WordPressの移行代行を行ってくれるレンタルサーバー

レンタルサーバーを変えたいと考えているけど、WordPressの移行作業が面倒で二の足を踏んでいる人は多いと思います。

実際、WordPressの移行作業は、慣れてなければ手間と時間を費やしてしまいます。

移行の際にデータが消える、ページが表示されない、画像が表示されない、動作がおかしくなった、といったトラブルもよくあることです。

単純にエクスポート、インポートだけでは移行できないことは少なくありません。

そんな時に頼りになるのが、WordPressの移行代行を行ってくれるレンタルサーバーです。

費用も、WordPressの移行代行専門業者に依頼すると3万円から数十万円とかかるものが、乗り換えるレンタルサーバー業者に依頼すると、概ね1万円台で済んでしまいます。

中には、移行作業を無料でやってくれる業者もありますので要チェックです。

これからサーバーをレンタルしてくれる方への特別なサービスですのでここまで安くしたり無料にしたりすることができます。

勿論、その道のプロが責任をもってやってくれますので安心して任せることができます。

依頼者は、情報を共有して作業を待ち、最後にネームサーバーの変更を行うだけです。

ここでは、おすすめのレンタルサーバーであることは勿論のこと、WordPressの移行代行を行ってくれるレンタルサーバー業者を紹介しています。

WordPressの移行代行を行ってくれるレンタルサーバー

ConoHa WINGのWordPress移行代行サービス

ConoHa WINGは、スピードと安定性を兼ね備えており、2020年現在、最も勢いのあるレンタルサーバーです。

特にスピードは、国内最速を謳っています。

参考:ConoHa WINGの評判と評価

ConoHa WINGは、他社のレンタルサーバーで管理するWordPressを簡単にConoHa WINGに移行できる「WordPressかんたん移行」ツールを保有しています。

コントロールパネルから遷移し、必要な情報を入力してクリックすると移行ができますが、さすがにWordPressの移行ツールは完璧なツールではありません。

移行元のサーバーやWordPressの状態によっては移行ができない場合もあります。

WordPress移行代行の申し込み

そこで、ConoHa WINGは、専門スタッフが手動でWordPressを移行する「WordPress移行代行サービス(有料)」も行っています。

サービスの内容は以下の通りとなっています。

参考:ConoHa WINGの公式サイト

費用など サービスの内容
前提 国内の他社レンタルサーバーで独自ドメインでWordPressを運用していること
ConoHa WINGを契約し、移行を希望される方
現在利用中のレンタルサーバーの空き容量が「50%以上」であること
動作の保証は、WordPress本体のみでプラグイン、テーマの動作は保証外
対象 他社レンタルサーバーからConoHa WINGへWordPressを移行される方
基本料金 1サイト:6,980円(税別)
オプション
SSL設定済みサイトの移行:+3,000円
非SSLサイトのSSL設定:+4,000円
所要日数 申込み後、3営業日~

エックスサーバーのWordPress移行代行サービス

エックスサーバーは、国内シェアNo.1のレンタルサーバーです。

筆者もこのサイトでお世話になっています。

スピードも速くサーバーの安定性が抜群で落ちるということはまずありません。最もおすすめできるサーバーの一つです。

参考:エックスサーバーの評判と評価

エックスサーバーは、他社のレンタルサーバーで管理するWordPressを簡単にエックスサーバーに移行できる「WordPress簡単移行」ツールを保有しています。

コントロールパネルから遷移し、必要な情報を入力してクリックすると移行ができますが、やはり完璧なツールではありません。

移行元のサーバーやWordPressの状態によっては移行ができない場合もあります。

筆者もこのサイトを含む3つのサイトをこのツールを使って移行しようと試みました。結果は以下のサイトでまとめていますので参照して下さい。

参考:エックスサーバーのWordPress簡単移行でWordPressを移行

エックスサーバーのWordPress簡単移行

WordPress移行代行の申し込み

また、エックスサーバーは、専門スタッフが手動でWordPressを移行する「設定代行サービス(有料)」も行っています。

サービスの内容は以下の通りとなっています。

参考:エックスサーバーの公式サイト

費用など サービスの内容
前提 不明な点はサポートへと問い合わせ
対象 他社レンタルサーバーからエックスサーバーへWordPressを移行される方
基本料金 1サイト:30,000円(税別)
所要日数 申込み後、5営業日以内に対応

