からの資格取得者への需要も多いため、未経験で医療事務の仕事に就きたい人や就職・転職後のスキルアップ、収入アップを目指す人は是非取得したい資格です。

受験資格 年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できます。
主催 公益財団法人 日本医療保険事務協会
試験実施時期 年2回(7月、12月)
試験の方法 医科と歯科に分け、それぞれ学科試験と実技試験を実施
合格率 医科は34.8%、歯科は39.7%(令和元年)
難易度  医療事務関連資格の中では最も難易度が高い
受験料 9,000円

医療事務の資格とその難易度のまとめ

以上、医療事務の資格とその難易度を紹介してきました。

医療事務資格 資格の特徴 難易度
医療保険士試験 医療事務の中では歴史の古い資格。ヒューマンアカデミーの通信講座で合格率100%
医療事務認定実務者試験 比較的新しい試験で医療事務の入門資格としては最適
医療事務技能審査試験
(メディカルクラーク)
医療事務関係としては最大規模の全国統一試験
医療事務管理士技能認定試験 日本で最初の医療事務の資格として幅広く医療機関に認知された資格
診療報酬請求事務能力認定試験 医療事務の資格の中で最も難易度が高く、唯一の公的な試験

医療事務の仕事は、経験者が優遇される仕事ですが、経験がない人でも資格を持つことで就職や転職のチャンスが広がります。

とはいえ、医療事務に関する資格は沢山あり、正直全く役に立たないものもあります。

その中でも役に立つ資格かどうか見極める目安が資格の難易度(希少価値)です。やはり、合格率が80%を超える、受験すればだれでも合格する資格は役に立つとは言えません。

ということで、ここでは、比較的難易度の高い医療事務関連の資格を紹介しました。

特に、医療事務関連の最高峰の資格と言われている診療報酬請求事務能力認定試験は、医師へのアンケートや現場の声でも最も評価されている資格です。

50代、60代でも活躍されている人は少なくありませんし、実際にシニアへの求人もあります。

医療事務関係の仕事に就きたいと思っている人は、診療報酬請求事務能力認定試験の資格取得にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

医療業界で働きたい場合は、調剤薬局事務や薬剤師が不在でも第1類医薬品以外の一般用医薬品の販売ができる登録販売者という資格もあります。

調剤薬局事務に関する資格は下の記事でまとめていますので参考にして下さい。

その他、転職に役立つ資格や定年後に役立つ資格、また、受験資格が必要ない資格については、下の記事でまとめていますでの参考にして頂けたらと思います。