中小企業診断士試験の概要

中小企業診断士試験の概要

中小企業診断士とは?

中小企業診断士は、中小企業の成長戦略の策定や経営状態を良好にするべく、専門的知識をもってアドバイスする経営コンサルタントに関する唯一の国家資格です。

ビジネスパーソンが新たに取得したい資格として最も人気のある資格の一つです。

経営コンサルタントを名乗るだけであれば資格は必要とされませんが、顧客からの信頼を得るには、資格の取得は有利に働きます。

ただ、中小企業診断士の場合、マンション管理士と同様、士業にはありがちな独占業務というものがありませんので独立してやっていくには、営業力や行動力が求められます。

商工会議所などの依頼で事業者の相談にのったり、セミナーなどで講義をしたりして人や企業とのコネクションを作ることで、独立への道も開けてきます。

企業の経営に携わっていた方であればこの資格を取得して良い条件での転職が期待できますし、コネクションがあればそれを利用して独立することも可能です。

当サイトでも定年後におすすめの資格の一つとして紹介しています。

中小企業診断士になるには?

経営コンサルタントは、資格が無くても名乗れますが、中小企業診断士と名乗るには、下記のいずれかを修了した後、中小企業診断士の登録を行う必要があります。

  1. 中小企業診断士試験第2次試験合格後3年以内に(社)中小企業診断協会が実施する中小企業診断士実務補習を15日間以上を受けるか、経営診断・助言の実務に15日以上従事する。
  2. 中小企業診断士試験第1次試験合格後、その年及び翌年度に(独)中小企業基盤整備機構または登録機関が実施する養成課程を受講し修了する。

②は、中小企業診断士養成課程を受講すると2次試験が免除されるというものですが、養成課程の受講料は100万円単位の費用がかかります(学校によって費用は異なる)。

また、中小企業診断士の登録有効期間は 5年間です。

登録を更新するためには5年間の有効期間内に下記の①および②の両方の要件を満たす必要があります。

  1. 知識の補充要件(5年間で5回以上受講等)
  2. 実務の従事要件(5年間で30日以上従事

中小企業診断士試験の概要

中小企業診断士試験は、一般社団法人中小企業診断協会が実施しています。

1次試験と2次試験があります。

受験資格

1次試験:年齢・性別・学歴に関係なく、誰でも受験できます。

2次試験:1次試験合格者(第1次試験合格年度とその翌年度に限り有効)

試験日時・試験地

試験案内配布・申込受付期間:例年4月後半から5月後半

試験日時

1次試験:例年7月または8月上旬の土曜日・日曜日の2日間

2次試験:筆記試験〈10月中旬の日曜日〉・口述試験〈12月中旬の日曜日〉

試験地

1次試験:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇

2次試験:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

試験の方法と内容

1次試験

マークシート方式による択一式試験。

試験科目試験時間配点
1日目経済学・経済政策60分100点
財務・会計60分100点
企業経営理論90分100点
運営管理
(オペレーション・マネジメント)
90分100点
2日目経営法務60分100点
経営情報システム60分100点
中小企業経営・中小企業政策90分100点

2次試験

筆記試験:中小企業の診断及び助言に関する実務の事例に関する記述式4科目

(事例)

Ⅰ:組織(人事を含む))
Ⅱ:マーケティング・流通
Ⅲ:生産・技術
Ⅳ:財務・会計

の各80分:配点各100点

口述試験:約10分の面接 筆記試験出題内容をもとに4~5問出題

中小企業診断士の2次筆記試験を合格した者が受験できます。

尚、口述試験の合格率は99%以上となっています。

試験の免除

中小企業診断士には、試験科目の一部免除があります。

情報処理系の試験や公認会計士、弁護士、技術士などの資格保有者は、「経済学・経済政策」「財務・会計」「経営法務」「経営情報システム」などが免除になります。

参考:中小企業診断士第1次試験他資格等保有による科目免除

合格基準・合格率

合格基準

1次試験の合格基準は全7科目の総点数の60%以上。

但し、1科目でも満点の40%未満だと不合格となります。

科目免除申請を行うと、当該科目は受験を免除され、総点数から除かれます。

第1次試験不合格でも、60点以上を得点した科目は科目合格となります。

科目合格の有効期間は合格年度を含む3年間で、免除申請を行うと、第1次試験で当該科目の受験が免除されます。そして、第1次試験に合格すると、科目合格による科目免除申請資格は全てなくなります。

2次試験の合格基準は、筆記試験における総点数の60%以上で、かつ1科目でも満点の40%未満がなく、口述試験における評定が60%以上であることを基準とします。

合格率

中小企業診断士の1次試験、2次試験の合格率はそれぞれ20~25%を推移しています。

平成30年度の1次試験では、1科目でも受験した受験者数13,773人に対して合格者数は3,236人で合格率は23.5%でした。

2次試験の筆記試験では、受験者数4,812人に対して合格者数は905人で合格率は18.8%でした。

受験手数料(平成30年実績)

1次試験:13,000円

2次試験:17,200円

 

関連記事

定年退職後の生活に不安をかかえている人は多いと思います。60歳から65歳で定年を迎えても年金だけで悠々自適な生活を送れる人はごく僅か。多くの人が年金と貯金だけでは不足する生活費を補うために再就職や起業、副業などで働かざるを得[…]

定年後に役立つ資格を再就職用と独立用に分けて解説