カラフルボックスのWordPress移行代行サービス

カラフルボックスのレンタルサーバーは当サイトでも2年間お世話になっているサーバーです。

実際2年以上使ってみた感想としても高く評価できます。

参考:カラフルボックスの評判と評価

WordPressでブログやサイトを開設する際におすすめできるレンタルサーバーの一つですが、他社レンタルサーバーからカラフルボックスへ移行する場合は、1サイト12,800円(基本料金)でWordPressを移行代行を行ってくれます。

勿論、WordPressをインストールして自分で移行することも可能です。

参考:カラフルボックスでワードプレスをインストールする手順

移行代金は有料となりますが、30日間の無料体験期間中でもWordPress移行代行サービスを利用することが可能ですし、移行元のWebサイトがSSL対応している場合は、カラフルボックス側で無料SSL対応も行ってくれます。

無料体験期間中に、しっかりと動作確認をすることで本契約後に移行できなかったというトラブルを回避することができます。

WordPress移行代行の申し込み

WordPress移行代行の申し込みは、レンタルサーバー契約(30日間無料)を済ませてから、カラフルボックスの公式サイトメニューで「オプション」→「WordPress移行代行サービス」を選び、現在ご利用中のレンタルサーバーやWebサイトのURLなどを伝えて依頼します。

参考:カラフルボックスの公式サイト

費用など サービスの内容
前提 独自ドメインでWordPressを運用していること
現在利用中のレンタルサーバーの空き容量が「50%以上」であること
動作の保証は、WordPress本体のみでプラグイン、テーマの動作は保証外
対象 他社レンタルサーバーからカラフルボックスへWordPressを移行される方
基本料金 1サイト:12.800円(税別)
所要日数 申込み後、5日以内に対応

mixhostのWordPress移行代行サービス

mixhostもおすすめのレンタルサーバーの一つです。

他社サーバーで独自ドメインを使用してWordPressを運用している方でmixhostに移転を希望する方を対象にWordPressの移転代行サービスを行っています。

以前は、4,980円で移行代行を行っていましたが、現在は9,980円に値上がりしています。

カラフルボックス同様、無料体験期間中でもWordPress移行代行サービスを利用することが可能です。但し、移行代金は有料となります。

以前は、移転元サーバー側でSSL設定を一旦解除する必要がありましたが、現在は、SSL化したままでも、スムーズにサイト移転ができるようになりました(有料オプション)。

WordPress移行代行の申し込み

mixhostの公式サイトメニューから「オプション」→「WordPress移行代行サービス」を選び、レンタルサーバー契約を済ませてから、移行元の情報(現在ご利用中のレンタルサーバーやWebサイトのURLなど)などを伝えて依頼します。

参考:mixhostの評判・口コミ

参考:mixhostの公式サイト

費用など サービスの内容
前提 他社レンタルサーバーで独自ドメインでWordPressを運用していること
mixhostを契約し、移転を希望される方
現在利用中のレンタルサーバーの空き容量が「50%以上」であること
動作の保証は、WordPress本体のみでプラグイン、テーマの動作は保証外
対象 他社レンタルサーバーからmixhostへWordPressを移行される方
基本料金 1サイト:9,980円(税別)
<オプション(税別)>
SSL化済のサイトの移転:3,980円
非SSLのWordPressサイトのSSL化:4,980円
移転困難なレンタルサーバーからの移転::4,980円~(要見積)
所要日数 申込み後、5日以内に対応

JETBOYのWordPress移行代行サービス

JETBOYもおすすめのレンタルサーバーの一つです。

他社サーバーで独自ドメインを使用してWordPressを運用している方でJETBOYに移転を希望する方を対象にWordPressの移転代行サービスを行っています。

JETBOYは、WordPressの移行代行作業が、ファーストSSDプラン以上の契約でなんと無料(初回3サイトまで無料:4サイト目からも2,980円)となります。

無料体験期間中でもWordPress移行代行サービスを利用することが可能です。

移転前のWordPressがSSL化(https)している場合は移行後のSSL化まで無料でやってくれます。

WordPress移行代行の申し込み

JETBOYの公式サイトTOPページ中段から「お引越し代行サービスの詳細」で内容を確認し、レンタルサーバー契約(無料トライアル期間あり)を済ませます。

その後、メニューの「お問い合わせ」から移行元の情報(現在ご利用中のレンタルサーバーやWebサイトのURLなど)などを伝えて設定代行を依頼します。

プラグインやテーマの動作の保証については記載がありませんが、カラフルボックスやmixhostと同じだと思われます。

参考:JETBOY

費用など サービスの内容
前提 独自ドメインでWordPressを運用していること
対象 他社レンタルサーバーからJETBOYへWordPressを移行される方
基本料金 無料(※初回3サイトまでWordPressの引っ越しは無料)
4サイト目以降は2,980円
所要日数 申込み後、概ね2~3日以内に対応

WordPress移行代行サービスをお願いしてから完了するまでの作業

WordPress移行代行サービスをお願いしてから完了するまでの基本的な作業の流れは以下のようになります。

移行するWordPressは独自ドメインで運用していることが前提です。

  1. レンタルサーバーに申し込む
  2. WordPress移行代行サービスに申し込む
  3. 移行元のレンタルサーバーやURL、アカウント情報などを知らせる
  4. 移行代行予定日時の通知
  5. 移行代行期間中は、WordPressへの記事の投稿などは行わない
  6. 移行終了の連絡
  7. 動作確認
  8. 問題がなければネームサーバーを変更する

細かい流れは、申込むレンタルサーバー業者によって異なる場合があります。

尚、サーバー移行作業日は、WordPressの更新作業などができなくなりますので、作業スケジュールを調整しておく必要があります。

動作確認は、後にトラブルとならないよう入念に行いましょう。

  • WordPressテーマがしっかり反映されているか
  • WordPress管理画面へログインでき、各種設定がちゃんと動作するか
  • TOPページやカテゴリーページなどのアーカイブページが画像とともにちゃんと表示されるか
  • 投稿ページや固定ページはちゃんと表示され入力も動作するか?
  • プラグインの動作に問題はないか

などの動作確認が完了したら、最後にネームサーバーを変更し、サイトが新しい環境で動作するようにします。

作業前、作業途中、動作確認後、不安な点や不明な点などがあれば移行代行業者の担当者に確認しましょう。何でも丁寧に教えてくれます。

一通りの作業が終了したら念のためにWordPressへのログインパスワード等を変更します。

まとめ

以上、WordPressの移行代行を行ってくれるレンタルサーバー業者と移行代行の基本的な作業と価格を紹介してきました。

WordPressのサーバー移行を自分で行うと、初心者でなくても半日から1日を費やしてしまいます。途中でトラブルがあればもっと時間がかかってしまいますし、最悪の場合は移行を断念せざるを得ない場合もあります。

レンタルサーバー業者のWordPressの移行代行サービスを利用すれば何もせずに待っているだけで簡単に移行が完了します。

現在使用しているレンタルサーバーから、別のレンタルサーバーに乗り換えたいけど、WordPressのサーバー移行が難しそう、面倒そうという方は、ここで紹介したレンタルサーバーへの乗り換えとWordPressの移行代行サービスを検討してみては如何でしょうか。

サーバーの性能、移行代行作業ともにオススメです。

尚、WordPressのマルチサイト機能を使用して複数のサイトを運用していたり、大量のプラグインや複雑なWordPressテーマを使用していたりしていた場合は、移行ができなかったり、別料金となる場合がありますので、移行作業に入る前に確認して下さい。